fc2ブログ
2024
01.21

風が運ぶものLe vent nous portera

Noir Désir Le vent nous portera


ノワール・デジールNoir Désirは1980年代に結成され、2010年に解散したロックバンドで、メンバーは、ベルトラン・カンタBertrand Cantat (ボーカル、ギター、ハーモニカ)、ドゥニ・バルトDenis Barthe(ドラム)、セルジュ・テイソ=ゲイSerge Teyssot-Gay(ギター)、フレデリック・ヴィダレンクFrédéric Vidalenc(ベース→1996年からジャン=ポール・ロイJean-Paul Roy に代わった)。
彼らの曲は、リーダーでヴォーカルのベルトラン・カンタの文学嗜好が主なインスピレーションの源だとされます。彼は 12 歳か 13 歳の頃から、ランボーRimbaud とドアーズ、マラルメとクラッシュ 78 Mallarmé avec les Clash78を組み合わせるという夢を抱いていました。 ウラジーミル・ナボコフVladimir Nabokovの「ロリータ Lolita」、「不思議の国のアリス Les Aventures d'Alice」、マルキ・ド・サドmarquis de Sade、ウィリアム・シェイクスピアWilliam Shakespeare.の「ハムレットHamlet 」、 フォークナー Faulkner,、テネシー・ウィリアムズTennessee などに直接インスピレーションを得た曲があり、 ポール・ヴェルレーヌPaul Verlaine、ジェラール・ド・ネルヴァルGérard de Nerval、ジャック・プレヴェールJacques Prévert、ウラジミール・マヤコフスキーVladimir Maïakovsk、 ロートレアモンLautréamontなどを歌詞に引用しています。また、レオ・フェレLéo Ferréのテキストを完全カバーしています。このブログでは、「桜んぼの実る頃Le temps des cerises」 のページで、彼らの動画を出しています。

今回ご紹介する「風が運ぶものLe vent nous portera」は、2001年にシングルリリースされ、アルバム:Des visages des figuresに収録された曲で世界中で大ヒットしました。 ベルトラン・カンタBertrand Cantat が作詞し、当時のノワール・デジールNoir Désirの全メンバーで作曲。マヌ・チャオManu Chaoがギターで、アコシュ・シェレヴェニAkosh Szelevényiがバスクラリネットで加わっています。タイトルのLe vent nous porteraは、「風が私たちを運ぶだろう」でしょうか?あるいは、歌詞中のこのフレーズの次の節にある語が直接目的語だとすると「風が私たちに運ぶだろう」でしょうか?Le vent les portera「風がそれらを運ぶだろう」とLe vent l'emportera「風がそれを運び去るだろう」というフレーズもありますので、そのlesおよびleと同じく、nousは直接目的語だと判断し、私たちもそれらも運ぶということで、「風が運ぶもの」という邦題にいたしました。

あえて理解不能な表現を用いているような不思議な歌詞内容を映像化したこのクリップは、ロビン・アカードRobin Accardがプロデュースしたもので、2002 年のヴィクトワール・ドゥ・ラ・ミュージックで「ビデオクリップ・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。母親が風に攫われていくのは、「風が私たちを運ぶだろう」を表したものでしょう。




世界各国の数多くのグループや歌手がカヴァーしています。

ベルギーのScala & Kolacny Brothers



ケベックのLes Charbonniers de l'enfer



ケベックのMea culpa jazz



フランスのLes Chics Types


ドイツのElement of Crime


イタリアのCristiano De Andrè - Il vento soffierà


スイスのSophie Hunger


イタリアのMargherita Pirri



ECCOはピアノ弾き語り


まだまだありますので、YouTubeで探してみてください。


Le vent nous portera 風が運ぶもの
Noir Désir       ノワール・デジール


Je n'ai pas peur de la route
Faudra voir, faut qu'on y goûte
Des méandres au creux des reins
Et tout ira bien

Le vent nous portera

 僕は道を怖れはしない
 腰のくぼみのうねりを
 視なければ、味わってみなければならない
 すべてがうまくいくだろう

 風が僕たちを運ぶだろう

Ton message à la Grande Ourse
Et la trajectoire de la course
Un instantané de velours
Même s'il ne sert à rien

Le vent l'emportera
Tout disparaîtra a a a
Le vent nous portera

 おおくま座への君のメッセージを
 そして行程の軌道を
 なめらかなスナップショット
 それがなんにもならなくても

 風がそれを運び去るだろう

 何もかも消えてしまうだろう ーーー
 風が僕たちを運ぶだろう

Le vent3


La caresse et la mitraille
Et cette plaie qui nous tiraille
Le palais des autres jours
D'hier et demain

Le vent les portera

 愛撫と砲弾と
 そして僕たちを悩ますこの傷を
 昨日と明日
 別の日々の宮殿を

 風がそれらを運ぶだろう

Génétique en bandoulière 注1
Des chromosomes dans l'atmosphère
Des taxis pour les galaxies
Et mon tapis volant dis ?

Le vent l'emportera
Tout disparaîtra a a a
Le vent nous portera

 肩に担いだ遺伝学
 大気中の染色体
 銀河へのタクシー
 僕の魔法のじゅうたんは、ねぇ?

 風がそれを運び去るだろう
 何もかも消えてしまうだろう ーーー
 風が僕たちを運ぶだろう

{Ⅰnterlude間奏}

Le vent4


Ce parfum de nos années mortes
Ce qui peut frapper à ta porte
Infinité de destins
On en pose un et qu'est-ce qu'on en retient ? 注2

Le vent l'emportera

 僕たちの死に絶えた年月のこの香り
 君のドアをノックするもの
 無数の運命
 ひとはそのうちの一つを置き、何をまた取るのだろうか?
 風がそれを運び去るだろう

Pendant que la marée monte
Et que chacun refait ses comptes 注3
J'emmène au creux de mon ombre
Des poussières de toi

Le vent les portera
Tout disparaîtra a a a
Le vent nous portera

 満ち潮のあいだ
 そして各々がアカウントをリセットしているあいだに
 僕の影の奥深くへ
 君の粒子を取り込む

 風がそれらを運ぶだろう
 何もかも消えてしまうだろう ーーー
 風が僕たちを運ぶだろう

Le vent1


[注]
1 bandoulière 肩に斜めに担ぐショルダーバッグ
2 enは数詞・数量副詞の補語。ここでは=de destins。
3 compteは英語のcountおよびaccount「アカウント」にあたり、複数の意味がある。faire son comptesは話し言葉で「ヘまをする」という意味もあるが、refaire ses comptesは「アカウントをリセットする」と訳した。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top