FC2ブログ
2020
06.14

カーマ・スートラKâmâ Sutrâ

Michel Polnareff Kâma-Sûtra


ミッシェル・ポルナレフMichel Polnareffは約2年半、フランスの田舎町の小さなホテルで隠遁生活を送り、前回ご紹介した「グッドバイ・マリールーGoodbye Marylou」を作った訳ですが、そのあとポルナレフはパリのロイヤルモンソーホテル l'hôtel Royal Monceauに800日以上滞在して「カーマ・スートラKâmâ Sutrâ」を作曲し同名のアルバムを翌1990年にリリースしました。滞在が長引いたのは作曲のためのみならず白内障が進み失明に近い状態だったためでもありました。
この曲は、ポルナレフがホテルのバー:L'Aquariusで歌を録音し、バックバンドはロンドンのアビーロード・スタディオで録音し、ミキシングして作られたそうです。
「カーマ・スートラKâmâ Sutrâ」(サンスクリット語: Kāma Sūtra、कामसूत्र)とは、4世紀~5世紀にヒンズーの聖職者ヴァーツヤーヤナVatsyayanaによって著された古代インドの聖典(性典)です。古来インドでは、ダルマ(法)、アルタ(財)、カーマ(愛)が人生の三大目的とされ、それぞれを追求するための教科書である、ダルマ・シャーストラ、アルタ・シャーストラ、カーマ・シャーストラが複数作られました。「カーマ・スートラ」は1000編におよぶ現存するカーマ・シャーストラのなかで、最も古く重要な文献です。
ポルナレフのこの曲は、「カーマ・スートラ」の内容をモチーフとしているというより、「カーマ・スートラ」に記されたさまざまな体位のまま千年ものあいだ静止している、カジュラーホーKhajuraho寺院群のミトゥナ像Mithunaのイメージに近い気がします。



Kâmâ Sutrâ    カーマ・スートラ
Michel Polnareff ミッシェル・ポルナレフ
 

Quand la poussière aura effacé nos pas
Que la lumière ne viendra plus d'en bas
Ceux qui viendront visiter notre ici-bas
Ne comprendront pas ce qu'on faisait là. 注1

 塵が僕たちの歩みを消し去ったとき
 光が下方からもう届かなくなったとき
 僕たちのこの場所を訪ねて来る人々は
 僕たちがここで何をしていたのか理解しないだろう。

Mais ça ira ah. Ca ira ah.

 でも、それでいいさーあー。それでいいさーあー。

On nous trouvera
Dans les positions 注2
d'Kâmâ-Sutrâ
En se demandant
Ce qu'on faisait là.

 彼らは僕たちを見出すだろう
 カーマ・スートラの
 体位で
 僕たちがそこでしていたことを
 いぶかしみながら。

Mithuna2.jpg


On nous demand'ra
D'où vient d'où l'on va ?
Etcætera
Et on essayera
De savoir pourquoi.

 彼らは僕たちに問うだろう
 どこからきてどこへ行くのか
 などなど
 そして彼らは試みるだろう
 なぜなのかを知ろうと。

On nous expliquera
D'où vient d'où l'on va
Et on essayera
De savoir pourquoi.

 彼らは僕たちに説明するだろう
 どこからきてどこへ行くのか
 そして彼らは試みるだろう
 なぜなのかを知ろうと。

On nous demandera
encore une fois
Des choses auxquelles
on ne repondra pas.

 彼らは僕たちに問うだろう
 もう一度
 僕たちが答えない
 事柄を。

Mais ça ira ah. Ca ira ah.

 でも、それでいいさーあー。それでいいさーあー。

On nous trouvera
Dans les positions
d'Kâmâ-Sutrâ
En se demandant
Ce qu'on faisait là.

 彼らは僕たちを見出すだろう
 カーマ・スートラの
 体位で
 僕たちがそこでしていたことを
 いぶかしみながら。

Mithuna3.jpg


On nous demand'ra
D'où vient d'où l'on va
Etcætera
Et on essayera
De savoir pourquoi.

 彼らは僕たちに問うだろう
 どこからきてどこへ行くのか
 などなど
 そして彼らは試みるだろう
 なぜなのかを知ろうと。

Quand la poussière aura effacé nos pas
On dira de nous tout ce qu'on voudra
Et en parlant de ce qu'on ne connaît pas
On nous dira tout ce qu'on n'était pas.

 塵が僕たちの歩みを消し去ったとき
 彼らは僕たちについて好きなことをぜんぶ言うだろう
 そしてあずかり知らぬことをしゃべりながら
 彼らは僕たちに実際の僕たちと違うことをぜんぶ言うだろう。

Mais ça ira ah.
Mais ça ira ah.
Mais ça ira ah.
Ca ira ah.

 でも、それでいいさーあー。
 でも、それでいいさーあー。
 でも、それでいいさーあー。
 それでいいさーあー

On nous trouvera
Dans les positions
d'Kâmâ-Sutrâ
En se demandant
Ce qu'on faisait là.

 彼らは僕たちを見出すだろう
 カーマ・スートラの
 体位で
 僕たちがそこでしていることを
 いぶかしみながら。

Mithuna1.jpg


On nous demand'ra
D'où vient d'où l'on va
Etcætera
Et on essayera
De savoir pourquoi.

 彼らは僕たちに問うだろう
 どこからきてどこへ行くのか
 などなど
 そして彼らは試みるだろう
 なぜなのかを知ろうと。

[注] 
1 onが何度も出てくるが、ceux「彼ら」を指す場合とnous「僕たち」と指す場合とがあり、文脈で判断して訳した。
2 les positions d'Kâmâ-Sutrâ カーマ・スートラ第2章には体位のリストが記載されている。



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top