FC2ブログ
2020
01.25

人生の途上でSur le chemin de la vie

Gerard Lenorman Caroline


今回はアコースティックギターの伴奏の優しい曲で、「風のマドレーヌ」「幸せへの道」などの邦題で呼ばれているジェラール・ルノルマンGerard LenormanのSur le chemin de la vieです。「人生の途上で」という直訳の邦題をあらたにつけました。作詞;ソフィー・マックノーSophie Makhno、作曲;コリン・ヴェルディエColin Verdier 1974年に、シングル盤(Lenorman 1975)でリリースされ、翌1975年にアルバム:Caroline に収録されています。



Sur le chemin de la vie  人生の途上で
Gerard Lenorman     ジェラール・ルノルマン


Sur le chemin de l'école,
Nous avions douze ou treize ans,
Cheveux blond et têtes folles,
Nous parlions comme des grands.
Nous avions la tête pleine
De jolis projets
Moi j'avais pour Madeleine
Un tendre secret.

 通学の途上、
 僕たちは12歳か13歳、
 金髪で浮かれた頭で、
 僕たちは大人みたいにしゃべっていた。
 僕たちは楽しい計画で
 頭がいっぱいだった
 僕はマドレーヌに対して
 ステキな秘密を持っていた。

chemin1.jpg


{Refrain :}
Dites-moi ce qui m'entraîne,
Dites-moi d'où vient le vent,
Où s'en vont ceux que l'on aime,
Dites-moi ce qui m'attend,
Où s'en vont ceux que l'on aime,
Dites-moi ce qui m'attend.

 ねえ僕を誘うものを教えて、
 ねえ風はどこから来るの、
 愛していた人たちはどこに行ってしまうの、
 僕を待っているものを教えて、
 愛していた人たちはどこに行ってしまうの、
 僕を待っているものを教えて。

Sur le chemin de la vie
Nous nous sommes séparés,
Chacun son jeu, sa partie,
J'ai dépensé sans compter 
Les amis, l'argent, les filles
Et puis mes vingt ans,
Je n'ai pour toute famille
Qu'un petit enfant.

 人生の途上で
 僕たちは別れた、
 各々、自分の遊びに、自分の楽しみにと、
 僕は惜しみなく費やした
 友だちや、お金や、女の子たち
 そしてわが青春を、
 僕の家族はただひとり
 小さな子どもだけ。

{Refrain}

Sur le chemin de l'école,
Quand j'irai t'accompagner,
Je t'en donne ma parole,
Je saurai te protéger,
Je t'offrirai des voyages,
Une jolie maison,
Je t'apprendrai le langage
Des quatre saisons.

 通学の途上、
 君に付き添っていくあいだ、
 僕は君に声をかけ、
 君を護れるだろう、
 君に旅をさせ、
 きれいな家を与えるだろう、
 君に言葉を教えるだろう
 四季を通じて。

{Refrain}

chemin3.jpg


[注] dépenser sans compter本来は「金に糸目をつけない、浪費する」の意味。対象はles amis, l'argent, les filles, mes vingt ans「友だちや、お金や、女の子たち、青春」。「お金」を文字通り浪費し、「友だちや女の子たち」を遍歴し、「青春」を駆け抜けたわけである。



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top