FC2ブログ
2019
12.20

太陽Soleil

Françoise Hardy Soleil


フランソワーズ・アルディFrançoise Hardyの「太陽Soleil」です。1970年の同名のアルバムに収録されています。作詞:ハワード・タッシュHoward Tash、作曲:サンディ・アルペールSandy Alpert。浜辺での夏の日の恋が終わり失恋の悲しみがやって来る、という内容のシャンソンはとても多いですね。このブログですでに取り上げたところでは、コラ・ヴォケールCora Vaucaireおよびイヴ・モンタンYves Montandの「枯葉Les feuilles mortes」、クリストフChristopheの「渚のアリーヌAline」、リュシエンヌ・ドリールLucienne Delyleおよびイザベル・オーブレIsabelle Aubretの「パリのお天気は?Quel temps fait-il à Paris ?」、マリー・ラフォレMarie Laforetの「浜辺(夜霧のしのび逢い)」、バルバラBarbaraの「思い出してTu ne te souviendras pas」、ミレイユ・マチューMireille Mathieuの「砂の城Les châteaux de sable」、ニノ・フェレールNino Ferrerの「もう取り返せない(別離)C'est irréparable」など。また、タイトルにSoleil「太陽」のついた曲も結構有ります。挙げきれないので、右上の「ブログ内検索」の欄を使って検索してみて下さい。



Soleil        太陽
Françoise Hardy フランソワーズ・アルディ


Et c'était lui, le soleil
Qui faisait nos réveils
Chaque matin
Et la mer était belle
Et nous courrions vers elle 
Main dans la main
Et puis nous marchions sur la plage
Tu cherchais des coquillages
Comme un enfant
Les mettant à ton oreille
Pour entendre je me rappelle
L'océan dedans

 そして毎朝
 私たちを目覚めさせたのは、
 そう、それは太陽だった
 そして海は美しくて
 私たちは海に向かって走った
 手をつないで
 それから浜辺を歩いた
 あなたは貝殻を探した
 子どもみたいに
 それを耳に押し当てて
 潮騒を聞こうと
 思い出すわ

soleil1.jpg


{Refrain :}
Soleil, je t'aime
Et pour toujours tu es fidèle
Mais l'amour
N'est pas souvent comme toi
Pourquoi ?

 太陽さん、あなたが好きよ
 あなたはずっと誠実ね
 でも愛は
 時にはあなたみたいじゃなくなる
 なぜ?

Tu avais toujours si faim
Les fruits mûrs et le vin étaient pour toi
Tu me grondais quelques fois
Lorsque je ne mangeais pas
Ce n'était rien
Et l'eau s'allongait sur le sable
Nos rêves étaient semblables
Je me souviens
Nous parlions de la maison
Des enfants que nous aurions
Et nous étions bien

 あなたはいつもとてもおなかを空かせていた
 熟した果物とワインはあなたのため
 あなたは時々わたしを叱った
 わたしが食べない時に
 たいしたことじゃなかったわ
 海水が砂の上に伸びていた
 私たちの夢も同様だった
 思い出すわ
 話したわね、住むだろう家のこと
 生まれてくるだろう子どもたちのこと
 そして私たちはうまくいっていた

{Refrain}

Soleil5.jpg


Et c'est toujours lui, le soleil
Qui fera mes réveils
Chaque matin
Soleil d'hiver ou d'été
Il voit les amours passer
Et les chagrins
Combien faudra-t-il de plages
Combien d'autres visages
Pour comme toi
Oublier la maison
Et l'enfant aux cheveux blonds
Que nous n'avons pas ?

 そして毎朝
 私を目覚めさせるのは、
 そう、それはやっぱり太陽
 冬のそしてまた夏の太陽は
 去って行く恋と
 悲しみを見ている
 いくつ浜辺が要るのかしら
 いくつ別の顔が
 私たちが得ることのできなかった
 家やブロンドの髪の子どもを
 あなた同様
 忘れてしまうのに?

{Refrain×2}

[注] elle「彼女」とは当然ながら女性名詞のla mer「海」。クープレの部分では、tu「あなた」は恋人で、男性名詞のle soleil「太陽」はil「彼」。だが、ルフランの部分では、太陽に「あなた」と呼びかけている。

Soleil6.jpg


作詞者のハワード・タッシュはアメリカ人で、Sunshineというタイトルの英語の歌詞も作っており、アルディはこれも歌っています。こちらもご紹介しましょう。内容はかなり違います。



Sunshin

I remember how it was
We'd walk along the beach
Each sunny day
We held each others hand
As we dreamed of our plans
For a home someday

We'd listen to the ocean's roar
From inside every shell
Well, we had fun
Digging round for clams
Using just our hands
Sometimes finding one

{Refrain:}
Sunshine, I love you
I always will
Can I be faithful until
We're together once again
Someday?

He once packed a basket for our lunch
And the punch ran out the jar
Got the chicken soaking wet
Got himself all upset
Till I'd kissed away the harm

I would splash the water in his face
Then he'd chase me for a while
Suddenly I'd come and flop
Waiting till he'd pick me up
And we'd start to smile

{Refrain}

But summer days must come and go
And though we wish it so
Time won't wait for sighs
So summer left and so did we
We turned our backs to the sea
And said our sad goodbyes

Winter seemed so long and cold
I watched the hours grow old
And I think of you
Sunshine you're in my heart
All the time we are apart
Hope you're thinking too

{Refrain×2}



コメント
ソレイユ12月7日 アミカルサロンで、小田原美樹子さんが歌いましたね。ルフランの箇所は菱田京子さんと。F,アルディさんのように素敵な歌声でした。
あきdot 2019.12.22 07:24 | 編集
あらっ、F・アルディと嬉しくなりました。彼女の失恋通りという歌を、このごろユーチューブでお気に入りに入れて、良く聴いていますが、冒頭に出てくる、かなり現在に近い彼女の姿が、何だか幸せそうに見えなくて>< 個人的な気持ちとしては、年老いたら幸せの片鱗を与えてくれるような何かがあったらいいのになぁ と思うのでした。

お忙しそうなノニーさん。良いクリスマスと新年をお迎えくださいませ💚😺❤
mimihadot 2019.12.21 08:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top