FC2ブログ
2019
08.24

夏のワルツValse d'été

Salvatore Adamo Valse dété


木曜日に式根島に行ってきました。前夜に竹芝桟橋から大型客船に乗り、朝の8時に到着。泊海水浴場でしばらく過ごし、13時過ぎにフェリーに乗って下田に、というごくごく短い旅でしたが、きれいな海で夏休みらしい体験ができました。そこで今回は夏の海に因んだ、サルヴァトーレ・アダモSalvatore Adamoの「夏のワルツValse d'été」を取り上げることに。1968年にシングルリリースされています。



日本語でも歌っています。「愛のワルツ」 なぜ「愛の」になるんでしょうね。



ポール・モーリアPaul Mauriat楽団の演奏



Valse d'été    夏のワルツ
Salvatore Adamo サルヴァトーレ・アダモ


Le jour vient de souffler la lune
Les vagues s'éveillent une à une
Et se mettent à danser au soleil retrouvé
Dans les bras d'une valse d'été

 曙光が月を吹きはらい
 波は一つずつ目覚めて
 ふたたび現れた太陽のもと
 夏のワルツの腕のなかで踊りだす

Valse dété2


La mer nous tend ses bras de mousse
Et le sable, à la peau, si douce
Et c'est bon de rêver de marcher dans le ciel
Sur le fil d'une valse d'été

 海は泡の腕を僕たちにさし伸ばし
 砂は、肌に、とても優しく
 夏のワルツの流れに乗って
 空を歩いているかに夢見るのはステキだよ

Tournez, tournez
Toi mon amour, toi mon rêve
C'est la valse d'été
Qui vous a mariée

 まわれ、まわれ
 僕の愛する人よ、僕が抱く夢よ
 君たちを結びつけたのは
 夏のワルツだ

Valse dété1


La nuit a surpris dans sa ronde
Des tas d'amoureux par le monde
Mais elle est leur amie, elle sourit
Et se dit c'est la faute à la valse d'été

 夜はくるくる踊って
 世界中でたくさんの恋人たちを驚かした
 だが夜は彼らの友達だから、微笑んで
 夏のワルツのせいなのさとつぶやく

Une étoile est venue s'endormir dans tes yeux
Bercée par notre valse d'été

 一つの星が君の瞳の中で眠りについた
 僕たちの夏のワルツに揺られて


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top