FC2ブログ
2019
08.21

バッハのプレリュードにのせてSur un prélude de Bach

Maurane Une fille très scène


前回「ダンセDanser」をご紹介したモラーヌMauraneの自作の曲をもう一つ。「バッハのプレリュードにのせてSur un prélude de Bach」です。自作と言っても、文字通りバッハのプレリュードのメロディーに乗って歌っているわけです。1993年にシングル盤をリリース。1994年のライブアルバム:Maurane ? Une fille très scèneに収録されています。グレン・グールドの弾くバッハのプレリュードを聴いたことが、自分の行き詰まった現状から脱却するきっかけとなった、といった内容ですが…たいへん訳しにくかったです。ひとまず形になったので出すことにいたします。


グレン・グールドの弾くバッハのプレリュード






Sur un prélude de Bach バッハのプレリュードにのせて
Maurane          モラーヌ


Lorsque j´entends ce prélude de Bach
Par Glen Gould, ma raison s´envole
Vers le port du Havre et les baraques
Et les cargos lourds que l´on rafistole
Et les torchères, les grues patraques
Les citernes de gasoil

 グレン・グールドの弾くバッハのプレリュードを聴いたとき
 私の心は飛んだ
 ハーヴル港やバラックの家並み
 そして修理中のずんぐりした貨物船
 そしてかがり火、ポンコツのクレーン
 軽油タンカーへと

Glen Gould1


Toi qui courais dans les flaques
Moi et ma tête à claques 注1
Moi qui te croyais ma chose, ma bestiole
Moi je n´étais qu´un pot de colle 注2

 ぬかるみの中を走っていたあなた
 私と私のダメな性格
 あなたを自分のものと、自分のペットだと思っていた私
 私は糊の瓶にすぎないシツコイ女

Lorsque j´entends ce prélude de Bach
Par Glen Gould, ma raison s´envole
Et toutes ces amours qui se détraquent
Et les chagrins lourds, les peines qu´on bricole
Et toutes mes erreurs de zodiaque 注3
Et mes sautes de boussole 注4

 グレン・グールドの弾くバッハのプレリュードを聴いたとき
 私の心はふっ飛んだ
 そして破綻をきたしたこの恋のすべても
 そして重苦しい哀しみ、繕う苦しみも
 そして私の星の巡り合わせの不具合のすべても
 そして私の羅針盤の向きの急変も

Toi, les pieds dans les flaques
Moi, et ma tête à claques
J´ai pris les remorqueurs pour des gondoles
Et moi, moi je traîne ma casserole 注5

 あなたは、ぬかるみにはまっている
 私、そして私のダメな性格
 私はゴンドラのための引き舟を手に入れたのに
 私としたら、ガラクタを引きずっている

Maurane1.jpg


Dans cette décharge de rêves en pack
Qu´on bazarde au prix du pétrole 注6
Pour des cols-blancs et des corbacs 注7
Qui se foutent de Mozart, de Bach

 モーツァルト、バッハをバカにする
 ホワイトカラーたちやカラスたちに
 石油と引き換えに売り払う
 カートンに詰めた夢を放出しつつ

J´donnerais Ray Charles, Mozart en vrac 注8
La vie en rose, le rock´n roll
Tous ces bémols et tous ces couacs 注9
Pour Glen Gould dans c´prélude de Bach.

 レイ・チャールズ、モーツァルトをランダムに奏でよう
 バラ色の人生、ロックンロールを
 これらのフラット記号のすべてとこれらの調子外れの音のすべてを
 グレン・グールドの弾くバッハのプレリュードのために。

[注]
1 tête à claques「(殴りたくなるほど)嫌なやつ」。ここではtêteの部分をmoi et ma têteに替えている。
2 colle「糊」自体が「しつこい人」の意味を持つが、pot de colle「糊の瓶」はそれを強調した表現。
3 zodiaque地球から見て太陽が1年で1周する大円の経路すなわち黄道を挟んで南北各8(~9)度の16(~18)度の帯。月や太陽系惑星もこの領域を運行する。ここに位置する星座に動物名が多いことから獣帯とも呼ばれる。占星術では、その13の星座のうち、へびつかい座を除いた12の星座(黄道十二星座)に合わせ、黄道を30°ずつに等分した黄道十二宮(les douze signes du zodiaque)のいずれに太陽がある日に生まれたかで運勢を占う。mes erreurs de zodiaqueはそのような占星術的な概念での表現。
4 boussole「羅針盤、コンパス」は進路の目安であり、perdre la boussole「頭が変になる、取り乱す」といった表現もある。boussoleのsautes「急変」も同様の意味であろう。
5 casserole「キャセロール、片手鍋」だが、「音程の狂ったピアノ」「がらくた」「ポンコツ車」などさまざまな意味で用いられる。
6 au prix de qc.「…と引き換えに」。pétrole「石油」というのは「エネルギー、生きる糧」といった意味合い。
7 col-blanc=col blancいわゆる「ホワイトカラー」。雇用従業員の中で、知的ないし技術的労働や事務、販売系の職に就いている者。白い襟のワイシャツを着用しているのが多いことが語源で、現業系の労働者を指すブルーカラーに対比される。corbac=corbaque=corbeau俗語で「カラス」。白と黒を対比させつつ語呂を合わせているだけ。
8 en vrac「バラ積みで」「乱雑に、思いつくまま」
9 bémol「変記号、フラット」だが、「優しい音楽」という意味も。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top