FC2ブログ
2019
04.08

マチルドMathilde

Jacques Brel Ces gens-là


今回はリクエストのあった曲、ジャック・ブレルJacques Brelの「マチルドMathilde」です。1963年のアルバム:Ces gens-làに収録されています。作詞はブレル自身。作曲は、当時のブレルのピアニストで、のちにジュリエット・グレコJuliette Grécoの夫となったジェラール・ジュアネストGérard Jouannest。出て行った妻(恋人)が戻って来た時の喜びをひねった形で表現しています。うまい語り口!私の甥が去年復縁したのですが、こんな気持ちだったのかな。
ブレルが、Mの字で始まる名前の女性に対する愛を歌った歌はあと二つあります。1961年のマリクMariekeとマドレーヌMadeleine。順次取り上げていきましょう。



1974年にクロード・ヌガロClaude Nougaroが歌詞のTon JacquesをTon Claudeに変えてカヴァーしています。



2006年にはジュリエット・グレコJuliette Grécoがカヴァー。



Mathilde    マチルド
Jacques Brel ジャック・ブレル


Ma mère voici le temps venu
D’aller prier pour mon salut 注1
Mathilde est revenue
Bougnat tu peux garder ton vin
Ce soir je boirai mon chagrin
Mathilde est revenue
Toi la servante toi la Maria
Vaudrait peut-être mieux changer nos draps
Mathilde est revenue
Mes amis ne me laissez pas
Ce soir je repars au combat
Maudite Mathilde puisque te v‘là

 母さん、僕の救済のために
 祈りに行く時が来たよ
 マチルドが戻って来たんだ
 ブーニャ、君のワインは残しておけるよ
 今夜、僕は自分の悲しみを飲むから
 マチルドが戻って来たんだ
 召使のマリア、君は
 僕たちのシーツを替えてくれたほうがいいかも
 マチルドが戻って来たんだ
 友たちよ、僕をほうっておくなよ
 今夜また僕は戦いに出るんだ
 いまいましいマチルド、君がいるから

Mon cœur mon cœur ne t’emballe pas 注2
Fais comme si tu ne savais pas
Que la Mathilde est revenue
Mon cœur arrête de répéter
Qu’elle est plus belle qu’avant l’été
La Mathilde qui est revenue
Mon cœur arrête de bringuebaler 注3
Souviens-toi qu’elle t’a déchiré
La Mathilde qui est revenue
Mes amis ne me laissez pas
Dites-moi dites-moi qu`il ne faut pas
Maudite Mathilde puisque te v’là

 僕の心よ僕の心よ夢中になるな
 マチルドが戻って来たなんて
 知らないように装え
 僕の心よ何度も言うな
 彼女が夏の前よりもっときれいだと
 戻って来たマチルドが
 僕の心よ揺れるのはやめろ
 思い出せ彼女がおまえを苦しめたことを
 戻って来たそのマチルドが
 友たちよ、僕をほうっておくなよ
 僕に言ってよ言ってよ、そんな必要はないと
 いまいましいマチルド、君がいるから

Jacques Brel3


Et vous mes mains restez tranquilles
C`est un chien qui nous revient de la ville 注4
Mathilde est revenue
Et vous mes mains ne frappez pas
Tout ça ne vous regarde pas 注5
Mathilde est revenue
Et vous mes mains ne tremblez plus
Souvenez-vous quand je vous pleurais dessus 注6
Mathilde est revenue
Vous mes mains ne vous ouvrez pas
Vous mes bras ne vous tendez pas
Sacrée Mathilde puisque te v’là 注7

 そして僕の両手よ、じっとしてろ
 町から戻ってきたのは犬っころなんだ
 マチルドが戻って来たんだ
 そして僕の両手よ、拍手するんじゃない
 こうしたことはすべておまえらには関係ないんだ
 マチルドが戻って来たんだ
 僕の両手よ、もう震えるな
 思い出せ、僕がおまえらの上に涙を流したときのことを
 マチルドが戻って来たんだ
 僕の両手よ、開くんじゃない
 僕の両腕よ、伸びるんじゃない
 こん畜生のマチルド、君がいるから

Ma mère arrête tes prières
Ton Jacques retourne en enfer
Mathilde m’est revenue
Bougnat apporte-nous du vin
Celui des noces et des festins
Mathilde m’est revenue
Toi la servante toi la Maria
Va tendre mon grand lit de draps
Mathilde m’est revenue
Amis ne comptez plus sur moi
Je crache au ciel encore une fois 注8
Ma belle Mathilde puisque te v’là te v’là

 母さん、祈りをやめろ
 あんたのジャックは地獄に舞い戻る
 マチルドが僕のところに戻って来たんだ
 ブーニャ、ワインを僕らに届けてくれ
 婚礼と祝宴のためのやつをな
 マチルドが僕のところに戻って来たんだ
 召使のマリア、君は
 僕の大きなベッドにシーツを掛けに行け
 マチルドが僕のところに戻って来たんだ
 友たちよもう僕を当てにするな
 僕はもう一度、天に唾する
 僕の美しいマチルド、君がいる、君がいるから

Jacques Brel4


[注]
1 salut本義は「挨拶」だが、ここでは「救い、救済」の意味。
2 emballerは「梱包する」だが、s’emballerは「熱狂する」。
3 bringuebaler=brinquebaler=brimbaler「続けざまに揺れる」
4 nous=moi+mes mains
5 Ça(Cela) ne vous regarde pas.「あなたがたには関係の無いことだ。」
6 je vous pleurais dessus=je pleurais sur vous(=mes mains)
7 sacré名詞の後で「聖なる」。名詞の前ではmauditと同様「嫌な、いまいましい」。
8=cracher contre le ciel「天に唾する、天を呪う」



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top