2014
11.23

カナダの私の小屋Ma cabane au Canada

Line Renaud Ma cabane au canada


リーヌ・ルノーLine Renaudの「カナダの私の小屋Ma cabane au Canada」は、1947年にミレイユ・ブロセイMireille Broceyが作詞し、リーヌ・ルノーの夫のルールー・ガステLoulou Gastéが作曲し、1949年にACCディスク大賞を受賞しました。

若い頃の歌




最近の歌です。歳を重ねてますます美しくなり、歌も磨かれていてステキです。見習いたいものです。




Ma cabane au Canada         カナダの私の小屋
Line Renaud             リーヌ・ルノー


Ma cabane au Canada
Est blotie au fond des bois
On y voit des écureuils
Sur le seuil
Si la porte n’a pas de clé
C’est qu’il n’y a rien a voler
Sous le toît de ma cabane au Canada

  カナダの私の小屋は
  森の奥にうずくまっている
  リスたちが
  戸口にいるのが見える
  ドアに鍵がないのは
  盗むものは何もないから
  カナダの私の小屋の屋根の下には

Ma cabane au canada1


Elle attend engourdie sous la neige
Elle attend le retour du printemps
Ma cabane au Canada
C’est le seul bonheur pour moi
La vie libre qui me plait
La forêt
A quoi bon chercher ailleurs
Toujours l’élan de mon cœur 
Reviendra vers ma cabane au Canada

  小屋は雪の下でこごえつつ待っている
  小屋は春が戻って来るのを待っている
  カナダの私の小屋
  それは私の唯一のしあわせ
  私の好きな自由な生活と
  森は
  他所を探してなんになるの
  いつも私の弾む心は
  カナダの私の小屋に戻って来るわ

Mais je rêve d’ y emmener
Celui qui voudra me suivre
Viens avec moi si tu veux vivre
Au cher pays où je suis née

  でも私はそこに連れて行くことを夢みている
  私について来たいと願う人を
  私といっしょにいらっしゃい もしもあなたが
  私が生まれた懐かしい国で生きたいと願うなら

Ma cabane au canada2


Ma cabane au Canada
J’y reviendrai avec toi
Nous rallumerons le feu tous les deux
Nous n’aurons pas de voisins
Parfois seul un vieil indien
Entrera dans ma cabane au Canada

  カナダの私の小屋
  私はそこにあなたと帰るわ
  私たちは二人でまた火を燃やしましょう
  私たちには隣人もなく
  時おり年老いたインデアンだけが
  カナダの私の小屋を尋ねて来るでしょう

Je te dirai le nom des fleurs sauvages
Je t’apprendrai le chant de la forêt
Ma cabane au Canada
Tant que tu y resteras
Ce sera le paradis
Mon chéri
A quoi bon chercher ailleurs
Je sais bien que le bonheur
Il est là
Dans ma cabane au Canada

  私はあなたに野生の花の名前を言うわ
  私はあなたに森の歌を教えるわ
  カナダの私の小屋
  あなたがそこに留まるかぎり
  そこは楽園になるわ
  いとしいあなた
  よそを探してなんになるの
  私には分かっているわ
  しあわせがそこにあるって
  カナダの私の小屋に

Ma cabane au canada3


[注] l’élan de mon cœur「胸の高まり」と訳したほうが正確だが、文脈上「弾む心」と意訳した。



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top