2017
08.21

ピアニストのご紹介

《アミカル・サロン》と《ヴォーカル・サロン》という二つの歌会で定期的にピアノ伴奏を担当してくださる4人の方々のプロフィールをご紹介いたします。すべて、主宰者の宇藤カザンがゾッコン惚れ込んでスカウトしたピアニスト。初見で的確に弾くその即戦力、音色の美しさ、音楽的センス、といったすべての面で並外れた力量の持ち主です。
両サロンの内容内容のご紹介は→こちら。スケジュールは→こちら

《アミカル・サロン》(於:大久保「シャンソン未来」)の伴奏ピアニスト
アニエス晶子:原則毎月第1土曜日
アニエス2武蔵野音大ピアノ科卒。 在学中より、クラシックバレエの伴奏を中心に音楽活動を始める。 吉祥寺音楽祭ジャズコンテストにて自己のカルテットで優秀賞受賞を機に、ライブハウスでの活動を始める。現在は、主に歌の伴奏ピアニストとして、シャンソン歌手やミュージカル俳優と共演、その他の分野でも活動している。

太田遊:10月より原則偶数月の第2土曜日
太田佐賀県出身。幼少よりピアノを始め、地元でバンド活動をおこなう。高校卒業後はプロを目指し都内の音楽専門学校に入学。在学中より多くのバンドに参加。ピアニスト小泉たかし氏のサポート演奏活動で、ジャズ・ポピュラー・シャンソン等の現場経験を積む。現在は作詞、作曲での歌手への楽曲提供や、パーカッション・ピアノ演奏でのコンサート、都内のライブハウスでの伴奏で活動。弾き語りで自作の歌を歌う若きヴォーカリストでもあり、デュオで歌ってくれる女性歌手を募集中(ただし26歳以下!)とのこと。

関根忍:原則毎月第3日曜日
関根2さいたま市生まれ。幼少よりエレクトーンを学び、ブラスバンドや合唱団に所属、ピアノや声楽を学ぶ。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。ジャンルを考えない音楽制作を目指すピアニスト・作編曲家・ヴォイストレーナー。各種伴奏活動のほか、「獅音」の名でヴォーカリストとしても活動を展開中。


《ヴォーカル・サロン》(於:市ヶ谷「えとわ~る」)の伴奏ピアニスト
坂下文野:原則奇数月第3水曜日(来年より第2水曜日)
坂下2兵庫県出身。大阪音楽大学音楽学部ピアノ専攻。在学中にヒルトンインターナショナルの専属演奏者となったのちヤマハポピュラーミュージックの講師を務める。メキシコ・キューバでフェスティバルやコンサートにたびたび参加。
最近は、数多くの歌手、タレントの伴奏やCD制作も手がける。ソロピアノの熱烈なファンも多く、オールジャンルを弾きこなすマルチピアニストとして全国各地で活動。生きる喜びを分かち合うような明るい音色と力強い演奏スタイルは海外でも高く評価されている。



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top