2017
06.06

スザンヌSuzanne

Comment te dire adieu


「スザンヌSuzanne」は、カナダの詩人でシンガー・ソングライターのレオナール・コエンLeonard Cohenが1966年に出版した4作目の詩集:Parasites of Heavenに収められた一編の英語の詩を歌詞とし自身で作曲した曲です。スザンヌSuzanneは、コエンの友人の恋人であるSuzanne Verdalという実在の女性です。翌1967年にジュディー・コリンズJudy Collins が初めてレコーディングし、同年、コエン自身の歌がアルバム:Songs of Leonard Cohenに収録されました。以後多くの歌手がカヴァーしています。
Graeme Allwrightがフランス語に翻案し、フランソワーズ・アルディーFrançoise Hardyが歌っています。1968年のアルバム: Comment te dire adieuに収録。

レオナール・コエン自身の歌。英語の歌詞が解説に出ています。



フランソワーズ・アルディー



アラン・バシュングAlain Bashungも歌っています。



Suzanne       スザンヌ
Françoise Hardy  フランソワーズ・アルディー


Suzanne t'emmène
Écouter les sirènes
Elle te prend par la main
Pour passer une nuit sans fin
Tu sais qu'elle est à moitié folle
C'est pourquoi tu veux rester
Sur un plateau d'argent
Elle te sert du thé au jasmin
Et quand tu voudrais lui dire
Tu n'as pas d'amour pour elle
Elle t'appelle dans ses ondes
Et laisse la mer répondre
Que depuis toujours, tu l'aimes

 スザンヌはあなたを連れて行く
 人魚たちの歌を聞かせに
 彼女はあなたの手をとる
 果てしない宵闇を通るために
 彼女は半ば狂っていることをあなたは知っている
 それゆえあなたは留まっていたい
 銀の盆に載せて
 彼女はあなたにジャスミン茶を供する
 そしてあなたが彼女を愛してはいないと
 告げようとしていると
 彼女はあなたを彼女の波に引き込み
 海に答えさせた
 ずっと前から、あなたは彼女を愛しているのだと

{Refrain:}
Tu veux rester à ses côtés
Maintenant, tu n'as plus peur de voyager
Les yeux fermés
Une flamme brûle dans ton cœur

 あなたは彼女の傍らに留まりたい
 今では、あなたは旅することをもう恐れない
 目を閉じて
 あなたの心に炎が燃える

Susanne2.jpg


Il était un pécheur 注1
Venu sur la terre
Qui a veillé très longtemps
Du haut d'une tour solitaire
Quand il a compris
Que seuls les hommes perdus le voyaient
Il a dit qu'on voguerait
Jusqu'à ce que les vagues nous libèrent
Mais lui-même fut brisé
Bien avant que le ciel s'ouvre
Délaissé et presque un homme
Il a coulé sous votre sagesse
Comme une pierre

 彼は地に降り立った
 漁師だった
 孤立した塔の高みから
 長いあいだ見張っていた
 そして彼は理解した
 道に迷った人々だけが彼を見るのだと
 波が私たちを解き放つまで
 私たちは彷徨うのだと彼は言う
 だが彼自身は滅びた
 空が開かれる前に
 彼はあなたがたの分別の底に沈んだ
 ひとつの石のように

{Refrain}

Susanne1.jpg


Suzanne t'emmène
Écouter les sirènes
Elle te prend par la main
Pour passer une nuit sans fin
Comme du miel le soleil coule
Sur Notre Dame Des Pleurs 注2
Elle te montre où chercher
Parmi les déchets et les fleurs
Dans les algues il y a des rêves
Des enfants, au petit matin
Qui se penchent vers l'amour
Ils se penchent comme ça, toujours
Et Suzanne tient le miroir

 スザンヌはあなたを連れて行く
 人魚たちの歌を聞かせに
 彼女はあなたの手をとる
 果てしない宵闇を通るために
 ノートル・ダム・デ・プルール教会の上に
 陽光が蜜のように降り注ぐ
 塵芥や花々のあいだで
 どこを探せばいいのかを彼女はあなたに示す
 海藻のなかに夢がある
 朝早く、子供たちは愛を求めて身を屈める
 彼らはいつもこのように身を屈める
 そしてスザンヌは鏡を手にする

Tu veux rester à ses côtés
Maintenant, tu n'as plus peur de voyager
Les yeux fermés
Une blessure étrange, dans le cœur.

 あなたは彼女の傍らに留まりたい
 今では、あなたは旅することをもう恐れない
 目を閉じて
 心に妙な痛みを抱えて。

[注]
1 このil「彼」は、英語の原詩ではJesus「イエス・キリスト」である。
2英語の原詩ではLady of the harborで、仏名Notre-Dame-de-Bon-Secouresという、船乗りたちが出航する前に祝福を受けるモントリオールに実在する教会。その名を変えてNotre Dame Des Pleurs としている。




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top