2017
04.18

ヴァンデのカップルLes mariés de Vendée

Anaïs Vendée93


ディディエ・バルブリヴィアンDidier BarbelivienとアナイスAnaïsがデュオで歌っている「ヴァンデのカップルLes mariés de Vendée」(1992年。作詞・作曲:Didier Barbelivien)は、フランス革命後の1793年にフランス西部ヴァンデ地方を中心に発生したカトリック王党派の反乱「ヴァンデの反乱Guerre de Vendée」をテーマとしたアルバム:Vendée 93に収録されている曲です。反乱の鎮圧のため政府軍は、森林、畑、家、教会を荒らし、人々を無差別に殺害し、犠牲者は30~40万ともいわれます(→ウィキペディアの記事「ヴァンデの反乱」)。この曲は、幸せなはずの自分たちの運命がその反乱のために変わってしまったカップルのことを歌っている美しい歌です。露骨な表現ではないのでかえって響いてきます。
ヴィクトル・ユーゴーVictor Hugoの1874年の著書「93年Quatre-vingt-treize」もこの反乱を題材にしています。
映画では、ジム・モリノJim Morlino監督の2012年のアメリカ映画:The War of the Vendee (ヴァンデの戦い)があり、新しいところではダニエル・ラブルディールDaniel Rabourdin監督が4年間かけて作った映画: La Rébellion cachée(隠された反乱)が今年の春に封切りされたそうです。




Les mariés de Vendée   ヴァンデのカップル
Didier Barbelivien & Anaïs ディディエ・バルブリヴィアン&アナイス


J'écrivais ton nom sur les pierres
Sur les cheveux de lierre
Des ruines abandonnées
Je t'attendais à la rivière
Dans le bleu des fougères
Auprès d'un champs de blé

 わたしはあなたの名を
 打ち捨てられた廃墟の
 石の上に木蔦の蔓の上に書いた
 わたしは川であなたを待っていた
 麦畑のそばの
 羊歯の青みのなかで


J'écrivais ton nom solitaire
Sur les chemins de terre
Sur les arbres écorchés
Je t'attendais dans mes prières
Dans le feu des bruyères
Des soleils de janvier

 僕はひとりぼっちの君の名を
 野道に
 皮を剥がれた木々に書いた
 僕は祈りながら待っていた
 1月の太陽に
 燃えるヒースのなかで

Je t'attendais
, je t'attendais, je t'attendais

 僕は待っていたわたしは待っていた、私は待っていた

Et les églises se souviennent
Des tous premiers je t'aime
Des mariés de Vendée
Qui couraient à perdre haleine 
Boire à l'eau des fontaines
Leur tout premier baiser

 そして教会たちは覚えている
 ヴァンデのカップルの
 まったく初めての愛の告白を
 彼らは息が切れるほど走って
 泉の水を飲んだ
 彼らのまったく初めての口づけだった

Les mariés de Vendée1


Et les moulins se rappellent
La blancheur des dentelles
Des mariés de Vendée
Qui couraient dans les ruelles
Escaladaient les échelles
Pour s'aimer dans un grenier

 水車たちは思い出す
 ヴァンデのカップルの
 レースの白さを
 彼らは小路を走った
 はしごをよじ登った
 屋根裏部屋で愛し合うために

Je parlais de toi aux nuages
Aux oiseaux de passage
À mes poupées d'enfant
Je t'attendais les nuits d'orage
Dans les genets sauvages
Au bord de l'océan

 わたしはあなたのことを雲たちに
 渡り鳥たちに
 わたしの子どもの頃のお人形たちに語った
 わたしはあなたを待っていた 嵐の夜に
 海辺の
 野生のエニシダのなかで


Les mariés de Vendée3


J'écrivais ton nom sur les plages
Sur les murs des villages
Les nuits de la Saint-Jean
Je t'attendais comme un rivage
Quand un bateau naufrage
Au cœur de l'ouragan

 僕は君の名を浜辺に
 村の壁に書いた
 サン=ジャン祭の夜に
 僕は君を待っていた
 暴風雨のさなかに
 船が難破したときの海岸のように

Je t'attendais
, je t'attendais, je t'attendais

 僕は待っていたわたしは待っていた、私は待っていた

Et les églises se souviennent
Des prénoms de baptême
Des mariés de Vendée
Qui couraient à perdre haleine
Boire à l'eau des fontaines
Leur tout premier baiser

 そして教会たちは覚えている
 彼らの洗礼名を
 彼らは息が切れるほど走って
 泉の水を飲んだ
 彼らのほんとうに初めての口づけだった

Et les étangs se rappellent
Les serments éternels
Sous les grands peupliers
Garde ta main dans la mienne
Nous serons quoi qu'il advienne
Des mariés de Vendée

 そして池たちは覚えている
 大きなポプラの木の下の永遠の誓いを
 あなたの手を私の手のなかに残して
 私たちは何が起ころうとも
 ヴァンデのカップルだ

Et les églises se souviennent
Des tous premiers je t'aime
Des mariés de Vendée
Qui couraient à perdre haleine
Boire à l'eau des fontaines
Leur tout premier baiser

 そして教会たちは覚えている
 ヴァンデのカップルの
 まったく初めての愛の告白を
 彼らは息が切れるほど走って
 泉の水を飲んだ
 彼らのまったく初めての口づけだった

Et les moulins se rappellent
La blancheur des dentelles
Des mariés de Vendée
Qui couraient dans les ruelles
Escaladaient les échelles
Pour s'aimer dans un grenier

 水車たちは思い出す
 ヴァンデのカップルの
 レースの白さを
 彼らは小路を走った
 はしごをよじ登った
 屋根裏部屋で愛し合うために

[注] à perdre haleine「息が切れるほど」

Les mariés de Vendée2




コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top