2017
04.08

私のロシアンカフェMon café russe

Betty Mars Mon café russe


ベティ・マルスBetty Marsの「私のロシアンカフェMon café russe」(1972年。作詞・作曲:フレデリック・ボトンFrédéric Botton)という曲は、日本では「恋のロシアンカフェ」というタイトルで美輪明宏が訳詞して歌っていますがまったく内容が異なります。ベティ・マルスは1944年生まれで、1972年のユーロヴィジョン・コンクールConcours Eurovision de la chansonでフランス代表としてComé-comédieという曲で出場し11位になっています。マイク・ブラントMike Brantやアラン・バリエールAlain Barrièreとデュオで歌ったこともあり、女優として映画にも何度か出演しています。1989年に44歳で家の窓から飛び降り自殺しました。



Mon café russe 私のロシアンカフェ
Betty Mars   ベティ・マルス


Couleur bleu de Prusse était le café russe
Où de temps en temps nous allions
Pour boire au son des violons
Aussi peu qu'ils fussent, dans ce café russe
On y pleurait à chaque fois comme si c'était la première fois

 ロシアンカフェはプルシャン・ブルーだった
 そこに私たちは時々行った
 ヴィオロンの音色を聴きながら飲みに
 ヴィオロン演奏がどれほどわずかでも、このロシアンカフェでは、
 私たちはまるで初めて聴くかのようにその度ごとに泣いたわ

Que les violons lon lon, les violons lon lon
Oui les violons jouaient pour nous
Que les violons lon lon, oui les violons lon lon
Que ces violons nous rendaient fous

 なんというヴィオロン ロン ロンたち、ヴィオロン ロン ロンたち
 そうよ私たちのために演奏しているヴィオロンたち
 なんいうヴィオロン ロン ロンたち、そうよヴィオロン ロン ロンたち
 このヴィオロンたちはなんと私たちを興奮させるの

Mon café russe1


L'accordéoniste était seul en piste
Avec son air de presque rien
L'on ne voyait même pas ses mains
Oui ses mains d'artiste, accordéoniste
Mais qui vous fauche les vodkas sitôt qu'on regardait là-bas

 アコーデオン弾きがひとりで舞台にいた
 つまらない曲を弾いていた
 私たちはその手さえ見ていなかった
 そうよ芸術家の、アコーデオン弾きの手を
 でもその手はあなた方のウォッカをくすねた、私たちが目をそらせるやいなや

Tous les violons lon lon, les violons lon lon
Les violons qui jouaient pour nous
Tous les violons lon lon, oui les violons lon lon
Ces violons qui nous rendaient fous

 すべてのヴィオロン ロン ロンたち、ヴィオロン ロン ロンたち
 私たちのために演奏しているヴィオロンたち
 すべてのヴィオロン ロン ロンたち、そうよヴィオロン ロン ロンたち
 私たちを興奮させるこのヴィオロンたち

Dîner à la russe dans ce café russe
N'étaient jamais de tout repos
Car les copains venaient bientôt
Trinquer à la russe et le café russe
Se transformait en peu de temps en un étrange assortiment

 ロシアン・カフェのロシア風ディナーは
 けっして平穏そのものじゃなかった
 なぜなら仲間たちがまもなくやって来て
 ロシア風に乾杯しロシアンカフェは
 またたくまに不思議な取り合わせに変身した

Où les violons lon lon, les violons lon lon
Tous les violons jouaient pour nous
Où les violons lon lon, oui les violons lon lon
Tous ces violons nous rendaient fous

 そこではヴィオロン ロン ロンたち、ヴィオロン ロン ロンたち
 私たちのために演奏しているすべてのヴィオロンたち
 そこではヴィオロン ロン ロンたち、そうよヴィオロン ロン ロンたち
 このヴィオロンたちすべてが私たちを興奮させる

Mon café russe4


Couleur bleu de Prusse mon cher café russe
Si je ne viens plus aujourd'hui
C'est que le temps ou que la vie
Ont des drôles d'astuces mais mon café russe
Chaque fois que je pense à toi, j'entends encore chanter en moi :

 プルシャン・ブルー私の愛するロシアン・カフェ
 もしも私が今はもう行かないのなら
 それは時があるいは人生が
 妙な手口を用いたから、でも私のロシアン・カフェ
 あんたのことを思うたびに、私はまだ私のなかで歌っているのが聞こえるわ

Tous tes violons lon lon, les violons lon lon
Les violons qui jouaient pour nous
Tous tes violons lon lon, oui tes violons lon lon
Tes violons qui nous rendaient fous

 あなたのすべてのヴィオロン ロン ロンたち、ヴィオロン ロン ロンたち
 私たちのために演奏しているヴィオロンたち
 あなたのすべてのヴィオロン ロン ロンたち、そうよあなたのヴィオロン ロン ロンたち
 私たちを興奮させるあなたのヴィオロンたち

La la la laï la laï
La la la laï la laï
La la la laï laï laï la laï !! (×2)

 ラ ラ ラ ライ ラ ライ
 ラ ラ ラ ライ ラ ライ
 ラ ラ ラ ライ ライ ライ ラ ライ!!



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top