2017
02.17

17歳17 ans

Georges Moustaki 17 ans


「17歳17 ans」は、1934年生まれのジョルジュ・ムスタキGeorges Moustakiが38歳の時1972年の作品です。アルバム:Danseに収録。若い恋人を描いたのではなく、1954年に生まれた娘Piaのことです。1969年の「もう遅すぎるIl est trop tard」には、Pour l'enfant que j'ai fait「僕の子供のために」という1行があります。



17 ans        17歳
Georges Moustaki   ジョルジュ・ムスタキ


17 ans, une femme, une enfant
Qui ne sait rien encore et découvre son corps
Que le soleil enivre et que la nuit délivre.

  17歳、ひとりの女であり、ひとりの子ども
  まだ何も知らず、その身体を
  太陽が酔わせ夜が解き放つのに気づく。

17 ans2


17 ans, un sourire innocent,
Et le regard docile sous un rideau de cils,
Mais une faim de loup et une soif de tout.
17 ans, des seins de satin blanc
Semblent narguer le vent de leur charme insolent.

  17歳、無邪気な微笑み、
  そして睫毛の下の素直なまなざし、
  だがオオカミのごとき飢えとすべてに対する渇きと。
  17歳、白いサテンの乳房は
  その不遜な魅力で風に立ち向かうかのようだ。

17 ans, et prendre encore le temps,
Le temps de refuser le monde organisé
Et faire à l'heure présente un aujourd'hui qui chante.
17 ans, et vivre à chaque instant
Ses caprices d'enfant, ses désirs exigeants.

  17歳、そしてさらに時を、
  組織された世界を拒絶する時を経て、
  現在という時間に輝く「今」を作るんだ。
  17歳、そして一瞬一瞬
  その子どもじみた気まぐれを、気難しい欲求を生きるんだ。

17ans3.jpg


17 ans, j'étais adolescent
Et je le suis encore en découvrant ton corps
Comme un fruit éclaté, comme un cri révolté.
17 ans, déjà, 17 ans, tu n'as

  17歳、僕はかつて青年だった
  そしていまだ青年のままだ 君の身体を
  はじける果実のように、反抗的な叫びのように見ながら
  17歳、もうすでに、17歳、でしか

[注] chanter「明るい印象をもたらす」



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top