2017
02.19

一本指のシンフォニーMa petite symphonie

Marcel Amont Ma petite symphonie


1960年にEdward Lee Alperson Jr.とJerry Winnがイギリスで作詞・作曲した「一本指のシンフォニーThe One Finger Symphony」をジャン・ドレジャックJean DréjacがMa petite symphonieというタイトルでフランス語に翻案し、マルセル・アモンMarcel Amontが歌っています。直訳すれば「僕の小さなシンフォニー」ですが、邦題は英語の原曲のタイトルの意味の「一本指のシンフォニー」が一般的です。マルセル・アモンの曲は「僕は道化師Moi le clown」「失われた時のワルツValse du temps perdu」をすでにご紹介しています。ともにたいへんすてきな曲です。

イギリスの歌手:マイケル・ホリデーMichael Hollidayが歌った原曲



アメリカの俳優:ロッド・ローレンRod Lauren One Finger Symphony も歌っています。



マルセル・アモン



Ma petite symphonie  一本指のシンフォニー
Marcel Amont      マルセル・アモン


Je peux sur un doigt jouer rien que pour toi
Ma petite symphonie
Je veux que ton cœur chante rien que pour moi
Les harmonies
De ma p'tite symphonie

  君のためだけに一本の指で
  僕の小さなシンフォニーを弾いてあげられるよ
  君の心が僕のためだけに
  僕の小さなシンフォニーの
  ハーモニーを歌ってくれるといいいな

Ma petite symphonie1


Je n'ai pas besoin de mille violons
Car tu es si jolie
Que tu fais vibrer dans l'air de ma chanson
Tout le génie
De ma p'tite symphonie

  たくさんのヴァイオリンなんていらないよ
  君は僕の小さなシンフォニーの
  特性をすべて
  僕の曲の旋律のなかで響かせるほど
  君は美しいもの

Je ne suis pas Debussy
Mais je fais ce que je peux
Et surtout je t'aime
Le concert est réussi
Quand j'ai fait briller tes yeux
Avec ce système

  僕はドビュッシーじゃない
  でも自分にできることをする
  それになんてったって君を愛しているんだもの
  こんなやり方で
  君の瞳を輝かすことができたなら
  コンサートは大成功さ

Jouer sur un doigt la chanson du bonheur
Ma petite symphonie
Tu viens chaque fois te blottir sur mon cœur
Dans l'harmonie
De ma p'tite symphonie

  一本の指でしあわせの歌を弾くこと
  ささやかな僕のシンフォニーを
  君はいつも
  僕の小さなシンフォニーの
  ハーモニーのなかの僕の心に
  寄り添って来る

Ma petite symphonie3


Je veux sur un doigt jouer rien que pour toi
Toute la vie
Ma petite symphonie

  君のためだけに一本の指で
  ずっと一生
  僕の小さなシンフォニーを弾きたい


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top