fc2ブログ
2024
03.30

Wen Shu (文舒) の初コンサート

一昨年の第9回《東京シャンソンコンクール》フランス語部門グランプリの文舒さんは、去年、《日本シャンソンコンクール》でグランプリを受賞。大学院生として日本で学んでいる中国人です。今年から、文舒の中国語の読みのアルファベット表記:Wen Shuを、ステージ・ネームとすることになりました。

《東京シャンソンコンクール》では「歌とともにEn chantant」を歌いました。※このブログでの邦題は「歌いながら」です。



《日本シャンソンコンクール》では「青春の翼Je vole」を歌いました。※このブログでの邦題は「ジュ・ヴォル」です。



2曲とも、映画「エールLa famille Bélier」で主人公役のルアンヌ・エメラLouane Emeraが歌っているミッシェル・サルドゥーMichel Sardouの曲です。初めて彼女の歌を聴いたとき、私たちは、ルアンヌそのものじゃないか!いやいやルアンヌ以上じゃないか!と本当に驚きました。ちょっと変な日本語も彼女の魅力の一部となっていて、《アミカル・サロン》や当会主催のコンサートによく参加してくれる彼女を、アミカルの仲間たちはまるで妹のように愛し応援しています。今後ますます羽ばたくに違いない彼女に、みんなでエールを送りたく、初コンサートを企画いたしました。ミッシェル・サルドゥーの曲と、最近取り組んでいるピンク・マルティーニPink Martiniの曲を中心としたコンサートです。
主催は、《イズリー音楽サロン》。《アミカル・ド・シャンソン》《日仏文化サロン》の主宰者:宇藤カザンが個人的に主宰する会です。チケットのお申し込みは、下のフライヤーに記載の宇藤の電話番号、アドレスまで。

WenShu_s2.jpg


Comment:0
2024
03.21

彼のことを想うJe pense à lui

Françoise Hardy Je pense à lui


2003年のミュージカル・コメディ「ドン・ファンDon Juan」のなかの曲「あの人を想うJe pense à lui」を先日取り上げましたが、その40年前の1963年に、フランソワーズ・アルディーFrançoise Hardyが歌った同名の曲をご紹介しましょう。EPアルバム :L'Amour s'en va(Chanson lauréate de l’Eurovision 1963)に収録されています。
「ドン・ファンDon Juan」の曲のluiは今生きている人でしたが、今回のluiは今はもういない人で、夢のなかで逢うのです。邦題はちょっと変えて「彼のことを想う」といたしました。作詞・作曲:フランソワーズ・アルディーFrançoise Hardy&アンドレ・サルヴェAndré Salvetほか。歌詞内容だけ見ると、静かなバラード風の曲だと思われるかもしれませんが、聴いてみるとその予想とは違うでしょう。60年代のオールディーズのいくつかの曲と共通するものがあって、私としては懐かしい気がします。



Je pense à lui   彼のことを想う
Françoise Hardy フランソワーズ・アルディー


Quand tout devient silence
Lorsque le jour est fini
Que mes rêves commencent
Alors je pense à lui

 すべてが静まり返ったとき
 一日が終わって
 夢が始まる
 そのとき彼のことを想う

Je pense à lui
Avant de dormir
Je rêve à tout ce qu'il m'a dit
À tout ce qu'il va me dire

 彼のことを想う
 眠る前に
 彼が私に言ったすべてを夢見る
 彼が私に言おうとするすべてを

Françoise Hardy Je pense à lui3


Et je revois aussi
Combien ses yeux
Me regardaient d'un air heureux
Chaque fois qu'il disait: "je t'aime"

 そしてまたふたたび見る
 どれほど彼の目が
 幸せそうな様子で私を見つめたか
 「愛してる」って言うたびに

J'étais dans ses bras
Et rien ne comptait plus
Non, plus rien autour de moi
Nous étions tous deux seuls dans la rue

 私は彼の腕のなかにいた
 そして何ももう要らなかった
 何も、私の周りにはほかに何もない
 私たちは路上で二人っきりだった

Françoise Hardy Je pense à lui1


Je pense à lui
Et quand je m'endors
Dans tous mes rêves de la nuit
C'est lui que je revois lui encore

 彼のことを想う
 そして眠りにつくとき
 夜のすべての夢の中で
 ふたたび逢うのは彼、また彼

Et quand la nuit s'achève
Qu'à nouveau la soleil luit
Je continue mon rêve
En ne pensant qu'à lui

 そして夜が終わり
 ふたたび太陽が輝くとき
 私は夢を見続ける
 彼のことだけを想いながら

Françoise Hardy Je pense à lui2


J'étais dans ses bras
Et rien ne comptait plus
Non, plus rien autour de moi
Nous étions tous deux seuls dans la rue

 私は彼の腕のなかにいた
 そして何ももう要らなかった
 何も、私の周りにはほかに何もない
 私たちは路上で二人っきりだった

Je pense à lui
Et quand je m'endors
Dans tous mes rêves de la nuit
C'est lui que je revois
Lui encore
Lui encore
C'est lui que je revois
Lui encore
C'est lui que je revois
Lui encore
C'est lui que je revois

 彼のことを想う
 そして眠りにつくとき
 夜のすべての夢のなかで
 ふたたび逢うのは彼
 また彼
 また彼
 ふたたび逢うのは彼
 また彼
 ふたたび逢うのは彼
 また彼
 ふたたび逢うのは彼


Comment:0
2024
03.15

塩味ポップコーンPopcorn Salé

Popcorn Salé Santa


サンタSanta(サマンタ・コッタSamanta Cotta)は、女性ロック歌手ダイアナ・エッカートDiana Eckertの娘で1993年生まれ現31歳のシンガー・ソングライター。ピアノとギターの弾き語りも得意です。
2009 年に、彼女は幼なじみのアダム Adam(ロマン・アダモRomain Adamo )、ライン Line (ローラ・クリスティンLaura Christin) 、ザック Zac (ザッカリー・シュッテ Zaccharie Schütte)とともにグループ「ハイフン・ハイフン Hyphen Hyphen」を結成し、2016 年にヴィクトワール賞を受賞しました。このグループは英語のタイトルの英語の曲を多く歌っています。
2022年に、グループでのキャリアと並行して、彼女はソロ活動に乗り出し、自作の6曲のEP:999をリリースしました。そのなかの曲、 「塩味ポップコーンPopcorn Salé」を取り上げます。この曲はシングルリリースされてプラチナ・ディスクになっています。
ピアノの弾き語り。女性が歌う歌詞ですが、君を妻とするとあります。この歌を発表することを彼女はためらったそうですが、レズビアンの表明なのです。自身の不具合および世界の災いに対する答えは愛と音楽であり、ひたすら音楽を発信し高らかに歌って君と生きて行くよ、といった主旨です。ポップコーンって、映画を見ながら食べますよね。人生や世の中がどうあろうと、そんな気楽さをもって生きて行こうと言っているのでしょうか。



2023年に、彼女はブリュッセルBruxellesでのアーバン・ガーデン・オブ・サマー・プレジャーズl’Urban Garden de Plaisirs d’Été のオープニングの一環として、地上40メートルに吊るされたグランドピアノでソロコンサートをおこないました。



2023年のザ・ヴォイス・キッズ・フランスThe Voice Kids Franceのドゥミ・ファイナルでリュシーLucieが歌いました。



Popcorn salé 塩味ポップコーン
Santa     サンタ
 

J’pourrais jouer l’faux héros au milieu des flammes 注1
Repartir à zéro pour un supplément d’âme
J’pourrais t’regarder dans les yeux, te dire que tout ira mieux 注2
J’mettrai la musique plus fort pour plus entendre dehors

 ボクは炎のなかで偽ヒーローを演じることもできるだろう
 魂の埋め合わせのためにゼロからやり直すことも
 君の目をじっと見つめて、すべて良くなると君に言うこともできるだろう
 外からもっと聞こえるようにボクは音楽の音量を上げるよ

Popcorn Salé3


{Refrain:}
Allez viens、je t’emmène loin
Regarder le monde s’écrouler
Y’aura du popcorn salé
Y’aura un nouveau monde à nos pieds

 さぁおいで、ボクは君を遠くへ連れて行って
 世界が崩壊するのを見るんだ
 塩味ポップコーンもあるよ
 ボクたちの足元には新しい世界が広がるよ

J’pourrais jouer les beaux mots au milieu des femmes
Le premier domino de ton cœur qui s’emballe 注3
J’pourrais te regarder dans les yeux, te dire qu’avant c’était mieux
Remettre la musique plus fort pour plus entendre nos remords 注4

 ボクは女性たちにかこまれて美しい言葉を奏でることもできるだろう
 走り出す君の心の最初のドミノ牌
 君の目をじっと見つめて、以前はもっと良かったと君に言うこともできるだろう
 ボクたちの後悔をもう聞かないように音楽の音量をまた上げることも

Popcorn Salé1


J’entendrai les bravos étouffer les flammes
J’éteindrai mes chaos, tu seras ma femme
Et on se regardera dans les yeux, dire que demain sera mieux 注5
Je chanterai toujours plus fort pour qu’on m’entende dehors

 ブラボーが炎を押し消すのをボクは聞くよ
 ボクは自分の混乱を鎮めるよ、君はボクの妻になるんだよ
 そしてボクたちは互いの目をじっと見つめ合うんだ、明日は良くなるというじゃないか
 外にいる人に聞こえるように、ボクは常にもっと大きな声で歌うよ

{Refrain:}
Allez viens、je t’emmène loin
Regarder le monde s’écrouler
Y’aura du popcorn salé
Y’aura un nouveau monde à nos pieds(×3)

 さぁおいで、ボクは君を遠くへ連れて行って
 世界が崩壊するのを見るんだ
 塩味ポップコーンもあるよ
 ボクたちの足元には新しい世界が広がるよ

Popcorn Salé2


[注] 
1 条件法の部分は、緩和表現で、可能性として示しており、「…することもできるだろう」と訳した。あとの単純未来の部分も非断定的要素があるが、話者の心的態度として意志および約束が介在するので、「…するよ」と訳した。
2 regarder qn.(droit) dans les yeux(dans le blanc des yeaux / au fond des yeaux)「相手の目をじっと見る」
3 s’emballerは「夢中になる、暴走する、高速回転する」などの意味なので、dominoは「ドミノゲーム」ではなく「ドミノ倒し」で、その最初に倒す牌を言うのであろう。
4 plusの前にneが省略されている。
5 この行は、ネット上に異なる歌詞が複数見られるが、聴き取って妥当なものを選んだ。dire que...は驚き・憤慨などを表すが、ここでは「…というじゃないか」という誇張表現。



Comment:0
2024
03.11

あの人を想うJe pense a lui

Don Juan2003


ドン・ファンはカサノヴァとともに色事師の代名詞とされるスペインの民話的な人物。それを主人公として劇作家ティルソ・デ・モリーナTirso de Molina が 1630 年に戯曲「セビーリャの色事師と石の招客El burlador de Sevilla y convidado de piedra 」をあらわし、フランスでは1665年に、 モリエールが戯曲「ドン・ジュアン、またの名を石像の宴Dom Juan ou le festin de pierre」をあらわしました。これらをもとに 18 世紀の末、イタリア語によるモーツァルトWolfgang Amadeus Mozartの傑作オペラ「罰せられた放蕩者またはドン・ジョヴァンニ Il dissoluto punito, ossia il Don Giovanni」が生まれました。 そののち21世紀には、フェリックス・グレイFélix Grayが2003年にケベックで、ミュージカル・コメディ「ドン・ファンDon Juan」を作製しました。
すべて、主人公(ドン・ジュアン、ドン・ファン、ドン・ジョヴァンニ)が悪い女たらしで、最後は罰せられて悲劇的な最期を遂げるわけですが、ほかの登場人物の名前も役割もさまざまです。ミュージカル・コメディ「ドン・ファンDon Juan」は、かなり整理された内容で、分かりやすい筋書きです。
その中の1曲、「あの人を想うJe pense à lui」をご紹介しましょう。第2幕で、兵士ラファエルRaphaëlと婚約している女性彫刻家のマリアMariaが、ドン・ファンDon Juanへの恋心を歌います。
2003年12年13年19年の公演のデータでは、マリア役はマリー=イヴ・ジャンヴィエMarie-Ève Janvier、 ドン・ファンDon Juan役はジャン=フランソワ・ブローJean-François Breauです。(2003年のみ、マリア役にアンヌ・セリーヌ・ロペスAnne-Céline Lopez、 ドン・ファンDon Juan役にステファヌ・ネヴィルStéphane Nevilleの名が加えられています。)



※フランソワーズ・アルディFrancoise Hardyおよびダニエル・ヴィダルDaniele Vidal が歌っているJe pense à luiはそれぞれ違う曲です。いずれあらためて取り上げましょう。

Je pense à lui    あの人を想う
Marie-Ève Janvier マリー=イヴ・ジャンヴィエ


Moi qui était déjà promise 注1
Et qui n'ai jamais fait d'erreurs
Quelle est cette étrange méprise
Qu'un autre homme a mis dans mon cœur?
Quel est cet étrange désire
D'avoir son visage sur mes mains?
De le toucher, de le tenir
De lier son destin au mien

 すでに婚約していて
 決して間違いを犯さなかった私
 ある男が私の心に入ったという
 この奇妙な間違いは何なの?
 あの人の顔を手に取りたい
 触れたい、つかまえたい
 あの人の運命を私の運命に結びつけたいという
 この奇妙な欲望は何なの?

Don Juan3


Je pense à lui, je pense à lui
A tous les mots qu'il me raconte
Pourquoi devrais-je en avoir honte?
Même si j'ai peur de ce qu'il dit
Je pense à lui

 あの人を想う、あの人を想う
 あの人が私に語るすべての言葉を想う
 なぜそれを恥じなきゃいけないの?
 あの人の言うことが怖くったって
 あの人を想う

Je ne me doutais pas qu'un jour 注2
Même si pourtant je l'attendais
Que j'allais rencontrer l'amour
Que l'amour lui ressemblerait

 そんなことは思いもしなかった
 それを待っていたとしても
 ある日愛に出逢うだろうとは
 その愛はあの人に似ているだろうとは

Je pense à lui, je pense à lui
A tous les mots qu'il me raconte
Pourquoi devrais-je en avoir honte?
Même si j'ai peur de ce qu'il dit
Je pense à lui

 あの人を想う、あの人を想う
 あの人が私に語るすべての言葉を想う
 なぜそれを恥じなきゃいけないの?
 あの人の言うことが怖くても
 あの人を想う

Je sais qu'il a connu des femmes
Et je sais qu'il n'était pas droit
Qu'il était le feu sans la flamme 注3
Pas avec moi, pas avec moi
Avec moi il est devenu
Le prince charmant d'autrefois
Celui que j'ai toujours voulu
Quand dans mes rêves il était là

 あの人が女たちと関係を持ったことは分かっている
 そしてあの人がまっとうじゃなかったことも
 私に対してじゃなく、 私に対してじゃなく
 あの人が炎のない火だったということも
 私にとってあの人は
 昔の魅惑の王子になった
 それは私がいつも望んでいた人
 私の夢の中にあの人が現れたときに

Don Juan2


Je pense à lui, je pense à lui
Pourquoi devrais-je en avoir honte
De tous ses mots?
Même si j'ai peur de ce qu'il dit

 あの人を想う、あの人を想う
 なぜ恥じなきゃいけないの
 あの人のすべての言葉を?
 あの人の言うことが怖くても

Je pense à lui, je pense à lui
Je vie chacune des nos seconds
Comme un cadeau
Même si j'ai peur de ce qu'il dit
Même si j'ai peur je pense à lui

 あの人を想う、あの人を想う
 私たちの一秒一秒を
 贈り物として私は生きる
 たとえあの人の言うことが怖くても
 たとえ怖くてもあの人を想う

Je pense à lui

 あの人を想う

[注]
1 promis(e)「約束された」すなわち「婚約している」
2 ne se douter pas que+ind./cond.「…なんて思いもしなかった」であり、「…だということを疑いもしなかった」ではない。
3 le feu sans la flamme「炎のない火」とは、情念をともなわない性欲を言う。


Don Juan1






Comment:1
2024
03.09

ピノキオPinocchio

Danièle Vidal Pinocchio


このところ、子供向け風の曲を続けていますが、今回もしかり。「ダニエル・ヴィダルDanièle Vidal」の「ピノキオPinocchio」です。1970年、作曲:クリスチャン・ルイスChristian Ruiz、作詞: ミレイユ・ジェラールMireille Gérard。この頃、ヴィダルは日本で人気があり、この曲は日本語でも歌っています(こちらです)が、無邪気でかわいいというだけであまりにも内容がない。でも、フランス語歌詞は、このようにメルヘンティックで奥行きがあります。
ピノキオ(イタリア語的にはピノッキオ)Pinocchioは、カルロ・コッローディCarlo Collodiが1883年に発表した「ピノキオの冒険Le avventure di Pinocchio」というイタリアの児童文学の主人公。この書は1881-82年に週刊誌に連載された「操り人形の物語Storia di un burattino」を改題したものです。
ジェッペット爺さんは、松の丸太を削って作った木の人形をピノキオPinocchioと名付けました。ピノキオは嘘つきで勉強と努力が嫌いなダメな性格。でも、いろんな経験を積んで、真面目に勉強し働くようになり、妖精は彼を人間にしてくれました、めでたしめでたしというお話です。
この歌では、舞い落ちた枯葉の下に、小さなピノキオがいるというのですが、ピノキオPinocchioのpinoは「松」、occhioは「目」あるいは「芽、つぼみ」で、pinocchioは「松の実」を意味します。枯葉の下には松ぼっくりが落ちていて、そこからピノキオが顔を出してくれるのかな?



Pinocchio   ピノキオ
Danièle Vidal ダニエル・ヴィダル


Monsieur, monsieur l'automne
Je suis un peu triste
Mon cœur en frissonne
Dites-moi monsieur l'automne
Je suis un peu triste
C'est pourquoi j'insiste
Dite-moi monsieur l'automne
Sous les feuilles vagabondes

 おじさん、秋おじさん
 わたしちょっぴり悲しいの
 胸がふるえるの
 ねぇ秋おじさん
 わたしちょっぴり悲しいの
 だからお願いよ
 教えて秋おじさん
 舞い落ちた葉っぱたちの下にあるものを

Pinocchio2.jpg


{Refrain:} 注1
Un petit, petit, petit, petit, petit Pinocchio
Desa, desa, desa, desarticulé 注2
Un pied, un pied, un pied, un pied tout en haut
Et la tête recollée(×2)

 ちっちゃな、ちっちゃな、ちっちゃな、ちっちゃな、ちっちゃなピノキオ
 からだはぐにゃ、ぐにゃ、ぐにゃ、ぐにゃで
 足、足、足、足は上のほう
 そして頭をつぎ合わせ

Pinocchio13.png


Mais c'est fantastique
Et dites-moi puisque
Vous etes monsieur l'automne
Tout cela m'étonne
Je voudrais vous suivre
Parmi vos feuilles de cuivre 注3
J'aimerais tellement vivre

 それって不思議ね
 ねぇ、だって
 あなたは秋おじさんだから
 こうしたことは私にはぜんぶ驚きよ
 あなたについて行きたいわ
 あなたの茶色の葉たちに包まれて
 私はそんな風に生きたいの

{Refrain:}
Comme un petit, petit, petit, petit, petit Pinocchio
Desa, desa, desa, desarticulé
Un pied, un pied, un pied, un pied tout en haut
Et la tete recollée

 ちっちゃな、ちっちゃな、ちっちゃな、ちっちゃな、ちっちゃなピノキオみたいに
 からだはぐにゃ、ぐにゃ、ぐにゃ、ぐにゃで
 足、足、足、足は上のほう
 そして頭をつぎ合わせ

Pinocchio15.png


{Refrain:}
Un petit, petit, petit, petit, petit Pinocchio
Desa, desa, desa, desarticulé
Un pied, un pied, un pied, un pied tout en haut
Et la tete recollée

 ちっちゃな、ちっちゃな、ちっちゃな、ちっちゃな、ちっちゃなピノキオ
 からだはぐにゃ、ぐにゃ、ぐにゃ、ぐにゃで
 足、足、足、足は上のほう
 そして頭をつぎ合わせ

Et monsieur l'automne
Soudain deboutonne 注4
Son gilet de velours gris
Il m'a dit : regarde
Et surtout prends garde
C'est fragile et si petit
Tiens, il s'en fuit

 そして秋おじさんは
 グレーのチョッキの
 ボタンを突然外す
 わたしに言うの「ごらんよ
 特に気をつけるんだよ
 きゃしゃでとっても小さいんだ
 ほら、彼はいなくなっちゃうよ

Pinocchio1.jpg


{Refrain:}
Oh petit, petit, petit, petit, petit Pinocchio
Désa, désa, désa, désarticulé
Un pied, un pied, un pied, un pied tout en haut
Et la tête recollée(×3)

 おー、ちっちゃな、ちっちゃな、ちっちゃな、ちっちゃな、ちっちゃなピノキオ
 からだはぐにゃ、ぐにゃ、ぐにゃ、ぐにゃで
 足、足、足、足は上のほう
 そして頭をつぎ合わせ(×3)

[注]
1 ルフラン部は「秋おじさん」が、枯葉の下にあるものを答えている。
2 desarticuléは動詞desarticuler「脱臼させる、ばらばらにする、手足を自在に曲げる」の過去分詞で、「関節が外れた、関節が自在に動く」の意味。操り人形のようなものをあらわしている。ピノキオの原型は操り人形である。
3 cuivre は「銅」でde cuivreは「赤銅色の」だが、易しい訳語として「茶色の」とした。
4 deboutonner son gilet「チョッキのボタンを外す」とは、日本語で「胸襟を開く」と言うように、「本心を明かす」「秘密を打ち明ける」といった意味合いにも思えるが、「秋おじさん」のチョッキのなかとは、すなわち枯葉の下、ピノキオが隠れているところのことだろう。



Comment:0
2024
03.03

彼女のそばでPrès d'elle

Le petit prince2


前回の「それは帽子だ!C'est un chapeau ! 」に続き、ミュージカル・コメディ「星の王子さま Le Petit Prince」の曲を取り上げましょう。「彼女のそばでPrès d'elle」です。彼女とは、王子様の星で咲いた一輪のバラの花のこと。彼女はとてもきれいだけれどちょっと気取り屋さんでした…。ま、詳しくは原作を読んでくださいね。(ネットでタダで読めます。このお話は17ページあたりです。)
歌っている王子役のジェフJeffすなわちJean-François Périer-Têtedoieは、1988年にサン=テグジュペリAntoine de Saint-Exupéryの家の向かいで生まれ、出演当時は14歳で彼の役柄と同じように金髪で青い目をしていました。今は35歳で、リオンLyonでカフェ・テロワールle Café Terroirというレストランを経営しているそうです。



Près d'elle 彼女のそばで
Jeff     ジェフ


Bien à l'abri de sa chambre verte 注1
Elle n'en finit pas dans cette cachette 注2
De choisir avec soin ses couleurs
De s'habiller lentement le cœur
Ses pétales ajustés un à un
Pour lui faire un corset de satin

 緑の部屋はとても安全
 彼女はこの隠れ家で時間をかけて
 慎重に色を選び続け
 自分のためにサテンのコルセットを作るべく
 一枚一枚合わせた花びらを
 ゆっくりと心を込めてまとい続ける

Le petit prince Rose0


Près d'elle
Je sens un miracle qui s’apprête
Un soleil
Qui vient pour éclairer ma planète

 彼女のそばで僕は
 起こりつつある奇跡と
 僕の星を照らしに来る
 太陽を感じる

Le petit prince Rose11


Je n'ai connu que des fleurs faciles
Jusqu'à ce qu'apparaisse cette brindille
Des fleurs qui ne tenaient pas de place
Et qui passaient sans laisser de traces

 僕は粗末な花々しか知らなかった
 この小枝が現れるまでは
 場所もとらず
 あとも残さずに消えていった花々しか

Avec ses manières si émouvantes
Celle-ci à l'air tellement différente

 とても感動的な流儀で
 この人はこんなにも違う様子をしている

Le petit prince Rose2


Près d'elle
Je sens un miracle qui s’apprête
Un soleil
Qui vient pour réchauffer ma planète

 彼女のそばで僕は
 起こりつつある奇跡と
 僕の星を照らしに来る
 太陽を感じる

Petite graine perdue dans l'Univers
Qui a trouvé sa place sur ma terre
Elle se prépare avec tant d'amour
À naître en étant belle comme le jour

 宇宙で迷った小さな種は
 僕の土地で自分の居場所を見つけた
 彼女は愛をいっぱい込めて準備する
 お日様のように美しく生まれるために

Le petit prince Rose3


Près d'elle
Je sens un miracle qui s’apprête
Un soleil
Qui vient pour éclairer ma planète

 彼女のそばで僕は
 起こりつつある奇跡と
 僕の星を照らしに来る
 太陽を感じる

Près d'elle...

 彼女のそばで…

Le petit prince Rose4


[注]
1 à l'abri de qc.「…を避けて」と「…に保護されて」の両義があるが、ここでは後者。
2 n'en finit pas inf.「いつまで経っても終わらない、ずっと…し続ける」



Comment:0
2024
03.02

それは帽子だ!C'est un chapeau !

Le petit prince2


「星の王子さま Le Petit Prince」は、フランス人の飛行士・小説家であるアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリAntoine Marie Jean-Baptiste Roger, de Saint-Exupéryが書いた物語で、1943年にアメリカで出版され、535 の異なる言語と方言に翻訳されています。聖書に次いで2番目の翻訳数です。初版以来、作者自身による挿絵が用いられています。
前置きには、「この本を、あるおとなの人に捧げたい、その人は私の最良の友で、フランスに住んでいて飢えと寒さに苦しみ、慰めを必要としている。そのおとなの人が子供だったその子供に捧げたい。」と書かれています。その「おとなの人」とは、作者の友人のジャーナリスト、レオン・ヴェルトLéon Werthを指しています。当時は第二次世界大戦中で、ヴェルトは平和主義者で、ナチス・ドイツの弾圧対象となっていたユダヤ人でした。
物語のあらすじは、ウィキペディアの記事をご覧ください。

2002年にジャン=ルイ・マルティノティJean-Louis Martinoty監督が制作し、リチャード・コッシアンテRichard Coccianteが演出し、カジノ・ド・パリCasino de Parisで公演された、ミュージカル・コメディ「星の王子さま Le Petit Prince」のストーリーは、48曲で構成されており、そのほとんどはリチャード・コッシアンテが作曲し、エリザベート・アナイスÉlisabeth Anaïsが作詞しました。そのうちのひとつ、「それは帽子だ!C'est un chapeau ! 」をご紹介しましょう。飛行士を演じているのはダニエル・ラヴォワDaniel Lavoieです。

Le petit prince「星の王子さま」の、「それは帽子だ!C'est un chapeau ! 」に関する部分を簡単に解説しましょう。
まず、語り手である「僕」は、幼い頃に見た、原始林についての本のなかの「猛獣を飲み込んだ大蛇ボア」の挿絵について語ります。大蛇ボアは、獲物をまるごと飲み込み、動かずに眠って長い時間をかけて消化していくのです。「僕」は、象を飲み込んだボアの絵を色鉛筆で描いて大人に見せ、「これが怖いか」と尋ねますが、「帽子がどうして怖いの」と言われ、中身の象の姿も描きますが、大人たちは、そんなことより勉強をしなさいと言います。落胆した「僕」は、絵描きになることを諦め、操縦士を目指し、世界中を飛び回るようになります。
そして、サハラ砂漠に僕の飛行機が不時着した際、「 小さな王子さま」と出会います。
王子さまは、「羊を描いて。」と言いますが、「僕」は代わりにボアの絵を見せます。しかし王子さまは、「ちがう!ボアに飲まれた象なんていらない。羊の 絵を描いてよ。」と言います。王子さまには、それが帽子ではなく、ボアの絵だと分かったのでした。
「僕」は、何度も羊を描いて見せますが、王子さまは納得せず、「僕」は最後に、木箱を描いて、「ほら、きみが欲しがっている羊は、このなかにいるよ」と言うと、「これだよ、ぼくが欲しかったのは!」と喜びます。

このお話が示すのは、「大切なものは、目に見えないLe plus important est invisible」ということ。それは、人が生きていく上で重要な指針となります。そういえば、竹内マリアが作詞した「いのちの歌」の歌詞にも「本当にだいじなものは隠れてみえない」というフレーズがありますね。



C'est un chapeau !   それは帽子だ!
Daniel Lavoie      ダニエル・ラヴォワ


Est-ce que mon dessin vous a fait peur ?
Pourquoi un chapeau ferait-il peur ? 注1
Je ne comprends pas personne ne voit
L'éléphant au fond de ce boa

 あなたたちは僕の絵が怖い?
 なぜ帽子が怖いんだ?
 僕には分からない、誰にも見えないんだ
 このボアヘビのなかにいるゾウは

Cest un chapeau1


Alors j'ai rangé tous mes crayons
Mes drôles de dessins dans des cartons
J'ai trouvé enfin ma vocation
Je suis devenu pilote d'avion

 だから僕は箱にぜんぶしまった
 色鉛筆を私の変な絵を
 ついに天職を見つけたんだ
 僕は飛行機のパイロットになった

Les grandes personnes, c'est fatiguant
Elles ne comprennent plus tellement
Elles ont besoin d'explications
Toujours et toujours des explications

 大人たちってさ、うんざりだよ
 彼らはもう理解していなくて
 彼らには説明が必要なんだ
 いつもいつも説明が

Depuis j'ai croisé des tas de gens
Mon avis n'a pas changé vraiment
Je ne parle plus jamais d'étoiles
De serpents boas, de fleurs tropicales

 以来、僕はたくさんの人たちと出会った
 僕の考えは特に変わらなかった
 僕はもう二度と話さない、星のこと
 ボアヘビのこと、熱帯の花のことを

J'ai quand même voulu faire l'essai
De mon dessin à nouveau
Mais les grandes personnes répondaient
Toujours et toujours c'est un chapeau !

 だけど僕は試してみたかった
 あらたに僕の絵について
 でも大人たちは答えた
 いつもいつもそれは帽子だと!

Cest un chapeau2


Alors je parlais de politique
De cravates, de golf, de courses hippiques
Et les grandes personnes se rassuraient
De connaitre un homme aussi sensé

 それで僕は話したんだ、政治について
 ネクタイについて、ゴルフについて、競馬について
 すると大人たちは安心したんだ
 同様にまともな人間だと知って

Est-ce que mon dessin vous a fait peur ?
Pourquoi un chapeau ferait-il peur ?
Je ne comprends pas personne ne voit
Au delà des choses, au delà de soi

 あなたたちは僕の絵が怖い?
 なぜ帽子が怖いんだ?
 僕には分からない、誰にも見えないんだ
 物ごとの向こう側は、自分自身の向こう側は

C'est un chapeau !
C'est un chapeau !

 それは帽子だ!
 それは帽子だ!


[注] 青色は大人たちの答え。

Cest un chapeau3



Comment:0
2024
03.01

帽子Les chapeaux

Hubert Hess les chapeaux


ユベール・エスHubert Hessはシンガー・ソングライターで、子供向けのテレビ番組などで自作の童謡を歌い、司会もしています。「帽子Les chapeaux」は彼の代表作のひとつで、1990年〜1992年に RFOチャンネル (Réunion1er)のMarmaillagesという番組に出演していた時から歌っている曲。2022年に、当時のほちびっこかの曲といっしょにアルバム:Marmaillages, Vol. 1. に収録されました。 Marmaillageは、「(さわがしい)子供たち、ちびっ子たち」といった意味のmarmailleに「集合、状態」をあらわす接尾語age がついた語。番組名はその複数形ですから、「ちびっ子全員集合」とでも訳しましょうか。



Les chapeaux   帽子
Hubert Hess  ユベール・エス


{Refrain:}
Des chapeaux j’en ai des tas,
Des tas d’jolis chapeaux,
Des p’tits, des gros,
Des bas, des hauts,
Des tas d’chapeaux.

 僕は帽子をたくさん持っている、
 たくさんのステキな帽子、
 低いのも、高いのも、
 たくさんの帽子を。

Quand je vais à la foire, Noir.jpg
Je mets mon chapeau noir,
À la foire, chapeau noir,
Chantez avec moi !

 お祭りに行くときは、
 黒い帽子をかぶるんだ、
 お祭りには、黒い帽子さ、
 僕と一緒に歌おうよ!

{Refrain}

Quand c’est le jour de l’An, Blanc.jpg
Je mets mon chapeau blanc,
Jour de l’An, chapeau blanc,
À la foire, chapeau noir,
Chantez avec moi !

 元旦には、
 白い帽子をかぶる、
 元旦は、白い帽子、
 お祭りは、黒い帽子、
 僕と一緒に歌おうよ!

{Refrain}

Quand tout va de travers,  注1Vert.jpg
Je mets mon chapeau vert,
De travers, chapeau vert,
Jour de l’An, chapeau blanc,
À la foire, chapeau noir,
Chantez avec moi !

 まったくご機嫌斜めなときは、
 緑の帽子をかぶる、
 ご機嫌斜めは、緑の帽子、
 元旦は、白い帽子、
 お祭りは、黒い帽子、
 僕と一緒に歌おうよ !

{Refrain}

Quand j’ai une dent qui bouge, Rouge.jpg
Je mets mon chapeau rouge,
Dent qui bouge, chapeau rouge,
De travers, chapeau vert,
Jour de l’An, chapeau blanc,
À la foire, chapeau noir,
Chantez avec moi !

 歯がぐらぐらするとき、
 赤い帽子をかぶる、
 歯のぐらぐらは、赤い帽子、
 ご機嫌斜めは、緑の帽子、
 元旦は、白い帽子、
 お祭りは、黒い帽子、
 僕と一緒に歌おうよ!

{Refrain}

Quand je vais à Paris,Gris.jpg
Je mets mon chapeau gris,
À Paris, chapeau gris,
Dent qui bouge, chapeau rouge,
De travers, chapeau vert,
Jour de l’An, chapeau blanc,
À la foire, chapeau noir,
Chantez avec moi !

 パリに行くとき、
 灰色の帽子をかぶる、
 パリでは、灰色の帽子、
 歯のぐらぐらは、赤い帽子、
 ご機嫌斜めは、緑の帽子、
 元旦は、白い帽子、
 お祭りは、黒い帽子、
 僕と一緒に歌おうよ !

{Refrain}

[注]
1 aller de travers は「物事がうまく行かない」の意味の熟語で、日本語の「家運が傾く」などに通じるが、de travers「斜めに、ゆがんで」は、「斜に構える」 「ご機嫌斜め」などに通じ、mettre son chapeau travers「帽子を斜めにかぶる」という表現もあるので、「斜め」を生かしたく「ご機嫌斜め」 と訳した。


Les chapeaux4



Comment:0
back-to-top