fc2ブログ
2023
12.26

生きる Vivre

Notre-Dame de Paris


以前とりあげた「カテドラルの時代Le temps des cathédrales」 と同様、ミュージカル「ノートルダム・ド・パリNotre-Dame de Paris」の曲で、エスメラルダEsméraldaがフェビュス・ド・シャトーぺールPhœbus de Châteaupersを想う気持ちを表した「生きるVivre」。台本・作詞:リュック・プラモンドンLuc Plamondon, 作曲:リッカルド・コッチャンテRiccardo Cocciante。

エレーヌ・セガラHélène Ségaraは、可動式の大きな石の上で歌っています。



Vivre  生きる

La nuit est si belle
Et je suis seule
Je n'ai pas envie de mourir
Je veux encore chanter
Danser et rire
Je ne veux pas mourir
Mourir
Avant d'avoir aimé

 夜はうるわしく
 私はひとり
 死にたくはない
 まだ歌って
 踊って笑いたい
 死にたくはない
 愛を成し遂げるまでに
 死にたくない

Vivre
Pour celui qu'on aime
Aimer
Plus que l'amour même
Donner
Sans rien attendre en retour

 生きる
 愛する人のために
 愛する
 愛そのものをも超えて
 捧げる
 見返りに何も求めることなく

Hélène Ségara3


Libre
De choisir sa vie
Sans un anathème
Sans interdit

 自由だ
 生き方を選ぶのは
 呪いもなく
 禁じられることもなく

Libre
Sans Dieu ni patrie
Avec pour seul baptême
Celui de l'eau de pluie

 自由だ
 神も祖国もなく
 唯一の洗礼として
 雨のしずくを受けて

Vivre
Pour celui qu'on aime
Aimer
Plus que l'amour même
Donner
Sans rien attendre en retour

 生きる
 愛する人のために
 愛する
 愛そのものをも超えて
 捧げる
 見返りに何も求めることなく

Hélène Ségara2


Ces deux mondes qui nous séparent
Un jour seront-ils réunis
Oh ! je voudrais tellement y croire
Même s'il me faut donner ma vie
Donner ma vie
Pour changer l'histoire

 私たちを引き裂くこの二つの世界が
 いつの日か一つになるだろう
 ああ!それをひたすら信じたい
 たとえこのいのちを捧げねばならなくても
 物語を転じるために
 このいのちを捧げねば

Vivre
Pour celui qu'on aime
Aimer
Plus que l'amour même
Donner
Sans rien attendre en retour

 生きる
 愛する人のために
 愛する
 愛そのものをも超えて
 捧げる
 見返りに何も求めることなく

Aimer
Comme la nuit aime le jour
Aimer
Jusqu'à en mourir d'amour
Jusqu'à en mourir d'amour

 愛する
 夜が日を愛するように
 愛する
 愛のために死するまで
 愛のために死するまで

Hélène Ségara1



Comment:1
2023
12.14

《コンセール・ド・ノエル》

昨年9月の《アミカル・ド・シャンソン 10周年記念コンサート》は、フランス語ばかりだと受けが悪いかな…という心配は全く不要で大変好評でした。今年もまた原語の歌唱をメインとしたコンサートを12月14日(木)に、内幸町ホールにておこないます。題して、《コンセール・ド・ノエル》です。アミカル・ド・シャンソンの仲間たちほかユニークな歌い手たち16名が、それぞれの個性をフルに発揮して歌います。ピアノ:アニエス晶子、チェロ:三枝慎子、アコーデオン:田ノ岡三郎のトリオ伴奏です。

ご予約いただけば当日払いでチケットをご用意いたします。お申し込みは下記のリ-フレットに記載のアドレスおよび電話番号まで(不在時は受けられないので固定電話は避けてください)。前もってのご予定が立たない場合は当日券もあります。

ノエルコンサートAs

Comment:2
back-to-top