fc2ブログ
2021
12.25

カテドラルの時代Le temps des ⅽathédrales

Notre-Dame de Paris


「ノートルダム・ド・パリNotre-Dame de Paris」は、ヴィクトル・ユーゴーVictor-Marie Hugoの同名の小説(1831年出版。「ノートルダムのせむし男」の邦題でも知られる。→ウィキペディア) を基にしたミュージカル。台本・作詞:リュック・プラモンドンLuc Plamondon、作曲:リッカルド・コッチャンテRichard Cocciante。1998年にパレ・デ・コングレ・ド・パリPalais des congrès de Parisでの初演以来、毎年世界のさまざまな国で公演を続けています。
このミュージカルには素晴らしい曲が多々ありますが、最初にご紹介するのは、詩人で戯曲家のピエール・グランゴワールPierre Gringoire(実在人物)役が冒頭で歌う「カテドラルの時代Le temps des ⅽathédrales」です。この物語の舞台であるカテドラルすなわちノートルダム大聖堂Cathédrale Notre-Dame de Parisは、パリのシテ島l'île de la Citéにあるゴシック建築を代表する建物。1163年に司教モーリス・ド・シュリーMaurice de Sullyによって着工され、最終的な竣工は1345年。
ユーゴーの年代設定でもこの歌詞でもこの物語は1482年のこととされていますが、特に大きな出来事があった年ではなく、ホイジンガJohan Huizingaが「中世の秋Automne du Moyen Âge」(1919)と表現した中世末期に当たり、14世紀にイタリアで生まれたルネサンス運動Renaissanceがフランスに波及する少し前、百年戦争が終わり、ペストの流行も収まり、教会の権力が衰退し王権が増大し、パリを始めとして都市化が進んだ時代です。

ブルーノ・ペルティエBruno Pelletierは初演から2000年まで演じました。



リシャール・シャレストRichard Charestは2016年以来演じています。



1998年公演の全編をYouTubeで見られます。

Le temps des ⅽathédrales  カテドラルの時代

C’est une histoire qui a pour lieu
Paris la belle en l’an de Dieu
Mil quatre cent quatre-vingt-deux
Histoire d’amour et de désir

 これは至上の年
 1482年の
 うるわしきパリを舞台とする物語
 愛のそして欲望の物語だ

Notre-Dame de Paris1998


Nous les artistes anonymes
De la sculpture ou de la rime
Tenterons de vous la transcrire
Pour les siècles à venir

 彫刻や詩にたずさわる
 われら無名の芸術家は
 来たるべき世紀に向けて
 君たちに史実を伝えんと試みる

Il est venu le temps des cathédrales
Le monde est entré
Dans un nouveau millénaire
L’homme a voulu monter vers les étoiles
Écrire son histoire
Dans le verre ou dans la pierre

 カテドラルの時代がおとずれた
 世界は
 新たな千年に入った
 ひとは星々に向かって登りつめんと
 ガラスの中にあるいは石の中に
 みずからの歴史を刻まんと欲した

Notre-Dame11.jpg


Pierre après pierre, jour après jour
De siècle en siècle avec amour
Il a vu s’élever les tours
Qu’il avait bâties de ses mains

 石に石を重ね、日に日を重ね
 世紀から世紀へと愛を込めて
 みずからの手で築かれた塔たちが
 高く聳え立つのをひとは見た

Les poètes et les troubadours
Ont chanté des chansons d’amour
Qui promettaient au genre humain
De meilleurs lendemains

 詩人たちと吟遊詩人たちは
 愛の歌を歌い
 人類に約束した
 より良き未来を

Notre-Dame2.jpg


Il est venu le temps des cathédrales
Le monde est entré
Dans un nouveau millénaire
L’homme a voulu monter vers les étoiles
Écrire son histoire
Dans le verre ou dans la pierre (×2)

 カテドラルの時代がおとずれた
 世界は
 新たな千年に入った
 ひとは星々に向かって登りつめんと
 ガラスの中にあるいは石の中に
 みずからの歴史を刻まんと欲した

Il est foutu le temps des cathédrales
La foule des barbares
Est aux portes de la ville
Laissez entrer ces païens, ces vandales 注1
La fin de ce monde 注2
Est prévue pour l’an deux mille
Est prévue pour l’an deux mille

 カテドラルの時代は潰え去った
 粗野な人々の群は
 街の門に群がり
 この異教徒らやこの破壊者らも入れろと
 この世の終わりは
 2000年と予知された
 2000年と予知された

Notre-Dame de Paris1998


[注]
1 vandale「バンダル人」5世紀ごろ民族移動を開始した最も戦闘的なゲルマン人。無知で粗暴な破壊者の代名詞とされる。
2 フランスのルネサンス期の医師・占星術師ノストラダムスMichel Nostradamus(1503年-1566年)は「1999年7月、空から降ってくる恐怖の大王によって、世界は滅亡する。」と予言した。歌詞ではその予言を踏まえつつ押韻のため2000年l’an deux milleとされている。その名前は本名であるMichel de Nostredameをラテン語風に綴ったものだが、ノートルダム大聖堂Notre-Dameの名に合わせる意図も伺える。
ちなみにノストラダムスは2019年4月の「ノートルダム大聖堂火災」も予言したとされる。「フランスやスペインのキリスト教の象徴は、浄化の火で燃えるだろう。聖母は、私たち全員のために泣き、遠くに輝く。春の到来とともに、いつでも教会は罪人のために燃えるようになる。」と。


Notre-Dame4.jpg





Comment:0
2021
12.22

冬の夜Nuit d'hiver

Charles Trénet Chansons daujourdhui


今回はシャルル・トレネCharles Trénetの「冬の夜Nuit d'hiver」。まずは優しい曲だなという印象でしたが、歌詞を訳しながら聴き込んで行くと、とってもエロティックな曲に思えてきました…。ともあれ、冬の夜にひとりしんみりと聴きたい(あるいは歌いたい?)曲です。1959年のアルバム : Chansons d'aujourd'hui に収録されています。



Nuit d'hiver    冬の夜
Charles Trénet  シャルル・トレネ


Nuit d'hiver, douce nuit sans fin
Le vent gémit, nos cœurs chavirent
La rue c'est la mer, notre chambre un navire
Qui s'en va vers un port
Où n'est pas la mort

 冬の夜、終わることのない甘美な夜
 風は唸り、僕たちの心は揺れ動く
 街、それは海、僕たちの部屋は船
 港へと向かう船
 そこには死など無い

Nuit dhiver1


Mais la vie qui fleurit demain
La nuit, la longue nuit qui marche
Comme la Seine se promène sous les arches
Suivant le même chemin

 だが明日には花咲く人生
 夜、歩む長い夜
 セーヌ川がアーチの下をたゆたうように
 同じ道を辿って

Rêve sans crainte amour de mon cœur
Que seule ta plainte soit de bonheur
Rêve sans nuage amour de ma vie
Les rêves sont les héritages de la nuit

 恐れないで夢を見てよ、わが心の愛しい人
 ただ君の嘆きが幸せになるように
 雲を晴らして夢を見てよ、わがいのちの愛しい人
 夢たちは夜の宝だ

Nuit dhiver2


Nuit d'hiver, douce nuit sans fin
Le vent gémit et nos deux cœurs chavirent
La rue c'est la mer notre chambre un navire
Qui vogue vers son destin

 冬の夜、終わることのない甘美な夜
 風は唸り、僕たちのふたつの心は揺れ動く
 街、それは海、僕たちの部屋は船
 自らの運命へと向かう船


ユーグ・オーフレイHughes Aufrayも歌っています。歌詞が若干違うのでご紹介しますが、訳は省きます。



Nuit d'hiver douce nuit sans fin
Nuit d'amour où nos deux cœurs chavirent
La rue c'est la mer notre chambre un navire
Qui s'en va vers un port
Où n'est pas la mort

Mais la vie qui fleurit demain
Au bout d'la nuit la longue nuit qui marche
Qui marche comme la Seine se promène sous les arches
Suivant le même chemin

Nuit d'hiver douce nuit sans fin
Nuit d'amour où nos deux cœurs chavirent
La rue c'est la mer notre chambre un navire
Qui s'en va vers un port
Ou n'est pas la mort

Nuit d'hiver douce nuit sans fin
Le vent nous berce et nos deux cœurs chavirent
La rue c'est la mer notre chambre un navire
Qui vogue vers son destin
Nuit d'hiver
Nuit sans fin


Comment:3
2021
12.06

出逢いPremière rencontre

Message Personnel


まだ見ぬ未来の恋人をテーマにした曲としては、ムルージMouloudjiの「いつの日にかUn jour, tu verras」、シャルル・アズナヴールCharles Aznavourとジルベール・ベコーGilbert Becaudの「君を待つJe t'attends」、アラン・ドロルムAlain Delormeの「夢に見るひとJe rêve souvent d'une femme」を取り上げましたが、すべて男性歌手でした。今回は女性歌手で、まさしく「いつか王子様が…」です。フランソワーズ・アルディFrançoise Hardyの「出逢いPremière rencontre」。以前ご紹介した「告白Message Personnel」と同じく、1973年のアルバム:Message personnelに収録されています。作詞・作曲:ミッシェル・ベルジェMichel Berger。



Première rencontre 出逢い
Françoise Hardy   フランソワーズ・アルディ


Je restais seule dans ma chambre
Rêvant de celui qui viendrait
Me sortir un jour de l'enfance
Et avec qui je partirais
Loin

 私は部屋に一人でいた
 いつか私を子供時代から連れ出しに
 やって来るはずの人を夢みながら
 そしてその人と私は旅立つの
 遠くへと

Rencontr2.jpg


S'il m'avait fallu le décrire
Bien sûr je me serais trompée
Mais j'aimais déjà son sourire
Avant de l'avoir rencontré

 私がその人を描かなきゃならなかったら
 きっと私は描き損じただろう
 でも、私はすでにその人の笑顔を愛していた
 その人に出逢う前に

Avant que le concert commence
Quand tous les musiciens s'accordent
Un peu comme la mer qui avance
Un peu comme le mal au cœur

 コンサートが始まる前に
 すべてのミュージシャンが音合わせをするとき
 寄せ来る海にちょっと似た感じ
 胸騒ぎにちょっと似た感じ

Rencontre1.jpg


Quand je l'ai vu c'était un peu ça
Il n'avait rien de plus qu'un autre
Mais j'ai su que c'était celui-là
Et pas un autre

 私がその人を見たとき、ちょっとそんな感じだった
 ほかには別に何もなかった
 でも、私はそれが彼だって
 別物じゃないって分かったのよ


Comment:1
back-to-top