FC2ブログ
2016
07.04

キャバレーの女Elle voulait jouer cabaret

Patricia Kaas Elle voulait jouer cabaret


今回はパトリシア・カースPatricia Kaasの「キャバレーの女Elle voulait jouer cabaret」です。1989年にディディエ・バルブリヴィアンDidier Barbelivienが作った曲。バルブリヴィアンはカースのほか多くの歌手に歌詞を提供してきた作詞家ですが、自身が歌った曲として「もしもあなたに会えずにいたらQue serais-je sans toi」と「彼女Elle」とをすでにご紹介しています。



エディー・ミッチェルEddy Mitchellの「ミント水の色Couleur menthe à l'eau」をちょっと思い起こさせる歌詞。タイトルにあるcabaretとは、「ダンスやコメディショーなどパフォーマンスをする舞台のあるレストランやナイトクラブ」のことです。jouer cabaretという表現は、前置詞も冠詞もなくて、「そうしたナイトクラブの舞台でパフォーマンスをする」ということなのでしょう。歌詞中では、そうした意味で「彼女はキャバレーをやりたかった」と訳しましたが、邦題としてはちょっとさえないので「キャバレーの女」という既存の邦題を不承不承用いることにしました。ただし、この題名で歌われている日本語歌詞はまるで内容が異なります。また「モノクローム・ストーリー」とも呼ばれているようですが、これはまったくいただけません。

Elle voulait jouer cabaret  キャバレーの女
Patricia Kaas         パトリシア・カース


Elle voulait jouer cabaret
Sur un paque bot de contrebande
Pas dans un bastringue marseillais
Avec des marins qui lui demandent
Une chambre d´hôtel sur la mer
Histoire de faire le tour du monde 注1
D´être la fiancée du corsaire
Tout en restant une putain de blonde 注2

  彼女はキャバレーをやりたかった
  マルセイユの安キャバレーでではなく
  密輸の大型船の上で
  彼女に海の上のホテルの一室を求める
  船乗りたちとともに
  世界一周するために
  海賊のフィアンセになるために
  しょせん金髪の売春婦のままだとしても

Elle voulait jouer cabaret 1


Qui chanterait blue bayou 注3
En dansant sur les tables
Tout en étant capable
De faire peur aux voyous
Et chanter only you
En buvant dans les verres
Un fond de picon bière 注4
Qui rend à moitié fou.

  彼女は、テーブルの上で踊りながら
  ブルー・バイユーを歌うだろうし
  なんだってできる
  ならず者たちを怖がらせることも
  けっこうハイな気分にさせてくれる
  ピコン・ビールを
  何杯も飲み干しながら
  オンリー・ユーを歌うことも

Elle voulait jouer cabaret
Pas les serveuses les filles de salle
Pourtant Dieu sait qu´elle s´en foutait 注5
D´avoir le cœur et les mains sales
Elle venait d´une grande ville du nord
Où on a fermé les usines
Là où le soleil vaut de l´or
Elle savait depuis toute gamine

  彼女はキャバレーをやりたかった
  女給やウエートレスなんかじゃなく
  でも汚れた心と手を持つことを
  彼女は気にしちゃいなかったにちがいない
  彼女は北方の大きな町から来た
  その町で工場が閉鎖された
  そこでは太陽が金にも値することを
  彼女はほんのガキだった頃から知っていた

Elle voulait jouer cabaret 2


Elle voulait jouer cabaret
Pas les madelons d´infortune 注6
Je peux vous dire qu´elle en rêvait
D´un jazz band sous un clair de lune
D´un chapeau claque avec des strass 注7
Comme les vedettes américaines
Pas d´un néon sur la terrasse
Et l´accordéon qui se traîne 注8

  彼女はキャバレーをやりたかった
  不運なマドロンなんかじゃなく
  私はあなたがたに言えるわ 彼女は夢見ていたと
  月明かりのもとでのジャズ・バンドを
  アメリカのスターたちのような
  金ぴかの飾りのついたオペラハットを
  カフェテラスのネオンサインなんかじゃなく
  そしてアコーデオンが長々と音を響かせるのよ

[注]
1 histoire de+inf.「ただ…するために」
2 tout+ジェロンディフ「…ではあるが、…ではあっても」
3 blue bayouと小文字で書かれているが、あとの行のonly youともに、曲名に違いない。
「青い入江Blue Bayou」は、米国のロイ・オービソンRoy Orbisonとジョー・メルソンJoe Melsonが作り、オービソンが歌って1961年に録音され1963年にリリースされた曲で、1977年にリンダ・ロンシュタットLinda Ronstadtが歌ってヒットした。
bayouとは、もともと米国南部のミシシッピーの下流域のルイジアナ州あたりの河・湖・湾の沼のような入江を指す言葉。ちなみにルイジアナ州のニューオーリンズはジャズ発祥の地として知られる。最後の節には、un jazz band「ジャズ・バンド」やles vedettes américaines「アメリカ人のスターたち」という言葉が出てくる。
4 fond「(容器の)底に残っているもの、少量の液体」。前行にdans les verresとあり、複数のグラスの酒をつまりは何杯もおかわりして飲み干したということになる。Piconとは、オレンジの香りとハーブのほろ苦く爽やかな飲み口が特徴のビター系リキュール、アメール・ピコンAmer Picon。ビールで割って飲まれることがある。
5 Dieu sait que…「…なのは絶対間違いない(神がご存知だ)」と「…はわからない(神のみぞ知る)」の両義がある。ここでは前者。
6 Wikipedeiaによると、La Madelon(あるいはQuand Madelon)は第1次世界大戦中にヒットしたフランスのポピュラーソング(作詞:Louis Bousquet、作曲:Camille Robert)で、ある兵士がMadelonという酒場の女給に恋したが、彼女はすべての兵士に平等に接したいと言って断るという話→。英語やスペイン語にも翻案されて各国で歌われ、第2次世界大戦中にはマルレーネ・ディートリッヒMarlene Dietrichが歌ってリバイバルヒットした。
ここでは、兵士たちにサービスする酒場の女給の代名詞として用いられている。
7 chapeau claque (claqueだけでも)「オペラハット、畳みシルクハット、二角帽」。strass「まがい物の宝石、金ぴかの贋物」。
8 et…qui (感嘆を示す)「…は…なんですよ」




Comment:0
2016
07.03

エリザÉlisa

Serge Gainsbourg Elisa


今回はセルジュ・ゲンズブールSerge Gainsbourg が妻のジェーン・バーキンJane Birkinのことを歌ったとされる「エリザÉlisa」(1969年)を取り上げましょう。ゲンズブールの死後、1994年に作られた同名の映画「エリザÉlisa」は、ヴァネッサ・パラディVanessa Paradis演ずる娘が、ジェラール・ドパルデューGerard Depardieu演ずる、自分を捨てた父親を探し復習するために旅に出るという筋書き。この映画では、曲の内容とは関係ありませんが、この曲が父を探すための手がかりとされています。エンドロールにこの曲が流れ、「ゲンズブールに捧ぐ」というクレジットが出ます。



ジェーン・バーキン自身も後年この曲を、アラビア風のアレンジで歌っています。(また別に、ロック・ヴァージョンでも歌っているようです。)



Élisa          エリザ
Serge Gainsbourg  セルジュ・ゲンズブール


Élisa, Élisa
Élisa saute-moi au cou 注1
Élisa, Élisa
Élisa cherche-moi des poux, 注2
Enfonce bien tes ongles,
Et tes doigts délicats
Dans la jungle
De mes cheveux Lisa

  エリザ、エリザ
  エリザ僕の首に抱きついて
  エリザ、エリザ
  エリザ、僕についたシラミを探して、
  爪をきゅっと差し込んで、
  それからやさしい指を
  僕の髪の毛の
  ジャングルのなかにリザ

Élisa7


Élisa, Élisa
Élisa saute-moi au cou
Élisa, Élisa
Élisa cherche-moi des poux,
Fais-moi quelques anglaises,
Et la raie au milieu
On a treize
Quatorze ans à nous deux

  エリザ、エリザ
  エリザ僕の首に抱きついて
  エリザ、エリザ
  エリザ、僕についたシラミを探して、
  僕をちょっとイギリス風にして、
  そして真ん中で分け目をつけて
  僕たちは13歳か
  14歳だね 二人合わせると

Élisa4


Élisa, Élisa
Élisa les autres on s´en fout,
Élisa, Élisa
Élisa rien que toi, moi, nous
Tes vingt ans, mes quarante 注3
Si tu crois que cela
Me tourmente
Ah non vraiment Lisa

  エリザ、エリザ
  ほかの奴らなんかどうでもいい、
  エリザ、エリザ
  エリザ、君、僕、僕たちだけだ
  君の20歳、僕の40歳
  そのことが僕を悩ませるのだと
  もし君が信じているのなら
  ああそんなことはないよほんとにリザ

Élisa3


Élisa, Élisa
Élisa saute-moi au cou Élisa, Élisa
Élisa cherche-moi des poux,
Enfonce bien tes ongles,
Et tes doigts délicats
Dans la jungle
De mes cheveux Lisa

  エリザ、エリザ
  エリザ 僕の首に抱きついて
  エリザ、エリザ
  エリザ 僕についたシラミを探して、
  爪をきゅっと差し込んで、
  それからやさしい指を
  僕の髪の毛の
  ジャングルのなかにリザ

[注]
1 sauter au cou de qn.「…の首ったまにしがみつく、ひしと抱きつく」
2 chercher des poux dans la tête de qn.「…の頭についたシラミを探す」ということだが、「つまらないことで…にけちをつける、…のあら探しをする」という成句としての意味も含む。
3 当時、ゲンズブールは41歳、ジェーンは23歳。



Comment:0
2016
07.02

あなたのとりこIrrésistiblement

Sylvie Vartan Irrésistiblement


シルヴィー・ヴァルタンSylvie Vartanの「あなたのとりこIrrésistiblement 」は、ジョルジュ・アベールGeorges Aber作詞、ジャン・ルナールJean Renard作曲。シルヴィーは1968年4月に、当時の夫だったジョニー・アリディーJohnny Hallydayとともに自動車事故に逢いました。シルヴィーは左腕を骨折するなど重篤な負傷を負いましたが、その3ヶ月後の7月にこの曲を発表しました。日本では何度もCMに使われておなじみの曲です。



Irrésistiblement  あなたのとりこ
Sylvie Vartan   シルヴィー・ヴァルタン


Tout m'entraine, irresistiblement vers toi comme avant
Tout m'enchaine, irresistiblement a toi je le sens

  すべてが私を引きずって行く、どうしようもなくあなたへと、今までどおり
  すべてが私をつなぎとめる、どうしようもなくあなたに、私はそう感じる

Comme le jour revient apres la nuit
Et le soleil toujours apres la pluie
Comme un oiseau qui revient vers son nid
Vers mon amour je vais aussi

  夜のあとに朝が
  そして雨のあとにいつも太陽が戻ってくるように
  巣へと戻る鳥のように
  愛するひとのもとへと私も向かう

Tout m'entraine, irresistiblement vers toi a chaque instant
Tout m'enchaine, irresistiblement a toi je le sens

  すべてが私を引きずって行く、どうしようもなくあなたへと
  すべてが私をつなぎとめる、どうしようもなくあなたに、私はそう感じる

Irrésistiblement1


Comme la mer qui frappe le rocher
Obstinement sans jamais desarmer
Par le malheur on est souvent frappe
Mais l'amour seul peut nous sauver

  岩に打ち寄せる海の波のように
  執拗にけっして容赦なく
  不幸によってしばしば人は打ちのめされる
  でも愛だけは私たちを救ってくれる

Tout m'entraine, irresistiblement vers toi a chaque instant
Tout m'enchaine, irresistiblement a toi je le sens

  すべてが私を引きずって行く、どうしようもなくあなたへと
  すべてが私をつなぎとめる、どうしようもなくあなたに、私はそう感じる

Comme la joie revient apres les pleurs
Après l'hiver revient le temps des fleurs
Au moment où l'on croit que tout se meurt
L'amour revient en grand vainqueur

  涙のあとに喜びが戻ってくるように
  冬のあとに花の季節が戻ってくるように
  人が、すべては無くなってしまうと思っているその時に
  愛は勝利者となって戻ってくる

Tout m'entraine, irresistiblement vers toi comme avant
Tout m'enchaine, irresistiblement a toi je le sens.

  すべてが私を引きずって行く、どうしようもなくあなたへと、今までどおり
  すべてが私をつなぎとめる、どうしようもなくあなたに、私はそう感じる

Irrésistiblement2




Comment:0
2016
07.01

恋慕Innamoramento

Innamoramento.jpg


ミレーヌ・ファルメールMylène Farmerの1999年にリリースされた5番目のアルバムInnamoramentoは130万枚の売り上げでダイヤモンド・ディスクとなり、そこからシングル・カットされた曲もほとんどシルバー・ディスクとなりました。
今回は、その中の、アルバムと同名の曲を取り上げます。ファルメール自身が作詞、ローラン・ブートナLaurent Boutonnatが作曲。2000年にシングル・カットされて10万枚売れました。出だしを聴くだけでゾクゾクと来る美しい曲です。なにか特殊な音響処理をしているのかもしれません。innamoramentoは、イタリア語で、英語ではfalling in love、フランス語ではs’énamourer、すなわち「(…に)惚れ込む、恋をする」こと。Google翻訳で日本語に置き換えると「恋慕」という答えが出ますので、これを邦題にいたします。



Innamoramento  恋慕
Mylène Farmer  ミレーヌ・ファルメール


Toi qui n’as pas su me reconnaître
Ignorant ma vie, ce monastère, j’ai
Devant moi une porte entrouverte
Sur un peut-être
Même s’il me faut tout recommencer

  私だと気づくことができなかったあなた
  私の生活、この修道院のことを知らずに、私は
  自分の前に扉をわずかに開いている
  ひとつの可能性に向けて
  たとえまたすべてやり直さなければならなくても

Toi qui n’as pas cru ma solitude
Ignorant ses cris, ses angles durs, j’ai
Dans le cœur un fil minuscule
Filament de lune
Qui soutient là, un diamant qui s’use
Mais qui aime

  私の孤独を信じなかったあなた
  その叫び、そのひどいトゲトゲしさを知らずに、私は持っている
  心のなかに細い糸を
  月のフィラメントを
  それはつなぎとめる、ひとつのダイヤを
  摩耗する だけど愛するダイヤを

Innamoramento1.jpg


{Refrain:}
J ’ n’ai pas choisi de l’être
Mais c’est là, "l’innamoramento"
L’amour, la mort, peut-être
Mais suspendre le temps pour un mot
Tout se dilate et cède à toi
Et c’est là, "l’innamoramento"
Tout son être s’impose à moi
Trouver enfin peut-être un écho

  私はそうありたいと決めたわけじゃない
  でもまさにそう、「恋慕」
  恋、死、たぶんそんなもの
  でも一つの言葉に時を委ねると
  すべて膨れ上がってあなたに屈してしまう
  そしてまさにそう、「恋慕」
  その全存在が私にのしかかってくる
  最後はきっとこだまが答える

Toi qui n’as pas vu l’autre côté, de
Ma mémoire aux portes condamnées, j’ai
Tout enfoui les trésors du passé
Les années blessées
Comprends-tu qu’il me faudra cesser

  裏側を見なかったあなた、
  私の記憶の、扉を閉じて、私は
  過去の宝をすべてしまい込んだ
  傷ついた年月を
  私は絶ち切なければならないんだとあなた分かるの

Moi qui n’ai plus regardé le ciel, j’ai
Devant moi cette porte entrouverte, mais
L’inconnu a meurtri plus d’un cœur
Et son âme sœur 注
On l’espère, on l’attend, on la fuit même
Mais on aime

  もう空を眺めなくなった私、私は
  自分の前にこの扉をわずかに開いている、だけど
  誰かが一度ならず心を傷つけた
  そして自分の恋人を
  人は望み、待ち、それから逃げもする
  けれど人は愛する

Innamoramento2.jpg


{au Refrain, x3}

[注] âme sœur「理解し合える異性の友、恋人、伴侶」


Comment:0
back-to-top