FC2ブログ
2016
03.02

いい人でJuste quelqu'un de bien

Enzo enzo Deux


エンゾエンゾEnzo Enzoの「いい人でJuste quelqu'un de bien」はケントKentというシンガー・ソングライターが作った曲。1994年のアルバム: Deuxに収録され、同年、ヴィクトワール賞Victoires de la musiqueを受賞。既存の邦題は無いようなので新たにつけました。ルフラン部分はなんだか宮沢賢治の「雨ニモマケズ」を思わせますが、その裏に実存の不安がある…といった内容で、難しくて苦労しましたが、まだ若干不安が残る…。メロディーも、聴いて気持ちいいですが歌うとなると難しい。



作者のケント自身もスザンヌ・ヴェガSuzanne Vegaとデュオで歌っています。スザンヌは英語です。動画の最後は無音で、4:30くらいで曲は終っています。



Juste quelqu'un de bien  いい人で
Enzo Enzo          エンゾエンゾ


Debout devant ses illusions
Une femme que plus rien ne dérange
Détenue de son abandon
Son ennui lui donne le change

  自分の幻想を前にたたずんで
  女はもう何にも煩わされることなく
  あきらめに捉えられ
  憂鬱が彼女に変化をもたらす

Que retient elle de sa vie
Qu'elle pourrait revoir en peinture
Dans un joli cadre verni
En évidence sur un mur 注1

  彼女は自分の人生の何を覚えているのか
  壁の上で目立っている
  ニスを塗ったきれいな額縁に収まった
  絵のなかに彼女は何を再び見いだせるのだろうか

Juste quelquun de bien1


Un mariage en Technicolor
Un couple dans les tons pastels
Assez d'argent sans trop d'efforts
Pour deux trois folies mensuelles

  カラフルな結婚式
  パステル調のカップル
  月に2,3回、羽目を外すのに足りる
  たやすく得られるお金

Elle a rêvé comme tout le monde
Qu'elle tutoierait quelques vedettes 注2
Mais ses rêves en elle se fondent
Maint’nant son espoir serait d'être

  何人かのスターと親しく付き合うことを
  彼女はみんなと同様に夢見たものだ
  だが彼女の抱いた夢は消え
  今では彼女の望みは…

Juste quelqu'un de bien
Quelqu'un de bien
Le cœur à portée de main 注3
Juste quelqu'un de bien
Sans grand destin
Une amie à qui l'on tient
Juste quelqu'un de bien
Quelqu'un de bien

  まさしくいい人であること
  いい人で
  手の届くことにだけ心を向ける
  いい人で
  大きな幸運には恵まれず
  人に頼られる友であり
  まさしくいい人で
  いい人であること

Il m'arrive aussi de ces heures 注5
Où ma vie se penche sur le vide
Coupés tous les bruits du moteur
Au-dessus de terres arides

  乾いた土地の上方で
  モーター音がすべて消えて
  私の人生が空間の上で傾く
  そんな時間もまたやって来て…

Je plane à l'aube d'un malaise
Comme un soleil qui veut du mal
Aucune réponse n'apaise
Mes questions à la verticale 注6

  悪意のある太陽みたいな不安が
  湧き上がるとき私は滑降してゆく
  頭をもたげた私の疑問を
  どんな答えもなだめてはくれない

Juste quelquun de bien2


J'dis bonjour à la boulangère
Je tiens la porte à la vieille dame
Des fleurs pour la fête des mères
Et ce week-end à Amsterdam

  私はパン屋にこんにちはと言い
  年老いた女性にドアを開けておく
  母の日には花束を
  そして週末にはアムステルダムへ

Pour que tu m'aimes encore un peu
Quand je n'attends que du mépris
A l'heure où s'enfuit le Bon Dieu
Qui pourrait me dire si je suis

  私が軽蔑しかしてもらえない時に
  あなたが私をもうちょっと愛してくれるように
  神は姿を消す時に
  告げることだろう 私がもし…

Juste quelqu'un de bien
Quelqu'un de bien
Le cœur à portée de main
Juste quelqu'un de bien
Sans grand destin
Une amie à qui l'on tient
Juste quelqu'un de bien
Quelqu'un de bien

  まさしくいい人なら
  いい人
  手の届くことにだけ心を向ける
  いい人
  大きな幸運には恵まれずとも
  人に頼られる友
  まさしくいい人
  いい人ならと

J'aime à penser que tous les hommes
S'arrêtent parfois de poursuivre
L'ambition de marcher sur Rome 注7
Et connaissent la peur de vivre 注8

  私は思いたい 人間はだれしも
  栄光に向かって行く野望を
  推し進めるのを時には止めて
  生きることの怖さに…

Sur le bas-côté de la route
Sur la bande d'arrêt d'urgence 注8
Comme des gens qui parlent et qui doutent
D'être au-delà des apparences

  道路わきで
  路肩で気づくのだと
  不可知のことなのさと
  話したり疑ったりする人々のように…

Juste quelquun de bien3


Juste quelqu'un de bien
Quelqu'un de bien
Le cœur à portée de main
Juste quelqu'un de bien
Sans grand destin
Un ami à qui l'on tient
Juste quelqu'un de bien
Quelqu'un de bien

  まさしくいい人であることだ
  いい人で
  手の届くことにだけ心を向ける
  いい人で
  大きな幸運には恵まれず
  人に頼られる友であり
  まさしくいい人で
  いい人であることだ

[注] ルフランなどその前の節からつながっている場合、前節の訳文の末尾に「…」をつけてつながりをあらわした。
1 être en évidence「目につくところにある(いる)」
2 tutoyer「tuを用いて話しかける」「親しく付き合う」
3 à portée de…「…の届く範囲に」。「心が手の届く範囲にある」ということは、「自分の為し得ないことを考えない」。
4 これまでelle「彼女」の話とされていたが、ここから「私」の話になる。
5 à la verticale「垂直の」つまり、「今起こっている、現存している」。
6 Tous les chemins mènent a Rome.「すべての道はローマに通ずる」という格言は「真理というものは、どのような経路を通ったところで、必ず行き着くものである。」という意味であり、Romeは「目標」を示す。
7 次の節に続き、sur…で、気付く場所を示す。
8 la bande d'arrêt d'urgence逐語訳としては「非常駐車帯」となるが、日本語では「路肩」すなわち「道路の主要構造部を保護し車道の効用を保つために、車道、歩道、自転車道または自転車歩行者道に接続して設けられる帯状の道路の部分」で、故障などの緊急時に停止するために用いられる。
9 1回目と2回目のルフラン部ではune amieと歌っているが、この最後のルフラン部はun amiと歌っている。私個人ではなく、一般的な話にしているのだろう。ケントの歌では1回目はune amie、2回目はun amiで最後は英語。



Comment:1
2016
03.01

ミント水の色Couleur menthe à l'eau

Happy Birthday


今回は、エディー・ミッチェルEddy Mitchellの「ミント水の色Couleur menthe à l'eau」です。セルジュ・ゲンズブールSerge Gainsbourgの「コーヒー色Couleur café」は彼女の肌の色でしたが、「ミント水の色」は彼女の目の色。作詞:Moine Claude、作曲: Pierre Papadiamondis。1980年にリリースされた彼の21枚目のアルバム「ハッピー・バースディHappy Birthday 」に収録されています。私がお世話している、フランス語で歌う会《アミカル・ド・シャンソン》では、女性たちはとても多彩なレパートリーを持っていますが、男性たちは選曲がはっきり言ってヤボイ。アズナヴールなどばかり歌わないでこんな歌も歌ってくれたらなと。
エディー・ミッチェルに関しては、「最終上映La dernière séance」の記事をご覧ください。



Couleur menthe à l'eau  ミント水の色
Eddy Mitchell        エディー・ミッチェル


Elle était maquillée
Comme une star de ciné
Accoudée au juke-box
La la la la la
Elle rêvait qu’elle posait
Juste pour un bout d’essai 注1
A la Century Fox
La la la la

  彼女は化粧していた
  映画スターみたいに
  ジューク・ボックスに肘をついて
  ラ ラ ラ ラ ラ
  ポーズを取っているつもりでいた
  まさしくセンチュリー・フォックスの
  スクリーン・テストのために
  ラ ラ ラ ラ

Elle semblait bien dans sa peau 注2
Ses yeux couleur menthe à l’eau
Cherchaient du regard un spot
Le dieu projecteur
Et moi, je n’en pouvais plus 注3
Bien sûr, elle ne m’a pas vu
Perdue dans sa mégalo
Moi, j’étais de trop 注4

  彼女は調子よさそうに見えた
  ミント水の色をした瞳は
  スポットライトを
  神様の投光器を探していた
  僕はといったら、なす術もなく
  もちろん、彼女は僕を見なかったし
  誇大妄想に浸り込んでいて
  僕は、お呼びじゃなかった

Couleur menthe à leau2


Elle marchait comme un chat
Qui méprise sa proie
En frôlant le flipper
La la la la la
La chanson qui couvrait
Tous les mots qu’elle mimait
Semblait briser son cœur
La la la la Oh

  彼女は獲物に無頓着な
  猫のように歩いていた
  ピンボールの台すれすれに
  ラ ラ ラ ラ ラ
  彼女が表現する言葉をすべて覆い隠す
  (ジューク・ボックスから流れる)歌は
  彼女の心を痛ませるかのようだった
  ラ ラ ラ ラ オー

Elle en faisait un peu trop 注5
La fille aux yeux menthe à l’eau
Hollywood est dans sa tête
Toute seule elle répète
Son entrée dans un studio
Décor couleur menthe à l’eau
Perdue dans sa mégalo
Moi, je suis de trop
hum hum hum hum

  彼女はちょっとやり過ぎだった
  ミント水の色をした瞳の娘は
  ハリウッドが彼女の頭にあった
  たったひとりで彼女は繰り返す
  スタジオに入るところを
  ミント水の色の舞台装置に
  誇大妄想に浸り込んで
  僕は、お呼びじゃなかった
  フム フム フム フム

Couleur menthe à leau1


Mais un type est entré
Et le charme est tombé
Arrêtant le flipper
La la la la la
Ses yeux noirs ont lancé 注6
De l’agressivité
Sur le pauvre juke-box
La la la la

  だがひとりの男が入ってきた
  魔法は地に落ちた
  ピンボールを止めながら
  ラ ラ ラ ラ ラ
  彼の黒い目は
  攻撃的な光を放った
  あわれなジュークボックスに向けて
  ラ ラ ラ ラ

La fille aux yeux couleur menthe à l’eau
A rangé sa mégalo
Et s’est soumise aux yeux noirs
Couleur de trottoir 注7
Et moi, je n’en pouvais plus
Elle n’en a jamais rien su
Ma plus jolie des mythos
Couleur menthe à l’eau
Hum hum hum hum…

  ミント水の色をした瞳の娘は
  誇大妄想を引っ込め
  そして黒い目に降伏し
  舗石の色になった
  そして僕はといったら、なす術もなく
  彼女はまったく知る由もなかった
  僕にとって虚言癖のある者のうち一番きれいなのは
  ミント水の色をした瞳だってことを
  フム フム フム フム…

Couleur menthe à leau3


[注]英単語が多く用いられているが、発音に関しては、英語の発音通りでもないし、フランス語の発音規則にも合致しないので、歌を聴いて判断されたい。
1 bout d’essaiテストフィルム、(俳優の)スクリーンテスト
2 être bien dans sa peau「くつろいだ気分でいる、元気旺盛である」
3 n’en pouvoir plus「もう駄目である、力尽きている」
mégalomane「誇大妄想の、誇大妄想者」を、話し言葉では形容詞、名詞ともmégaloと略す。
4 de trop「よけいに、不必要な」
5 en faire trop「やりすぎる」
6 les yeux noirsのnoirは「黒い」というだけでなく「陰気な、敵意のこもった」という意味も持つ。
trottoir「歩道」couleur de trottoir は、couleur menthe à l’eauの澄んだ色との対比で、「舗石のような薄汚れた色」。前行のles yeux noirs「黒い目」すなわち敵意を持った男の目(注6参照)に降伏した目を形容する。ブリュエルの「偉人広場Place des Grands Hommes」にTrottoirs usés par les regards baissés.( 伏せた視線ですり減らされた歩道。)という表現があったのを思い出す。faire le trottoir「(街娼が)客の袖を引く」という成句からの類推で、「街娼」という含みがあるようだ。ハリウッドに憧れる彼女の正体がそうであると解釈すると、歌詞全体の意味がつながる。




Comment:1
back-to-top