FC2ブログ
2015
03.02

闘うジョーBattling joe

Yves Montand battling joe


Battling joe1今回はシャンソンとしては珍しくボクサーがテーマの曲、イヴ・モンタンYves Montandの「闘うジョーBattling joe」(1945年 作詞Jean Guigo、作曲 Loulou Gasté)です。ジョーという名のボクサーといえば、かつて愛読した、ちばてつやの漫画「明日のジョー」を想い出します。「ボクサー・ジョー」という日本映画もあるようですが…。ボクサーの映画の代表といえば、シルヴェスター・スタローンの「ロッキーRocky」。Battling joe2でも私が一番に挙げたいのはラッセル・クロウ主演の「シンデレラマンCinderella man」です。最近のものでは、ヒュー・ジャックマン主演の「リアル・スティールReal steel」がなかなかユニークな内容。実際のボクサーとしてのカリスマ性で言えばモハメド・アリ(カシアス・クレイ)がダントツでしょう。彼ら、すなわち虚構あるいは実在のボクサーたちの画像も交えながら歌詞をご紹介していくことにしましょう。

Battling joe8Battling joe9Battling joe3

モンタンのステージでの表現力は素晴らしいですね。



Battling joe  闘うジョー
Yves Montand イヴ・モンタン


Dans un village noir de charbon
Dans les ch’minées et les corons
Tout p’tit il battait ses copains
Il était fier de ses deux poings
Presque autant qu’son père le mineur
Qui disait : "Ça f’ra un boxeur"
Le jour de son premier combat
Fallait un nom, l’en n’avait pas 注1
Comme la mode était à l’anglais
Il s’appela "Battling Joe"

  石炭で黒ずんだ村の
  煙突や鉱夫住宅が立ち並ぶところで
  幼い頃から仲間を殴ってきて
  彼は自分の両こぶしに自信があった
  鉱夫の父とほぼ同等に
  その父は言っていた「こいつはボクサーになるだろう」と
  最初の試合の時に
  名前が必要だったが、持っていなくて
  時流に合わせて英語で
  「バトリング・ジョー」と名乗った

Battling joe11


Battling Joe
C’était un peu démesuré
Pour un gosse aux épaules étroites
Mais qui avait une méchante droite 注2

  バトリング・ジョー
  その名は肩幅の貧弱な若造にしては
  ちょっと過ぎた名だった
  だが彼はすごい右パンチを持っていた

Battling Joe
Il gagna son premier combat
Et le soir même avec papa
Il prenait le train pour Paris
Où un boxeur ça vaut son prix
Battling Joe

  バトリング・ジョー
  彼は最初の試合に勝った
  その夜のうちにパパと
  パリ行きの列車に乗った
  そこではボクサーがその値打ちを認めてもらえるんだ
  バトリング・ジョー

Battling joe10


Il croyait bien en f’sant c’truc-là
Être plus libre, mais voilà
Qui dit boxeur dit manager 注3
Le sien avait une poigne de fer
C’était un gars très régulier
Qui pour justifier la moitié
Des bourses de tous ses combats
Lui fit mener une vie d’forçat
"On n’est pas là pour rigoler"
Qu’il disait à Battling Joe

  そうすればもっと自由になれると
  彼は思っていたが、どっこい
  ボクサーでもあるマネージャーは
  鉄の拳を持ち
  とてもきちょうめんな男で
  すべての試合のファイトマネーの
  半分を正当に収奪し
  彼に徒刑囚のような生活を送らせた
  「伊達でやってんじゃないんだぜ」と
  彼はバトリング・ジョーに言っていた

Battling joe12


Battling Joe
Devint un boxeur redouté
Battling faisait des grosses recettes
Battling devint une grosse vedette

  バトリング・ジョーは
  怖れられるボクサーになった
  バトリングはすごく稼いだ
  バトリングはすごい花形になった

Battling Joe
Les dames disaient tout près du ring :
"Il est délicieux ce Battling"
Et elles admiraient son moral
Sans penser qu’les coups, ça fait mal
Battling Joe

  バトリング・ジョー
  女たちはリングのすぐそばで言っていた
  「このバトリングはすてきだわ」
  そして彼女たちは彼の心意気を讃えていた
  そのパンチ、それが有害なものだとは考えもせず
  バトリング・ジョー

Battling devint un grand champion
Jusqu’au triste soir où un gnon
Lui embrouilla soudain les yeux
L’manager dit : "C’est pas sérieux!
Tu d’viens feignant, fais ton métier 注4
Boxe, ça rime pas avec pitié" 注5
La foule eut p’t-êtr’ tort ce soir-là
De siffler la fin du combat
Malgré les lampes et leurs éclairs
Battling Joe... hé Joe... n’voyait plus clair

  バトリングはグランド・チャンピオンになった
  それは、一撃が突然彼の目をくらませた
  あの悲劇的な夜までのことだった
  マネージャーは言った「たいしたこっちゃないぜ!
  怠け者になったのかよ、ちゃんと仕事しろよ
  ボクシングはな、お情けとは無縁だぜ」と
  人々が試合の終りに口笛を吹いたのは
  たぶん間違いだった
  ランプが光を放っていたのにもかかわらず
  バトリング・ジョーは…ヘイ、ジョーは…もうはっきりとは見えなかった

Battling Joe
C’est un nom maint’nant oublié
Une triste silhouette qui penche
Appuyée sur une canne blanche

  バトリング・ジョー
  それはもう忘れられた名前
  白い杖に寄りかかってかしいでいる
  悲しい影だ

Battling joe13


Battling Joe
A tout perdu en un seul soir
Ses yeux son titre et son espoir
Mais il sait comme consolation
Son manager a d’autres champions

  バトリング・ジョー
  ある夜すべてを失った
  両目もタイトルも希望も
  だが彼は知っている
  マネージャーが別のチャンピオンを得たことを
  それがひとつのなぐさめだ

Battling Joe 注6

  バトリング・ジョー

[注]
1 Il fallait…のIlが省略されている。l’en:le(=nom)+en(=de lui)。
2 droite女性名詞で「(ボクシングの右パンチ)」。méchant(e)名詞の前で「危険な、有害な」。
3 Qui dit A dit B「AということはBということだ」ここでは、ボクサーでかつマネージャー。
4 feignant=fainéant「怠惰な」
5 rimer avec qc.「(…と)韻を踏む」「(…と)調和する、歩調を合わせる」
6 これは新チャンピオンの名前。




Comment:0
2015
03.01

僕たちNous

Herve Vilard Nous


今回は、エルヴェ・ヴィラールHervé Vilardが1979年に歌った「僕たちNous」です。彼の曲は「彼女を笑わせろFais-la rire」をすでにご紹介しています。大ヒット曲の「カプリ、セ・フィニCapri, c'est fini」は、それにふさわしい季節になったら取り上げましょう。



Nous              僕たち
Hervé Vilard          エルヴェ・ヴィラール


Nous, c’est une illusion qui meurt 注1
D’un éclat de rire en plein cœur
Une histoire de rien du tout
Comme il en existe beaucoup

  僕たち、それは心から大声で笑っただけで
  消えてしまう幻覚
  ざらにある
  なんでもない物語

Notre amour qu’on croyait petit
A grandi quand tu es partie
Grandi comme une déchirure
Comme une blessure

  小さなものだと思っていた僕たちの恋は
  君が去ったら大きくなった
  苦しみとして
  傷として大きくなった

Mais pourquoi, pourquoi, pourquoi?
Pourquoi le silence?
Pourquoi, pourquoi, pourquoi, pourquoi?
Pourquoi ce grand vide quand je pense à nous?

  だがなぜ、なぜ、なぜ?
  この静寂はなぜ?
  なぜ、なぜ、なぜ、なぜ?
  僕たちのことを考えた時のこの大きな虚無感はなぜ?

Nous1.jpg


C’était comme un défi au temps
Le printemps avant le printemps 注2
Un chemin qui va n’importe où
Mais semé de roses partout

  それは時間への挑戦のようだった
  春が来る前の春
  どこにでも通じる
  一面にバラがまき散らされた道だ

Nous c’est une illusion qui meurt
D’un éclat de rire en plein cœur
C’est la fin du premier amour
Ma vie qui appelle au secours

  僕たち、それは心から大声で笑っただけで
  消えてしまう幻覚
  それは初恋の終りだ
  僕の人生は救いを求めている

J’en rêve et j’en crève
Mais pourquoi, pourquoi, pourquoi, pourquoi?
Pourquoi le silence?
Pourquoi, pourquoi, pourquoi, pourquoi?
Pourquoi ce grand vide quand je pense à nous?

  僕はそれを夢みそのために死ぬ
  だがなぜ、なぜ、なぜ?
  この静寂はなぜ?
  なぜ、なぜ、なぜ、なぜ?
  僕たちのことを考えた時のこの大きな虚無感はなぜ?

C’est un cri arraché au ciel 注3
Un rayon qui manque au soleil
Quatre lettres me rendent fou 注4
Et dans ton oubli tu t’en fous 注5

  それは空から引きちぎられた叫びだ
  太陽に欠けている光線だ
  僕を狂わせる4文字だ
  そしてそれを君は忘れて気にもかけちゃいない

Je suis seul à nos rendez-vous 注6
Mais parfois dans nos rêves fous
Une voix de je ne sais où
Me parle d’espoir et de nous

  僕たちのランデヴーで僕はひとりぼっちだ
  だが僕たちの狂った夢のなかではときどき
  どこから声が聞こえて来て
  希望をそして僕たちのことを僕に語る

Nous2.jpg


Nous c’est une illusion qui meurt
D’un éclat de rire en plein cœur
C’est la fin du premier amour
Ma vie qui appelle au secours

  僕たち、それは心から大声で笑っただけで
  消えてしまう幻覚
  それは初恋の終りだ
  僕の人生は救いを求める

[注]
1 nous 僕たちの「関係」、僕たちの「恋」。
2 le printemps avant le printemps「春の前の春」とは、冬が春のようだという意味。
3 arracer des cris à qn.「…に悲鳴を上げさせる」を考えると、un cri arraché au cielは「空に上げさせた悲鳴」となるが意訳した。これは「雷鳴」のようなものか。
4 quatre lettresとは、nousの4文字
5 se foutre de qc.「…を馬鹿にする、無視する」
6 相手の「君」が来てくれないランデヴー。




Comment:0
back-to-top