FC2ブログ
2018
12.07

《アミカル シャンソン コンサート》

だいぶ先ですが、《アミカル・ド・シャンソン》の年に1度のコンサートを12月7日に開催することが決まりました。伴奏は去年11月とそして今年7月のパリ祭のマティネと同様、ピアノ:関根忍、ベース:ドミニク・シャニョン、ドラム:チッコ・ソウマ。…アミカル・トリオと呼ばせていただきます。アミカルで演奏いただく時の名前としてですが。会場は去年同様、富士見が丘の「ブレーメンハウス」。出演者はこれから決まっていきます。

80731bremens.jpg



Comment:0
2018
08.24

伊豆高原《ドミニク・シャニョンのシャンソンサマーセミナー》

8月24日から26日に、伊豆高原「林間劇場」にて、ドミニク・シャニョンのシャンソンセミナーをおこないます。グループレッスンと個人レッスンがあります、「林間劇場」はペンションで宿泊もでき、グランドピアノのあるホールでセミナーをおこないます。
お問合せ・お申し込みは、フライヤーに書かれた電話番号またはアドレスまで。
個人レッスンの受講枠はあと僅かです。グループレッスンの参加者は募集中です。 (8/10現在)

80824domi.jpg


Comment:0
2018
08.06

伊豆高原《歌会&ライブ》

8月7日(火)の夕方、アミカル・ド・シャンソンおよび東京日仏文化サロンの共同主宰者である宇藤カザンの?歳の誕生日を祝うライブを伊豆高原「林間劇場」にておこないます。ドミニク・シャニョンさんがスペッシャルゲストとしてベースを弾き歌います。ピアノは上里知巳さん。予約不要でチケット2000円。ライブのあとはイタリアン・ディナー4000円。こちらは0557-55-7132か080-6490-0218にお電話かkazanuto@gmail.comまでメールにご予約ください。
その前日の6日の午後は同じ「林間劇場」で上里知巳さんのピアノで《ヴォーカルサロン》(歌会&ジャズセッション)をおこないます。予約不要です。
林間劇場」はペンションなので泊まれます。

20180719072225739s.jpg



Comment:0
2018
07.08

《名古屋アミカル・コンサート》

7月8日(日)に、富田宝子さんが名古屋のライブギャラリー「元」で開催するコンサートです。宇藤カザンと私も出演いたします。

80708nagoyas.jpg



Comment:0
2018
06.24

スブリームのシャンソンセミナー《マスタークラス》

本年度は、スブリームのシャンソンセミナー《マスタークラス》を、3月25日、6月24日、10月7日、12月9日におこないます。
第4回東京シャンソンコンクールのフランス語部門入賞者のうち5名の方がスブリームさんの指導を受けた方々です。
その指導内容の素晴らしさをぜひ体験下さい。

第3回10月7日・第4回12月9日分は受講・聴講とも可能です。下のフライヤーに記載された電話番号・アドレスにお申し込みください。

2018masternew.jpg


Comment:2
2018
05.20

《伊豆高原シャンソンライブ》

5月20日に、伊豆高原のライブハウス《Jiro's》にて、フランス人歌手ドミニク・シャニョンと私たちアミカル・ド・シャンソンの仲間4人のコンサートをおこないます。アミカル・ド・シャンソンの共同主宰者である宇藤カザンが今自分で改築中のギャラリー《Salon des Fontaines》 のすぐ近くです。当日券もあります。お問い合わせ・ご予約は下のフライヤーに記載された電話番号におかけ下さい。

80520jiross.jpg


《Salon des Fontaines》 と《Jiro's》のマップ

fontainemapBs.jpg


コンサートのあと、《Salon des Fontaines》 にもお立ち寄り下さい。工事中で、すごい状態ですが…



Comment:0
2017
11.12

《秋のシャンソンコンサート》

11月12日の午後に 《秋のシャンソンコンサート》を富士見ヶ丘の 《ブレーメン・ハウス》 でおこないます。
ピアノは関根忍、ドラムはチッコ・ソウマ、ベースはドミニク・シャニョン。ドミニクも歌います。
コンサート終了後はビュッフェ・パーティーを予定しています。

71012bremen.jpg



Comment:0
2017
10.10

《アミカル・ド・シャンソン》2018年度日程

アミカル・ド・シャンソン》のイヴェント日程をお知らせいたします。変更になる場合があります。終了分は消して行きます。
活動内容・例会の詳細に関しては→こちらをご覧ください。

各イヴェントのお問い合わせ・お申し込みは、chatenparadis*gmail.comの*を@に換えてメールで。

 《アミカル・サロン》=フランス語ほか欧米原語歌唱の歌会
 《ヴォーカル・サロン》=欧米原語&日本語歌唱の歌会

※6月より、土曜日のアミカル・サロンは13時半開始となりました。

7月29日(日)13時《アミカル・サロン》「シャンソン未来」Pf関根忍
8月5日(日)13時《アミカル・サロン》「シャンソン未来」Pf太田遊
8月6日(月)14時《伊豆高原ヴォーカル・サロン》(歌会とジャズセッション)「林間劇場」Pf上里知巳
8月7日(火)16時《宇藤カザン バースディライブ》伊豆高原「林間劇場」Pf 上里知巳 Bs ドミニク・シャニョン
8月19日(日)13時《アミカル・サロン》「シャンソン未来」Pf関根忍
8月24日~26日《ドミニク・シャニョンのシャンソンサマーセミナー》「林間劇場」
9月1日(土)13時半《アミカル・サロン》「シャンソン未来」Pfアニエス晶子
9月12日(水)13時《ヴォーカル・サロン》「えとわ~る」Pf坂下文野
9月16日(日)13時《アミカル・サロン》「シャンソン未来」Pf関根忍
9月23日(日)14時《伊豆高原ヴォーカル・サロン》「林間劇場」Pf 内山誠
10月6日(土)13時半《アミカル・サロン》「シャンソン未来」Pfアニエス晶子
10月7日(日)10時スブリームのシャンソンセミナー《マスター・クラス》「シャンソン未来」
10月13日(土)13時半《アミカル・サロン》「シャンソン未来」Pf太田遊
10月21日(日)13時《アミカル・サロン》「シャンソン未来」Pf関根忍
11月10日(土)14時《第3回 大阪ヴォーカルコンクール》「吹田市メイシアター」Pf坂下文野
11月14日(水)13時《ヴォーカル・サロン》「えとわ~る」Pf坂下文野
11月18日(日)13時《アミカル・サロン》「シャンソン未来」Pf関根忍
12月1日(土)13時半《アミカル・サロン》「シャンソン未来」Pfアニエス晶子
12月7日(金)13時《アミカル シャンソン コンサート》「ブレーメンハウス」Pf関根忍 Bs ドミニク・シャニョン Drチッコ・ソウマ(予定)
12月9日(日)10時スブリームのシャンソンセミナー《マスター・クラス》「シャンソン未来」
12月16日(日)13時《アミカル・サロン》「シャンソン未来」Pf関根忍




Comment:0
2017
10.10

《アミカル・ド・シャンソン》へのお誘い

Nakameguro2014.jpg


シャンソンの邦訳のみならず、歌うことにも関心を持つ私は、パートナーの宇藤カザンとともにシャンソン(カンツォーネ・ラテン・ジャズ)を原語で歌う会《アミカル・ド・シャンソン》を運営しております。

この会で、2012年6月より、原語でピアノに合わせて歌う歌会《アミカル・サロン》を開いています。私も世話役を兼ねて毎回参加いたしますので、このブログをご覧になっている皆様、お時間がありましたらぜひ参加いただきたく思います。入会金等は不要です。
エントリーは予約制で、一定の歌唱レヴェル以上の方に限ります。フランス語をカタカナ読みされている方はご参加いただけません。独学の方は大歓迎ですし、先生に師事されている方もプロの方も、シャンソンを愛する個人として参加いただきたいと思います。お互いに歌を楽しみ磨き合っていきましょう。

なぜ、原語で歌うことにこだわるのか?
特にシャンソンは、フランス語特有の言葉の美しさ、特に韻の響きがいのちです。フランス語が分からない人には、歌詞内容が伝わらないと思われていますが、器楽での演奏と同様、充分以上に伝わります。
また、日本語の歌詞を作る場合には、言語構造の違いから少ない語数に置き換えざるを得ないので、内容が薄まったり変質したりしがちです。原曲の豊かな歌詞内容そのものを歌うことは歌い手自身にとっても価値があります。

《アミカル・サロン》=フランス語ほか欧米原語歌唱の歌会
日程: 原則第1土曜日(Pf アニエス晶子)・偶数月の第2土曜日(Pf 太田遊)ともに13時半より、第3日曜日(Pf 関根忍)13時より。具体的な日程は→こちらを参照ください。
参加費:1曲につき1000円当日払い。お菓子とコーヒー付き。
会場:大久保「シャンソン未来」。

未来地図


山の手線「新大久保」駅の改札口は一ヵ所で、大久保通りに出ます。線路沿いに新宿方面に歩き、韓国系商店街を過ぎると自動販売機に突き当たります。ほんの少し右に行き、ピアゴの店の前から「シャンソン未来」のオレンジ色の看板が見えます。「大久保」駅では新宿寄りの南口を左に出て下さい。ガード下を抜けたら右折し、次いで左折し、ピアゴの店の前まで行きます。山手線のガードの手前で徒歩3分です。

《ヴォーカル・サロン》=欧米原語&日本語歌唱の歌会
初めて参加を希望される方は、なるべくこちらにエントリーください。
日程: 原則奇数月の第3水曜日13時より(Pf 坂下文野)具体的な日程は→こちらを参照ください。
参加費:1曲につき1000円当日払い。ドリンク代500円が別途必要です。
会場:市ヶ谷「えとわ~る

両サロンとも2ヶ月前から予約受け付けを開始します。たとえば11月分は9月1日より。
chatenparadis*gmail.comの*を@に変えてメールでお申込みください。お電話・FAXでのお申し込みも受け付けます(042-363-2213)。プログラムを作りますので、エントリー希望の曲名を(原語歌唱の場合は原題で)お知らせください。新規の方は、ご住所・お電話番号もお知らせください。

お一人原則2曲ですが、3曲までエントリーできます。キーの変換はお世話いたしますので事前にご相談ください。
ご参加時に、予約表に記入いただいても結構です。
こちらからのお返事にてエントリーが確定します。メール・FAXでのお申込みで返事のない場合は、届いていない場合が有りますので必ず再度ご連絡ください。1週間前あるいは曲数が予定数(40~45曲)に達した時点で打ち切りますが、1ヶ月前に満了になることが多いので、早めにお申し込みください。
歌会の前に個人的なピアノ合わせもできます。10分間1500円当日払い。初めて歌う曲の場合など利用されるといいでしょう。ご希望の場合はご予約下さい。

曲目の変更およびキャンセルはなるべく1週間前までにお願いします。
前日にプログラムを作成しますので、曲目の変更の最終期限は前々日です。キャンセルは、1週間前(前の週の同じ曜日の0時)以降は曲数に関わらず1000円を、前日以降は全額を ご負担いただきますのでご承知おきください。お支払いはお振込みあるいは次回にお願いいたします。

当日は、譜面(ご自分のキーで、お名前・コード・テンポを明記したもの)をご用意ください。本番開始の15~10分前に来場し、参加費を受付にお渡しください。
本番ではなるべく歌詞を見ないで歌うようお勧めしています。
3ステージ制で間に2回休憩をとります。大概16時半頃に終了です。

見学は予約不要です。《アミカル・サロン》は、お菓子とコーヒー付きで500円。《ヴォーカル・サロン》は、見学料500円+ドリンク代500円。まずは様子を見てから参加を考えたい方もぜひいらしてください。出演者同様、歌会開始の15~10分前にご来場ください。

毎年、秋~冬に、《アミカル・コンサート》を開くほか、諸々のコンサートを東京だけでなく日本各地で開催しております。
また、《東京日仏文化サロン》として、毎年5月頃に《東京シャンソン・コンクール》を、そして11月頃に《大阪ヴォーカル・コンクール》を開催し、7月には両コンクール受賞者をメインとした《東京パリ祭》を開催しております。
今年の日程は、「《アミカル・ド・シャンソン》イヴェント日程」を開いてご覧ください。

ご質問等がありましたら、chatenparadis*gmail.comの*を@に変えてメールでお気軽にどうぞ。



Comment:2
2017
08.21

ピアニストのご紹介

《アミカル・サロン》と《ヴォーカル・サロン》という二つの歌会で定期的にピアノ伴奏を担当してくださる4人の方々のプロフィールをご紹介いたします。すべて、主宰者の宇藤カザンがゾッコン惚れ込んでスカウトしたピアニスト。初見で的確に弾くその即戦力、音色の美しさ、音楽的センス、といったすべての面で並外れた力量の持ち主です。
両サロンの内容内容のご紹介は→こちら。スケジュールは→こちら

《アミカル・サロン》(於:大久保「シャンソン未来」)の伴奏ピアニスト
アニエス晶子:原則毎月第1土曜日
アニエス2武蔵野音大ピアノ科卒。 在学中より、クラシックバレエの伴奏を中心に音楽活動を始める。 吉祥寺音楽祭ジャズコンテストにて自己のカルテットで優秀賞受賞を機に、ライブハウスでの活動を始める。現在は、主に歌の伴奏ピアニストとして、シャンソン歌手やミュージカル俳優と共演、その他の分野でも活動している。

太田遊:10月より原則偶数月の第2土曜日
太田佐賀県出身。幼少よりピアノを始め、地元でバンド活動をおこなう。高校卒業後はプロを目指し都内の音楽専門学校に入学。在学中より多くのバンドに参加。ピアニスト小泉たかし氏のサポート演奏活動で、ジャズ・ポピュラー・シャンソン等の現場経験を積む。現在は作詞、作曲での歌手への楽曲提供や、パーカッション・ピアノ演奏でのコンサート、都内のライブハウスでの伴奏で活動。弾き語りで自作の歌を歌う若きヴォーカリストでもあり、デュオで歌ってくれる女性歌手を募集中(ただし26歳以下!)とのこと。

関根忍:原則毎月第3日曜日
関根2さいたま市生まれ。幼少よりエレクトーンを学び、ブラスバンドや合唱団に所属、ピアノや声楽を学ぶ。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。ジャンルを考えない音楽制作を目指すピアニスト・作編曲家・ヴォイストレーナー。各種伴奏活動のほか、「獅音」の名でヴォーカリストとしても活動を展開中。


《ヴォーカル・サロン》(於:市ヶ谷「えとわ~る」)の伴奏ピアニスト
坂下文野:原則奇数月第3水曜日(来年より第2水曜日)
坂下2兵庫県出身。大阪音楽大学音楽学部ピアノ専攻。在学中にヒルトンインターナショナルの専属演奏者となったのちヤマハポピュラーミュージックの講師を務める。メキシコ・キューバでフェスティバルやコンサートにたびたび参加。
最近は、数多くの歌手、タレントの伴奏やCD制作も手がける。ソロピアノの熱烈なファンも多く、オールジャンルを弾きこなすマルチピアニストとして全国各地で活動。生きる喜びを分かち合うような明るい音色と力強い演奏スタイルは海外でも高く評価されている。



Comment:0
back-to-top