2017
08.19

ピアノのレッスンLa leçon de piano

Alice Dona La leçon de piano


先月、アリス・ドナAlice Donaの「悲しいピアノLe piano triste」を取り上げましたが、今回もタイトルにpianoが入っている曲、これまたステキな「ピアノのレッスンLa leçon de piano」です。出だしは、聞き覚えがあると思ったら、リヒャルト・ワーグナーWilhelm Richard Wagnerの楽劇「ヴァルキューレDie Walküre」。作詞:クロード・ルメルClaude Lemesle. 作曲:Alice Dona。1981年のアルバム:Vivreに収録されています。




La leçon de piano ピアノのレッスン
Alice Dona     アリス・ドナ


Ah ! vous venez pour la leçon de piano, entrez jeune homme
Ah ! vous verrez comme c'est bon l' va et vient du métronome 注1
Asseyez-vous sur ce banc suffisant
Pour deux personnes, attaquons les rudiments
Les premiers balbutiements 注2
Les fondations du bâtiment

 ああ!ピアノのレッスンにいらしたのね、お若い方お入りなさい
 ああ!メトロノームの動きがなんと的確なのかあとで分かるわ
 この椅子にお座りなさい、
 二人座れるわ、基礎から取りかかりましょう
 初歩的な練習
 構築の基礎よ

Positions des doigts, souples pas comme ça
C'est vrai qu'il doit plaire aux dames
Caressez le do, celui du piano 注3
Puis montez au si pour faire la gamme
Entre nous vous viendrez à bout
De tous les claviers si vous
Arrivez à faire vibrer le mien 注4
Comme il convient qu'il vibre 注5

 指の構えは、そんなじゃなくしなやかにね
 ご婦人方に気に入られなきゃ
 ドを撫でて、ピアノのドよ
 そしてシまで上って行って音階練習よ
 ここだけの話、あなたは
 全鍵盤の端まで行くのよ、あなたが
 私の背を震わせることになったらね
 それは震えて当然だから

La leçon de piano2


Quand vous serez prêt, je vous apprendrai
Les silences et les soupirs 注6
Il est important d' prendre bien son temps
Pour savoir ce que piano veut dire
Faut, c'est sûr, garder la mesure
Tout en sachant bien oser
Quelquefois s'écarter de la partition
Improviser

 あなたに用意ができたら、私はあなたに教えるわ
 休止と休符を
 その拍をちゃんととることが大切よ
 ピアノが言いたいことを知るため
 必要よ、もちろん、拍子を保つことは
 すべてよく知った上ならあえて
 時には譜面を離れて
 即興演奏することもね

Ah ! quel progrès, quel succès
Vous allez avoir jeune homme
Ah ! je me sens George Sand
Vous êtes Chopin en personne 注7
C' n'est pas encore les accords
Que j'adore
Mais c'est tout comme
Certains soirs, de vous à moi 注8
Il m'arrive de regretter
De n' posséder qu'un piano droit

 ああ!なんという進歩、なんという上達
 あなたはものにするわ、お若い方
 ああ!私はジョルジュ・サンドになった気分
 あなたはショパンそのもの
 私が求める
 調和音にはまだ至っていないけれど
 でもそれはまるで
 ここだけの話だけど、ある晩、
 私がアップライト・ピアノしか持っていないことを
 悔やむことになるみたい

Position du corps, genre toréador
Bien cambré, il est parfait
Il faut épouser, presque ventouser 注9
Les moindres contours de la musique
Doucement, puis progressivement
Vous accélérez l' mouv'ment
Allegro, ma non tropo 注10
Puis de plus en plus fortissimo

 姿勢は、闘牛士風
 背筋をよく伸ばして、完璧よ
 ごく細部の音楽のメロディーラインに
 結合して、ほとんど吸いついていかなきゃ
 優しく、そして徐々に
 動きを加速するの
 アレグロ、マ・ノン・トロッポ
 そして次第にフォルテッシモに

La leçon de piano3


En fermant les yeux, je vous entends mieux
Mais retenez-vous un peu
Gardez je vous prie, assez d'énergie
Pour réussir la monter finale
Ah ! Bravo, c'était très très beau
La leçon s'est bien passée
Puisque vous semblez en bonnes dispositions 注11
Recommencez

 目を閉じると、あなたのピアノがもっとよく聴けるわ
 でも少し抑えて
 お願いよ、エネルギーを充分残して
 フィナーレを盛り上げるために
 ああ!ブラヴォー、とってもとっても美しいわ
 レッスンはうまく行ったわ
 だってあなたはご機嫌だったから
 続けてね

La, la, la ...
À demain, pour un quatre mains 注12
À cinq heures dans mon salon
Quand vous s'rez complètement au point 注13
J' vous apprendrai l' violon !

 ラ、ラ、ラ…
 明日、二人で弾くために
 5時に私のサロンで
 あなたが完璧にマスターすれば
 ヴァイオリンをお教えするわ!

[注]
1 va et vient= va-et-vient「(振り子やピストンなどの)往復運動、往来」
2 balbutiement「口ごもること、たどたどしさ」が原義で、「未熟、初期段階」をいう。
3 doはdos「背中」と同じ発音。「背中を愛撫する」という意味を匂わせ、celui du piano「ピアノのド」だと付け加えている。
4 le mienは注3の解釈の延長でmon dosであろう。ここの解釈には自信が無い。
5 il convient que...「…であるべきだ」
6 silence, soupirともに音楽用語で「休止、休符」
7 Chopin(Frédéric François Chopin)「ショパン」は「ピアノの詩人」とも呼ばれるポーランドの作曲家で、フランスの文筆家George Sand「ジョルジュ・サンド」は数年間その愛人であった。en personne (抽象名詞に先立たれて)「…の化身、…そのもの」。ここでは固有名詞に先立たれている。
8 de vous à moi「ここだけの話だが、あなたと私だけのことだが」
9 épouser本義は「結婚する」だが、「適応する、合致する」といった意味合い。「吸い玉、吸盤」の意味の名詞のventouseをépouserに合わせて動詞にしたようだ。
10 イタリア語の音楽用語。Allegro「アレグロ」軽快に速く 。ma non tropo「マ・ノン・トロッポ」しかしあまりはなはだしくなく。fortissimo「フォルティッシモ」きわめて強く。
11 être en bonnes dispositions「機嫌がいい」
12 à quatre mainsは「連弾で」
13 au point「調子よく、整備されて」



Comment:0
2017
08.15

マダムMadame

Barbara Ma plus belle histoire damour


前回の「この子Cet enfant-là」に続きバルバラBarbaraで、「マダムMadame」という曲。1967年のスタジオアルバム:Ma plus belle histoire d'amour および同年のライブアルバム:Bobino 1967に収録されています。
恋人の母親から彼の戦死を知らせる手紙が届きます。それに対する返事の手紙という形で書かれている歌詞です。この曲が作られたのはベトナム戦争の最盛期であり、世界中で反戦運動が高まっていたということも時代背景として伺えます。



Madame マダム
Barbara  バルバラ


Je reçois, à l´instant où je rentre chez moi
Votre missive bleue, Madame
Vingt fois je la relis, et mes yeux n´y croient pas
Pourtant, c´est écrit là, Madame
Et de votre douleur, je me sens pénétrée 注1
Mais je ne pourrai rien, Madame
Vous savez, aujourd´hui, que de l´avoir perdu
C´est lourd à supporter, Madame

 受け取りました、帰宅した時に
 あなたの青色のお手紙を、マダム
 20回読み返しました、そして私の目は信じることができませんでした
 でも、そこにちゃんと書かれてありました、マダム
 そしてあなたの苦しみが、身に沁みるように感じました。
 でも私には何もできません、マダム
 今、あなたはお分かりでしょう、彼を失ったということは
 辛くて耐えられないことだと、マダム

Madame1.jpg


Vous demandez pardon de n´avoir pas compris
Ce qu´était notre amour, Madame
Vous n´aviez que ce fils, vous aviez peur pour lui
Et vous l´avez gardé, Madame
Ne me demandez pas ce qu´a été ma vie
Quand vous me l´avez pris, Madame
Je me suis toujours tu, ce n´est pas aujourd´hui
Que je vous le dirai, Madame

 あなたは謝っていらっしゃる
 私たちの愛がどんなものか知らなかったことを、マダム
 あなたにはこの息子しかいない、彼のために恐れを抱き
 そして彼を引き止めましたね、マダム
 私の生活がどんなものだったかお訊きにならないで
 あなたが私から彼を取り上げたときに、マダム
 私はいつも口をつぐんできました、今は
 あなたにそれを申し上げるときではありません、マダム

Vous eussiez préféré, je vous retrouve là,
Qu´il fût mort en héros, Madame
Oui, c´eût été plus noble, je vous crois,
Que de mourir d´amour, Madame
Mais qu´il soit mort ici ou qu´il mourût là-bas 注2
Auriez-vous versé moins de larmes?
Il en a décidé, lui seul avait le droit
Il faut vous résigner, Madame

 あなたは望まれたんですね、私にはそう見受けられますが、
 彼が英雄として死ぬことを、マダム
 ええ、それはもっと気高いことだった、でしょうね、
 愛のために死ぬよりも、マダム
 でも、彼がここで死んだとて向こうで死んだとて
 あなたの流す涙に差はあるでしょうか?
 彼はそれを決めました、彼だけがその権利を持っていたのです
 あなたは諦めなくてはなりません、マダム

C´est trop tard, maintenant, pour que je vous revienne
Et vous vieillirez seule, Madame
Et ne m´en veuillez pas si je parais cruelle 注3
Mais je l´ai trop aimé, Madame
Pour qu´à la fin du jour, près d´une cheminée
Nous évoquions ensemble, Madame,
Celui que, vous et moi, nous avons adoré
Et perdu tout ensemble, Madame

 遅すぎます、今となっては、私があなたのところに伺うには
 おひとりで齢を重ねてください、マダム
 もし私が酷い言い方をしていても悪く思わないでください
 でも、私は彼を愛していたのです、マダム、あまりにも
 一日の終わりに、暖炉のそばで、
 あなたと私、私たちが熱愛し、
 そしてともに失ったその人を、マダム
 ごいっしょに、想い起こすにはあまりにも、マダム

Madame2.jpg


Mais le chagrin m´égare, il faut me pardonner
J´ai mal de votre mal, Madame 注4
Mais que faire, et que dire, puisqu´il s´en est allé?
Je ne puis rien pour vous, Madame
Pour la seconde fois, il va nous séparer
Non, je ne viendrai pas, Madame
Car, le perdre deux fois, c´est lourd à supporter
Vous me comprendrez bien, Madame

 いえ悲しみにわれを忘れました、お許しください
 あなたの苦しみに胸が痛みます、マダム
 でも、何をするのか、何を言うのか、彼は逝ってしまったんですから?
 私はあなたのために何もしてあげられません、マダム、
 ふたたび、彼は私たちを引き離します
 ええ、私は参りません、マダム
 なぜなら、二度も彼を失うこと、それは耐え難いからです
 どうか分かってください、マダム...

Je reçois, à l´instant où je rentre chez moi
Votre missive bleue, Madame
Vingt fois je la relis, et mes yeux n´y croient pas
Pourtant, c´est écrit là, Madame
Et, de votre douleur, je me sens pénétrée
Mais je ne puis plus rien, Madame
Vous saurez, comme moi, que de l´avoir perdu
C´est lourd à supporter, Madame...

 受け取りました、帰宅した時に
 あなたの青色のお手紙を、マダム
 20回読み返しました、そして私の目は信じることができませんでした
 でも、そこにちゃんと書かれてありました、マダム
 そしてあなたの苦しみが、身に沁みるように感じました。
 でも私にはもう何もできません、マダム
 あなたはお分かりになるでしょう、私のように、彼を失ったということは
 辛くて耐えられないことだと、マダム…

Madame3.jpg


[注]
1 pénétré(e) de qc.「…が染みこんだ、…に確信を持った、…でいっぱいである」
2 que...que...soit mortは接続法過去、mourûtは接続法半過去。
3 en vouloir à qn.「…を恨む、悪く思う」
4 malはともに「苦痛」




Comment:1
2017
08.11

この子Cet enfant-là

Barbara seule


バルバラBarbaraの「この子Cet enfant-là」という美しい曲は、「ウィーンVienne」「ア・ペーヌÀ peine」と同様、ロラン・ロマネッリRoland Romanelliが作曲。1981年のアルバム「孤独と夜の中でSeule」に収録されています。このアルバムは日本でも発売されていますので、この曲も邦題が付いているでしょうが、原題を直訳して「この子」といたします。

「この子」は、自分の子ではなく、相手の男性とその恋人か妻のあいだにできた子。状況はよく分かりませんが、その子を受け入れて愛する心情を語っています。



イザベル・ヴァジュラIsabelle Vajraとマチュー・ロザスMathieu Rosazのデュオ



Cet enfant-là この子
Barbara     バルバラ


Cet enfant-là,
Cet enfant-là
Te ressemble, te ressemble.
Il a de toi 注1
Je ne sais quoi:
Le sourire
Ou peut-être,
Quand il marche,
Ta démarche.
Il hésite et s'avance.
Cet enfant-là
Te ressemble
Et j'en tremble.

 この子、
 この子は
 あなたに似ている、あなたに似ている
 彼はあなたにそっくり
 なんだか分からないけど:
 そのほほえみ
 あるいはたぶん、
 歩くときは、
 あなたの歩き方。
 彼はためらってから進む。
 この子は
 あなたに似ている
 私はそのことで心が震える。

Cet enfant-là1


Cet enfant-là,
Tu t'en souviens,
Tu le voulais.
Tu m'en parlais
Et, merveille des merveilles,
Je riais de t'entendre.
Tu me disais:
" Comme je voudrais,
Qu'il te ressemble,
Te ressemble.
Moi je voulais
Que cet enfant
Te ressemble. "

 この子、
 あなたは覚えているかしら、
 あなたはそれを望んでいた。
 あなたはそのことを私に話した
 そして、
 あなたの言うことを聞いて私は笑った。
 あなたは私に言った
 「その子が、
 君に似て、
 君に似て欲しいから。
 僕はね望んでいたんだよ
 その子が
 君に似ていることをね。」

Tu voulais qu'un jour, il soit avocat ou bien médecin.
Nous nous disputions déjà l'avenir
D'un enfant qui n'était pas encore là.
Moi, je voulais qu'il soit berger, jardinier
Ou bien musicien.
Je l'imaginais déjà, tout petit,
Un immense piano au bout de ses doigts.
Il aura des poissons d'or, des jardins de sable
Et de grands voiliers blancs,
Des oiseaux de feu, des îles enchantées,
Des étoiles filantes au fond de ses yeux.
Il ne connaitra que l'ogre gentil
Qui jamais n'a dévoré les enfants.
Mon enfant dieu, mon enfant prince, mon enfant roi,
Mon enfant merveilleux, mon enfant rien qu'à moi,
Nous lui tournions des manèges sous la neige,
Nous lui bâtissions des châteaux en Norvège, en Norvège

 あなたは彼がいつか、弁護士かあるいは医者になることを望んだ。
 私たちはもう未来のことを論議していた
 まだいない子どものことを。
 私は、その子が羊飼いに、庭師に
 あるいはミュージシャンになるよう望んだ。
 私はもう想像していた、とても小さい子が、
 指先で巨大なピアノに向かっているのを。
 彼は得ることだろう、金の魚を、砂の庭園を
 そして大きな白いヨットを、
 火の鳥を、魔法の島を、
 流れ星を瞳の奥に。
 けっして子どもたちを食べない
 優しい人食い鬼しか彼は知らない。
 神のような私の子、王子のような私の子、王のような私の子、
 すばらしい私の子、私だけの私の子、
 私たちは彼のために雪の上でメリーゴ-ラウンドを回した、
 私たちは彼のためにノルウェーに城を建てた、ノルウェーに

Cet enfant-là2


Mais cet enfant-là,
Cet enfant-là
Lui ressemble.
Il a d'elle
Je ne sais quoi:
Le sourire
Ou peut-être,
Quand elle marche,
Sa démarche
Et sa grâce,
Ma disgrâce.
Cet enfant-là
N'a rien de moi 注2
Mais vous ressemble.

 でもこの子は、
 この子は
 彼女に似ている。
 彼は彼女にそっくり
 なんだか分からないけど:
 そのほほえみ
 あるいはたぶん、
 歩くときは、
 彼女の歩き方。
 そして彼女の器量のよさ、
 私の不器量。
 この子は
 私とはまるで似ていない
 でもあなた方に似ている。

Cet enfant-là,
Cet enfant-là
Te regarde,
Me regarde.
Il s'étonne,
Il s'inquiète
Et, timide, il s'avance.
Cet enfant-là
Me tend les bras
Et je l'aime.
Cet enfant-là
N'a rien de moi, mais te ressemble,
Ressemble, ressemble

 この子は、
 この子は
 あなたを見る、
 私を見る。
 彼は動揺する、
 彼は不安になる
 そして、おずおずと、彼は進む。
 この子は
 私に両腕を差し伸べる
 そして私は彼を愛する。
 この子は
 私とはまるで似ていない、でもあなたに似ている、
 似ている、似ている

[注]
1 avoir de qn.= ressembler à qn.「…に似ている」
2 n'avoir rien de...「似ても似つかない、…らしいところがない」



Comment:0
2017
08.08

蜜の味Le goût de miel

FabienneThibeault Le goût de miel


ビートルズThe Beatlesのナンバーとしても知られる「蜜の味A taste of honny」。私はジュリー・ロンドンJulie Londonの歌が好きで、そのフランス語ヴァージョンがないかなと探していたら、見つかったのは、ケベックのシンガー・ソンガライター:ファビエンヌ・チボーFabienne Thibeaultの「蜜の味Le goût de miel」。まったく別の曲ながらいい曲です。1981年のアルバム:Je suis née ce matinに収録されています。チボーは「世界は石になったLe monde est stone」を先にご紹介しています。
ビートルズの歌詞は「ワインより甘い君のキスの味のために僕はきっと戻って来る」といった内容ですが、こちらは、意気消沈した男に「もっと楽しい甘い人生があるのよ」といざないます。



Le goût de miel   蜜の味
Fabienne Thibeault ファビエンヌ・チボー


Il y a des nuages
Autour de ton visage
Il y a ton cafard
Aux portes du hasard 注1
Regarde la maison
Au bout de l' horizon
Il y a la chaleur et
Les couleurs qui manquent à ton bonheur

 あなたの顔のまわりには
 雲がかかっている
 先行きに向かって
 あなたは憂鬱になっている
 地平の果ての
 家をごらんなさい
 あなたのしあわせには不足している
 熱気と色彩があるわ

Il y a ton passé
Mais tu peux l'oublier
Il y a tous ces tours
Tous ces jours sans amour
Regarde la maison
Et cherche bien au fond
Tu trouveras mon cœur
Et la douceur qui manquent à ton bonheur

 あなたの過去がある
 でもあなたはそれを忘れることができる
 こうしたすべての過程が
 愛のないこうした日々がある
 家をごらんなさい
 そしてその奥を探すのよ
 あなたは私の心と
 あなたのしあわせには足りない優しさを見出すわ

Le goût de miel4


As-tu le goût de vivre
Une vie de velours
Qui fait que l'on s'enivre
À voir venir le jour?
As-tu le goût d'entendre
Mille paroles tendres?
As-tu le goût du goût de miel
Aux couleurs de l'arc-en-ciel?

 一日がやって来るのを見て
 うっとりさせてくれるような
 甘い人生を
 あなたは生きたくない?
 たくさんの優しい言葉を
 あなたは聞きたくない?
 虹の七色をした
 蜜の味が欲しくない?

Si tu voulais courir 注2
Le risque de venir
Tu n'aurais jamais de regrets
Moi je te le promets
Ton cœur est en prison
Et ça n'a rien de bon
Il y a le temps qui passe
Et qui efface la trace des chagrins

 やって来る危険に
 立ち向かいたいと望むならば
 けっして後悔はしないでしょう
 私はあなたにそれを請け合うわ
 あなたの心は牢屋に入っている
 それは何もいいことじゃない
 時は過ぎ行き
 悲しみを消してくれるわ

As-tu le goût de vivre
Une vie de velours
Qui fait que l'on s'enivre
Dans les bras de l'amour?
As-tu le goût de prendre
Ma bouche qui demande?
As-tu le goût du goût de miel
Au cœur de mon arc-en- ciel?
As-tu le goût du goût de miel
Au cœur de mon arc-en-ciel?
Mon arc-en-ciel

 愛に抱かれて
 うっとりさせてくれるような
 甘い人生を
 あなたは生きたくない?
 求めている私の口を
 奪いたくない?
 たくさんの優しい言葉を
 あなたは聞きたくない?
 私の虹のなかの
 蜜の味が欲しくない?
 私の虹の

Le goût de miel6


[注]
1 aux portes(à la porte) de qc.「…の入り口で」
2 courirは他動詞で「(危険などに)立ち向かう」。courir un risqueは「危険を冒す」。




Comment:0
2017
08.04

ヴァイオリンは回るTournent les violons

Jean-Jacques Goldman Tournent les violons


ジャン=ジャック・ゴールドマンJean-Jacques Goldman の「ヴァイオリンは回るTournent les violons」です。2001年にシングルリリースされました。



Tournent les violons   ヴァイオリンは回る
Jean-Jacques Goldman ジャン=ジャック・ゴールドマン


Grande fête au château il y a bien longtemps
Les belles et les beaux, nobliaux, noble sang 注1
De tout le royaume on est venu dansant

 はるか昔の城の大祭典
 美男美女たち、自称貴族たち、貴族の出の人たちが
 王国のいたるところから踊りながらやって来た

{Refrain :}
Tournent les vies oh tournent les vies oh tournent et s'en vont
Tournent les vies oh tournent les violons

 人生は回るおお人生は回るおお回って過ぎ去る
 人生は回るおおヴァイオリンは回る

Tournent les violons1


Grande fête aux rameaux et Manon a seize ans 注2
Servante en ce château comme sa mère avant
Elle porte les plateaux lourds à ses mains d'enfant

 枝の主日の大祭典でマノンは16才
 以前の母親と同様にこの城の小間使いだ
 幼い両手で重いトレーを運ぶ

{Refrain}

Le bel uniforme, oh le beau lieutenant
Différent des hommes d'ici blond et grand
Le sourire éclatant d'un prince charmant

 美しい軍服、おお美しい中尉
 ここの男たちとは違って金髪で背が高い
 魅惑の王子のはじける微笑

{Refrain}

Redoublent la fête et les rires et les danses
Manon s'émerveille en remplissant les panses 注3
Le bruit, les lumières, c'est lui qui s'avance

 祭典と笑いとダンスはいっそう高まる
 太鼓腹どもを満たしながらマノンは驚嘆する
 音、光、近づいてきたのは彼だ

{Refrain}

En prenant son verre auprès d'elle il se penche
Lui glisse à l'oreille en lui frôlant la hanche
"Tu es bien jolie" dans un divin sourire

 グラスを手に彼女のそばで彼は身を屈める
 彼女の腰に触れながら耳にささやく
 「君はとてもきれいだ」と、すばらしい微笑みを浮かべながら

Tournent les violons2


{Refrain}

Passent les années dures et grises à servir
Une vie de peine et si peu de plaisir
Mais ce trouble là brûle en ses souvenirs

 仕える身の辛くて味気ない年月が過ぎる
 苦しみの人生で喜びはほんのわずか
 だが彼女の記憶にあの心のときめきが燃えている

{Refrain}

Elle y pense encore et encore et toujours
Les violons, le décor, et ses mots de velours
Son parfum, ses dents blanches, les moindres détails

 彼女は何度も何度もいつもそのことを思う
 ヴァイオリン、インテリア、そして彼のビロードのような言葉
 彼の香り、彼の白い歯、最も小さな細部も

{Refrain}

En prenant son verre auprès d'elle il se penche
Lui glisse à l'oreille en lui frôlant la hanche
Juste quatre mots, le trouble d'une vie
Juste quatre mots qu'aussitôt il oublie

 グラスを手に彼女のそばで彼は身を屈める
 彼女の腰に触れながら耳にささやく
 たった4つの言葉、一生のときめき
 彼のほうはすぐさま忘れたたった4つの言葉

{Refrain}

Tournent les violons3


Elle y pense encore et encore et toujours
Elle y pense encore et encore et toujours

 彼女は何度も何度もいつもそのことを思う
 彼女は何度も何度もいつもそのことを思う

{Refrain×2}

[注]
1 nobliau(x)=noblaillon(s)「小貴族、成り上がり貴族」
2 les rameaux「枝の主日」復活祭直前の日曜日
3 panse「ふくらんだ腹、太鼓腹」ジャック・ブレルJacques Brelの「アムステルダムAmsterdam」http://chantefable2.blog.fc2.com/blog-entry-94.htmlにも出てきた。




Comment:0
2017
08.01

ディエゴ、心は自由Diego, libre dans sa tête

France Gall Diego, libre dans sa tête


リクエストをいただいたのでこの曲を取り上げます。ミッシェル・ベルジェMichel Bergerが作り、フランス・ギャルFrance Gallが創唱(1981年のアルバム:Tout pour la musique)した「ディエゴ、心は自由Diego, libre dans sa tête」です。ベルジェ自身も歌い(1983年のアルバム:Voyou)、その後、ジョニー・アリディJohnny Hallyday(1990年)、ヴェロニク・サンソンVéronique Sanson、ノルウェン・ルロワNolwenn Leroyも歌っています。
ディエゴDiegoとはメキシコ壁画運動の中心的人物であったディエゴ・リベラDiego Rivera(1886年-1957年)のことだという情報もありますが、彼は投獄されたことはないようですし、独裁政治によって発言を封じられ投獄された中南米の活動家の代名詞ということのようです。
1984年にフランス・ギャルは、シャン・ゼリゼChamps-Élyséesというテレビのヴァラエティ番組で、アルゼンチンのピアニスト、ミゲル・アンヘル・エストレージャMiguel Ángel Estrellaの前でこれを歌いました。彼は、1976年に亡命生活に入り、1977年にはウルグアイ軍事政権により投獄され拷問を受け、1980年に解放されました。ダニエル・バラヴォアンヌDaniel Balavoineは1983年にFrappe avec ta têteという曲を彼に捧げています。

フランス・ギャルFrance Gall



ミッシェル・ベルジェMichel Berger



ジョニー・アリディJohnny Hallyday



ノルウェン・ルロワNolwenn Leroy



Diego, libre dans sa tête ディエゴ、心は自由
France Gall      フランス・ギャル


Derrière des barreaux
Pour quelques mots
Qu'il pensait si fort
Dehors il fait chaud
Des milliers d'oiseaux
S'envolent sans effort

 心に強く思った
 いくつかの言葉のために
 彼は鉄格子のなか
 外は暑い
 無数の鳥が
 ゆうゆうと飛び立つ

Diego1.jpg


Quel est ce pays
Où frappe la nuit
La loi du plus fort ? 

 夜に
 強者の支配を課す
 この国はいったい何だ?

Diego, libre dans sa tête
Derrière sa fenêtre
S'endort peut-etre...

 ディエゴ、心は自由だ
 窓の後ろで
 たぶん眠っている…

Diego2.jpg


Et moi qui danse ma vie
Qui chante et qui rit
Je pense à lui

 そして人生を踊って暮らし
 歌ったり笑ったりしている僕は
 彼のことを思う

Diego, libre dans sa tête
Derrière sa fenêtre
Déjà mort peut-être...

 ディエゴ、心は自由だ
 窓の後ろで
 たぶん死んでいる…

Diego3.jpg


[注] la loi du plus fort「強者(勝者)の支配」



Comment:2
2017
07.30

何も持たずにSans bagages

Barbara chante Barbara


今回はバルバラBarbaraの「何も持たずにSans bagages」。1964年の「バルバラ自身を歌うBarbara chante Barbara」に収録され、このアルバムは翌1965年にACCディスク大賞Grand Prix international du disque de l’Académie Charles-Cros を受賞しました。
このアルバムにある曲のうち、「死に憧れてÀ mourir pour mourir」「サン・タマンの森でAu bois de saint-amand」「リヨン駅Gare de Lyon」「ナントに雨が降るNantes」「パリ、8月15日Paris, 15 août」「愛していると言えなくてJe ne sais pas dire」「ピエールPierre」「要するにBref」をすでに訳しています。今回の曲を加えて計8曲。あと4曲、徐々に取り組みます。



Sans bagages 何も持たずに
Barbara    バルバラ


Le jour où tu viendras, le jour où tu viendras,
Le jour où tu viendras, ne prends pas tes bagages.
Que m´importe, après tout, ce qu´il y aurait dedans,
Je te reconnaitrai à lire ton visage.
Il y a tant et tant de temps que je t´attends.
Tu me tendras les mains, je n´aurai qu´à les prendre
Et consoler les voix qui pleurent dans ta voix.
Je t´apprivoiserai, les lumières éteintes.
Tu n´auras rien à dire, je reconnaitrai bien

 あなたが来る日、あなたが来る日、
 あなたが来る日は、荷物を持たないで。
 私にはどうでもいいの、とにかく、なかに何が入っているかなんて、
 私はあなたの顔を見てあなただと分かるわ。
 私は長いこと長いことあなたを待っている。
 あなたは私に両手を差し伸べ、私はただそれを取り
 あなたの声のなかの嘆く声をなぐさめるだけよ。
 私はあなたに寄り沿う、明かりは消えて。
 あなたは何も言わなくていい、私にはよく分かるから

Le tout petit garçon, le regard solitaire
Qui cachait ses chagrins dans les jardins perdus,
Qui ne savait jouer qu´aux billes ou à la guerre,
Qui avait tout donné et n´avait rien reçu.

 淋しい目をした、とっても小さな男の子が、
 さびれた公園に悲しみを隠し、
 ビー玉遊びか戦争ごっこしか知らず、
 すべてを差し出し、何も受け取らなかった。

Sans bagages1


Si je venais vers toi, je viendrais sans bagages.
Que t´importe, après tout, ce qu´il y aurait dedans.
Tu me reconnaîtrais à lire mon visage.
Il y a tant et tant de temps que tu m´attends.
Je te tendrai les mains, tu n´aurais qu´à les prendre
Et consoler les voix qui pleurent dans ma voix.
Tu m´apprivoiserais, les lumières éteintes.
Je n´aurais rien à dire, tu reconnaîtrais bien

 もし私があなたのところに来るとしたら、私は何も持たずに来るわ
 あなたにはどうでもいい、とにかく、なかに何が入っているかなんて、
 あなたは私の顔を見て私だと分かるわ。
 長いこと長いことあなたは私を待っている。
 私はあなたに両手を差し伸べ、あなたはただそれを取り
 私の声のなかの嘆く声をなぐさめるだけ。
 あなたは私に寄り沿う、明かりは消えて。
 私は何も言わなくていい、あなたにはよく分かるでしょう

La toute petite fille, aux cheveux en bataille
Qui cachait ses chagrins dans les jardins perdus
Et qui aimait la pluie et le vent et la paille
Et le frais de la nuit et les jeux défendus.

 ぼさぼさの髪の、とっても小さな女の子が、
 さびれた公園に悲しみを隠し、
 雨と風と麦わら
 そして夜の涼しさと禁じられた遊びが好きだった。

Sans bagages2


Quand viendra ce jour-là, sans passé, sans bagages,
Nous partirons ensemble vers un nouveau printemps
Qui mêlera nos corps, nos mains et nos visages.
Il y a tant et tant de temps que l´on s´attend.
A quoi bon se redire les rêves de l´enfance,
A quoi bon se redire les illusions perdues?
Quand viendra ce jour-là, nous partirons ensemble,
A jamais retrouvés, à jamais reconnus.

 その日が来るとき、過去も捨て、何も持たず、
 私たちはいっしょに新たな春へと出発し
 春は私たちの体を、手を、そして顔を溶け合わせる。
 長いこと長いこと私たちはお互いを待っている。
 子どもの夢を繰り返して何になるの、
 失った幻を繰り返して何になるの?
 その日が来るとき、私たちはいっしょに出発するわ、
 永遠にお互いを見出し、永遠にお互いをそれと認めて。

Le jour où tu viendras, le jour où tu viendras,
Il y a tant et tant de temps que je t´attends...

 あなたが来る日、あなたが来る日、
 長いこと長いこと私はあなたを待っているわ…

Sans bagages3



Comment:0
2017
07.25

メルシー・シェリーMerci chérie

Udo Jürgens Merci chérie


ピアノの弾き語りスタイルで歌うウド・ユルゲンスUdo Jürgensは、ドイツ語圏で最も成功した歌手の一人で、2014年に亡くなりました。日本ではペドロ&カプリシャスの「別れの朝」の作曲者として知られていますが、自身は同じ曲を「夕映えの二人Was ich dir sagen will」というタイトルで歌っています。
今回ご紹介するのは1966年のユーロヴィジョン・コンクールEurovision contestの優勝曲「メルシー・シェリーMerci chérie」。コンクールでは,タイトルはフランス語ながらドイツ語の歌唱でしたが、その後、英語、フランス語、日本語、スペイン語、イタリア語でも歌っています。作曲:Udo Jürgens、独語作詞:Udo Jürgens, Thomas Hörbiger。このブログではもちろんフランス語の歌詞をご紹介いたします。仏語作詞:クロ-ド・キャリエールClaude Carrère、アンドレ・セルヴェAndré Salvet。
ポール・モーリアPaul Mauriat、レーモン・ルフェーブルRaymond Lefèvre、フランク・プールセルFranck Pourcel等のオーケストラ演奏でも知られる、甘いメロディーの曲ですが、相手に別れを告げる歌詞内容。似た状況を歌う曲としてふと思い出したのはシャルル・アズナヴールCharles Aznavourの「ふたりの時Les bons moments」。調べてみると同じ1966年の曲でした。こちらは、もっと饒舌にそして渋くしたような内容です。



Merci chérie  メルシー・シェリー
Udo Jürgens  ウド・ユルゲンス


Merci, merci, chérie
Toi, l'amour de ma vie – merci, chérie
Pour les heures d'un bonheur passé – merci, chérie
Pour les jours et les nuits qu'on n'oublie jamais

 ありがとう、ありがとう、いとしい人
 君、僕の人生の恋人―ありがとう、いとしい人
 過ぎ去ったしあわせな時間に―ありがとう、いとしい人
 僕たちがけっして忘れない日と夜に

Adieu, adieu, adieu
J'ai des larmes dans les yeux, je dois partir
Je sais que tout va finir... finir – merci, chérie
Pour toutes les joies que tu m'as données

 さよなら、さよなら、さよなら
 僕は目に涙を溜める、僕は去らねばならない
 すべてが終わるんだと僕には分かっている―ありがとう、いとしい人
 君が僕に与えてくれたすべての喜びに

Udo Jürgens


Le moment important est venu aujourd'hui
De choisir le tournant de ma vie
Je dois m'en aller, je dois te quitter
Le cœur blessé... blessé

 僕の人生の転機を選びとる
 重要な時が今日やって来た
 僕は行かねばならない、君の元を去らねばならない
 辛い…辛い気持ちで

Merci, merci, chérie
Toi, l'amour de ma vie – merci, chérie
Pour les joies que tu m'as données – merci, chérie
Adieu, chérie, merci, chérie
Adieu, chérie, merci, chérie
Merci

 ありがとう、ありがとう、いとしい人
 君、僕の人生の恋人―ありがとう、いとしい人
 君が僕に与えてくれた喜びに―ありがとう、いとしい人
 さようなら、いとしい人、ありがとう、いとしい人
 さようなら、いとしい人、ありがとう、いとしい人
 ありがとう



ドイツ語の歌詞も、フランス語で「ありがとう」と言いますが、泣いている相手をなぐさめ力づけているような内容です。ドイツ人の彼がフランス人の彼女と別れる…そんな状況でしょうか。

Merci, merci, merci
Für die Stunden, Chérie, Chérie, Chérie
Uns're Liebe war schön, so schön
Merci, Chérie
Sei nicht traurig, muß ich auch von dir geh'n

Adieu, adieu, adieu
Deine Tränen tun weh, so weh, so weh
Unser Traum fliegt dahin, dahin
Merci, Chérie
Weine nicht, auch das hat so seinen Sinn

Schau nach vorn, nicht zurück
Zwingen kann man kein Glück
Denn kein Meer ist so wild wie die Liebe
Die Liebe allein, nur die kann so sein
So sein, so sein

Merci, merci, merci
Für die Stunden, Chérie, Chérie, Chérie
Uns're Liebe war schön, so schön
Merci, Chérie

So schön, so schön
Merci, Chérie
So schön, so schön
Merci, Chérie
Merci

「夕映えの二人Was ich dir sagen will」 亡くなった年の演奏です。




Comment:0
2017
07.23

パリParis

Camille Le Sac des Filles


「パリParis」というタイトルの曲はすでに4曲取り上げました。エディット・ピアフÉdith Piafエロディー・フレジェElodie Frégéマルク・ラヴォワンヌ&スーアド・マッシMarc Lavoine & Saoud Massiオリヴィア・ルイズOlivia Ruizです。今回は5曲目で、カミーユCamilleの「パリParis」です。「空のおうちLa demeure d'un ciel」と同じく、2002年のデビュー・アルバム「パリジェンヌと猫とハンドバッグLe Sac des Filles」に収録。



Paris  パリ
Camille カミーユ


Finies les balades le long du canal
les escaliers des cartes postales
c'est fini, Paris
c'est décidé, je me barre
finis le ciel gris, les matins moroses,
on dit qu'à Toulouse les briques sont roses 注1
oh là-bas, Paris, les briques sont roses

 運河沿いの散歩はおしまい
 絵葉書の階段
 それはおしまいよ、パリ
 決めたわ、私は逃げ出す
 灰色の空、陰鬱な朝はおしまい、
 トゥールーズじゃレンガはバラ色なんだって
 おお、パリよ、あっちじゃレンガはバラ色よ

Camille1.jpg


{Refrain:}
Paris, tu paries, Paris, que je te quitte
que je change de cap, de capitale
Paris, tu paries, Paris, que je te quitte 注2
je te plaque sur tes trottoirs sales

 パリ、あんたは確信する、パリ、私があんたのもとを去るって
 進路を替え、首都を替えるって、
 パリ、あんたは確信する、パリ、私があんたのもとを去るって
 私はあんたを汚い舗道に捨てる

je connais trop ta bouche, bouche de métro
les bateaux mouche et la couleur de l'eau 注3
c'est fini Paris, je les connais trop
ici je m'ennuie, même quand vient la nuit
on dit que Séville s'éveille à minuit
là-bas, Paris, la ville s'éveille à minuit

 私はよく知っているわ、あなたの口を、メトロの入り口を
 バトー・ムッシュと水の色を
 パリはおしまい、私はそれらを知りすぎている
 ここじゃ私は退屈よ、夜になっても
 セビリアは真夜中に目覚めるんだって
 パリよ、あっちじゃ、街は真夜中に目覚めるのよ

camille5.jpg


{au Refrain, x2}

à Toulouse il a plu, à Séville j'ai trop bu
à Rio j'ai eu le mal du pays
oh pari perdu, je retourne vivre à Paris

 トゥールーズでは雨が降った、セビリアで私は飲みすぎた
 リオでは国が恋しかった
 おお負けた賭けだわ、私はパリで生活しに戻るわ

[注]
1クロード・ヌガロClaude Nougaroの「トゥールーズToulouse」の注に書いたが、トゥールーズは、トゥールーズ市街の建築はオレンジ色や赤色の暖色系のレンガが特徴であることからVille Rose「バラ色の都市」と呼ばれる。歌詞中のほかの地名:スペインのSéville「セビリア」。Rio=ブラジルのRío de Janeiro「リオ・デ・ジャネイロ」
2 pariesはParisと同じ発音でparier「賭ける」「断言する、確信する」の2人称単数形。名詞形pari「賭け」も最後の行で用いられている。
3 bateaux mouche「バトー・ムッシュ」セーヌ川沿いの街並みを楽しむための、観光客向け遊覧船。もともとは会社名だがセーヌ川クルーズの代名詞となっている。




Comment:0
2017
07.20

ル・シャントゥールLe chanteur

Alice Dona La chanteur


今回は、「恋に病んでJe suis malade」と同様、作詞:セルジュ・ラマSerge Lama、作曲:アリス・ドナAlice Donaというコンビが作り、ともに歌っている「ル・シャントゥールLe chanteur」を。1977年のアルバム:La Nana 77に収録されています。文字通り男性の歌手のことを歌った曲ですが、「シャントゥーズ」というタイトルで女性の歌手の話にした日本語の歌詞もあるようです。





Le chanteur ル・シャントゥール
Alice Dona  アリス・ドナ


On a collé l'autre jour ses photos dans les rues
Ça faisait presque deux ans qu'il n'était pas venu
Dans les théâtres l'hiver
Il nous invente la mer
L'été sous les chapiteaux
Il nous fait les oiseaux.

 先日、彼の写真が通りに貼られた
 冬、劇場に
 彼が来なくなってから2年ほどになる
 彼は天蓋の下で私たちに海を
 夏を作り出してくれる
 彼は私たちを鳥にしてくれる。

Le chanteur1


Sous le soleil ambulant de quelques projecteurs
Il se fait bronzer tous les soirs sur le coup des onze heures. 
Il nous fait croire un moment
Qu'il est devenu notre amant
Juste le temps c'est bien court
D'une chanson d'amour

 スポットライトの移動式太陽のもと
 彼は毎晩11時になるとすぐブロンズ色になる
 彼は私たちの恋人になったんだと
 私たちに信じさせる
 愛のシャンソンの
 ほんの短い時間

{Refrain :}
On est venu ce soir voir le chanteur
Le chanteur qu'il faut voir celui qui rit celui qui pleure

 私たちは今夜、その歌手を見に来た
 その歌手を、笑いまた泣くその人を見なくては

Si l'on en croît les journaux on le verra debout
Après l'avoir attendu les deux pieds dans la boue
Comme on sera pas bien placé
On en verra que la moitié
Mais la moitié qu'on verra
On s'en contentera

 報道を信じるなら、私たちは彼の立つ姿を見ることになるだろう
 泥のなかに両足を入れて彼を待ったのちに
 私たちはいい席につけないだろうから
 半身だけ見ることになる
 でも見るその半身で
 私たちは我慢するだろう

Le chanteur2


{Refrain}

Vers les minuit et demi finira le hasard
On l'emportera chez nous au fond de nos mémoires
Peut-être que lui aussi
Nous emportera chez lui
Pour effeuiller nos mémoires
Nos visages d'un soir

 12時半ごろ、そのいい時間は終わるだろう
 私たちは自分の記憶の底に彼を持ち帰ることになる
 たぶん彼もまた
 私たちの想い出を呼び起こすために
 ある夜の私たちの姿を持ち帰るだろう

{Refrain}

On est venu ce soir voir le chanteur
Et il peut bien pleuvoir le cœur rempli d'espoir
On est venu ce soir voir le chanteur.

 私たちは今夜その歌手を見に来た
 そして彼は希望に胸をいっぱいにして泣くだろう
 私たちは今夜その歌手を見に来た

[注] sur le coup「すぐに、その場で」sur le coup de qc.「…に支配されて」



Comment:0
back-to-top