2018
02.22

ア・パリÀ Paris

Yves Montand A Paris


忘れていました、この大曲を。「ア・パリÀ Paris」です。1946年にフランシス・ルマルクFrancis Lemarqueが作り、自身がまず歌いました。1948年からイヴ・モンタンYves Montandが歌い、1953年のアルバム:Montand chante Parisに収録されました。なぜか、女性の歌手はあまり歌っていない曲です。

フランシス・ルマルク



モンタン



À Paris     ア・パリ
Yves Montand イヴ・モンタン


Des milliers des milliers et des milliers d'années 注1
Ne sauraient suffire pour dire
La petite seconde d'éternité
Où tu m'as embrassé
Où je t'ai embrassée
Un matin dans le lumière de l'hiver
Au parc Montsouris
À Paris
À Paris sur la Terre
La Terre qui est un astre

 何千年も何千年も何千年もかけても
 語りきれない
 ほんの小さな永遠のひと時
 そのとき君は僕にキスし
 そのとき僕は君にキスした
 ある朝、冬の陽射しのなかで
 ひとつの天体である地球
 その地球上のパリ
 パリの
 モンスリー公園で

À Paris
Quand un amour fleurit
Ça fait pendant des s’maines
Deux cœurs qui se sourient
Tout ça parce qu'ils s'aiment
À Paris

 パリで
 恋が花開くとき
 それは何週間ものあいだ続くんだ
 ふたつの心はほほえみを交わし合う
 それはすべて彼らが愛し合っているからなんだ
 パリで

A paris10


Au printemps
Sur les toits les girouettes
Tourn’nt et font les coquettes
Avec le premier vent
Qui pass’ indifférent
Nonchalant

 春には
 屋根の上で風見鶏が
 回って人の気を引こうとする
 のんびりと
 無頓着に通り過ぎる
 春の最初の風に乗って

Car le vent
Quand il vient à Paris
N'a plus qu'un seul soucis
C'est d'aller musarder
Dans tous les beaux quartiers
De Paris

 だってさ風は
 パリにやって来ると
 ひとつのことだけ気にしてるんだ
 それはね、パリの
 美しい界隈をあまねく
 うろつくことなのさ

Le soleil
Qui est son vieux copain
Est aussi de la fête 注2
Et comme deux collégiens
Ils s'en vont en goguette 注3
Dans Paris

 風と昔なじみの
 太陽は
 これまた浮かれて
 彼らはまるで二人の中学生のように
 いい気分でぶらつくのさ
 パリの街を

Et la main dans la main
Ils vont sans se frapper 注4
Regardant en chemin
Si Paris a changé

 そして手に手を取り合い
 彼らは殴りあいもせず通り行く
 パリは変わっちゃいないかと
 道々眺めながら

Y'a toujours
Des taxis en maraude 注5
Qui vous chargent en fraude 注6
Avant le stationnement
Où y'a encor’ l'agent
Des taxis

 いつでも
 流しのタクシーがいて
 不正にあんたがたを乗せる
 タクシーの
 係員のまだいる
 乗り場の手前で

Au café
On voit n'importe qui
Qui boit n'importe quoi
Qui parl’ avec ses mains
Qu'est là depuis l’ matin
Au café

 カフェでは
 誰や彼やが見られる
 何やかや飲む人
 手ぶりで話す人
 朝からいる人が
 カフェでは

A Paris13


Y'a la Seine
A n'importe quell’ heure
Ell’ a ses visiteurs
Qui la r’gardent dans les yeux
Ce sont ses amoureux
À la Seine

 セーヌ河では
 なんどきでも
 訪れる人々がいて
 河を眺める
 それは恋人たちなのさ
 セーヌ河のね

Et y'a ceux
Ceux qui ont fait leur nids
Près du lit de la Seine
Et qui s’ lav’nt à midi
Tous les jours de la s’maine
Dans la Seine

 またこんな人々もいる
 セーヌの川底の傍らに
 ねぐらを設ける人たち
 週日、毎日のように
 正午に沐浴する人たちも
 セーヌ河で

Et les autres
Ceux qui en ont assez 注7
Parc’ qu'ils en ont vu d’ trop
Et qui veul’nt oublier
Alors y s’ jettent à l'eau
Mais la Seine

 そしてまた
 あまりにもいろいろ目にしすぎて
 くたびれ果て
 忘れたいがために
 入水する人たちもいる
 けれどもセーヌ河は

Ell’ préfère
Voir les jolis bateaux
Se promener sur elle
Et au fil de son eau
Jouer aux caravelles
Sur la Seine

 彼女は好むのさ
 きれいな船が
 自分の上を通るのを眺めることを
 そしてセーヌに浮かぶ帆船と
 水の流れでもって
 戯れることを

A Paris11


Les ennuis
Y'en a pas qu'à Paris
Y'en a dans l’ monde entier
Oui mais dans l’ monde entier
Y'a pas partout Paris
V’là l'ennui

 退屈は
 パリにしかないわけじゃない
 世界中にあるんだ
 そうさだが世界中
 パリはあちこちにあるもんじゃない
 退屈はほらここさ

À Paris
Au quatorze juillet
À la lueur des lampions
On danse sans arrêt
Au son de l'accordéon
Dans les rues

 パリでは
 7月14日には
 紙提灯の灯りのもと
 アコーデオンの音色に乗って
 踊り明かすのさ
 通りで

Depuis qu'à Paris
On a pris la Bastille
Dans chaque faubourg
Et à chaqu’ carrefour
Il y a des gars 注8
Et il y a des filles
Qui sur les pavés
Sans arrêt nuit et jour
Font des tours et des tours
À Paris

 パリで
 バスチーユ広場を
 俺たちが占拠して以来
 あちこちの大通りや
 十字路に
 男たちがいて
 女たちもいて
 舗道の上を
 たえず昼も夜も
 巡り巡る
 パリでは

A Paris15


[注]
1 この節はモンタンは歌っているが、ルマルクは歌っていない。
2 de la fête「愉快に、楽しく」
3 en goguette「一杯機嫌で、いい気分になって」
4 se frapper「自分を打つ」「殴りあう」以外に「不安にとらわれる、心配する」 の意味があり、迷ったが…。
5 taxi en maraude「流しのタクシー」
6 en fraude「不正な手段で、不法に」
7 en avoir vu d’ trop「うんざりする」
8 gar=garçon「男の子、少年」‘r’は発音しない。



Comment:0
2018
02.14

スブリーム《ヴァレンタイン・コンサート》

3度目のスブリーム《ヴァレンタイン・コンサート》です。
もちろん2月14日です。今回は私も歌います。場所は原宿「アコスタディオ」
チケットご予約受付中。

80214sublime2.jpg




Comment:0
2018
02.13

ブランコに乗ったお嬢さんUne demoiselle sur une balançoire

Yves Montand chante…


イヴ・モンタンYves Montandが歌った「ブランコに乗ったお嬢さんUne demoiselle sur une balançoire」は、とても楽しい曲。1951年、作詞:ジャン・ノエンJean Nohain、作曲:ミレイユMireille(Mireille Hartuch)。1952年のモンタンのファースト・アルバム:Yves Montand chante…に収録されています。




作曲者のミレイユ自身も歌っています。→Dailymotionでご覧下さい。

Une demoiselle sur une balançoire ブランコに乗ったお嬢さん
Yves Montand             イヴ・モンタン


Une demoiselle sur une balançoire
Se balançait à la fête un dimanche 注1
Elle était belle et l'on pouvait voir
Ses jambes blanches sous son jupon noir...

 ブランコに乗ったお嬢さん
 日曜日にご機嫌でゆあーん ゆよーん ゆやゆよん
 彼女はとてもきれいで、僕らは拝ませてもらったよ
 黒いスカートの下の白いあんよを…

Le marchand lui criait : "Voulez-vous vous asseoir
Descendez, descendez, c'est assez pour ce soir,
Si vous restez debout
Vous allez vous casser le cou!"
Mais la demoiselle sur la balançoire
Riait, riait et montait de plus belle
Elle était belle et l'on pouvait croire
Qu'elle s'envolait tout d'un coup dans le ciel 注2
Mais c'était défendu
Elle est redescendue
Quand elle est descendue
Moi j'étais tout ému

 商人は彼女に向かって叫んだ「座ったらいかが
 降りてらっしゃい、降りて、今夜はもういいでしょう、
 立ったままでいたら
 首を痛めますよ!」
 でもブランコに乗ったお嬢さんは
 笑って、笑っていた、そしてますますきれいになった
 彼女はきれいだった、そして僕たちには信じられた
 彼女が突然、空中に飛んだと
 でもそれは阻まれた
 彼女は降りて戻ってきた
 彼女が降りてきたとき
 僕はね、とっても感動したんだ

balançoire2


Je lui ai dit : "Mademoiselle,
J'ai cru que vous aviez des ailes !"

 僕は彼女に言った「お嬢さん、
 あなたは翼を持っているんだと僕は思ったよ」と

On est allés au tir,
Aux chevaux de bois, aux nougats, 注3
Au cirque à la femme tronc
Mais ça ne l'amusait pas...
Elle m'a dit : "Je vous remercie
Je préfère retourner là-bas..."
Et voilà qu'elle m'a laissé
Pour aller s'balancer

 僕たちは行ったよ、射撃場に
 木馬に、ヌガーを食べながら、
 トルソー女のサーカスに
 でもそれは彼女を喜ばせなかった…
 彼女は僕に言った「ありがとう
 私はあっちに戻りたいわ…」
 そして彼女は僕を置いて行った
 ブランコに乗りに…

Une demoiselle sur une balançoire
Se balançait à la fête un dimanche
Elle était belle et l'on pouvait voir
Ses jambes blanches sous son jupon noir...

 ブランコに乗ったお嬢さん
 日曜日にご機嫌でゆあーん ゆよーん ゆやゆよん
 彼女はとてもきれいで、僕らは拝ませてもらったよ
 黒いスカートの下の白いあんよを…

Quand elle est descendue,
Moi j'étais plus ému
Je lui ai proposé : "Voulez-vous m'épouser?"
A la mairie du douzième
J'ai dit oui, elle de même
Je l'ai prise par le cou
Par le nez, par le bras
Je lui ai montré le sofa
Mais ça n'l'amusait pas...
Elle m'a dit : "Je vous remercie
Je préfère retourner là-bas..."
Et voilà qu'elle m'a laissé
Pour aller s'balancer...

 彼女が降りてきたとき
 僕はね、とっても感動したんだ
 僕は彼女に申し出た「僕と結婚しませんか?
 12区の区役所で
 僕はウイと言い、彼女もそう言った
 僕は彼女の首を
 鼻を、腕をとった
 僕は彼女にソファーを指し示した
 でもそれは彼女を喜ばせなかった…
 彼女は僕に言った「ありがとう
 私はあっちに戻りたいわ…」
 そして彼女は僕を置いて行った
 ブランコに乗りに…

Une demoiselle sur une balançoire
Se balançait à la fête un dimanche
Elle était belle et l'on pouvait voir
Ses jambes blanches sous son jupon noir...

 ブランコに乗ったお嬢さん
 日曜日にご機嫌でゆあーん ゆよーん ゆやゆよん
 彼女はとてもきれいで、僕らは拝ませてもらったよ
 黒いスカートの下の白いあんよを…

Balançoire1


Et moi je lui criait : "Voulez-vous vous asseoir
Descendez, descendez, c'est assez pour ce soir,
Je vous en pris, je deviens fou
Vous allez vous casser le cou!"
Mais la demoiselle sur la balançoire
Riait, riait et montait de plus belle
Elle était belle et j'ai pu la voir
Qui s'envolait pour toujours dans le ciel... 注5

 そして僕は彼女に向かって叫んだ「座ったらどうなの
 降りてらっしゃい、降りて、今夜はもういいだろ、
 お願いだよ、僕は気が狂いそうだ
 首を痛めるよ!」
 でもブランコに乗ったお嬢さんは
 笑って、笑っていた、そしてますますきれいになった
 彼女はきれいだった、そして僕には見えたんだ
 これを限りに空へと飛び去る彼女が…

[注]
1 se balançer「揺れる、ブランコ遊びをする」訳語は中原中也の詩にある擬音語を用いた。 à la fête「祭りで」が本義だが「楽しく、満足して」の意味で用いられる。
2 tout d'un coup「一度に、突然」
3 nougat「ヌガー」砂糖と水飴(みずあめ)を煮詰め、泡立てた卵白またはゼラチンを加えて作った、柔らかいキャンデー。ナッツなどを加えることが多い。「良い物」「武器」「足」「金銭」などの意味の隠語にも用いられる。ここでは「ヌガー」自体とした。
4 femme tronc直訳すると「胴体女」。1932年のアメリカ映画「フリークスFreaks」(監督:トッド・ブラウニングTod Browning)は、奇形の人々が出演するサーカスを描いているが、その中に手足のない女性がいる。
5 pour toujours「永遠に、いつまでも」




Comment:0
2018
02.04

騎馬隊La cavalerie

Julien Clerc La cavalerie


今回はリクエストに応じて、ジュリアン・クレールJulien Clercの「騎馬隊La cavalerie」を。作詞:エティエンヌ・ロダ・ジルÉtienne Roda-Gil、作曲ジュリアン・クレールJulien Clerc。1968年の彼のファースト・アルバム:Julien Clercに収録されています。
原題のcavalerieは、「騎馬隊、騎兵隊」を意味し、この曲では、馬ならぬオートバイに乗った暴走族をそれにたとえています。






La cavalerie 騎馬隊
Julien Clerc ジュリアン・クレール


Quand je vois les motos sauvages
Qui traversent nos villages
Venues de Californie
De Flandres ou bien de Paris

 カリフォルニアから
 フランドルからあるいはパリからやって来て
 僕たちの村を通り過ぎる
 荒々しいオートバイたちを見たとき

La cavalerie1


Quand je vois filer les bolides 注1
Les cuirs fauves et les cuivres
Qui traversent le pays
Dans le métal et le bruit

 金属と騒音に包まれて
 この地を通り過ぎる
 スピードカーたちを
 獣皮たちと金管楽器たちを見たとき

{Refrain :}
Moi je pense à la lavalavalavava cavalerie 注2
Moi je pense à la lavalavalavava cavalerie

 僕はラバラバラババ騎馬隊を連想する
 僕はラバラバラババ騎馬隊を連想する

La cavalerie2


Quand s'éloigne la tourmente
Quand retombe la poussière pesante
Et que sombre le pays 注3
Dans le sommeil et l'ennui

 嵐が遠ざかったとき
 重い塵が舞い戻るとき
 まどろみと倦怠に
 この地が沈み込むとき

Comme dans les films héroïques
Aux moments les plus critiques
Quand tout croule dans ma vie
Quand tout semble compromis

 武侠映画のなかの
 最も深刻な危機の瞬間のように
 すべてが僕の生のなかで崩れ落ち
 すべてが危うく思われる

{Refrain}

Un jour je prendrai la route
Vers ailleurs coûte que coûte 注4
Je traverserai la nuit
Pour rejoindre la cavalerie

 いつか僕はなんとしてでも
 他の地へと向かうんだ
 宵闇を越えて行くんだ
 騎馬隊に加わるために

La cavalerie3


J'aurai enfin tous les courages
Ce sera mon héritage
Et j'abolirai l'ennui
Dans une nouvelle chevalerie

 僕はついにはすべての勇気を持つんだ
 それは僕が引き継ぐ財産となるだろう
 そして僕は倦怠を一掃するんだ
 あらたな騎馬隊のなかで

{Refrain}

[注]
1 bolide「火の玉」のほか「高速車、レーシングカー」。
2 lavalavalavavaは聞き取って加えたが、馬の足音を表現するオノマトペであろう。
3 queはquandの代用。
4 coûte que coûte「どんな犠牲を払っても」




Comment:0
2018
01.29

アルビノーニのアダージョJ'entends cette musique

France Gall Jentends cette musique


フランス・ギャルFrance Gallが7日に亡くなりました。彼女は私と同い年。幸運な出来事以上に不運な出来事の多かった70年の人生だったようです。
彼女の訃報を聞いてしばらくは何も発信できないでいましたが、今日、この曲を出しましょう、「アルビノーニのアダージョJ'entends cette musique」。独仏伊共作の映画「審判The Trial」(1962年。監督:オーソン・ウエルズOrson Welles。原作:フランツ・カフカFranz Kafka。主演:アンソニー・パーキンズAnthony Perkins)の主題曲です。クラシックの「アルビノーニのアダージョAdagio di Albinoni」すなわち「アダージョ ト短調Adagio in Sol minore」をアレンジしてジャック・ダタンJacques Datinが作曲し、作詞は父親のロベール・ギャルRobert Gall。1964年のアルバム: N'écoute pas les idolesに収録されています。
ちなみに原曲は、レモ・ジャゾットRemo GiazottoがアルビノーニTomaso Albinoniの自筆譜の断片を編曲したと称して出版したので「アルビノーニのアダージョ」と呼ばれていますが、今日では完全なジャゾットの創作であることが判明しています。ギャルの曲の原題は「私はこの音楽を聞く」という意味ですが、この邦題も「アルビノーニのアダージョ」といたしましょう。



J'entends cette musique アルビノーニのアダージョ
France Gall         フランス・ギャル


J'entends cette musique
Cette douce musique
Qui me répète toujours
Il arrivera le jour
Le jour où je l'aimerai 
À la saison de mes amours

 私はこの音楽を聞く
 この快い音楽を
 それはいつも言っている
 私がその人を愛する日が
 その日が来るだろうと
 私の恋の季節に

France Gall2


J'entends cette musique
Cette douce musique
Qui accompagne sans fin
Mon grand amour en chemin
Pour me prendre par le cœur
Et m'emporter vers le bonheur

 私はこの音楽を聞く
 この快い音楽を
 それは私の大いなる恋に道ながら
 いつまでも付いてきて
 私の心をとらえ
 私を幸福に導いてくれることでしょう

Il viendra le temps des baisers
Le temps de nous aimer
Et tous les mots et les secrets
Que je gardais pour toi
Au plus profond de moi
Je te les donnerai

 口づけの時が
 愛し合う時がやってきて
 あなたのためにと
 胸深く秘めていた
 すべての言葉も秘密も
 あなたに捧げることでしょう

France Gall1


J'entends cette musique
Cette douce musique
Qui me répète toujours
Il arrivera le jour
Le jour où je l'aimerai
À la saison de mes amours
À la saison de mes amours

 私はこの音楽を聞く
 この快い音楽を
 それは私にいつも言っている
 私がその人を愛する日が
 その日が来るだろうと
 私の恋の季節に
 私の恋の季節に

[注] Il arrivera以下はcette musiqueがrépèter繰り返し言った内容で、l'aimeraiのleはまだ会わない恋人。3節目では、その人が現実にいると想像してtu「あなた」と言っている。



Comment:0
2018
01.19

ひとつぶの涙Une larme aux nuages

Salvatore Adamo Une larme aux nuages


今回はサルヴァトーレ・アダモSalvatore Adamoの「ひとつぶの涙Une larme aux nuages」です。1968年のアルバム:J'ai tant de rêves dans mes bagagesに収録されています。もう半世紀も前、この邦題で日本でもヒットしましたので、懐かしく思われる方も多いでしょう。
原題のUne larme aux nuagesは、歌詞のなかでは、Accroche une larme aux nuagesすなわち「ひとつぶの涙を雲にかけるんだ」と君に指示する言葉になっています。涙形の宝石のついたネックレスをイメージすると分かりやすいでしょうが、それを雲にぶら下げて、風に運ばせる…。
なんとなくカントリー調だし、ボブ・ディランBob Dylanの「風に吹かれてBlowing In The Wind」(1963年)にも似ている気がします。歌詞に「風」が出てきますし、ちょっと意識して作ったのかもしれませんね。なお、「風に吹かれて」のフランス語版は、2曲ご紹介しています。ユーグ・オーフレイHugues Aufrayの「風に吹かれてDans le souffle du vent」とリシャール・アントニーRichard Anthonyの「風に吹かれてEcoute dans le vent」です。





Une larme aux nuages ひとつぶの涙
Salvatore Adamo    サルヴァトーレ・アダモ


Accroche une larme aux nuages
Et laisse le vent l'emporter
Bergère tu n'es pas très sage
Et le vent me l'a raconté

 一粒の涙を雲にかけるんだ
 そして風に運ばせるんだよ
 羊飼いの娘、君はあまり利口じゃない
 風が僕にそう話してくれた

Une larme aux nuages3-2


Accroche une larme aux nuages
Je la cueillerai au réveil
Je la ferai couler sur ton visage
Et la pluie sera mon soleil

 一粒の涙を雲にかけるんだ
 僕は目覚めたときにその涙を摘むよ
 僕はその涙を君の顔に流すよ
 すると雨が僕の太陽になる

Le vent n'ose plus me parler de toi
Il ne connaît que des refrains sans joies
Il s'est blotti dans le creux de ma main
Pour se cacher en attendant demain

 風はもう君のことを話そうとしない
 風は楽しくない歌しか知らない
 風は僕の手のひらのなかに入り込む
 明日を待ちながら身を潜めるために

Une larme aux nuages1


Accroche une larme aux nuages
Pour que le vent se mette à danser
Je lui donnerai comme gage
De courir te couvrir de mes baisers

 一粒の涙を雲にかけるんだ
 風が踊り始めるために
 僕は風に証しとして示すよ
 急いで君を接吻で覆って

Accroche une larme aux nuages
Et au désert la rose fleurira
Et même si ce n'est qu'un mirage
Elle est si belle que j'y crois déjà

 一粒の涙を雲にかけるんだ
 すると砂漠にバラが咲くだろう
 そしてそれが幻に過ぎなくても
 そのバラは信じていたように美しい

Une larme aux nuages2


Accroche une larme aux nuages
Et laisse le vent l'emporter
Bergère tu n'es pas très sage
Et le vent me l'a raconté ...
Et le vent me l'a raconté ...
Et le vent me l'a raconté ...

 一粒の涙を雲にかけるんだ
 そして風に運ばせるんだよ
 羊飼いの娘、君はあまり利口じゃない
 風が僕にそう話してくれた…
 風が僕にそう話してくれた…
 風が僕にそう話してくれた…


Comment:0
2018
01.08

プレシーの庭Précy Jardin

Barbara seule


バルバラBarbaraは1973年にパリの東30kmのプレシー=シュル=マルヌPrécy-sur-Marneに居を構え、庭いじりも楽しんでいました。「プレシーの庭Précy Jardin」はその庭のことを歌った曲で、1981年のアルバム:seuleに収録されています。



Précy Jardin プレシーの庭
Barbara    バルバラ


Précy,
Oh, jardin de Précy,
Précy,
Oh, que j'aime tes soirs de mélancolie,
Mélancolie.
Jardin
A ciel ouvert,  注1
Jardin,
Est-ce déjà le paradis ?

 プレシー、
 おお、プレシーの庭、
 プレシー、
 おお、あなたの憂鬱な夕べが大好きよ
 憂鬱。
 庭って
 露天の、
 庭って、
 もう天国じゃない?

Précy jardin2


Précy,
Oh, que j'aime t'attendre, le soir, à Précy,  注2
Silence.
Juste le clocher qui sonne minuit,
Les oiseaux de soie qui se glissent
Près des pivoines endormies
Et les glycines qui frémissent.
Jardin,
Oh, jardin de Précy,
Oh, ma merveille,
Oh, mon pays,
Suis-je déjà en paradis ?

 プレシー
 おお、あなたを待つことがどんなに好きか、夕べに、プレシーで
 静寂を。
 ちょうど鐘の音が真夜中を告げる時、
 眠っている牡丹のかたわらに
 忍び込む絹のような鳥たち 
 そしてそよめく藤。
 庭、
 おお、プレシーの庭、
 おお、私の驚異、
 おお、私の国、
 私はもう天国にいるの?

Précy jardin1


Précy,
Bien sûr, un jour, je m'en irai d'ici
Plus loin,
Là-bas, vers un autre pays 注3
Mais, si je peux vouloir quelque chose,
Oh, j'aimerais savoir que fleurissent mes roses
A ciel ouvert
Pour ceux qui s'aiment,
A ciel ouvert,
Que tu deviennes,

 プレシー、
 もちろん、いつか、私はここから出て行く
 もっと遠くへ、
 向こうに、別の国へ
 でも、もし私が何か望めるのなら、
 おお、私のバラたちが咲いているのを知りたいわ
 露天で、
 愛し合う者たちのために、
 露天で、
 あなたになってもらいたいわ、

Précy jardin5


Un square,
Un square,
Joli,
Tout petit, petit,
Un square,
Qui deviendrait le paradis
Pour tous les enfants
De Précy.
Oh, mon cher jardin,
Précy,
Oh, ma merveille,
Mon Précy jardin...

 公園に、
 すてきな、
 とっても小さな、小さな
 公園に、
 それは天国になるわ
 プレシーの
 すべての子どもたちのための。
 おお、私の愛する庭、
 プレシー、
 おお、私の驚異、
 私のプレシーの庭…

[注]
1 à ciel ouvert「露天で」
2 jardin「庭」に「あなた」と呼びかける歌詞だが、t'attendreのteは、次行のsilence「静寂」。
3 「あの世」へ行くことを想定しているようにもとれる。


Précy jardin3






Comment:2
2018
01.01

それなのにEt quand bien même

Jane Birkin Amours des feintes


今回は、ジェーン・バーキンJane Birkin「それなのにEt quand bien même」(作詞・作曲:セルジュ・ゲンズブールSerge Gainsbourg)。1990年にシングル盤とアルバムAmours des feintesに収録されました。2002年のアルバム:アラベスクArabesqueにも入っています。
タイトルのquand (bien) mêmeは、「そうした状況や条件に関わらず」といった意味で、歌詞では「あなたは私を愛すでしょう」といった表現が続きます。1980年にジェーンはゲンズブールと別れましたが、その後も、この曲の1年後の1991年にゲンズブールが亡くなるまで仕事上の協力関係は続いていました。歌詞は二人の関係と重なるようです。
一種の雰囲気効果がねらいでしょうか、ロートレアモン伯爵の「マルドロールの歌」が出てきます。エドガー・アラン・ポーEdgar Allan Poeの作品のキーワードも出てきます。また、脚韻がMaldororの語尾のor、そしてmeの2種類だけだということ、meの音が多いということも、この曲の独特のエロティシズムを支えているようです。「ラ・ジャヴァネーズLa Javanaise」の記事にもそんなことを書きましたね。ゲンズブールの言葉遊びは結構深いです。



Love fifteenという曲があとに入っている動画です。



Et quand bien même それなのに
Jane Birkin       ジェーン・バーキン


Et quand bien même
Tu m'aimerais encore
J'me passerai aussi bien de ton désaccord
C'est l' mêm' dilemne
Entre l'âme et le corps
Comme un arrièr' goût de never more 注1
Lautréamont les chants d' Maldoror 注2
Tu n'aimes pas moi j'adore

 それでもやはり
 あなたはまだ私を愛すでしょう
 私はあなたの不一致なところも受け入れる
 それは魂と体の関係と
 同じジレンマよ
 「二度とない」という言葉の後味のように
 ロートレアモンのマルドロールの歌
 あなたは好きじゃないけど私は大好き

Nevermore2.jpg


Et quand bien même
Tu m' pass' rais sur le corps 注3
Je ne me sens plus de faire aucun effort
C'est l' théorème
De tous les anticorps
Un problèm' de rejet ou d'accord
Lautréamont les chants d' Maldoror
Tu n'aimes pas moi j'adore

 それでもやはり
 あなたは私を踏み台にするでしょう
 私は何らかの努力をしている気がもうしない
 それは定理よ
 あらゆる抗体のね
 拒絶か同意かの問題よ
 ロートレアモンのマルドロールの歌
 あなたは好きじゃないけど私は大好き

Et quand bien même
Je me lève aux aurores
Et je fais les cents pas dans le corridor
Les chrysanthèmes
Sont des fleurs pour les corps
Refroidis ça t' va bien quand tu dors
Lautréamont les chants d' Maldoror
Tu n'aimes pas moi j'adore

 それでもやはり
 私は夜明けに起きる
 そして廊下を百歩歩く
 菊は
 冷たくなった体のための花で
 あなたが眠っているとき、あなたに似合うわ
 ロートレアモンのマルドロールの歌
 あなたは好きじゃないけど私は大好き

Maldoror.jpg


Et quand bien même
Tout se voile dehors 注4
Je me guiderai sur l'étoile du Nord 注5
Rompre les chaînes
Sans souci de son sort
S'éloigner des regrets et remords
Lautréamont les chants d' Maldoror
Tu n'aimes pas moi j'adore

 それでもやはり
 満帆を掲げ出発よ
 私は北極星に導かれて進むわ
 鎖を断ち切り
 運命を気にせず
 後悔や悔恨から遠ざかるのよ
 ロートレアモンのマルドロールの歌
 あなたは好きじゃない 私は大好き

Et quand bien même
Tu m'aimerais encore
J'me passerai aussi bien de ton désaccord
C'est l' mêm' dilemne
Entre l'âme et le corps
Comme un arrièr' goût de never more
Lautréamont les chants d' Maldoror
Tu n'aimes pas moi j'adore

 それでもやはり
 あなたはまだ私を愛すでしょう
 私はあなたの不一致なところも受け入れる
 それは魂と体の関係と
 同じジレンマよ
 「二度とない」という言葉の後味のように
 ロートレアモンのマルドロールの歌
 あなたは好きじゃないけど私は大好き

[注]
1 arrière-goût「後味、事後の思い」。Nevermore「二度とない」は、エドガー・アラン・ポーEdgar Allan Poeの物語詩「The Raven(大鴉)」のなかで大鴉が主人公に繰り返し語る言葉。主人公は、死んだ恋人を忘れたい欲求と忘れたくない欲求との狭間の葛藤のなかでこの言葉を聞き続けるうちに次第に精神が崩壊し、最後には発狂し、自身がNevermoreと叫ぶ事しかできなくなる。→ウィキペディアの記事
2 les chants d' Maldoror「マルドロールの歌」19世紀の詩人ロートレアモン伯爵Le Comte de Lautréamont(本名:イジドール・リュシアン・デュカスIsidore Lucien Ducasse)の代表作。1868年、1869年に発表。マルドロールは、残虐な行為を続けながら変身を繰り返す、悪の化身のような人物。死後に再評価されシュルレアリスム文学に大きな影響を与えた。
3 passer sur le corps(ou le ventre) de qn.「…を踏み台(犠牲)にして目的を達する」
4 voile dehors「「帆を張った」(成句)toutes (les) voiles dehors「満帆を掲げて、大急ぎで、あらゆる手段を用いて」。ここではse voilerという代名動詞を用いている。
5 étoile de Nord=étoile polaire「北極星」



Comment:0
2017
12.24

青春の過ぎ去りし今Maintenant que la jeunesse

Marc Ogeret chante Aragon


今回は、ルイ・アラゴンLouis Aragonの詩を歌詞とした「青春の過ぎ去りし今Maintenant que la jeunesse」です。以前、この曲の既存の日本語歌詞が原曲の内容とあまりにも違っていて残念だというコメントをいただき、訳してみましょうとお返事しました。お待たせしましたが、やっと出します。
アコーディオン奏者のリノ・レオナルディLino Léonardiが作曲し、その妻のモニック・モレリMonique Morelliが創唱し、1966年のアルバム:Aragon. 12 Chansons inédites de Léonardiに収録されました。続いてマルク・オジュレMarc Ogeretが歌い、1967年のアルバム:Marc Ogeret chante Aragonに収録されました。そのアルバムはCDとして再版され、86年にディスク大賞を受賞しました。
「過ぎ去りし青春の日々」という邦題の日本語歌詞で歌われていますが、原曲は、青春が過ぎ去ったあとのmaintenant「今」がテーマで、その「今」は、非常に晴れやかであるというのです。けっして、過ぎ去った青春を惜しんでいるのでもないし、若さを失った今を嘆いているのでもありません。



モニック・モレリMonique Morelli



イザベル・オーブレIsabelle Aubret



Maintenant que la jeunesse 青春の過ぎ去りし今
Marc Ogeret          マルク・オジュレ


Maintenant que la jeunesse 注1
s'éteint au carreau bleui
Maintenant que la jeunesse
machinale m'a trahi

 青ざめた窓ガラスに
 青春が消えゆく今
 こころない青春が
 僕を裏切った今

Maintenant que la jeunesse
t'en souviens-tu souviens-t-en
Maintenant que la jeunesse
chante à d'autres le printemps
Maintenant que la jeunesse
Détourne ses yeux lilas

 青春が
 君はそれを思い出すだろ 思い出すだろ 今
 青春が
 ほかの者たちに春を歌う今
 青春が
 リラの花の色の目を逸らす今

Louis Aragon20


Maintenant que la jeunesse
n'est plus ici n'est plus là
Maintenant que la jeunesse
vers d'autres chemins légers
Maintenant que la jeunesse
suit un nuage étranger

 青春が
 もはやここにもどこにもない今
 青春が
 手軽な道へと今
 青春が
 知らない雲について行く今

Maintenant que la jeunesse
a fui , voleur généreux
me laissant mon droit d'aînesse 注2
et l'argent de mes cheveux 注3
Il fait beau à n'y pas croire 注4
Il fait beau comme jamais

 青春が
 太っ腹の詐欺師が
 僕に長子相続権と
 銀貨の色の髪を残して逃げ去った今
 とても信じられないほどに晴れやかだ
 かつてないほどに晴れやかだ

Quel temps quel temps sans mémoire 注5
on ne sait plus comment voir
ni se lever ni s'asseoir
Il fait beau comme jamais

 なんという天気 なんという天気 すべて忘れ
 どうして見たらいいのか
 起き上がればいいのか座ればいいのかももう分からない
 かつてないほどに晴れやかだ

Louis Aragon10


C'est un temps contre nature 注6
comme le ciel des peintures
comme l'oubli des tortures
Il fait beau comme jamais

 自然の摂理に反する天気だ
 絵に描かれた空のようだ
 責め苦の忘失のようだ
 かつてないほどに晴れやかだ

Frais comme l'eau sous la rame
un temps fort comme une femme
un temps à damner son âme 注7
Il fait beau comme jamais

 舟の櫂の下の水のように新鮮な
 女性のように頼もしい季節だ
 身を滅ぼすほど夢中にさせる季節だ
 かつてないほどに晴れやかだ

Un temps à rire et à courir
un temps à ne pas mourir
un temps à craindre le pire
Il fait beau comme jamais

 笑うべき 走るべき時だ
 死になどしない時だ
 最悪のことを厭う時だ
 かつてないほどに晴れやかだ

[注] 
1 Maintenant que...「…した今は、今では…だから」。「…」である「今」の状態が前提・原因とされ、現状・結果を示す部分があとに続く形で用いられる表現。歌詞中はla jeunesseのふるまいがさまざまに表現され、歌詞の後半に、Il fait beauなど現状を表す表現が出てくる(注4)。なお、タイトルは、前提部分の主語la jeunesseのあとは示されない形なので「過ぎ去りし」を補って邦題とした。
2 droit d'aînesse「長子(相続)権」
3 argentは「金銭」の意味とcheveux d’ argent「銀髪」の「銀」をかけている。
4 Il fait beau以下は前提部分のMaintenant que...(注1)にともなう現状を表す表現となる。à n'y pas croire「信じられないような」。次行のcomme jamaisは「かつてないほどの」
5 tempsには「天気」の意味のほか「時」「時代」「季節」「(人生の)時期」など多様な意味がある。Il fait beauとあるので「天気」としたが、時期的な意味も含んでいると思われ、一部、訳語を変えてみた。
6 contre nature「自然の摂理に反した」
7 damnerの本義は「地獄に落とす、劫罰に処する」だが、このdamner son âmeは「身を滅ぼすほど夢中にさせる」という意味合い。





Comment:2
2017
12.15

ロンドンに雨が降るIl pleut sur London

Sylvie Vartan Il pleut sur London


今回は、シルヴィー・ヴァルタンSylvie Vartanの「ロンドンに雨が降るIl pleut sur London」です。作詞:ディディエ・バルブリヴィアンDidier Barbelivien、作曲:ジョルジュ・ルイ・ルンギーニGeorges Louis Lunghini / レイモン・ジョルジュ・ドネRaymond Georges Donnez。1989年のアルバム: Confidansesに収録。
1960年代後半、アメリカでヒッピー達が起こした従来の価値観を覆すムーブメントが世界に広がって行きました。その頃、イギリスではビートルズが活動していました。この曲にはジョン・レノンJohn Winston Ono Lennonが出てきます。またフランスではイエイエyéyéと呼ばれるポップスが流行していました。若き日のシルヴィー・ヴァルタンもその旗手のひとり。
私(フランス人?)は雨のロンドンを歩きながら、そんな時代を懐かしみます。哀愁のあるとてもステキな曲です。



Il pleut sur London ロンドンに雨が降る
Sylvie Vartan    シルヴィー・ヴァルタン


Il pleut sur London comme il pleuvait autrefois
J'ai ton téléphone, pourtant je n'appellerai pas
La voix de Lennon chante encore " Instant Karma "  注1
J'ai le cœur qui déconne
C'est sûrement le temps qui veut ça.

 ロンドンに雨が降る 昔降ったのと同じように
 あなたの電話番号は分かっている でもかけない
 レノンの声はまだ「インスタント・カーマ」を歌っている
 私の心はばかなことをつぶやく
 きっと時代がそれを要求するのよ。

Il pleut sur London1


Il pleut sur London et les guitares sont rangées
Vieil électrophone au musée des jeans usés
Que Dieu me pardonne de n'pas savoir oublier
Rêve et révolution de nos jours passés 注2
Longtemps après, que reste-t-il de nos révoltes ?  注3
De l'Ile de Wight, de Carnaby Street, de Woodstock ?  注4
Oh, dis-moi,
Longtemps après, que reste-t-il de cette époque ?
Qui a mis un peu de slow dans ton rock ?

 ロンドンに雨が降り ギターは片づけられた
 博物館の古い電蓄 擦り切れたジーンズ
 神よ忘れることができない私を許して
 過ぎた日々の夢とレヴォリューション
 時を経て、私たちの反抗の何が残っているというの?
 ワイト島での、カーナビー・ストリートでの、ウッドストックでの?
 おお、答えて
 時を経て、この時代の何が残っているというの?
 あなたのロックンロールをちょっとスローにした時代は?

Il pleut sur London
Il pleut sur London....

 ロンドンに雨が降る
 ロンドンに雨が降る

Il pleut sur London2


Il pleut sur London
Mais rien n'a vraiment changé
C'est à Kensington que je t'avais retrouvé  注5
L'Amiral Nelson nous voyait nous embrasser  注6
Drôle de satisfaction, l'amour à l'heure du thé
Longtemps après, que reste-t-il de nos amours
Même en anglais forever n'est pas pour toujours
Oh, dis moi
Longtemps après, que reste-t-il de cette époque ?
Qui a mis un peu de slow dans ton rock ?
Il pleut sur London.....

 ロンドンに雨が降る
 でも何も本当は変わってはいない
 私があなたに再会したのはケンジントンでだった
 ネルソン提督は私たちを見て私たちにキスした
 妙な満足、ティータイムの恋
 時を経て、私たちの恋の何が残っているというの?
 英語のフォーエヴァーは「永久に」ってことじゃない
 おお、答えて
 時を経て、この時代の何が残っているというの?
 あなたのロックンロールをちょっとスローにした時代は?
 ロンドンに雨が降る…

Il pleut sur London3


Longtemps après, que reste-t-il de nos révoltes ?
De l'Ile de Wight, de Carnaby Street, de Woodstock ?
Oh, dis-moi
Longtemps après, que reste-t-il de cette époque ?
Qui a mis un peu de slow dans ton rock ?
Longtemps après, que reste-t-il de nos amours
Même en anglais forever n'est pas pour toujours 注7
Oh ! dis-moi
Longtemps après, que reste-t-il de cette époque?
Qui a mis un peu de slow dans ton rock ?

 時を経て、私たちの反抗の何が残っているというの?
 ワイト島での、カーナビー・ストリートでの、ウッドストックでの?
 おお、答えて
 時を経て、この時代の何が残っているというの?
 あなたのロックンロールをちょっとスローにした時代は?
 時を経て、私たちの恋の何が残っているというの?
 英語のフォーエヴァーは「永久に」ってことじゃない
 おお!答えてよ
 時を経て、この時代の何が残っているというの?
 あなたのロックンロールをちょっとスローにした時代は?

Il pleut sur London4


[注]
1 Instant Karma=Instant Karma! (We All Shine On)「インスタント・カーマ」は、1970年にジョン・レノンJohn Winston Ono Lennonがプラスティック・オノ・バンドPlastic Ono Band名義で発表した最後のシングル曲。ジョン・レノンは東洋思想に傾倒していたことで知られるが、タイトルにある「カルマKarma」は、日本では「業(ごう)」とされるインド哲学の概念。輪廻転生を信じる思想において、現世での行いである「業」が来世での運命の原因とされる。歌詞内容から見ると、原因ではなく結果すなわち 「業」の報いを意味しているようだ。instantという形容詞は「即時に襲いかかってくる」といった意味合いであろう。ヴァルタンが歌っている通り「インスタント・カルマ」と発音したほうがいいだろう。
2 1968年8月にビートルズが発表した18枚目のオリジナル・シングル「ヘイ・ジュードHey Jude」のB面曲は「レヴォリューションRevolution」。ジョン・レノンの作った曲で、12分もの長い曲だったが短くアレンジされて収録された。元々のスロー・ヴァージョンは「レヴォリューション1Revolution1」として、1988年にCDアルバム「パスト・マスターズ Vol.2 Past Masters Volume Two」に収録された。あとに出てくる「ロックンロールをスローにする」という表現は、この曲のことを言っているのかもしれない。
3 que reste-t-il de...というフレーズが繰り返されるが、シャルル・トレネCharles Trenetの「恋の名残は?(残されし恋には)Que reste-t-il de nos amours」を念頭に入れた表現。後で実際に、que reste-t-il de nos amoursも出てくる。
4 l'Ile de Wightミッシェル・デルペッシュMichel Delpech「ワイト・イズ・ワイトWight is wight」参照のこと。
Carnaby Street「カーナビー・ストリート」イギリスロンドンの代表的なファッション通り。Woodstock=Woodstock Music and Art Festival「ウッドストック・フェスティバル」1969年8月15日(金)午後から18日(日)午前にかけての4日間)、アメリカ合衆国ニューヨーク州サリバン郡ベセルで開かれた、ロックを中心とした大規模な野外コンサート。初の大規模な野外コンサート
5 Kensington「ケンジントン」ロンドンのケンジントン・アンド・チェルシー王立特別区Royal Borough of Kensington and Chelseaに属する地区。ジョン・レノン・ドライヴJohn Lennon driveという通りがある。また、ジョン・レノンとジョージ・ハリスンが弾いたギターは、1966年にVOX社がプロトタイプとして製造し、ジョン・レノンに贈られたギターで、通称「ケンジントンKensington」→こちらを参照。
6 L'Amiral Nelson=Horatio Nelson「初代ネルソン子爵ホレーショ・ネルソン」は、アメリカ独立戦争、ナポレオン戦争などで活躍したイギリス海軍提督。アブキール湾の戦いでフランス艦隊を破り、さらにトラファルガー海戦でも、フランス・スペイン連合艦隊を破って勝利した。イギリスの国民的英雄である。ここではトラファルガー広場Trafalgar Squareに聳え立つ「ネルソン記念柱Nelson's Column」を言っているのであろう。
7 英語のforeverはpour toujours「永久に、いつまでも」じゃないと言っているが、仏英辞典ではforeverはpour toujoursである。




Comment:0
back-to-top