FC2ブログ
2020
07.06

なおも信じるためにPour y croire encore

Julie Zenatti


前々回「傷つきやすい心Fragile]をご紹介したジュリー・ゼナッティJulie Zenattiの曲。同じアルバムに収録された「なおも信じるためにPour y croire encore」です。ちょっとわかりにくい歌詞ですが、去って行った恋人に「戻って来て」と言っているのではありません。過去を忘れて先に進もうとする「あなた」に言いたいこと。それは、青春時代を振り返り、進んできた道を確かめることが、これからの自分の道を信じるうえで大切なんだということ。

…だとすると、この動画の映像はまったく相応しくありませんが、ほかに無かったので、tant pis (´・_・`)



Pour y croire encore なおも信じるために
Julie Zenatti      ジュリー・ゼナッティ


Tu avances encore sans même savoir 注1
S'il te reste un bout d'histoire 注2
Et tu fuis tous les miroirs
Tu as peur de te revoir
Au temps béni de tes matins 注3
Quand la vie embrassait tes mains

 あなたはなおも進んでいく
 物語の断片があなたにまだ残っているかどうかさえ知らず
 そしてあなたは鏡をすべて避ける
 あなたは振り返るのが怖い
 人生があなたの両手にキスしてくれた
 あなたの朝である祝福された時代の自分を

Un jour l'amour devient ce messager 注4
Qui fait grandir ton passé
L'épaule fragile de ton destin
N'aura pas porté pour rien 注5
Et moi à l'aube de mon printemps
Je sens tout ça pourtant
Je veux tout ça tellement

 いつか愛があなたの過去を拡大してくれる
 そんなメッセンジャーになるわ
 あなたの運命の華奢な肩は
 無駄に耐えていたことにはならない
 そしてわたしは自分の青春の曙に
 そんなことをすべて感じるけれど
 そんなことをすべてをこんなに望んでいるわ

Julie Zenatti4


Mais pour y croire encore
Il faut des rêves pour devenir
Mais pour y croire encore
Comme cette main qui t'a fait venir 注6
Pour y croire encore
Pour vivre

 でもなおも信じるために
 なりたいと願う夢が必要なのよ
 でもなおも信じるために
 あなたを招いた手とかを
 なおも信じるために
 生きるために

On avance toujours sans même savoir
Où vont courir nos histoires
Ce qui importe dans ton miroir
C'est l'envie de te revoir
Et moi à l'aube de tout mon temps
Je ressens ça tellement 注7
Que l'amour c'est urgent

 私たちははつねに進んでいく
 自分たちの物語がどこへと流れて行くのかも知らずに
 あなたの鏡のなかで大切なのは
 自分を振り返りたいという願望
 そして私は自分の時間の序盤に
 このようにまた感じるの
 愛が緊急に必要だってことを

Julie Zenatti2


Mais pour y croire encore
Il faut des rêves pour devenir
Mais pour y croire encore
Comme cette main qui t'a fait venir

 でもなおも信じるために
 なりたいと願う夢が必要なのよ
 でもなおも信じるために
 あなたを招いた手とかを

Mais pour y croire encore
Pour espérer comme tu respires
Pour y croire encore
Pour y croire encore
Pour y croire encore
Pour vivre

 でもなおも信じるために
 あなたが息がつけるよう願うために
 なおも信じるために
 なおも信じるために
 なおも信じるために
 生きるために

Julie Zenatti3


Un jour l'amour devient ce messager
Qui fait grandir ton passé

 いつか愛があなたの過去を拡大してくれる
 そんなメッセンジャーになるわ

[注] タイトルのy croireのyは、漠然とした状況を表すガリシスムgallicisme、すなわち逐語訳できないフランス語特有の表現。
1 savoir si …「…かどうか知っている」。sans+inf「…せずに」。même「…でさえ」
2 un bout de「少しの…、…の断片」
3 matin人生を一日にたとえた場合の「朝」すなわち「若い頃、昔」
4 ceは「今の、この、その」ではなく、強調して「次のような、そのような」の意味で、qui以下に示される。
5 前未来は緩和表現。pour rien「無駄に、わけもなく」がneで否定されている。
6 cetteは注4と同様。
7 çaは次行のque以下。




Comment:0
2020
06.30

繊細すぎるあなたTrop sensible

Zaz2010.jpg


前回は、ジュリー・ゼナッティJulie Zenattiの「「傷つきやすい心Fragile」でしたが、今回は似た意味合いのタイトルの曲で、ザーズZazの「繊細すぎるあなたTrop sensible」です。「ジュヴーJe veux」「ポール・コトンPort coton」「通行人Les passants」 「妖精La fée」「夜に目が眩みÉblouie par la nuit」と同じく2010年のファースト・アルバム「モンマルトルからのラブレター ZAZ」に収録されている曲です。作詞・作曲:イザベル・ジュフロワIsabelle Geffroy(Zaz)。
「繊細すぎるあなた」とは誰のことなのでしょう?歌詞のなかでは「あんた」と訳しましたが、不特定の年下の女の子かな?あるいは、後年の「もしもSi」の明確なメッセージの予兆を見てとるなら、ザーズ自身のことかなと。



Trop sensible 繊細すぎるあなた
Zaz       ザーズ


{Refrain:}
T'es trop sensible, c'est vrai
Et les autres voient pas qui tu es
Trop sensible, je sais
Moi aussi, ça a faillit me tuer(×2)

 あんたはあまりにも繊細ね、まったく
 ほかの人たちはあんたが何者なのか見えていないのよ
 あまりにも繊細ね、分かってる
 私もそう、それって私を殺しかかったわ

Trop sensible3


Tu t'angoisses, tu paniques, t'es en crise
Quand tu te prends en plein cœur 注1
Sans pouvoir l'exprimer tout de suite
C'est trop fort, ça ferait peur
Solitaire, dans ton monde
Tu chantes aux étoiles et câlines la terre
Tu sens notre mère qui gronde 注2
À bout de force, mais ne peut plus se taire 注3
Tu sens la souffrance comme une bombe
Le tic-tac, en sourdine 注4
Les puissants qui nous mènent à la tombe 注5
Et se moquent de notre sort en prime 注6
J'aimerais te dire que ce monde livide finira par se réveiller
Mais j'ai bien peur que ça ne tienne qu'à un fil
Mais rassures-toi, toi tu seras sauvé

 胸いっぱいに抱いた気持ちを
 すぐに言い表せないとき
 あんたは不安になり、パニクッて、危機に陥る
 それはあまりに強くて、怯えさせる
 ひとりっきりで、自分の世界で、
 あんたは星に向かって歌い、大地を撫でる
 力尽きながらももう黙っていられずに
 うなり声をあげるわれらが母なる大地を
 あんたは苦痛を感じる、まるで爆弾みたいに
 かすかなチック・タックを
 私たちを墓へと導き
 おまけに私たちの運命を意に介さない権力者たち
 あんたに言いたいわ、この鈍色の世界はついには目覚めるだろうと
 でも私は恐れるの、それは1本の糸でしかつながっていないんだと
 でも安心して、あんたは救われるわ

{Refrain} (×2)

Avec ta petite gueule d'ange
Tu nous fais voir des masques colorés
Tous ces gens qui te croient innocent
Mais toi, tu voyages dans l'obscurité
Avec ta petite gueule d'ange
Tu laisses croire et ne semble qu'indiquer
Que dans ta tête y'a que des fleurs, des sourires
Des papillons et du sucre vanillé

 天使のようなかわいい顔で
 あんたは色とりどりの仮面を私たちに見せる
 これらの人たちは皆あんたを無邪気だと思い込んでいる
 でもあんたは闇を彷徨っている
 天使のようなかわいい顔で
 あんたは信じさせ、ただ示しているだけ
 あんたの頭の中には花や微笑みや
 蝶々やバニラ味の甘さしかないと

Trop sensible2


Je ressens ta souffrance, je la vois je l'écoute
Être en rage et déçu, c'est normal
Mais ce n'est pas la seule route
C'est à toi d'exprimer ta beauté
D'éclairer de tes yeux
Si autour de toi, rien ne brille
À toi d'être fort et d'y croire pour eux

 わたしはあんたの苦しみを感じるし、見えるし聞こえる
 怒っていて失望していること、それは当たり前よ。
 でもそれが唯一の手立てじゃない
 あんたこそが、あんたの美しさを示さなきゃ
 あんたの目で照らさなきゃ
 もしあんたの周りで、何も輝いていなくても
 あんたこそが強くなって、彼らのためにそれを信じなきゃ

Dans ce monde qui fourmille de fantômes
On t'en fera des croches-pieds 注7
Cherche en toi cette lumière, au cœur
Ton chemin est bien plus beau que ce qui n'y paraît
Ne laisse pas l'ignorance te duper
Ne crois pas à leurs mensonges
Ils te donnent ce qu'ils peuvent, ce qu'ils ont
Existe en toi bien plus que ce que l'on t'a inculqué

 まぼろしで満ちたこの世のなかで
 ひとがあんたに足を引っかけたりしても
 自分のなかにこの光を求めて、心にね
 あんたの道のりは、見かけよりもずっともっときれいだよ
 無知に騙されたりしないで
 彼らのウソを信じないで
 彼らは自分たちに可能なもの、持っているものをあんたにくれるけど
 あんたのなかには人が教え込んだ以上のものがあるんだよ

Trop sensible4


[注]
1 en plein cœur本来は「真正面で、ど真ん中に」「心臓に」の意味で用いられるが、文脈から判断して「胸いっぱいに」とした。
2 notre mère「われらが母」は前行の la terre「大地」の言い換えで「母なる大地」である。 gronderは母が「叱る」という意味合いと大地が「唸る、轟く」の意味合いをかけている。
3 à bout de force「…の限界に、…が尽きて」
4 en sourdine「弱音器をつけた、密かな」
5 puissant「権力者、有能者、全能の神」
6 en prime「おまけの」
7 croche-pied「足掛け」 croche-em-jambe, croche-patteとも言う。




Comment:0
2020
06.25

傷つきやすい心Fragile

Julie Zenatti


ジュリー・ゼナッティJulie Zenattiの「すべての苦悩Toutes les douleurs」を以前ご紹介しましたが、今回はそれと同じアルバムのタイトルトラック「傷つきやすい心Fragile」です。



Fragile      傷つきやすい心
Julie Zenatti  ジュリー・ゼナッティ


On nous apprend dès l'âge tendre
À réagir à nous défendre
Pour moins souffrir
On nous apprend à être fort
À résister au coup du sort
Et à mentir

 ひとは私たちに幼いころに教える
 あまり苦しまないよう
 自分を守るため反発することを
 ひとは私たちに教える、強くなることを
 運命に抵抗することを
 そして嘘をつくことを

Nous surmontons bien des tourments
Mais il nous faut souvent du temps
Pour en guérir

 私たちは苦しみをうまく乗り越える
 だがしばしば私たちには時間が必要となる
 癒されるには

fragile1.jpg


On arrive à sauver la face
À trouver chacun notre place
Côté cœur c'est plus difficile 注1
On reste fragile 注2

 私たちは面目を保ち
 各々が自分の居場所を見つけ得る
 気持ちの面、それはもっと難しい
 私たちは傷つきやすいまま

Même le temps n'y peut rien changer
D'autres larmes en nous sont cachées
Mais pourquoi dîtes-moi faut-il
Qu'on reste fragile ?

 時が何も変え得ないとしても
 私たちのうちにはほかの涙が隠されている
 でもなぜなの教えて
 傷つきやすいままでいなきゃならないの?

fragile3.jpg


Pour un bonheur vite envolé
Faudrait pouvoir un jour trouver
La marche arrière
Chacun de nous joue comme il peut
La comédie des jours heureux
À sa manière

 すぐさま消え去る幸せの代わりに
 いつか見いだせなきゃならない
 前進を
 私たちのそれぞれが、あたうるかぎり
 幸せ な日々の茶番を演じている
 自分なりに

Nous avons beau rire et chanter 注3
Nous faisons tous la traversée
En solitaire...

 笑っても歌っても無駄なこと
 私たちは皆
 孤独にまみえる…

fragile2.jpg


On arrive à sauver la face
À trouver chacun notre place
Côté cœur c'est plus difficile
On reste fragile

 私たちは面目を保ち
 各々が自分の居場所を見つけ得る
 気持ちの面、それはもっと難しい
 私たちは傷つきやすいまま

Même le temps n'y peut rien changer
D'autres larmes en nous sont cachées
Mais pourquoi dîtes-moi faut-il
Qu'on reste fragile ?

 時が何も変え得ないとしても
 私たちのうちにはほかの涙が隠されている
 でもなぜなの教えて
 傷つきやすいままでいなきゃならないの?

Fragile...

 傷つきやすいままで

[注] 
1 côté (話し言葉で)前置詞として「…に関しては」
2 1節目のonは「誰か、ある人」だが、この節ではnous「私たち」。主語がonの場合、動詞・形容詞とも単数形。邦題は「傷つきやすい心」としたが、cœur「心」ではなく「私たち」が「傷つきやすい」ままである。
3 avoir beau+inf.「たとえいくら…しても(無駄である)」。ふつう帰結を示す文を伴う。



Comment:0
2020
06.22

あなたの声を聞けば聞くほどPlus je t'entends

Alain Barrière Plus je tentends


アラン・バリエール Alain Barrièreは1963年に「彼女はとても美しかった(風が連れ去った恋)Elle était si jolie」でユーロヴィジョン・ソング・コンテストのフランス代表になりました。同年にシングル盤をリリースした「あなたの声を聞けば聞くほどPlus je t'entends」は多くの歌手にカヴァーされています。tenten(タンタン)という響きがいいですね。



オードレィ・ド・モンティニィAudrey de Montigny とデュオで



グロリア・ラッソGloria Lasso



ピア・コロンボPia Colombo



ルイス・マリアーノLuis Marianoパトリック・フィオリPatrick Fioriも。

Plus je t'entends  あなたの声を聞けば聞くほど
Alain Barrière    アラン・バリエール


Plus je t'entends, plus je te vois et plus je t'aime 注1
Plus je t'entends, plus j'aime entendre ta voix
Tu dis des mots, encore des mots, toujours les mêmes
Tu dis parfois, tu dis souvent n'importe quoi

 あなたの声を聞けば聞くほど、あなたを見れば見るほど、あなたが愛おしい
 あなたの声を聞けば聞くほど、もっとあなたの声を聞きたくなる
 あなたは言葉を語る、さらに言葉を、いつも同じ
 あなたは時おり語る、あなたはしょっちゅうなんでも語る

Plus je tentends2


Plus je t'entends, plus je te vois et plus je t'aime
Plus je t'entends, plus j'aime entendre ta voix
Tu dis des mots, encore des mots, toujours les mêmes
Tu dis parfois, tu dis souvent n'importe quoi

 あなたの声を聞けば聞くほど、あなたを見れば見るほど、あなたが愛おしい
 あなたの声を聞けば聞くほど、もっとあなたの声を聞きたくなる
 あなたは言葉を語る、さらに言葉を、いつも同じ
 あなたは時おり語る、あなたはしょっちゅうなんでも語る

Plus je t'entends, plus je te vois et plus je t'aime
Tu vois ma vie, ma pauvre vie s'arrête là
Ton souvenir y est gravé, toujours le même
La vie ça tue, ça tue parfois... 注2
Pourquoi ?

 あなたの声を聞けば聞くほど、あなたを見れば見るほど、あなたが愛おしい
 そう、僕の生は、哀れな生はそこにとどまる
 あなたの想い出はそこに刻まれ、ずっと同じ
 それがいのちを殺す、時にはそれが殺すんだ…
 なぜ?

Plus je tentends1


Et je t'entends, et je te vois, toujours la même
Et je t'entends, et je te vois comme autrefois
Tu dis des mots, encore des mots, toujours les mêmes
Tu dis ces mots, mais ce n'est pas n'importe quoi

 そしてあなたの声が聞こえる、そしてあなたが見える、ずっと同じ
 そしてあなたの声が聞こえる、そしてあなたが見える昔のように
 あなたは言葉を語る、さらに言葉を、いつも同じ
 あなたはこれらの言葉を語る、けれどそれはなんでもいいって訳じゃない

Plus je t'entends, plus je te vois et plus je t'aime
Tu vois ma vie, ma pauvre vie s'arrête là
Parce que ma vie n'est que ma vie et que je t'aime
Parce que mon cœur n'est que mon cœur
Il est à toi

 あなたの声を聞けば聞くほど、あなたを見れば見るほど、あなたが愛おしい
 そう、僕の生は、哀れな生はそこに留まる
 僕の生は僕の生でしかなく、僕はあなたを愛しているから
 僕の心は僕の心でしかないから
 それはあなたのものなんだ

Plus je tentends3


Et puis ces mots, jamais ces mots ne sont les mêmes 注3
Car c'est ta voix qui les redit, ta voix
Et puis ces mots, jamais ces mots ne sont les mêmes
Car c'est ta voix qui les redit... ta voix !

 そしてまたこれらの言葉は、決してこれらの言葉は同じではない
 それを再び語るのはあなたの声だから、あなたの声だから
 そしてまたまたこれらの言葉は、決してこれらの言葉は同じではない
 それを再び語るのはあなたの声…あなたの声だから!

[注]
1 plus..., plus(moin)...「…が多ければ多いほどなお…が多い(少ない)」。ここでは前提のplusが二つ重ねられ、et plusと結果が述べられる。
2 çaがla vieをtue殺す。çaは具体的には前行のton souvenir。「あなた」はもういない。
3 想い出にすぎないこれらの言葉は同じものではない。あなたが再び語ってくれないとならない。



Comment:0
2020
06.19

ガスパールGaspard

Georges Moustaki Joseph


ジョルジュ・ムスタキGeorges Moustakiの「ガスパールGaspard」は、ポール・ヴェルレーヌPaul Verlaineの1881年の詩集「叡智Sagesse」のなかの「わたしはおとなしい孤児としてJe suis venu calme orphelin」の詩にムスタキが曲をつけたものです。
カスパー・ハウザーKaspar Hauser(1812年?-1833年)と名乗る16歳くらいの少年が、1828年にニュールンベルグで、言葉も話せない孤児として見いだされました。市当局の保護下で法学者、神学者、教育学者たちによりさまざまな検査や教育が試みられて、彼が長期にわたり孤独な状態で地下の監獄に囚われていたらしいこと、特異な感覚能力の持ち主であることなどが判明し、たいへん注目を集め、彼の出自に関してさまざまな憶測や調査がなされました。彼は謎を残したまま暗殺されますが、彼に関する専門の研究書が複数出版され、文学、楽曲など様々なジャンルでもテーマとして取り上げられました。(参照→ウィキペディア)
Kasparは東方の三博士の1人カスパール(Caspar)に由来する名前で、フランス語ではGaspardに置き換えられます。ヴェルレーヌの詩には「ガスパール・ハウゼルが歌うGaspard Hauser chante 」という題辞がつけられており、最後に「この哀れなガスパールのために祈って」とありますので、曲名は「ガスパールGaspard」とされました。1969年のアルバム:Le Métèqueに収録されています。

ちなみに、「夜のガスパール:Gaspard de la nuit」というラヴェルMaurice Ravelのピアノ組曲は、ルイ・ベルトランLuis Bertrand(雅号:アロイジウス Aloysius )の同名の遺作詩集の3篇の散文詩をもとにして1908年に作曲された曲ですが、この詩集の執筆は1936年(出版は1942年)で、カスパー・ハウザーの事件が知られていた時代です。しかし、このガスパールは別人で、マルセル・カルネMarcel Carnéの1945年の映画「天井桟敷の人々Les enfants du Paradis」の主人公で、ピエロのキャラクターを確立したパントマイムの創始者であるジャン=ガスパール・ドビュローJean-Gaspard Deburau(1796-1846)です。                    



セルジュ・レジアーニSerge Reggiani
 


Gaspard       ガスパール
Georges Moustaki ジョルジュ・ムスタキ


Je suis venu calme orphelin
Riche de mes seuls yeux tranquilles
Vers les hommes des grandes villes
Ils ne m'ont pas trouvé malin...

 僕は無口な孤児としてやって来た
 大都会の人々に向ける
 沈着な両目のみに恵まれて
 彼らは僕を船乗りとは見なかった…
 
Kaspar hauser3


À vingt ans un trouble nouveau
Sous le nom d'amoureuse flamme
M'a fait trouver belles les femmes
Elles ne m'ont pas trouvé beau...

 二十歳になれば新たな厄介事が
 恋の炎の名のもと
 女性たちの美しさを
 僕に見出させる…

Bien que sans patrie et sans roi
Et très brave, ne l'étant guère 
J'ai voulu mourir à la guerre
La mort n'a pas voulu de moi...

 国も王も持たないのに
 しかもいたって勇敢、でもまるでなかったのに
 僕は戦いで死ぬことを望んだ
 死のほうは僕を望まなかった…

Kaspar Hauser1


Suis-je né trop tôt ou trop tard ?
Qu'est-ce que je fais dans ce monde ?
Oh ! vous tous ma peine est profonde
Priez pour le pauvre Gaspard...
...Gaspard

 僕は生まれるのが早すぎたのか遅すぎたの?
 この世で僕は何をしているんだ?
 おお!皆さん、僕の苦しみは深い
 この哀れなガスパールのために祈ってやって…
 …ガスパールのために

[注] ne...guère「あまり…ない」。l'étantのleはその前のtrès brave。


Comment:0
2020
06.14

カーマ・スートラKâmâ Sutrâ

Michel Polnareff Kâma-Sûtra


ミッシェル・ポルナレフMichel Polnareffは約2年半、フランスの田舎町の小さなホテルで隠遁生活を送り、前回ご紹介した「グッドバイ・マリールーGoodbye Marylou」を作った訳ですが、そのあとポルナレフはパリのロイヤルモンソーホテル l'hôtel Royal Monceauに800日以上滞在して「カーマ・スートラKâmâ Sutrâ」を作曲し同名のアルバムを翌1990年にリリースしました。滞在が長引いたのは作曲のためのみならず白内障が進み失明に近い状態だったためでもありました。
この曲は、ポルナレフがホテルのバー:L'Aquariusで歌を録音し、バックバンドはロンドンのアビーロード・スタディオで録音し、ミキシングして作られたそうです。
「カーマ・スートラKâmâ Sutrâ」(サンスクリット語: Kāma Sūtra、कामसूत्र)とは、4世紀~5世紀にヒンズーの聖職者ヴァーツヤーヤナVatsyayanaによって著された古代インドの聖典(性典)です。古来インドでは、ダルマ(法)、アルタ(財)、カーマ(愛)が人生の三大目的とされ、それぞれを追求するための教科書である、ダルマ・シャーストラ、アルタ・シャーストラ、カーマ・シャーストラが複数作られました。「カーマ・スートラ」は1000編におよぶ現存するカーマ・シャーストラのなかで、最も古く重要な文献です。
ポルナレフのこの曲は、「カーマ・スートラ」の内容をモチーフとしているというより、「カーマ・スートラ」に記されたさまざまな体位のまま千年ものあいだ静止している、カジュラーホーKhajuraho寺院群のミトゥナ像Mithunaのイメージに近い気がします。



Kâmâ Sutrâ    カーマ・スートラ
Michel Polnareff ミッシェル・ポルナレフ
 

Quand la poussière aura effacé nos pas
Que la lumière ne viendra plus d'en bas
Ceux qui viendront visiter notre ici-bas
Ne comprendront pas ce qu'on faisait là. 注1

 塵が僕たちの歩みを消し去ったとき
 光が下方からもう届かなくなったとき
 僕たちのこの場所を訪ねて来る人々は
 僕たちがここで何をしていたのか理解しないだろう。

Mais ça ira ah. Ca ira ah.

 でも、それでいいさーあー。それでいいさーあー。

On nous trouvera
Dans les positions 注2
d'Kâmâ-Sutrâ
En se demandant
Ce qu'on faisait là.

 彼らは僕たちを見出すだろう
 カーマ・スートラの
 体位で
 僕たちがそこでしていたことを
 いぶかしみながら。

Mithuna2.jpg


On nous demand'ra
D'où vient d'où l'on va ?
Etcætera
Et on essayera
De savoir pourquoi.

 彼らは僕たちに問うだろう
 どこからきてどこへ行くのか
 などなど
 そして彼らは試みるだろう
 なぜなのかを知ろうと。

On nous expliquera
D'où vient d'où l'on va
Et on essayera
De savoir pourquoi.

 彼らは僕たちに説明するだろう
 どこからきてどこへ行くのか
 そして彼らは試みるだろう
 なぜなのかを知ろうと。

On nous demandera
encore une fois
Des choses auxquelles
on ne repondra pas.

 彼らは僕たちに問うだろう
 もう一度
 僕たちが答えない
 事柄を。

Mais ça ira ah. Ca ira ah.

 でも、それでいいさーあー。それでいいさーあー。

On nous trouvera
Dans les positions
d'Kâmâ-Sutrâ
En se demandant
Ce qu'on faisait là.

 彼らは僕たちを見出すだろう
 カーマ・スートラの
 体位で
 僕たちがそこでしていたことを
 いぶかしみながら。

Mithuna3.jpg


On nous demand'ra
D'où vient d'où l'on va
Etcætera
Et on essayera
De savoir pourquoi.

 彼らは僕たちに問うだろう
 どこからきてどこへ行くのか
 などなど
 そして彼らは試みるだろう
 なぜなのかを知ろうと。

Quand la poussière aura effacé nos pas
On dira de nous tout ce qu'on voudra
Et en parlant de ce qu'on ne connaît pas
On nous dira tout ce qu'on n'était pas.

 塵が僕たちの歩みを消し去ったとき
 彼らは僕たちについて好きなことをぜんぶ言うだろう
 そしてあずかり知らぬことをしゃべりながら
 彼らは僕たちに実際の僕たちと違うことをぜんぶ言うだろう。

Mais ça ira ah.
Mais ça ira ah.
Mais ça ira ah.
Ca ira ah.

 でも、それでいいさーあー。
 でも、それでいいさーあー。
 でも、それでいいさーあー。
 それでいいさーあー

On nous trouvera
Dans les positions
d'Kâmâ-Sutrâ
En se demandant
Ce qu'on faisait là.

 彼らは僕たちを見出すだろう
 カーマ・スートラの
 体位で
 僕たちがそこでしていることを
 いぶかしみながら。

Mithuna1.jpg


On nous demand'ra
D'où vient d'où l'on va
Etcætera
Et on essayera
De savoir pourquoi.

 彼らは僕たちに問うだろう
 どこからきてどこへ行くのか
 などなど
 そして彼らは試みるだろう
 なぜなのかを知ろうと。

[注] 
1 onが何度も出てくるが、ceux「彼ら」を指す場合とnous「僕たち」と指す場合とがあり、文脈で判断して訳した。
2 les positions d'Kâmâ-Sutrâ カーマ・スートラ第2章には体位のリストが記載されている。



Comment:0
2020
06.09

グッドバイ・マリールーGoodbye Marylou

Michel Polnareff Goodbye Marylou


今回は、ミッシェル・ポルナレフMichel Polnareffの「グッドバイ・マリールーGoodbye Marylou」です。1989年にシングル盤がフランスで発売されて大ヒットし、翌90年のアルバム:Kâma-Sûtraにも収録されています。ポルナレフは1985年から1987年にかけて約2年半、スイスとの国境に近いフランスの田舎町のマノワールManoir の小さなホテルl'hôtel Le Manoir de Chaubuissonで隠遁生活を送っていましたが、その間にこの曲を作りました。

ミニテルってご存じでしょうか?フランスで1982年2012年まで普及していた、インターネットの前身のようなビデオテックス用テレテルTeletel 端末のことで、1984年には、従来の電話帳に代わる電話番号検索端末としてモノクロの文字情報のみ表示可能なものが無料で各家庭に配布され、多機能の機種も月極めのレンタルまたは買取で利用可能で、オンラインでの購入、列車予約、株価チェック、電話帳検索、メールボックス作成、チャットなどさまざまに活用されました。 (→参照 ) ミニテルローズminitel rose という出会い系チャットサービスのようなものもあり、この曲はそれがテーマのようです。通信料は一分50円位だったそうで、一晩中やっていたら相当かかったんじゃないでしょうか。
下はそのうちの一つ、3615ULLA



「ハロー・メアリー・ルーHello Mary Lou」(作詞・作曲:Gene Pitney / Cayet Mangiaracina)という似た名前のアメリカの曲があります。1960年にジョニー・ダンカンJohnny Duncanが歌い、翌1961年にリッキー・ネルソンRicky Nelsonが歌いヒットした曲ですが、相手の女の子はこの名前をIDにしたのかな。



Goodbye Marylou   グッドバイ・マリールー
Michel Polnareff   ミッシェル・ポルナレフ


Quand l´écran s´allume, je tape sur mon clavier 注1
Tous les mots sans voix qu´on se dit avec les doigts
Et j´envoie dans la nuit
Un message pour celle qui
Me répondra OK pour un rendez-vous 注2

 ディスプレーが作動すると、僕はキーボードに打ちこむ
 声なしに指で語り合う言葉をすべて
 そして夜間に送る
 ひとつのメッセージを彼女に
 彼女はデートはOKだと僕に返事してくれるだろう

minitel2.jpg


Message électrique quand elle m´électronique 注3
Je reçois sur mon écran tout son roman 注4
On s´approche en multi
Et je l´attire en duo
Après OK, elle me code Marylou 注5

 彼女が僕に電子通信するとメッセージは電気信号で伝わる
 僕はディスプレー上で彼女の物語をすべて受け取る
 多数の人々がたがいに近づき
 僕は彼女を引き寄せてペアになる
 OKのあと、彼女は僕にマリールーとサインを送る

Goodbye Marylou, goodbye Marylou
Goodbye Marylou, goodbye

 グッドバイ マリールー、グッドバイ マリールー
 グッドバイ マリールー、グッドバイ

Quand j´ai caressé son nom sur mon écran
Je me tape Marylou sur mon clavier 注6 
Quand elle se déshabille 注7
Je lui mets avec les doigts
Message reçu OK, code Marylou

 僕はディスプレイ上の彼女の名前を撫でてから
 自分でキーボードにマリールーと打ちこむ
 彼女が現れると
 僕は指で彼女に告げる
 メッセージは受け取ったOKだ、コード:マリールーと

minitel1.jpg


Goodbye Marylou, goodbye Marylou
Goodbye Marylou, goodbye Marylou
Marylou goodbye, Marylou goodbye

 グッドバイ マリールー、グッドバイ マリールー
 グッドバイ マリールー、グッドバイ マリールー
 マリールー グッドバイ、マリールー グッドバイ

Quand la nuit se lève et couche avec le jour 注8
La lumière vient du clavier de Marylou
Je m´envoie son pseudo 注9
Mais c´est elle qui me reçoit
Jusqu´au petit jour, on se dit tout de nous

 夜に起きて日の出とともに眠りにつく
 マリールーのキーボードから光がやってくる
 僕は彼女の分身を迎え入れる
 だが僕を受け入れるのは彼女だ
 早朝まで、僕たちは自分たちのことをぜんぶ語り合う

minitel4.png


Quand l´écran s´allume, je tape sur mon clavier
Tous les mots sans voix qu´on se dit avec les doigts
Et j´envoie dans la nuit
Un message pour celle qui
M´a répondu OK pour un rendez-vous

 ディスプレーが作動すると、僕はキーボードに打ちこむ
 声なしに指で語り合う言葉をすべて
 そして夜間に送る
 ひとつのメッセージを彼女に
 デートはOKだと僕に返事してくれた彼女に

Goodbye Marylou, goodbye Marylou
Goodbye Marylou, goodbye...

 グッドバイ マリールー、グッドバイ マリールー
 グッドバイ マリールー、グッドバイ…

[注]
1 ミニテルのécran「ディスプレー」はCRTディスプレイで、clavier「キーボード」はAZERTY配列。
2 rendez-vous「会う約束、ランデヴー」とは、実際に会うのではなく、ミニテルの出会い系サイトでコンタクトすること。
3 形容詞のélectrique「電気の」とは「電気で動く、電気による、電気を生じる」という意味合いで、électronique「電子の」とは「電子の性質を利用した、電子工学の」という意味合い。électroniqueは「電子工学、エレクトロニクス」の意味の名詞にもなるが、ここでは動詞として用いられ、「電子通信する」の意味。
4 roman「小説、物語」。ここでは、通信で語る内容。
5 codeは「記号、符号」で、coderは「コード化する、暗号化する」の意味だが、ここでは、通信上のIDを示すこと。
6 se taper はさまざまな意味で用いられる。ここではtaperのみと同義として訳した。
7 se déshabillerは「服を脱ぐ」ではないだろう。アルゴ辞典Bobにdéshabiller=regarderとあるので、se déshabiller=se regarder「見られる」で、「姿を現す」意味だと判断した。
8 la nuitがse lèveの主語ではない。coucheともに主語を示すとすればjeあるいはon。
9 pseudo「擬・偽・仮」の意を表す接頭辞だが単独で用いられている。「分身、コピー、アバター」といった意味。s'envoyer「(いやいや)引き受ける」という意味で用いられるが、ここでは、本人そのものではないので残念だというニュアンスか。



Comment:0
2020
05.31

デジャDéjà

Pia Colombo Un soir de mai


前回のピア・コロンボPia Colomboの「五月の夕べUn soir de mai」と同じ盤に入っている「デジャDéjà」という曲にとても惹かれたのですが、歌詞がどうしても見つからず、なんとか自分で聴き取ってみました。元のフランス語歌詞の情報をお持ちの方、コメントください。聴き直して確認できたら訂正いたします。
1965年。作詞・作曲:ジャン=ピエール・ランJean-Pierre Lang / コレット・シュヴロColette Chevrot。 「すでに」という邦題で歌われていますが、バルバラの「ア・ペーヌÀ peine」lの場合と同様、déjà は文脈のなかで働く言葉で、歌詞のなかではさまざまな意味合いで用いられていて、単独では日本語に置き換えにくい言葉なので、原題の仮名書きにいたします。déjà-vuは「既視感」よりも「デジャヴュ」のほうが通じますしね。



Déjà      デジャ
Pia Colombo ピア・コロンボ


Déjà à quoi bon s'étonner, à quoi bon regretter
Quand on sait bien déjà
Que les mots nous trahis
Que les amours finis
Et qu'on est toujour seule, et qu'on est toujour seule, et qu'on est toujour seule

 いまさら動揺して何になる、悔いて何になるの
 すでによく承知しているから
 言葉は私たちを裏切り
 愛は終わったと
 そしてずっとひとりぼっち、ずっとひとりぼっち、ずっとひとりぼっちだと

Déjà il nous faut oublier
Tous ces mots familiers désaprendre déjà
Regarde la tendresse
Au rêve les caresses
Et se retrouver seule, et se retrouver seule, et se retrouver seule

 もう私たちは忘れなきゃ
 この懐かしい言葉をすべてもう忘れ去らなきゃ
 優しさが目に浮かび
 抱擁を夢みる
 そして気がつけばまたひとりぼっち、またひとりぼっち、またひとりぼっち

Déjà1


{Refrain:}
Pourtant pourtant on s'était dit pourtant pourtant
Adieu c'est que s'aime tant
Pourtant pourtant on s'était dit pourtant pourtant
On s'aimera longtemps

 だけどだけど 言い合ったわね だけどだけど
 さよならを それはとても愛し合っているということ
 だけどだけど 言い合ったわね だけどだけど
 ずっと長い間愛し合うだろうと

Déjà je m'éloigne de toi
Je m'en vais pas à pas
À t' oublier déjà
Je ne suis plus qu'une ombre qui chancelle et qui sombre
De se retrouver seule, de se retrouver seule, de se retrouver seule

 もう私はあなたから遠ざかっている
 一歩一歩
 もうあなたを忘れていく
 私はもはや揺れて沈む影にすぎない
 気がつけばまたひとりぼっち、またひとりぼっち、またひとりぼっち

Déjà2


Pourtant pourtant on s'était dit pourtant pourtant
Adieu c'est que s'aime tant
Pourtant pourtant on s'était dit pourtant pourtant
On s'aimera longtemps
Longtemps longtemps longtemps longtemps

 だけどだけど 言い合ったわね だけどだけど
 さよならを それはとても愛し合っているということ
 だけどだけど 言い合ったわね だけどだけど
 ずっと長い間愛し合うだろうと
 ずっとずっとずっとずっと


Comment:0
2020
05.28

五月の夕べUn soir de mai

Pia Colombo Un soir de mai


五月生まれの私。でも今年は誕生日が来たという実感もないうちに、もうすぐ五月は終わります。急いで出しましょう、五月の曲を。ピア・コロンボPia Colomboの「五月の夕べUn soir de mai」です。シャルル・アズナヴールCharles Aznavourの「五月のパリが好きJ'aime Paris au mois de mai」のようなうきうきする曲ではなくて、引きこもりの五月向きかな? 作曲・作詞:モーリス・ファノンMaurice Fanon。1965年にEP盤でリリース。



モーリス・ファノン




Un soir de mai 五月の夕べ
Pia Colombo  ピア・コロンボ


Je me souviens 
D’un soir de mai 
Pas bien longtemps 
Que j’avais mis 
Mes chaussons dans les tiens 
Et ton lit dans le mien 
Un soir de mai 
Déjà couchés 
Fini d’aimer 
Et dans tes bras 
Comme une herbe mouillée 
Je me balançais 

 思い出すわ
 ある五月の夕べを
 そんな昔のことじゃない
 私の上履きをあんたの上履きのなかに置いたのは
 そしてあんたのベッドは私のベッドのなか
 ある五月の夕べ
 もう眠っていた
 情事のあとで
 あんたの腕のなかで
 濡れた草のように
 私はゆらゆらしてた

Un soir de mai1


Deux messieurs 
Sont entrés dans la chambre 
Deux messieurs 
Le chapeau de travers 注1
Deux messieurs 
Sans frapper ils entrèrent 
La botte la première 注2 
La police et son clerc 
Deux messieurs 
Je vois qu’ils te frappèrent 

 二人の男が
 部屋に入って来た
 二人の男
 帽子を斜にかぶって
 二人の男
 彼らはノックもせずに入って来る
 まずは蹴りを入れる
 警官とその手下
 二人の男
 彼らがあんたを殴るのを見る

Et sur tes lèvres 
La dernière baiser
Que tu m’as fait 
Sans m’embrasser 
les menottes aux mains 
et tes yeux dans les miens
Et dans mon cœur
Ce sourire en pleurs
Que tu avais
Quand ils t’ont emmené
Comme un drapeau mouillé
qui se balançait

 そして唇で
 あんたが私にした
 最後のキス
 私を抱かず
 両手に手錠で
 私の目のなかにあなたの目
 私の心のなかに
 あんたの浮かべた
 あの涙ぐんだ微笑み
 彼らがあんたを連れ去ったとき
 揺れる
 びしょ濡れの旗みたいだった私

Des messieurs
Sont entrés dans la danse 注3
Des messieurs
Le regard de travers
Des messieurs
Le robe et la rapière
La croix et la bannière
La sentence et son clerc
Des messieurs
Je crois qu’ils te tuèrent

 男たちが
 ことを始めた
 男たち
 猜疑のまなざし
 男たち
 衣装と長剣
 十字架と旗
 判決とそのしもべ
 男たち
 彼らはきっとあんたを殺す

Un soir de mai2


Si tu en reviens
Oh ! Je te le promets
Je te ferai
Un très beau soir de mai
Mes chaussons dans les tiens
Et ton lit dans le mien
Un soir de mai
Déjà couchés
Fini d’aimer
Et dans tes bras
Comme une herbe mouillée
Je me balancerai.

 もしあんたがそこから戻って来るなら
 おお!私はあんたに約束する
 あんたに用意するわ
 とっても美しい五月の夕べを
 私の上履きをあんたの上履きのなかに
 そしてあんたのベッドは私のベッドのなか
 ある五月の夕べ
 もう眠っていて
 情事のあとで
 あんたの腕のなかで
 濡れた草のように
 私はゆらゆらするわ

{注]
1 de travers「斜めに」ここでは帽子を斜めにかぶっているということだが、2節あとの Le regard de travers「斜めの視線」とは「猜疑のまなざし」の意味。
2 botteは複数の意味がある。「束」「長靴、蹴ること」「(フェンシングの)一突き、不意の攻撃」
3 entrer dans la danse「ダンスに加わる」以外に「(行動に)参加する。(戦闘などを)始める]の意味も。




Comment:0
2020
05.22

上海からバンコックまでDe Shanghaï à Bangkok

Georges Moustaki De Shanghaï à Bangkok


ジョルジュ・ムスタキGeorges Moustaki が作詞・作曲した「上海からバンコックまでDe Shanghaï à Bangkok」は、ムルージMouloudjiが1969年に作った「サンフランシスコの6枚の枯葉Six feuilles mortes de San Francisco」と同様、長く船旅を続けてきた男がパリの恋人のところに戻るという内容ですが、こちらのほうが古いんです。1961年。同名のアルバムに収録されています。
ムスタキの歌詞はたいていは易しくて訳しやすいのですが、これは結構てこずりました。ちょっと長旅をした気分です。



バルバラBarbaraも歌っています。



イヴ・モンタンYves Montand も


De Shanghaï à Bangkok 上海からバンコックまで
Georges Moustaki     ジョルジュ・ムスタキ


De Shanghaï à Bangkok sur une coque de noix 注1
Sydney à Caracas les jours qui passent sans toi 注2
Traînant de port en port l'ennui à bord le bourdon 注3
Je repense au retour dans quelques jours c'est long
C'est pour toi ma jolie que je suis sorti vainqueur
De ces îles perdues où l'on tue où l'on meurt
J'ai jeté par dessus bord tous mes remords ma conscience
Pour sortir victorieux du cap de désespérance 注4

 上海からバンコックまで小舟に乗って
 シドニーからカラカスまで君なしに日々は過ぎ去る
 港から港へと憂鬱を引きずり船上では暗い気持ちを引きずり
 僕はここ数日間をさかのぼって思い返す、それは長かったと
 ひとが殺したり死んだりしたこの辺鄙な島々から
 僕が勝ち残って出て行ったのは可愛い人、君のためだ
 後悔や良心の呵責はすべて船から投げ捨てた
 絶望峰から意気揚々と去るために

World_map1.gif


Je t'avais promis en te quittant
D'aller conquérir un continent
De piller toute la fortune de la terre
Il y en aurait tant qu'on n'en saurait que faire
Je t'avais promis en te quittant
Des pièces d'or pour ton bracelet
Je crois que c'est raté

 君のもとを去るときに約束したね
 大陸を征服しに行くと
 地上のすべての富を奪うと
 やるしかないものがたくさんある
 君のもとを去るときに約束したね
 君のブレスレットのための金のかけらを
 それはうまく行かなかったようだ

De Shanghaï à Bangkok parmi les docks j'ai flâné
Les filles de couleur m'offraient leur cœur à aimer 注5
Quand j'avais trop le noir j'allais les voir et pourtant 注6
C'est toi qui as mon cœur jolie fleur que j'aime tant
En croyant m'enrichir j'ai vu périr mes dollars
Aux dés ou au poker jeux de l'enfer du hasard 注7
Quand le piano à bretelles jouait le fameux air que t'aimais 注8
Je ne suis pas mélomane mais le vague à l'âme me prenait 注9

 上海からバンコックまでドックのあいだを僕はぶらつく
 皮膚の色の違う娘たちは愛してと僕に心を示した
 僕があまりにも暗い気持ちの時には彼女たちに会いに行ったけど
 僕の心を捉えるのは君、僕の愛する美しい花
 リッチになると信じつつ手持ちのカネが消え去るのを見た
 賭博地獄のサイコロやポーカーで
 アコーデオンが僕の好きな有名な曲を演奏しているとき
 僕は音楽マニアじゃないが物悲しい気持ちにさせられる

Shanghaï1


Je t'avais promis en te quittant
De revenir chargé de diamants
De quoi faire pâlir le soleil et la lune
Mais je n'ai que la peau et les os pour seule fortune
Je t'avais promis en te quittant
De pouvoir te mériter
Je crois que c'est raté

 君のもとを去るときに約束したね
 ダイヤモンドを持って帰ると
 それでもって太陽と月を色褪せさせると
 だが僕はなけなしの富として皮膚と骨しか持たない
 君のもとを去るときに約束したね
 君に相応しくなれると
 それはうまく行かなかったようだ

Adieu Shanghaï Bangkok et ma défroque de marin
Car la prochaine escale c'est le canal Saint-Martin 注10
Je n'aurai pour merveille qu'un peu de soleil dans les mains
Mais quand on se retrouvera
Le bonheur qu'on se paiera
Vaudra bien quelques millions de carats
Et je crois que nous serons bien assez riches comme ça

 さらば上海よバンコックよ、そして船乗りの古着よ
 なぜなら次の港、それはサン=マルタン運河だから
 僕は素晴らしいものとしては両手にわずかの陽光しか持たないだろう
 だが僕たちが再会するとき
 僕たちが享受するしあわせは
 何百万カラットにも匹敵するだろう
 そうして僕たちはすごくリッチになるだろうさきっと

Shanghaï2


[注]
1 coque de noix「クルミの殻」とは「小舟」のこと。
2 Caracas 「カラカス」オーストラリアニュー サウスウェールズ州の州都 南米ベネズエラの首都
3 à bord「船上で」bourdon は「巡礼杖」「マルハナバチ」の2義があり、後者はavoir le bourdonの俗語の熟語で「気がめいっている」の意味で用いられる。
4 cap de désespéranceはcap de Bonne₋Éspérance「喜望峰」に対峙させた造語。「絶望峰」と訳しておく。
5 de couleur「(白人ではない)有色人種の」
6 noir「陰鬱な思い」
7 dé「さいころ」。 jeux de l'enfer du hasardは、jouer un jeu d'enfer「大ばくちを打つ」およびjeu de hasard「運勝負、賭博」を合わせたような表現。
8 piano à bretelles「ポータブル・ピアノ」とは、accordéon「アコーデオン」のこと。
9 vague女性名詞は「波」。男性名詞は「あいまい、どっちつかず」。avoir du vague à l'âme「物憂い心地である」
10 le canal Saint-Martin「サン=マルタン運河」はパリ市内を流れる運河。



Comment:0
back-to-top