FC2ブログ
2020
01.17

別れの挨拶Ma révérence

Véronique Sanson 7ème


Veronique Sansonの「別れの挨拶Ma révérence」は、ヴェロニク・サンソン自身が作詞・作曲し、シングル・リリースされた後、1979年の7枚目のアルバム:7èmeに収録されています。ヴェロニクは当時、夫のスティーヴン・スティルスStephen Stillsと1976年に離婚し、その後10年くらいものあいだ、アメリカの裁判所で息子の親権をめぐって厳しい法廷闘争を続けていました。当時まだ30歳くらいで書いたのに人生がもう終わってしまったかのようなこの曲の歌詞にはそうした背景があるわけですが、歌詞内容が分からなくても、メロディーやヴェロニクの歌唱の魅力でこの曲が好きになる人が多いようです。 実は私、このタイトルの適切な訳語が見つからず、既成の邦題も見当たらず、しばらくアップできないでいました。révérenceは、英語でcurtsy (curtsey, courtesy)と言われる 「片膝を折って身を屈めておこなうお辞儀や挨拶」を意味し、歌詞中ではtire sa révérence (à qn.)という熟語の形で用いられています。これは「(…に)大仰な挨拶をする」という意味ながら逆説的に「(…と)そそくさと別れる」と意味でも用いられます。いずれにせよ、去りゆくものといさぎよく訣別するという自らの態度を示しているのです。セルジュ・ゲンズブールSerge Gainsbourgの
Je suis venu te dire que je m'en vaisの邦題が「手ぎれ」なら、こちらはもうちょっと上品に「袂別」(べいべつ:袂を別つこと)としたかったのですが、分かりにくいかなと思い、より直訳的で平明な「別れの挨拶」といたしました。



Ma révérence    別れの挨拶
Veronique Sanson ヴェロニク・サンソン


Quand je n’aurai plus le temps
De trouver tout le temps du courage
Quand j’aurai mis vingt ans
À voir que tout était mirage
Je tire ma révérence
Ma révérence

 常に勇気を見出せる
 時間がもう私に無くなった時
 すべてが幻想だったと知るのに
 わが青春を費やした時
 私は別れの挨拶をする
 別れの挨拶を

Quand mon fils sera grand
Qu’il n’aura plus besoin de moi
Quand les gens qui m’aimaient
Seront emportés loin de moi
Je leur tire ma révérence
Ma révérence

 私の息子が大きくなり
 もう私を必要としなくなる時
 私を愛していた人たちが
 私から遠くに
 去ってしまう時には
 私は彼らに別れの挨拶をする
 別れの挨拶を

Véronique Sanson2


Et ma vie
Endormie
Doucement
Et mon cœur sera froid
Ne saura même plus s’affoler
Il ne deviendra qu’une pauvre horloge à réparer
Il n’aura plus de flamme
Il n’aura plus de flamme
Il n’y aura plus de femme

 そして私の人生は
 静かに
 まどろみ
 私の心は冷えて
 取り乱しもしなくなるだろう
 心は哀れな壊れた時計にしかならないだろう
 心はもう情熱の炎を持たず
 心はもう情熱の炎を持たず
 もう女たる性もなくなるだろう

Et mes amis fidèles
Auront disparu un par un
Trouvant que j’étais belle
Que j’aurai bien fait mon chemin 注1
Alors j’aurai honte de mes mains 注2
J’aurai honte de mes mains

 そして私の忠実な友たちは
 ひとりまたひとりと去るだろう
 私がかつては美しかったと
 花道を行ったと認めつつ
 そのとき私はみずからの所業を恥じる
 私はみずからの所業を恥じる

Véronique Sanson1


Quand je n’aurai plus le temps
De trouver tout le temps du courage
Quand j’aurai mis vingt ans
À voir que tout était mirage
Alors j’entends au fond de moi
Une petite voix
Qui sourd et gronde 注3
Que je suis seule au monde

 常に勇気を見出せる
 時間が私にもう無くなった時
 すべてが幻想だったと知るために
 わが青春を費やした時
 その時、心の奥から
 小さな声が聴こえる
 それは湧きあがりとどろく
 私がこの世でひとりぼっちなんだと

[注]
1 faire son chemin「出世街道を行く。進展する」
2 avoir honte de qc.「…が恥ずかしい」。mains「手」とは、自らのおこなった事柄を意味する。
3 sourdは形容詞の「耳の聞こえない」ではなく、動詞のsourdre「湧き出る、漏れ出る」の三人称単数現在形。



Comment:0
2020
01.12

シンプルな言葉Ces mots simples

Vanessa Paradis Les sources


正月早々、暗い曲を続けてしまいましたので、今回は優しい暖かい曲を。ヴァネッサ・パラディVanessa Paradisの「シンプルな言葉Ces mots simples」です。2018年に7枚目のアルバム:Les sourcesの先行シングルとしてリリース。作詞・作曲は、夫で映画監督のサミュエル・ベンシェトリSamuel Benchetritとされますが、彼女の下書きを手直ししたという情報もあります。
ces mots simplesとは具体的に何なのかは、歌詞の最後に示されます。Je t'aime.「あなたを愛してる。」という言葉。ジュテームと仮名書きしても充分通じますね。乱発されたりもするし、なかなか言えなかったりもする…。バルバラBarbaraの「愛していると言えなくてJe ne sais pas dire」は、それが言えないからピアノで言うわ、という内容でしたね。原題はただ「言えない」という意味なのに、「愛していると」を加えた邦題はちょっとヤボかな?



Ces mots simples  シンプルな言葉
Vanessa Paradis  ヴァネッサ・パラディ


J'ai quelques mots à te dire
Des mots simples à te dire
On les entend souvent
Dans les films chez les gens
J'ai déjà dit ces mots simples
On y croyant ou en feinte
La première fois enfant
À moi-même de temps en temps

 あなたに言いたい言葉があるの
 あなたに言いたいシンプルな言葉が
 映画のなかや人々の家で
 よく耳にするし
 私も言ったことがあって
 ひとは信じたり信じる振りをしたり
 最初は子供のころ
 時々は自分に

Ummmm hummmm ummm
Ummm hummmm ummmm

Vanessa Paradis 2


Ces mots simples
Pour te les dire
Je voudrais que tout soupir
Disparaisse dans ce vent
Que l'hiver soit aux amants
Je voudrais pour dire ces mots
Avoir inventé ces mots
Qu'on me les dise chaque fois
En ne pensant qu'à toi

 このシンプルな言葉を
 あなたに伝えるために
 ため息がぜんぶ
 この風に乗って消え去って
 冬が恋人たちのためのものになるといいな
 この言葉を言うために
 この言葉を作り出してくれて
 ひとがいつも私に教えてくれるといいな
 あなたのことだけを思っているけれど

Ummmm hummmm ummm
Ummm hummmm ummmm

Vanessa Paradis3


Tout simplement dire ces mots
Il faut renaître de sa peau
Oublier qu'on fut avant
Pour d'autres un peu tremblants
Ces mots simples qui font frémir
Et certains autres mourir
Je te les donne à présent
C'est mon cœur, c'est mon sang

 この言葉をずばりシンプルに言うわ
 殻を破って生まれ変わらなきゃ
 私たちの過去を忘れなきゃ
 びくびくしてるほかの人たちにとって
 このシンプルな言葉は身震いさせるし
 ほかのひとたちを死なせたりする
 今、あなたに捧げるわ
 これは私の心、これは私の血よ

Ummm hummmm ummmm
Ummm hummmm ummmm

Je t'aime.

 ジュテーム


Comment:0
2020
01.06

雨のランデヴーRendez-vous sous la pluie

Jean Sablon Vous qui passez sans me voir


「雨の日に、来ない女性を待つシャンソン」と言ったらまず思い浮かぶのはティノ・ロッシTino Rossiの「小雨降る径Il pleut sur la route」(1934年)ですが、ジャン・サブロンJean Sablonの「雨のランデヴーRendez-vous sous la pluie」もしかり。日本語の「ランデヴー」は実際に会うというニュアンスですが、原語のRendez-vousはただ「会う約束」だけの意味。デートの約束をしたのに彼女はやって来なくて雨の中で待ち呆けて風邪を引いてしまうという、家で待っているティノ・ロッシよりももっと気の毒なお話です。サルヴァトーレ・アダモSalvatore Adamoの「雪が降るTombe la neige」だって、窓の外の雪を見ている分にはこれほど寒くないでしょう。代表曲「去りゆく君Vous qui passez sans me voir」と同様、1936年に彼のためにシャルル・トレネCharles Trenetが作詞した曲で、作曲はジョニー・ヘスJohnny Hess。同じアルバム:Vous qui passez sans me voirに収録されました。




ジャンゴ・ラインハルトDjango Reinhardtと



Rendez-vous sous la pluie 雨のランデヴー
Jean Sablon          ジャン・サブロン


{Refrain :}
Pourquoi m'avoir donné rendez-vous sous la pluie, 注1
Petite aux yeux si doux, trésor que j'aime ?
Tout seul comme un idiot, j'attends et je m'ennuie
Et je me pose aussi quelques problèmes.
Pourtant on s'est connu par une claire nuit.
Le ciel était si pur, la mer si belle !...
Oui mais soudain voilà, tout est sombre aujourd'hui,
Pourquoi m'avoir donné rendez-vous sous la pluie

 なぜ僕に雨降りのランデヴーを約束したの
 とっても優しい目をしたかわいい人、僕の愛するだいじな人?
 バカみたいにひとりぼっちで、僕は待っていてうんざりして
 分からないことをいろいろ自問したりする。
 けど僕たちはある晴れた夜に知り合ったよね。
 空はとても澄み渡り、海はとても美しかったよね!…
 そう、でも突然こんなことに、今ではすべてが陰鬱だ、
 なぜ僕に雨降りのランデヴーを約束したの

Rendez-vous sous la pluie1


J'ai mes chaussettes
Qui font trempette. 注2
J'ai des frissons.
De la tête aux talons
Et, dans la brume,
J'attrape un rhume.
Combien d'garçons sont-ils morts de cett' façon ?
Mais pourquoi ?...
Mais pourquoi ?...
Ninon ? 注3

 履いた靴下に
 雨水が浸みてくる
 がたがた震える。
 頭からつま先まで
 そして、霧のなかで、
 風邪を引いた。
 どれだけの男がこんな風にして死ぬんだろう?
 でもなぜ?…
 でもなぜ?…
 ニノンちゃん?

{Refrain}

[注]
1 冒頭に書いたようにRendez-vousは「会う約束」の意味だが、「デートする」という意味で「ランデヴー」という訳語を用いた。
2 trempetteは「スープなどに浸して食べる薄く細長いパン切れ」のことで、faire trempetteは「(パンをスープなどに)浸す」ことだが、
quiの先行詞はmes chaussettes「僕の靴下」であり、靴下が雨水に浸されて濡れることを言っている。
3 Ninon「ニノン」はAnne「アンヌ」などの愛称。




Comment:0
2020
01.01

失恋通りLa rue des cœurs perdus

Comment te dire adieu


前回、フランソワーズ・アルディFrançoise Hardyの「太陽Soleil」を取り上げたところ、彼女が「失恋通りLa rue des cœurs perdus」という曲を歌っているというコメントをいただきましたので、今回はそれを。1968年のアルバム:Comment te dire adieuに収録されています。この曲はもともと、ベイカー・ナイトBaker Knight作詞・作曲しリッキー・ネルソンRicky Nelsonが歌った「淋しい町Lonesome Town」(1958年)という英語の曲で、ピール・ドラノエPierre Delanoëがフランス語に翻案し、リシャール・アントニーRichard Anthonyが1959年に歌いました。

リシャール・アントニー



フランソワーズ・アルディ



La rue des cœurs perdus 失恋通り
Françoise Hardy      フランソワーズ・アルディ


Je connais un coin de rue
Où l'on va jeter son cœur
Que le pauvre ne sait plus
Que répandre des pleurs

 私はある街角を知っている
 そこは心を捨てに行くところ
 みじめなひとがもはや
 涙を撒き散らすことしかできないときに

La rue des cœurs perdus3


Et malheur à tous ceux-là
Qui n'osent pas le jeter
Et reviennent sur leurs pas
Avec un cœur usé

 そして、心を捨て切れず
 くたびれた心で
 戻って行く
 人たちはみな不幸

Dans la rue des cœurs perdus
Ce soir c'est à mon tour
Dans la rue des cœurs perdus
D'aller pleurer mon amour

 失恋通りに
 今夜は私の番よ
 失恋通りに
 恋を惜しんで泣きに行くのは

La rue des cœurs perdus2


Mais j'ai peur et n'ose pas
Jeter ce cœur qui t'aimait
Car peut-être un jour, qui sait
J'en aurai du regret
Car peut-être un jour, qui sait
J'en aurai du regret

 でも、私は怖くてできない
 あなたを愛するこの心を捨てるなんて
 だってたぶんいつか、もしかしたら
 それを後悔するわ
 だってたぶんいつか、もしかしたら
 それを後悔するわ

......................................................................................


英語の原曲もご紹介しましょう。



Lonesome Town
Ricky Nelson


There's a place where lovers go
To cry their troubles away
And they call it Lonesome Town
Where the broken hearts stay

You can buy a dream or two
To last you all through the years
And the only price you pay
Is heart full of tears

Going down to Lonesome Town
Where the broken hearts stay
Going down to Lonesome Town
To cry my troubles awayに

And in the town of broken dreams
The streets are filled with regret
Maybe down in Lonesome Town
I can learn to forget

Maybe down in Lonesome Town
I can learn to forget


Comment:1
2019
12.20

太陽Soleil

Françoise Hardy Soleil


フランソワーズ・アルディFrançoise Hardyの「太陽Soleil」です。1970年の同名のアルバムに収録されています。作詞:ハワード・タッシュHoward Tash、作曲:サンディ・アルペールSandy Alpert。浜辺での夏の日の恋が終わり失恋の悲しみがやって来る、という内容のシャンソンはとても多いですね。このブログですでに取り上げたところでは、コラ・ヴォケールCora Vaucaireおよびイヴ・モンタンYves Montandの「枯葉Les feuilles mortes」、クリストフChristopheの「渚のアリーヌAline」、リュシエンヌ・ドリールLucienne Delyleおよびイザベル・オーブレIsabelle Aubretの「パリのお天気は?Quel temps fait-il à Paris ?」、マリー・ラフォレMarie Laforetの「浜辺(夜霧のしのび逢い)」、バルバラBarbaraの「思い出してTu ne te souviendras pas」、ミレイユ・マチューMireille Mathieuの「砂の城Les châteaux de sable」、ニノ・フェレールNino Ferrerの「もう取り返せない(別離)C'est irréparable」など。また、タイトルにSoleil「太陽」のついた曲も結構有ります。挙げきれないので、右上の「ブログ内検索」の欄を使って検索してみて下さい。



Soleil        太陽
Françoise Hardy フランソワーズ・アルディ


Et c'était lui, le soleil
Qui faisait nos réveils
Chaque matin
Et la mer était belle
Et nous courrions vers elle 
Main dans la main
Et puis nous marchions sur la plage
Tu cherchais des coquillages
Comme un enfant
Les mettant à ton oreille
Pour entendre je me rappelle
L'océan dedans

 そして毎朝
 私たちを目覚めさせたのは、
 そう、それは太陽だった
 そして海は美しくて
 私たちは海に向かって走った
 手をつないで
 それから浜辺を歩いた
 あなたは貝殻を探した
 子どもみたいに
 それを耳に押し当てて
 潮騒を聞こうと
 思い出すわ

soleil1.jpg


{Refrain :}
Soleil, je t'aime
Et pour toujours tu es fidèle
Mais l'amour
N'est pas souvent comme toi
Pourquoi ?

 太陽さん、あなたが好きよ
 あなたはずっと誠実ね
 でも愛は
 時にはあなたみたいじゃなくなる
 なぜ?

Tu avais toujours si faim
Les fruits mûrs et le vin étaient pour toi
Tu me grondais quelques fois
Lorsque je ne mangeais pas
Ce n'était rien
Et l'eau s'allongait sur le sable
Nos rêves étaient semblables
Je me souviens
Nous parlions de la maison
Des enfants que nous aurions
Et nous étions bien

 あなたはいつもとてもおなかを空かせていた
 熟した果物とワインはあなたのため
 あなたは時々わたしを叱った
 わたしが食べない時に
 たいしたことじゃなかったわ
 海水が砂の上に伸びていた
 私たちの夢も同様だった
 思い出すわ
 話したわね、住むだろう家のこと
 生まれてくるだろう子どもたちのこと
 そして私たちはうまくいっていた

{Refrain}

Soleil5.jpg


Et c'est toujours lui, le soleil
Qui fera mes réveils
Chaque matin
Soleil d'hiver ou d'été
Il voit les amours passer
Et les chagrins
Combien faudra-t-il de plages
Combien d'autres visages
Pour comme toi
Oublier la maison
Et l'enfant aux cheveux blonds
Que nous n'avons pas ?

 そして毎朝
 私を目覚めさせるのは、
 そう、それはやっぱり太陽
 冬のそしてまた夏の太陽は
 去って行く恋と
 悲しみを見ている
 いくつ浜辺が要るのかしら
 いくつ別の顔が
 私たちが得ることのできなかった
 家やブロンドの髪の子どもを
 あなた同様
 忘れてしまうのに?

{Refrain×2}

[注] elle「彼女」とは当然ながら女性名詞のla mer「海」。クープレの部分では、tu「あなた」は恋人で、男性名詞のle soleil「太陽」はil「彼」。だが、ルフランの部分では、太陽に「あなた」と呼びかけている。

Soleil6.jpg


作詞者のハワード・タッシュはアメリカ人で、Sunshineというタイトルの英語の歌詞も作っており、アルディはこれも歌っています。こちらもご紹介しましょう。内容はかなり違います。



Sunshin

I remember how it was
We'd walk along the beach
Each sunny day
We held each others hand
As we dreamed of our plans
For a home someday

We'd listen to the ocean's roar
From inside every shell
Well, we had fun
Digging round for clams
Using just our hands
Sometimes finding one

{Refrain:}
Sunshine, I love you
I always will
Can I be faithful until
We're together once again
Someday?

He once packed a basket for our lunch
And the punch ran out the jar
Got the chicken soaking wet
Got himself all upset
Till I'd kissed away the harm

I would splash the water in his face
Then he'd chase me for a while
Suddenly I'd come and flop
Waiting till he'd pick me up
And we'd start to smile

{Refrain}

But summer days must come and go
And though we wish it so
Time won't wait for sighs
So summer left and so did we
We turned our backs to the sea
And said our sad goodbyes

Winter seemed so long and cold
I watched the hours grow old
And I think of you
Sunshine you're in my heart
All the time we are apart
Hope you're thinking too

{Refrain×2}



Comment:2
2019
12.17

のんだくれJe bois

Boris Vian Jsuis snob


ボリス・ヴィアンBoris Vianの「のんだくれJe bois」です。作詞:ボリス・ヴィアンBoris Vian、作曲:アラン・ゴラグエAlain Goraguer。「脱走兵Le déserteur」「僕はスノッブだJ'suis snob」と同様、1956年のアルバム:Chansons "possibles" et " impossibles"に収録されています。ジョルジュ・ユルメールGeorges Ulmerの「酔いしれてJ’ai bu」(1945年)ととても似た内容ですし、メロディーも共にジャズ的で似ています。ボリスもゴラグエも知らない訳はないから、意識して作ったのかなと。邦題は新たにつけました。サルヴァトーレ・アダモSalvatore Adamoの「ろくでなしLe mauvais garçon」みたいに嵌まった気がしますが、いかがでしょうか。



Je bois   のんだくれ
Boris Vian ボリス・ヴィアン


Je bois
Systématiquement
Pour oublier les amis de ma femme
Je bois
Systématiquement
Pour oublier tous mes emmerdements

 俺は呑む
 彼女の男どもを忘れるため
 ひたすらに
 俺は呑む
 厄介ごとをすべて忘れるため
 ひたすらに

Je bois
N'importe quel jaja 注1
Pourvu qu'il ait ses douze degrés cinque 注2
Je bois
La pire des vinasses 注3
C'est dégueulasse, mais ça fait passer le temps

 俺は呑む
 どんな酒だって
 度数が12.5度ありさえすりゃ
 俺は呑む
 最悪の安ワインだって
 それはひどいもんさ、だが暇つぶしにゃなる

Je bois1


La vie est-elle tellement marrante 注4
La vie est-elle tellement vivante
Je pose ces deux questions
La vie vaut-elle d'être vécue
L'amour vaut-il qu'on soit cocu 注5
Je pose ces deux questions

Auxquelles personne ne répond

 人生はこんなに愉快なものなのか
 人生はこんなに活気あるものなのか
 この二つを俺は訊きたい
 人生には生きる価値があるのか
 愛にはコキュに陥るまでの価値があるのか
 この二つを俺は訊きたい

 それには誰も答えてくれなくて

Et je bois
Systématiquement
Pour oublier le prochain jour du terme 注6Je bois
Systématiquement
Pour oublier que je n'ai plus vingt ans

 俺は呑む
 ツケを払う日を忘れるために
 ひたすらに
 俺は呑む
 自分がもう二十歳じゃないことを忘れるために
 ひたすらに

Je bois3


Je bois
Dès que j'ai des loisirs
Pour être saoul, pour ne plus voir ma gueule
Je bois
Sans y prendre plaisir

Pour pas me dire qu'il faudrait en finir(×2)

 俺は呑む
 暇さえありゃ即
 酔っ払うために、自分のツラを見ないために
 俺は呑む
 喜びを得ることもなく

 やめなきゃならないと思わないために

[注]
1 jaja「赤ワインほかのアルコール」
2 degrés「アルコール度数」
3 vinasse「品質の悪い安ワイン」
4 この2行は、本当は人生をつまらないと思っているのに、わざと逆を言っている。
5 cocu「女(妻)を寝取られた男」。愛したってcocuになったんじゃワリが合わないと言っている。
6 le prochain jour du terme直訳すると「次の支払い期日」だが、今のふしだらな生活のツケを払う日。



Comment:0
2019
12.07

ひとり取り残されてMe voilà seul

Charles Aznavour Idiote je taime


シャルル・アズナヴールCharles Aznavour の「ひとり取り残されてMe voilà seul」1972年のアルバム:Idiote je t'aime...に収録されています。「時代遅れの楽しみ(昔気質の恋)Les plaisirs demodes」と同様、1972年にアズナブール自身が作詞し、アズナブールの義兄であるジョルジュ・ガルヴァランツGeorges Garvarentzが作曲。彼女に去られた男が、自省し悔やんでいる内容。既存の邦題「ひとり取り残されて」を借用しました。ちょっと違う気がしつつもほかにピッタリ来るものが思いつかず…。




Me voilà seul    ひとり取り残されて
Charles Aznavour シャルル・アズナヴール


Me voilà seul, Seul tout à coup
Fallait bien qu'un jour ça s'décide 注1
Je n'ai pas su combler le vide
Qui s'était creusé entre nous

 僕はひとりだ、突然ひとりになった
 いつかそうなるはずだった
 僕たちのあいだに穿たれた隙間を
 僕は埋めることができなかった

Me voilà seul, c'était écrit
Je n'étais pas facile à vivre 注2
Bien que marié, je m'aimais libre
Alors bien sûr elle est partie

 僕はひとりだ、もう決まったことだ
 僕は人とうまく付け合えなかった
 結婚していても、自由でありたかった
 そして当然のこと彼女は出て行った

Je m'sens tout bête et tout penaud
Planté au milieu de ma chambre
Ne sachant que faire de mes membres
Comme un enfant qu'a le cœur gros

 自分がまったく愚かだと感じ落ち込んでいる
 塞いだ気持ちの子供のように
 手足で何かをしようともせず
 部屋の真ん中に突っ立って

Me voilà seul2


Ma voilà seul, je l'ai cherché
Avec mon fichu caractère
Je m'demand' bien ce que j'vais faire
A présent que j'ai tout gâché

 僕はひとりだ、みずから招いたんだ
 ねじ曲がった性格ゆえに
 すべてをふいにした今
 何をやるか自分に問いかける

Les femm's, ça ne nous comprend pas
J'buvais un peu, oh ! pas des tas
Mais même un peu elle n'aimait pas

 女たちってのは、僕らを理解しない
 僕はちょっぴり呑んだ、ああ!たくさんじゃないさ
 だがちょっぴりでも彼女は好まない

Puis j'avais tous mes vieux copains
C'est vrai ils sont pas toujours fins
Mais mes copains 注3
Mais j'les voyais, ell' n'y t'nait pas

 そして僕には昔からの仲間がいる
 むろん彼らはいつも気が利くって訳じゃない
 だが僕の仲間たちなんだ
 だが僕は彼らに会っていて、彼女は加わらなかった

Me voilà seul, dans ce décor
Où partout où mes yeux se posent
Y a des souv'nirs qui se proposent 注4
Comm' pour mieux m'déchirer encore

 僕はひとりだ、この場所で
 ここで僕はいたる所に目を止める
 僕をもっと苦しめてやろうとする
 いくつもの想い出があるんだ

Me voilà seul, bien fait pour moi 注5
Le bonheur au fond ça s'mérite 注6
Quand on l'ignore il fait faillite 注7
C'est alors qu'on se mord les doigts 注8

 僕はひとりだ、僕にとって当然の報いだ
 幸せは実際に価値のあるもの
 それをないがしろにすればしくじる
 その時、ひとは臍を噛む

Me voilà seul1


J'ai des défauts, qui n'en a pas
Changer c'est pas toujours facile
On s'conduit comme un imbécile
On s'croit très fort et puis, voilà

 僕はいくつかの欠点があり、それを
 変えなかった、それは常にたやすいわけじゃない
 ひとはバカみたいに振舞い
 ひとは自分がとても強いと信じ、その結果

Me voilà seul, j'ai tout fait pour 注9
Aussi j'pense pas qu'ell' revienne
Je crois qu'j'aurai beaucoup de peine
Car j'ai le cœur crevé d'amour

 僕はひとりだ、あらゆる手を尽くした
 彼女が戻るとは思えないながらも、そのために
 僕はずいぶん苦しむことだろう
 なぜなら心が愛で張り裂けそうだから

J'ai des défauts, qui n'en a pas
Changer c'est pas toujours facile
Me voilà seul
Seul

 僕はいくつかの欠点があり、それを
 変えなかった、それは常にたやすいわけじゃないんだ
 僕はひとりだ
 ひとりだ

[注] タイトルのMe voilà seulは「ひとり」とし歌詞中では「僕はひとりだ」と訳したが、voiciおよびvoilàはvoir「見る」の命令形古形副詞ici「ここ」およびlà「あれ」の合成語で、動詞と指示詞の働きを兼ねる。遠近の対立をvoici(近)、voilà(遠)で表すが、単独の場合はvoilàが多く用いられる。先行する代名詞(me)は直接目的語の性質を帯びる。
1 Il faut (bien) que +subj.「…に違いない。」のilを省略。s'décider話し言葉で「(機械などが作動を)始める」
2「協調的だ。人付き合いがよい。」
3 多くのサイトの歌詞ではMes mesとなっていたが、独断でMais mesに訂正した。
4 se proposer de+inf.で「(…する)つもりである」。またse proposer commeには通常、名詞が続き「(…になろうと)申し出る、志願する」の意味。ここでは目的を示すpour+inf.が続く。
5 bien fait pour qn.「…にとって
6 au fond「結局のところ」
7 faire faillite「破産する、挫折(失敗)する」。il=on
8 se mordre les doigts直訳すると「自分の指を噛む」だが「後悔する、臍を噛む」の意味。
9 pourおよびaussi j'pense pasともにqu'ell' revienneがつながる。



Comment:0
2019
11.23

蛾Papillons de nuit

Claude Nougaro Ami Chemin


フランス語でpapillon de nuit「夜の蝶」とは、バー・キャバレーなどで接客する女性のことではなく、「蛾」のこと。今回は、クロード・ヌガロClaude Nougaroの「蛾Papillons de nuit」をご紹介いたしましょう。ジャズバラードのような雰囲気の曲。歌詞内容をあまり具体的に解釈するより、イメージ的にとらえるだけでいいと、私は思います。作詞:クロード・ヌガロClaude Nougaro自身、作曲:アルド・ロマーノAldo Romano。1983年のアルバム:Ami Cheminに収録されています。



Papillons de nuit 蛾
Claude Nougaro クロード・ヌガロ


Dans l'dortoir de trois papillons de nuit 注1
Le premier s'endort, le deuxième s'ennuie
Le troisième s'envole dans des corridors
En route vers sa lampe d'or 注2
Dans le noir velours de l'épaisse nuit
Le papillon vole, tout autour de lui
Quel sombre royaume
Mais voici qu'un jaune rayonnement luit

 三匹の蛾のねぐらで
 一匹目は眠り、二匹目は退屈し
 三匹目は廊下に飛び立つ
 彼女の金色のランプに向かって
 濃い夜闇の漆黒のビロードのなかを
 蛾は飛ぶ、彼のまわりすべては
 なんという闇の王国か
 だがそこに一つ黄色い光が輝く

Papillons de nuit1


Une fenêtre est entrouverte
Il y pénètre tout ébloui
Cercle solaire, la lampe éclaire
Le corps de Claire, belle endormie
Battant des ailes sur l'abat jour 注3
Il se révèle joyeux tambour
Claire se dresse épouvantée
Par la caresse d’un vol heurté

 一つの窓がわずかに開いている
 蛾は目が眩みつつ侵入する
 日輪のごとく、ランプが輝く
 クレールの身体、眠れる美女
 ランプシェードに羽を打ちつけて
 蛾は楽しい太鼓を打ち鳴らす
 粗っぽい飛翔の愛の表現に
 クレールは怯えて身を起こす

Papillons de nuit2


Dans l'dortoir de trois papillons de nuit
Le premier fait un rêve il voit son ami
Soudain qui s’affole et se cogne aux murs
Poursuivi par des coups durs

 三匹の蛾のねぐらで
 一匹目が夢で仲間を見る
 そいつは突然取り乱して壁にぶつかる
 鈍い音があとに続く

La lampe s’eteint
Revient le matin
Qui brille aujourd’hui
Dans l’dortoir de deux papillons de nuit.

 ランプが消える
 またやって来た朝が
 今、輝いている
 二匹の蛾のねぐらで。

[注]
1 dortoirはセルジュ・ラマSerge Lamaの「恋に病んでJe suis malade」http://chantefable2.blog.fc2.com/blog-entry-98.htmlに出てきた語で、「(修道院、寄宿舎、兵舎などの)大寝室」を意味するが、蛾たちの共同寝室ということで「ねぐら」とした。成虫の蝶や蛾は正しくは一頭二頭と数えるが、歌詞中では違和感があるので一匹二匹とした。
2 sa lampeのsaはle troisième「三匹目の(蛾)」のではなく、後に出てくるClaire「クレール」という女性の。
3 abat jour(=abat-jour)「(ランプなどの)傘、シェード」「庇」「ブラインド」「天窓」など。



Comment:0
2019
11.10

11月のバラードBallade en novembre

Anne Vanderlove Ballade en novembre2


先日、電車の中で或る小説を読んでいました。作者が私と同じ朝倉という名前だという理由でふと選んだものですが、読み始めると今までになく引き込まれました。半分くらい読んで乗り換えた後は満員電車で立っていたので続きは読めず、駅を降りて買い物をしバスに乗って帰り、家に着いたら、カートのポケットに入れておいたはずの本が無くなっていました。買い物をしたスーパーやバス会社などに問い合わせましたが見つからず、どこでどうしてなくなったのかさっぱり分かりません。でも、どうしても続きを読みたくて、ヤフオクで新たに購入し、昨夜、読み終えました。「平場の月」という小説で、「平場」と表現されるインテリやブルジョワとは縁のない生活環境に生きる二人の、切ないながらも暖かいつながりを今風の言葉遣いでとても自然に描いていて、大家の名作以上に心に沁みました。
その余韻のなか、今朝、YouTubeで「11月のバラードBallade en novembre」という曲を見つけ、歌詞内容がまるでその小説のなかの女性の言葉のように感じられ、すぐに訳し始めました。とても美しいメロディーですし、この季節にピッタリですしね。
作者であり歌い手であるアンヌ・ヴァンデルローヴAnne Vanderloveは、1943年生まれのオランダ出身のシンガー・ソングライター。20歳で彼女はパリで哲学を学んで教師になりましたが、1965年から方向転換し、ギターの弾き語りで歌い始めました。そして1967年に「11月のバラードBallade en novembre」で二つのグランプリを得、この曲は同年、同名のアルバムに収録されました。そして翌1968年の5月革命以来、彼女は「フランス版ジョーン・バエズla Joan Baez française」と呼ばれるようになりました。その後の活動に関してははしょらせていただきますが、今年の6月に癌で亡くなりました。

1965年


2011年


Ballade en novembre 11月のバラード
Anne Vanderlove   アンヌ・ヴァンデルローヴ


Qu'on me laisse à mes souvenirs,
Qu'on me laisse à mes amours mortes, 注1
Il est temps de fermer la porte,
Il se fait temps d'aller dormir

 私を想い出にとどめておいて、
 私を失くした恋にとどめておいて、
 ドアを閉める時間よ、
 眠りにつく時間になるわ

Je n'étais pas toujours bien mise 注2
J'avais les cheveux dans les yeux
Mais c'est ainsi qu'il m'avait prise,
Je crois bien qu'il m'aimait un peu

 私はいつも身だしなみがいいわけじゃなかった
 目のなかに髪の毛が入っていた
 でもそんなだから彼は私を選んでくれた、
 きっと彼は私をちょっぴり愛してくれていたんだわ

{Refrain:}
Il pleut
Sur le jardin, sur le rivage
Et si j'ai de l'eau dans les yeux
C'est qu'il me pleut
Sur le visage.

 雨が降る
 庭のうえに、川のうえに
 そして私が目に水を溜めていたなら
 それは私に雨が降るから
 顔のうえに。

Ballade en novembre1


Le vent du Nord qui s'amoncelle
S'amuse seul dans mes cheveux
Je n'étais pas toujours bien belle,
Mais je crois qu'il m'aimait un peu

 集まった北風は
 私の髪のなかでひとり戯れる
 私はいつもきれいなわけじゃなかった、
 でも、きっと彼は私をちょっぴり愛してくれていたんだわ

Ma robe a toujours ses reprises 注3
Et j'ai toujours les cheveux fous
Mais c'est ainsi qu'il m'avait prise,
Je crois que je l'aimais beaucoup

 私の服はいつも同じ
 そしていつもみだれた髪をしている
 でもそんなだから彼は私を選んでくれた、
 きっと彼は私をとても愛してくれていたんだわ

{Refrain}

Anne Vanderlove


Si j'ai fondu tant de chandelles
Depuis le temps qu'on ne s'est vus
Et si je lui reste fidèle,
À quoi me sert tant de vertu ?
Qu'on me laisse à mes amours mortes !
Qu'on me laisse à mes souvenirs
Mais avant de fermer la porte,
Qu'on me laisse le temps d'en rire 注4
Le temps d'essayer d'en sourire...

 もし私がたくさんのロウソクを
 私たちが逢わなくなってから燃やしてしまったなら
 そしてもし私が彼に貞淑なままなら、
 たくさんの美徳が私にとって何になるというの?
 私を失くした恋にとどめておいて!
 私を想い出にとどめておいて
 でもドアを閉じる前に、
 私に与えてよ、笑い飛ばす時間を
 微笑んでみる時間を…

{Refrain}

[注]
1 amourは男性名詞だが、複数形で女性名詞扱いされることがある。
2 être bien mis(e)「身なりの良い」
3 reprise「繰り返し」。「私の衣装」の繰り返しということは、おなじ服を繰り返し着ていたということ。
4 Qu'on me laisse à qc.のmeは直接目的語で「私を」だったが、ここのmeは間接目的語で「私に」。en rireと次行のen sourireのenはde cela「それを」であり、「それ」とは彼との恋の想い出、失くした恋、いえ私の現状のすべて。



Comment:0
2019
11.07

小さなフーガLa petite fugue

Maxime Le Forestier La petite fugue


「小さなフーガLa petite fugue」というステキな曲は、前回の「孤独の歳月Années de solitude」の作詞者であるシンガー・ソングライターのマキシム・ル・フォレスティエMaxime Le Forestierが姉のカトリーヌ・マリー・ル・フォレスティエCatherine Marie Le Forestierとイスラエルの作曲家のNachum Heimanとともに作った曲。1969年に彼の最初のスタジオアルバム:Deux 45 toursに収録されました。
フーガ(遁走曲)は対位法を主体とした楽曲形式の一種で、曲の途中から前に出た主題や旋律が次々と追いかけるように出る曲。歌詞にはジャン=セバスチャンとありますので、バッハのフーガでしょう。また、三人で演奏していたとあり、ピアノ、ヴァイオリンが出てきます。僕が演奏していたのはチェロかなと最初思ったのですが、最後にヴァイオリンが複数形で出てくるので僕もヴァイオリンだったんですね。



姉のカトリーヌCatherineとのデュオ



La petite fugue   小さなフーガ
Maxime Le Forestier マキシム・ル・フォレスティエ


{Refrain :}
C'était toujours la même mais on l'aimait quand même
La fugue d'autrefois qu'on jouait tous les trois.
On était malhabiles, elle était difficile
La fugue d'autrefois qu'on jouait tous les trois.

 それはいつも同じだったけど、僕たちは大好きだった
 三人で演奏していた昔のフーガ。
 僕たちはへたくそで、そのフーガは難しかった
 三人で演奏していた昔のフーガ

Eléonore attaquait le thème au piano, on trouvait ça tellement beau
Qu'on en arrêtait de jouer pour l'écouter.
Elle s'arrêtait brusquement et nous regardait du haut de son tabouret
Et disait "reprenez", mi fa mi fa mi ré.

 エレオノールがピアノでテーマを弾いた、それがとっても美しかったから
 僕たちは演奏をやめて聞き入った。
 彼女は急に弾くのをやめてピアノの椅子から僕らを見下ろした
 そして「続けてよ」と言って、ミ・ファ・ミ・ファ・ミ・レと弾いた。

La petite fugue2


{Refrain}

Souviens-toi qu'un violon fut jeté sur le sol car c'était toujours le sol 
Qui gênait Nicolas, quand il était bémol.
Quand les voisins commençaient à manifester, c'était l'heure du goûter.
Salut Jean-Sébastien et à jeudi prochain.

 思い出してよ、床に投げ出されたバイオリンを、
 だってフラットのとき、ニコラを困らせたのはいつもソ(床)だったから。
 人々が現れ始めたら、それは食事の時間。
 さよならジャン=セバスチャン(=バッハ)、また次の木曜日にね。

{Refrain}

Un jour, Eléonore a quitté la maison, emportant le diapason.
Depuis ce jour, nous n'accordons plus nos violons.
L'un après l'autre, nous nous sommes dispersés, la fugue seule est restée
Et chaque fois que je l'entends, c'est le printemps.

 ある日、エレオノールが館を出た、音叉を持って。
 その日以来、僕らはもうヴァイオリンの音を合わせられなかった。
 ひとり、またひとりと、僕らは散って行き、フーガだけが残った
 そして僕があのフーガを聴くのは、いつも春なんだ。

La petite fugue1


{Refrain}

[注] ヴァイオリン奏法には疎いので、調べ得た限りの情報を記す。solは「床」の意味と「ソの音」の意味をかけているようだ。バイオリンの弦は下からソ-レ-ラ-ミで張ってあり、この4つの開放弦を基音とした調、あるいは開放弦を多く含む調が、弦楽器は最も鳴りやすく、演奏しやすい。また、弦楽器は弦を押さえて音程を作るので、フラット系よりシャープ系で書かれた楽譜の方が演奏しやすい。弦楽器演奏で弓の弾力性による跳躍を利用する1弓連続のスピッカートを意味するjeté「ジュテ」も引っ掛けているのかもしれない。


Comment:0
back-to-top