2017
04.30

男L'homme

Léo Ferré Le piano du pauvre


今回はレオ・フェレLéo Ferréの「男L'homme」。「野郎」というタイトルでも呼ばれています。1954年のアルバム:Le Piano du pauvreに収録されています。「貧乏人のピアノLe piano du pauvre」は先にご紹介しています。カトリーヌ・ソヴァージュCatherine Sauvageが同年歌い、ACCディスク大賞を受賞。

レオ・フェレ


カトリーヌ・ソヴァージュCatherine Sauvage


L'homme  男
Léo Ferré  レオ・フェレ


Veste à carreaux ou bien smoking 注1
Un portefeuille dans la tête
Chemise en soie pour les meetings
Déjà voûté par les courbettes
La pag' des sports pour les poumons
Les faits divers que l'on mâchonne 注2
Le poker d'as pour l'émotion 注3
Le jeu de dame avec la bonne 注4
C'est l'homme

 チェック柄の上着かタキシード
 頭んなかに財布
 ミーティングのためのシルクのシャツ
 ペコペコするせいですでに猫背
 肺機能のためのスポーツ欄
 みんながモゴモゴと話題にする三面記事
 興奮のためのエース・ポーカー
 メードとのチェッカー・ゲーム
 それが男というものさ

Lhomme1.jpg


Le poil sérieux l'âge de raison 注5
Le cœur mangé par la cervelle
Du talent pour les additions
L'œil agrippé sur les pucelles
La chasse à courre chez Bertrand 注6
Le dada au Bois de Boulogne 注7
Deux ou trois coups pour le faisan
Et le reste pour l'amazone 注8
C'est l'homme

 しかめっつらしい髭 分別ある年齢さ
 脳に冒された心
 勘定の才
 生娘たちに貼り付く目
 ベルトランの店でハントして
 ブーローニュの森で馬に乗り
 キジに向かって2,3発
 残りは馬上のご婦人に
 それが男というものさ

Les cinq à sept " pas vu pas pris " 注9
La romance qui tourne à vide 注10
Le sens du devoir accompli
Et le cœur en celluloïde 注11
Les alcôves de chez Barbès 注12
Aux secrets de Polichinelle 注13
L'amour qu'on prend comme un express
Alors qu'ell' veut fair' la vaisselle
C'est l'homme

 5時から7時までは「バレなきゃ捕まらない」
 恋唄はから回り
 務めを果たし終えた気分で
 心はセルロイド製
 バルベの店の小部屋
 バレバレの秘密の場所で
 急行列車に乗るがごとき情事
 そのあと女は皿洗いを要求
 それが男というものさ

Le héros qui part le matin
A l'autobus de l'aventure
Et qui revient après l'turbin
Avec de vagues courbatures
La triste cloche de l'ennui
Qui sonne comme un téléphone
Le chien qu'on prend comme un ami
Quand il ne reste plus personne
C'est l'homme

 アヴァンチュールのバスに乗り
 ヒーロー氏は朝にお出かけ
 そしてひと仕事を終えてお帰り
 ちょっとしただるさとともに
 倦怠の物悲しい鐘の音が
 電話のベルのように響く
 もう誰もいなくなったとき
 犬を友とする
 それが男というものさ

Lhomme2.jpg


Les tempes grises vers la fin
Les souvenirs qu'on raccommode
Avec de vieux bouts de satin
Et des photos sur la commode
Les mots d'amour rafistolés
La main chercheuse qui voyage
Pour descendre au prochain arrêt
Le jardinier d'la fleur de l'âge 注14
C'est l'homme

 終末に向かいこめかみは白髪混じり
 古いサテンの切れ端で
 繕った想い出
 箪笥の上の写真
 繕った愛の言葉
 次なる停泊地で下りようと
 さまよう探険家の手
 人生花盛りの庭師
 それが男というものさ

Le va-t-en-guerre, y faut y aller 注15
Qui bouff' de la géographie
Avec des cocardes en papier
Et des tonnes de mélancolie 注16
Du goût pour la démocratie
Du sentiment à la pochette
Le complexe de panoplie
Que l'on guérit à la buvette
C'est l'homme

 かけ声だけ勇ましい奴、それ行けと
 地理にパクつく
 紙の帽章をつけて
 山ほどの憂鬱と
 デモクラシー嗜好と
 感情をポシェットに
 鎧兜へのコンプレックスは
 飲み屋で癒される
 それが男というものさ

L'inconnu qui salue bien bas
Les lents et douloureux cortèges
Et qui ne se rappelle pas
Qu'il a soixante-quinze berges 注17
L'individu morne et glacé
Qui gît bien loin des mandolines
Et qui se dépêche à bouffer
Les pissenlits par la racine
C'est l'homme

 ゆっくりと進む陰鬱な行列に
 深くお辞儀をする誰かさん
 そいつは思い出さない
 自分が75歳だということを
 陰気で冷淡な人間
 マンドリンの音色からは遠く離れ
 急いで向かうは
 草葉の陰
 それが男というものさ

Lhomme3.jpg


[注]
1 smoking「タキシード(の上着)」英語のsmoking jacket(もともとはくつろぐために「喫煙服」)由来。
2 faits divers「(新聞の)三面記事」
3 poker d'as「エースのフォーカード」
4 jeu de dame(s)「ボードゲームのチェッカー、西洋碁」
5 l'âge de raisonは本来「物心のつく年頃」すなわち7歳ごろを言うが、ここでは、大人。
6 chasse à courre「猟犬を使い騎馬でおこなう狩猟」で、ナンパすることを示す。chez Bertrand「ベルトランの店」は不特定のバーかなにか。
7 dada幼児語で「お馬」
8 amazoneギリシャ神話のAmazones「アマゾネス」から「乗馬夫人」の意味。「自動車で客引きする売春婦」もいう。
9 pas vu, pas pris「悪いことをしても、人に見られなければ捕えられない。」「私の兵隊さんMon légionnaire」http://chantefable2.blog.fc2.com/blog-entry-144.htmlに出てくる。
10 romanceいわゆる「ロマンス」ではなく、「恋の歌」のこと。「ロマンス(恋歌)Romance」http://chantefable2.blog.fc2.com/blog-entry-275.html参照。tourne à vide「から回りする」。
11 en celluloïde「セルロイド製の」心をそう表現しているのは、燃えやすいというセルロイドの特性を言うのであろう。
12 alcôveもとは「寝台を納めるための凹所」で「閨房、房事」また「17世紀の才女の寝室サロン」をもいう。
13 secrets de Polichinelle「公然の秘密」
14 la fleur de l'âge「人生の(若い)盛り」
15 va-t-en-guerre「かけ声だけ勇ましい、好戦的な」
16 des tonnes de「莫大な量の、すごくたくさんの」
17 berge「…歳」
18 bouffer les pissenlits par la racine=manger des pissenlits par la racine「タンポポの根をかじる」は「草葉の陰に眠る」の意味。



Comment:0
2017
04.29

初日の夜Soir de Première

Betty Mars Soir de Première


私のロシアンカフェMon café russe」をご紹介したベティ・マルスBetty Marsの曲をもう1曲。「初日の夜Soir de Première」です。1974年。作詞:パスカル・セヴランPascal Sevran、作曲:パスカル・オーリアPascal Auriat。



Soir de Première 初日の夜
Betty Mars     ベティー・マルス


C'était un grand soir de première
Y avait du monde plein à craquer 注1
Quand on a éteint la lumière
Et que le rideau s'est levé
Vous êtes apparu sur la scène
Monsieur, comme vous étiez beau !
C'est mon cœur qui a fait des siennes 注2
Quand j'ai entendu les bravos

 それは初日の夜だった
 照明が消され
 幕が上ったとき
 客席にはあふれるばかりに人がいた
 あなたはステージに現れた
 ムッシュ、なんとあなたは美しいの!
 ブラボーの歓声を聞いたとき
 私の心はあいかわらず浮ついた振る舞いをした

Soir de Première2


C'était un grand soir de première
Il y avait là tous vos amis
Vous avez tout fait pour leur plaire
Monsieur, vous avez réussi
Vous êtes une grande vedette
Debout, on vous a réclamé
Ce fut vraiment un soir de fête
Je ne suis pas près de l'oublier 注3

 それは初日の夜だった
 あなたの友だちは皆いた
 あなたは彼らが喜ぶようすべてを尽くした
 ムッシュ、あなたは成功したわ
 あなたは大スターだった
 立ち上がって、人々はあなたを呼び戻した
 まさしく祭りの夜だった
 私は忘れないわ

Moi, j'avais payé ma place
Vous ne m'aviez pas invitée
On n'est pas de la même race
Je vous aurais déshonoré
Pourtant, pourtant on s'est aimés
Pourtant, je vous ai tout donné
Oui, mais dans ce temps-là, Monsieur
Dans ce temps-là

 私は、自分のチケット代を払った
 あなたは私を招待しなかった
 私たちは家柄が違った
 私はあなたの体面を傷つけたことでしょう
 だけど、だけど私たちは愛し合っていた
 だけど、私はあなたにすべてを捧げた
 ええ、そうよあの頃は、ムッシュ
 あの頃は

Soir de Première3


C'était un grand soir de première
Dans votre loge y avait des fleurs
Y avait presque la salle entière
Pour partager votre bonheur
J'aurais voulu vous voir en face
Je n'ai pas osé approcher
Les télégrammes sur votre glace
M'ont beaucoup trop impressionnée

 それは初日の夜だった
 あなたの楽屋には花々があった
 ほとんど部屋いっぱいに
 あなたのしあわせをともに味わうために
 あなたをすぐ前で見たかったけど
 私は近づくことができなかった
 鏡の上のいくつもの電報が
 私にとってあまりにも印象的だった

C'était un grand soir de première
J'étais bien la seule à pleurer
Pour moi, c'était une dernière 注4
La veille, tu m'avais quittée 注5

 それは初日の夜だった
 泣いたのは私だけだった
 私にとって、それは楽日
 前夜、あなたは私を去っていた

[注] タイトルのpremièreは女性名詞で「(公演の)初演、初日」
1 monde集合的に「人、人々」。plein à craquer「いっぱいではちきれそうである」
2 siennes「(いつもの)愚行、ばかげた行為」
3 près de +inf.「…しようとしている」
4 dernièreはpremièreと逆で「(公演の)最後の日、千秋楽」
5 ここだけ、tuと呼んでいる。それまでvousとしていたのが別れたあとのことであることが浮き彫りにされる。




Comment:0
2017
04.28

辻馬車Un fiacre

Yvette Guilbert Un fiacre


イヴェット・ギルベールYvette Guilbert(1865-1944)は、歌詞を語るように歌うディズーズdiseuseの創始者として知られる歌手で、こっけいなあるいはエロティックな内容を演劇的に表現しました。トゥルーズ・ロートレックのリトグラフに描かれている、黒の長手袋をはめた姿で知られていますが、デヴュー当時、長手袋を買うお金がなかったので腕を黒く染めたのが始まりだとか。
彼女の代表曲である「辻馬車Un fiacre」は、映画で用いられたとされますが詳細は不明です。1892年にレオン・グザンロフLéon Xanrofが作詞・作曲し、フェリシア・マレFélicia Malletが創唱し、そして、1904年にイヴェットが歌いました。



Un fiacre     辻馬車
Yvette Guilbert イヴェット・ギルベール


Un fiacre allait, trottinant,
Cahin, caha, 注1
Hu, dia, hop là ! 注2
Un fiacre allait, trottinant,
Jaune, avec un cocher blanc.

 辻馬車が走っていた、小走りに、
 ガタン、ゴトン、
 右だ、左だ、はいしっ!
 辻馬車が走っていた、小走りに、
 馬車は黄色で、御者は白服。

fiacre1.jpg


Derrièr' les stores baissés,
Cahin, caha,
Hu, dia, hop là !
Derrièr' les stores baissés
On entendait des baisers.

 下ろした日よけの奥で
 ガタン、ゴトン、
 右だ、左だ、はいしっ!
 下ろした日よけの奥で
 キスの音が聞こえたよ。

Puis un' voix disant : " Léon !
Cahin, caha,
Hu, dia, hop là !
Puis un' voix disant : " Léon !
Mais tu me fais mal, ôt' ton lorgnon !"

 それからこう言う声が :「レオン!
 ガタン、ゴトン、
 右だ、左だ、はいしっ!
 それからこう言う声が:「レオン!
 痛いわ、あなたの鼻メガネ外してよ!」

Un vieux monsieur qui passait,
Cahin, caha,
Hu, dia, hop là !
Un vieux monsieur qui passait,
S'écri' : "Mais on dirait qu'c'est

 通りがかった老紳士が
 ガタン、ゴトン、
 右だ、左だ、はいしっ!
 通りがかった老紳士が
 叫んだ :「おや、どうやらあれは

Ma femme dont j'entends la voix !"
Cahin, caha,
Hu, dia, hop là !
" Ma femme dont j'entends la voix !"
I' s'lanc' sur l'pavé en bois. 注3

 わしの妻だ、聞こえた声は!」
 ガタン、ゴトン、
 右だ、左だ、はいしっ!
 「わしの妻だ、聞こえた声は!」
 彼は木煉瓦の路上に飛び出した

Mais i' gliss' su' l' sol mouillé,
Cahin, caha,
Hu, dia, hop là !
Mais i' gliss' su' l' sol mouillé,
Crac ! il est écrabouillé.

 だけど濡れた地面に足を滑らせ
 ガタン、ゴトン、
 右だ、左だ、はいしっ!
 だが濡れた路面に足を滑らせ
 グチャ!老紳士は轢かれた。

Fiacre3.jpg


Du fiacre un' dam' sort et dit :
Cahin, caha,
Hu, dia, hop là !
Du fiacre un' dam' sort et dit :
"Chouett', Léon ! C'est mon mari !

 辻馬車から婦人が降りて来て言う:
 ガタン、ゴトン、
 右だ、左だ、はいしっ!
 辻馬車から婦人が降りて来て言う:
 「すてきよ!レオン!これ私のだんなだわ!

Y a plus besoin d' nous cacher,
Cahin, caha,
Hu, dia, hop là !
Y a plus besoin d' nous cacher.
Ah! donn' donc cent sous à ce cocher ! "

 私たちもう隠れなくていいのよ、
 ガタン、ゴトン、
 右だ、左だ、はいしっ!
 私たちもう隠れなくていいのよ、
 ああ!それじゃ御者に100スーあげてよ!」

[注]
1 cahin, cahaはcahot「(でこぼこ道を行く車の)揺れ」から派生したオノマトペ的表現。日本語では「ガタン、ゴトン」にあたるだろう。連語のcahin-cahaは「どうにかこうにか、やっとのことで」の意味。
2 hu=hue「右だ」、dia「左だ」、hop「それっ」すべて、日本語の「はいしっ!」にあたる、馬を御する掛け声。
3 pavé en bois昔、パリ市内の道路は木製の舗石すなわち木煉瓦で舗装されていた。


Yvette Guilbert



Comment:0
2017
04.27

エレーヌの木靴Les sabots d'Hélène

Georges Brassens Les sabots dHélène


ジョルジュ・ブラッサンスGeorges Brassensの「エレーヌの木靴Les sabots d'Hélène」は、この曲名をタイトルとした1954年のアルバムに収録されています。このアルバムには代表作のひとつ「オーヴェルニュ人に捧ぐChanson pour l'auvergnat」も含まれています。

平凡なあるいはさえない外見の女性も、その内側には女王さまにも劣らぬ美しさと愛を秘めているということを、わらべ歌を思わせるような曲想のなかで伝えてくれます。ブラッサンス自身がそうした女性と恋に落ちたことが背景にあるようです。



Les sabots d’Hélène エレーヌの木靴
Georges Brassens  ジョルジュ・ブラッサンス


Les sabots d'Hélène
Etaient tout crottés,
Les trois capitaines
L'auraient appelé' vilaine,
Et la pauvre Hélène
Etait comme une âme en peine... 
Ne cherche plus longtemps de fontaine,
Toi qui as besoin d'eau,
Ne cherche plus: aux larmes d'Hélène
Va-t'en remplir ton seau.

 エレーヌの木靴は
 泥まみれ、
 3人の隊長らが
 百姓娘と呼びなしたよ、
 そんで、かわいそうなエレーヌったら
 途方にくれちゃった…
 当分は泉を探すことないさ、
 水が要るというあんた、
 もう探しなさんな、エレーヌの涙で
 桶を一杯にすりゃいいよ

Les sabots dHélène1


Moi j'ai pris la peine
De les déchausser,
Les sabots d'Hélène,
Moi qui ne suis pas capitaine,
Et j'ai vu ma peine
Bien récompensée...
Dans les sabots de la pauvre Hélène,
Dans ses sabots crottés,
Moi j'ai trouvé les pieds d'une reine
Et je les ai gardés.

 おいらちょいと手間かけて
 脱がせてやったよ
 エレーヌの木靴を、
 隊長じゃないおいらはね、
 そしたらその手間は
 ちゃんと報いられたんだ…
 かわいそうなエレーヌの木靴のなかに、
 泥にまみれた木靴のなかに、
 おいら女王さまのおみ足を見っけたよ
 おいらそれをいただきさ。

Son jupon de laine
Etait tout mité,
Les trois capitaines
L'auraient appelé' vilaine,
Et la pauvre Hélène
Etait comme une âme en peine...
Ne cherche plus longtemps de fontaine,
Toi qui as besoin d'eau,
Ne cherche plus: aux larmes d'Hélène,
Va-t'en remplir ton seau.

 あいつのウールのスカートは
 虫食いだらけ、
 3人の隊長らが
 百姓娘と呼びなしたよ、
 かわいそうなエレーヌったら
 途方にくれちゃった…
 当分は泉を探すことないさ、
 水が要るというあんた、
 もう探しなさんな、エレーヌの涙で、
 桶を一杯にすりゃいいよ。

Les sabots dHélène2


Moi j'ai pris la peine
De le retrousser,
Le jupon d'Hélène,
Moi qui ne suis pas capitaine,
Et j'ai vu ma peine
Bien récompensée...
Sous le jupon de la pauvre Hélène,
Sous son jupon mité,
Moi j'ai trouvé des jambes de reine
Et je les ai gardées.

 おいらちょいと手間かけて
 たくし上げてやったよ、
 エレーヌのスカートを、
 隊長じゃないおいらはね、
 そしたらその手間は
 ちゃんと報いられたんだ…
 かわいそうなエレーヌのスカートの下に、
 虫食いのスカートの下に、、
 おいら女王さまの腿を見っけたよ
 おいらそれをいただきさ。

Et le cœur d'Hélène
N'savait pas chanter,
Les trois capitaines
L'auraient appelé' vilaine,
Et la pauvre Hélène
Etait comme un âme en peine...
Ne cherche plus longtemps de fontaine,
Toi qui as besoin d'eau,
Ne cherche plus: aux larmes d'Hélène,
Va-t'en remplir ton seau.

 エレーヌの心ときたら
 歌うことなんか知らずにいた、
 3人の隊長らが
 百姓娘と呼びなしたよ、
 かわいそうなエレーヌったら
 途方にくれちゃった…
 当分は泉を探すことないさ、
 水が要るというあんた、
 もう探しなさんな、エレーヌの涙で
 桶を一杯にすりゃいいよ。

Moi j'ai pris la peine
De m'y arrêter,
Dans le cœur d'Hélène
Moi qui ne suis pas capitaine,
Et j'ai vu ma peine
Bien récompensée...
Et, dans le cœur de la pauvre Hélène,
Qui avait jamais chanté,
Moi j'ai trouvé l'amour d'une reine
Et moi je l'ai gardé.

 おいらちょいと手間かけて
 エレーヌの心んなかに
 おいらを居座らせた
 隊長じゃないおいらはね、
 そしたらその手間は
 ちゃんと報いられたんだ…
 そんで、歌ったこともない
 かわいそうなエレーヌの心んなかに
 おいら女王さまの愛を見っけたよ
 おいらそれをいただきさ。

[注]
âme en peine「三途の川のほとりを彷徨う魂」être comme une âme en peine「途方にくれる」


Les sabots dHélène3

Comment:1
2017
04.26

武器を取れエトセテラ(祖国の子供たちへ)Aux armes et caetera

Aux armes et caetera


今日、4月26日はフランス国歌「ラ・マルセイエーズLa Marseillaise」の誕生日です。フランス革命政府がオーストリアへ宣戦布告したという知らせがストラスブールに届いた1792年4月25日から翌26日の夜にかけて、市長の要望で、当地に駐屯していた工兵大尉ルージェ・ド・リールClaude Joseph Rouget de Lisleが、出征する部隊を鼓舞するために、一夜にして作詞・作曲したとされます。それがフランス国歌とされるに至った経緯も含め、詳しくは、ウィキペディアの「ラ・マルセイエーズ」の記事をご覧下さい。歌詞全文とその邦訳も掲載されています。

ミレイユ・マチューMireille Mathieuの歌う「ラ・マルセイエーズ」



セルジュ・ゲンズブールSerge Gainsbourgは1979年に、エトセテラという表現を用いこの曲をはしょってレゲェ・ヴァージョンにした「武器を取れエトセテラAux armes et caetera」を作って歌い、たいへん物議をかもしました。右翼や軍部関係者の反発は相当なもので、フランス空軍パラシュート部隊の有志たちにより国歌誕生の地であるストラスブールでのコンサートは阻止され、ファンたちとパラシュート部隊とのにらみ合いのなかで、ゲンズブールは、無伴奏で国歌を斉唱。ファンたちは合唱に加わり、パラシュート部隊は敬礼して聞き入ったとか。
また後日談もあります。ゲンズブールは1981年に、世界に2枚しか残っていないルージェ・ド・リールの「ラ・マルセイエーズ」の手書きの原稿の1枚をヴェルサイユの競売場で135,000フラン(約20,580ユーロ)で落札したのです。その原稿には、ルージェ・ド・リール自身が、書き写しの手間を省くためにAux armes et caeteraと書いていたのでした。

この曲は、1979年の同名のアルバムに収録されています。バック・コーラスはLes I-Threes (The I Threes) という3人の女声のグループです。このブログでは、直訳の邦題にし、「祖国の子供たちへ」という既存の邦題を副題とします。



Aux armes et caetera 武器を取れエトセテラ(祖国の子供たちへ)
Serge Gainsbourg   セルジュ・ゲンズブール


(1番前半)
Allons enfant de la patrie
Le jour de gloire est arrivé
Contre nous de la tyrannie
L'étendard sanglant est levé

 いざ行かん 祖国の子らよ
 栄光の日は来たれり
 われらに向かい 暴君の
 血まみれの旗の掲げられし

Aux armes et caetera(×4)

 武器を取れ エトセテラ


(1番後半)
Entendez-vous dans les campagnes
Mugir ces féroces soldats
Ils viennent jusque dans nos bras
Egorger nos fils nos compagnes

 なんじ聞かんや 戦野に
 残忍なる兵どもの咆哮するを
 奴らはわれらの元に来たりて
 われらの子ら妻らの喉を切る!

Aux armes et caetera(×4)

 武器を取れ エトセテラ


Aux armes et caetera1


(6番前半)
Amour sacré de la patrie
Conduis soutiens nos bras vengeurs
Liberté liberté chérie
Combats avec tes défenseurs

 祖国への聖き愛よ
 われらの復讐のかいなを導き支えたまえ
 自由よ、いとしき自由よ
 なんじを護る者らとともに戦いたまえ!

Aux armes et caetera(×4)

 武器を取れ エトセテラ


(7番前半)
Nous entrerons dans la carrière 
Quand nos aînés n'y seront plus
Nous y trouverons leur poussière
Et la trace de leurs vertus

 われらいくさの舞台に上がらん
 先人なきあと
 われらそこに見い出さん 彼らのむくろと
 彼らの美徳の形見を

Aux armes et caetera...

 武器を取れ エトセテラ…


[注]
entrer dans la carrière「(人生の)活動の舞台に入る」


Aux armes et caetera2




Comment:0
2017
04.25

私の物語(オン・マイ・オウン)Mon histoire

Mon histoire


ヴィクトル・ユゴーVictor Hugo原作、 ロベール・オッセンRobert Hossein演出の「レ・ミゼラブルLes Miserables」のミュージカルは、1980年にパリで初演され、その後、世界の各地でそれぞれの国の言語で続々と公演が続けられています。1985年にロンドンで、1987 年にはブロードウェイでも東京でも。ミュージカルの曲目の作曲はクロード=ミシェル・シェーンベルクClaude-Michel Schönbergで、フランス語の作詞はアラン・ブーブリルAlain Boublilとジャン=マルク・ナテルJean-Marc Natel。

今回ご紹介するのは、エポニーヌÉponine役が歌う「私の物語Mon histoire」。英語版の曲名は「オン・マイ・オウンOn my own」です。
エポニーヌは、コゼットを預かっていたテナルディエ夫妻の娘で、コゼットの恋人のマリウスに片想いを抱いていますが、コゼットとマリウスを助け、革命の混乱のさなか、マリウスに抱かれて息を引き取ります。

1991年のステファニー・マルタンStéphanie Martinの歌


Mon histoire 私の物語(オン・マイ・オウン)

Je suis toute seule encore une fois
Sans un ami, sans rien à faire
Je suis pas pressée de retrouver
Ma solitude et ma misère
J'attends que vienne le soir
Pour l'évoquer dans ma mémoire

 私はまたひとりぼっち
 友もなく、することが何もない
 私は自分の孤独と悲惨さを
 急いてまた見出そうとはしない
 私は夜が来るのを待つ
 記憶のなかからあの人を想い起こすために

Je marche seule et chaque nuit
Les rues de la ville m'appartiennent
Toutes mes pensées s'envolent vers lui
Et je mets ma vie dans la sienne
Paris dort dans le noir
Je peux m'inventer mon histoire

 私はひとりで歩くそして毎夜
 街の通りは私のものとなる
 私の思いはすべてあの人のもとへと飛び立つ
 そして私は自分の生をあの人の生活のなかに置く
 パリの街は闇のなかで眠っている
 私は自分の物語を作り出すことができる

Mon histoire3


Mon histoire
C'est un rêve qui commence
Dans les pages
D'un conte de mon enfance
Les yeux fermés
Mon prince enfin m'enlace
Et je prie pour que jamais
Son étreinte ne se défasse

 私の物語
 それは子どものころの童話の
 ページのなかから
 始まる夢
 目を閉じると
 私の王子様がとうとう私を抱きしめてくれる
 そして私は祈る いつまでも
 彼の抱擁が解けないようにと

Avec lui
Je ne suis plus la même
J'aime la pluie
Et quand on se promène
Nos deux ombres
Comme deux géants qui s'aiment
S'allongent à nos pieds
Et vont se mirer dans la Seine

 あの人といると
 私はもう以前と同じじゃなくなる
 私は雨が好き
 そして私たちが歩いていると
 私たちの二つの影は
 愛し合う二人の巨人のように
 私たちの足元から伸び
 セーヌ川のなかに映る

Mon histoire1


Je sais bien que j'ai tout inventé
Je sais bien qu'il n'est jamais à mes côtés
Et pourtant, je continue à croire
Qu'avec lui j'écris mon histoire

 私がすべて創りだしたってよく分かっているわ
 あの人はけっして私のそばにいないってよく分かっているわ
 だけど、信じ続けるの
 あの人といっしょに私の物語を書くんだと

Oui, je l'aime
Mais comme les nuits sont courtes !
Au matin, il a repris sa route
Et le monde redevenu le même
A perdu ses couleurs et l'arc-en-ciel son diadème

 ええ、あの人を愛しているわ
 でもなんて夜は短いの!
 朝になると、あの人は帰ってしまって
 元に戻った世界は
 色を失い虹がその王冠となる

Oui, je l'aime
Mais je suis seule au monde
Toute ma vie, j'ai attendu une ombre
Mon histoire est une coquille vide
Un rêve plein de douceur
Dont je n'ai jamais eu ma part

 ええ、あの人を愛しているわ
 でも私はこの世でひとりぼっち
 生涯、私はひとつの影を待った
 私の物語は空っぽの貝殻
 苦しみに満ちた夢
 そこでは私はけっして報われない

Mon histoire2


Et je l'aime, oui, je l'aime
Oui, je l'aime
Oui, je l'aime
Toute seule dans mon histoire

 でもあの人を愛している、ええ、あの人を愛しているわ
 ええ、あの人を愛しているわ
 ええ、あの人を愛しているわ
 私の物語のなかでひとりぼっちで


Comment:0
2017
04.24

いつの日か出かけようUn jour je m'en irai

Mouloudji Un jour je men irai


ムルージMouloudjiの歌っている「いつの日か出かけようUn jour je m'en irai」は、ジャック・プレヴェールJacques Prévert の詩を歌詞にした曲です。1971年。作曲:ムルージとMouloudjiとジャン・ミュジーJean Musy。



Un jour je m'en irai いつの日か出かけよう
Mouloudji       ムルージ


Un jour je m'en irai sur un bateau tout blanc
Aux îles sous le vent, au pays des enfants
Ah oui je m'en irai, m'en irai pour la vie
Pour les jours et les soirs, les matins et les nuits

 いつの日か僕は真っ白な船に乗り
 風の吹く島へ、子どもたちの国に行くんだ
 ああそうだよ僕は行く、僕は行くんだ人生を過ごしに
 たくさんの昼と夕べ、朝と夜を過ごしに

Un jour je men irai3


Je quitterai Paris, je quitterai la Seine
Notre Dame les quais, ma jeunesse et la tienne
Je n'irai plus jamais acheter de château 注1
En Espagne ou ailleurs ni faire le zigoto 注2

 僕はパリから離れるよ、セーヌ河から
 ノートルダム寺院や岸べから、僕の青春から君の青春からも離れるよ
 これからはけっしてスペインや他の国に途方も無い夢を求めに行ったりしないし
 奇をてらったりもしない

Ni traîner ma mollesse de vieux cargo usé
Au long des noirs canaux de Paris enfiévré
Ni ne finirai plus à minuit Place Blanche 注3 
Ah je voudrais goûter à mes anciens dimanches

 自分の無気力をくたびれた古い貨物船で
 熱を帯びたパリの暗い運河に引きずり回すことなどない
 真夜中にブランシュ広場で果てたりしないよ
 ああ、僕のかつての日曜日を味わいたいものだ

Je quitterai Paris sans même une valise
Pour larguer mon passé et toutes mes sottises
Je quitterai les fleurs du jardin de ton corps
Et ta bouche anonyme et ton cœur qui m'endort 注4

 旅行かばんさえ持たずにパリを離れるよ
 過去や愚行のすべてと縁を切りために
 君の体の園の花々から
 そして月並みな君の口と僕を鈍らせる君の心からも離れるよ

Un jour je men irai2


Je traînerai ma vie au long des continents
Au long des rêveries, au long des océans
Et peut être au fin fond d'une mer verticale 注5
Entre cieux et nuages et vagues viendra le calme

 僕はわがいのちを引きずって諸大陸を
 夢の国を、大海原をまわり
 そしてきっと切り立った海の奥底で
 空と雲と波のあいだに静寂が訪れるだろう

Un jour je men irai1


Un jour je m'en irai sur un bateau tout blanc
Aux îles sous le vent au pays des enfants
Ah oui je m'en irai, m'en irai pour la vie
Pour les jours et les soirs, les matins et les nuits

 いつの日か僕は真っ白な船に乗り
 風の吹く島へ、子どもたちの国に行くんだ
 ああそうだよ僕は行く、僕は行くんだ人生を過ごしに
 たくさんの昼と夕べ、朝と夜を過ごしに

Un jour je m'en irai sur un bateau tout blanc
Aux îles sous le vent au loin, loin oui mais quand
Ah oui je m'enfuirai m'enfuirai pour la vie
Pour les jours, pour les nuits, pour la mort sans soucis

 いつの日か僕は真っ白な船に乗り
 風の吹く島へ、遠くへ、そう遠くへ行くんだ、でもいつなのか
 ああそうだよ、僕は逃げて行く僕は逃げて行くんだ人生を求め
 昼を求め、夜を求め、心おきない死を求めて

[注]
1 acheter de château en Espagne「スペインに城を建てる」は、faire(bâtir) des châteaux en Espagne「空中楼閣を建てる、実現不可能な目論見をする」と類似の意味。
2 faire le zigoto(=zigoteau)「変わったことをする、才気をてらう」
3 Place Blanche「ブランシュ広場」9区と18区の境界に位置している広場で、北側(18区)に有名なキャバレーMoulin Rouge「ムーラン・ルージュ」があり、夜遅くまでにぎわう場所である。
4 anonyme「匿名の」の意味のほかに「ありふれた、個性の無い」の意味がある。bouche「口」 は「話す人」やその傾向も言う。ton cœur qui m'endortは「僕を寝入らせる君の胸」から「僕を丸め込む君の心」まで、解釈はあり得る。
5 peut-êtreではなく、peut êtreと2語になっているのは「あり得る」という意味を強調するためか。fin fond de qc.「…の奥」。mer verticale「垂直の海」世界の果ては海が滝のように流れ落ちているとする「地球平面説」を言うようだが、Mer Verticale(Mare Verticale)というヨットの組織では、verticaleは困難なものすべてを表現する言葉で、海は山と同様に危険であり、自然の限界への挑戦という意味での命名だと説明している。



Comment:0
2017
04.23

パリを想えばOn pense à toi,Paris

Cora Vaucaire On pense à toi,Paris


コラ・ヴォケールCora Vaucaireの「パリを想えばOn pense à toi,Paris」(1959年。作詞:ミッシェル・ヴォケールMichel Vaucaire、作曲:シャルル・デュモンCharles Dumont)は、「モンマルトルに帰りてRetour à Montmartre」と同様、コラが歌う、昔のパリを懐かしむ曲です。



On pense à toi,Paris パリを想えば
Cora Vaucaire     コラ・ヴォケール


Vendeus' de rêv' et fill' d'amour 注1
Tout's les Manon des Amérique's  注2
Tout's les Carmen de Singapour 注3
Ont des instants mélancoliques
Aventuriers du Sud au Nord
Marins, colons ou chercheurs d'or
Ont eux aussi des coups d'caffard
Et dans l'mond' entier certains soirs 注4

 夢を売る人そして春を売る娘
 アメリカのマノンたちみんな
 シンガポールのカルメンたちみんなに
 憂鬱なときがある
 南から北までの冒険旅行
 水夫たち、開拓者たちあるいは金を探す人たち
 もまた憂鬱に襲われる
 そして世界中で或る夕べに

On pense à toi,Paris


On pense à toi, à toi, Paris
Quand on est loin, quand on s'ennuie
On pense à toi comme une amie
A qui l'on peut raconter tout' sa vie
Quand on est seul, quand tout est gris
Quand ça va mal, de mal en pis 注5
On pense à toi, à toi, Paris
Et quelque chose, aussitôt, vous sourit

 ひとは君のことを想う、君のことを、パリよ
 遠くにいるとき、滅入ったとき
 ひとは君のことを、自分の人生をすべて語れる
 女友達のように思う
 ひとり淋しいとき、すべてが灰色のとき
 うまく行かないとき、ますます悪くなる時
 君のことを想う、君のことを、パリよ
 そして何かを、するとすぐ、あなた方は微笑む

Je me souviens d'un coin de rue
D'un p'tit bistrot dans l'dixhuitième 注6
Et d'un bougnat très moustachu 注7
Qui nous servait des cafés crèmes
On s'y r'trouvait deux fois par jour
Et l'on s'disait des mots d'amour
Et d'puis c'temps-là, au fond d'mon cœur
Paris, pour moi, c'est du bonheur

 僕は思い出すある街角を
 18区の小さなビストロを
 そして口ひげの濃いオーヴェルニュ人を
 彼は僕たちにカフェクレームを出してくれた
 僕たちはそこで1日に2回も会った
 そして愛の言葉を交し合ったね
 そしてその時以来、心底
 僕にとって、パリ、それは幸せなんだ

Lapin agile3


Je pense à toi, à toi, Paris
Quand je suis loin, quand je m'ennuie
Je pense à toi comme une amie
A qui je peux raconter tout' ma vie
Quand on est seul, quand tout est gris
Quand ça va mal, de mal en pis
On pense à toi, à toi, Paris
Comme à l'amour que jamais on n'oublie

 僕は君のことを想う、君のことを、パリよ
 遠くにいるとき、滅入ったとき
 僕は君のことを、自分の人生をすべて語れる
 女友達のように思うんだ
 ひとり淋しいとき、すべてが灰色のとき
 うまく行かないとき、ますます悪いほうに向かう時
 ひとは君のことを想うんだ、君のことを、パリよ

[注] コラが歌っているが、語句からは男性の立場の歌と判断される。疑問符、感嘆符の多々入った歌詞を見つけたが、位置に疑問があり、すべて外した。残すべきところもあったかもしれないが。
1 fille d'amour= prostituée「売春婦」
2 アベ・プレヴォーAbbé Prévostの長編小説「騎士デ・グリューとマノン・レスコーの物語Histoire du chevalier Des Grieux et de Manon Lescaut」(1731年)およびそれをもとにしたプッチーニPucciniのオペラ「マノン・レスコーManon Lescaut 」の主人公マノンは、犯罪者としてアメリカへ追放処分となり荒野で死ぬ。ちなみにManonという名前はMarieの愛称Marianneの短縮形。
3プロスペル・メリメProsper Mériméeの小説「カルメンCarmen」とそれをもとにしたビゼーGeorges Bizetの歌劇「カルメンCarmen」、そのCarmenとSingapour「シンガポール」との関連は不明。
4 この行は、次の節に意味的につながっていく。
5 de mal en pis「ますます悪く」
6 dixhuitième「18区」パリの街は20のarrondissements(行政区)に分かれている。「18区」は一番北側でモンマルトルMontmartreあたりも含まれる。このbistrot「ビストロ」は「ラパン・アジールAu Lapin agile」 のことだろう。この曲と同様、ミッシェル・ヴォケール作詞のコラの曲「フレデFrédé」参照。
7 bougnat= auvergnat「オーヴェルニュ地方出身の人」。フレデは髭が特徴でオーヴェルニュ出身らしい。ちなみに、ジョルジュ・ブラッサンスGeorges Brassensの「オーヴェルニュ人に捧ぐChanson pour l'auvergnat」は、パリの南に位置する14区に住んでいたオーヴェルニュ人たちに捧げられている。



Comment:0
2017
04.22

ある愛の詩Une histoire d'amour

Mireille Mathieu Une histoire damour


アーサー・ヒラーArthur Hiller監督の1970年の映画「ある愛の詩Love Story」は、エリック・シーガルErich Wolf Segalによる同名の小説が原作ですが、未完の小説を原作として映画の製作が始まり、小説と映画が同時進行で作られました。先に映画が完成し、映画の脚本を基に小説が執筆された部分もあるそうですが、先に発表されたのは小説で、その数週間後に映画が公開されました。若い二人が恋に落ち、親の反対を押し切って結婚しましたが、女性のほうが白血病で亡くなるという美しくも悲しいストーリーです。フランシス・レイFrancis Laiが作曲したテーマソングLove Storyは、1971年にWhere Do I Beginというタイトルでシグマン・カールSigman Carlが作詞し、アンディー・ウィリアムズAndy Williamsが歌っています。そして同年、カトリーヌ・ドザージュCatherine Desageがフランス語に翻案した「ある愛の詩Une histoire d'amour」をミレイユ・マチューMireille Mathieuが歌いました。

アンディー・ウィリアムズ



ミレイユ・マチューの歌唱は素晴らしいです



Une histoire d'amour ある愛の詩
Mireille Mathieu   ミレイユ・マチュー


Une histoire d'amour
Où chaque jour devient pour nous le dernier jour
Où on peut dire "à demain" à son amour
Et qu'on est là tout près de lui à regarder
Mourir sa vie

 ある愛の物語
 そこでは毎日が自分たちにとっての最後の日となる
 そこでは「また明日」と恋人に言うことはできる
 そして彼女のすぐそばにいて見届ける
 いのちを終えるのを

Une histoire d'amour
Où pour nous deux le mot toujours semblait trop court
Tu vois pourtant nous n'avons plus beaucoup le temps
Non mon amour tu ne dois pas, il ne faut pas
Pleurer sur moi

 ある愛の物語
 そこでは私たち二人にとって言葉はいつも短すぎるようだった
 だけど私たちにはもう時間があまりないわね
 いえいとしい人だめよ、いけないわ
 私のために泣いちゃ

Une histoire damour2


Ne me dis pas adieu
Je vais fermer les yeux
Viens près de moi
Et prends-moi dans tes bras
Restons ensemble
Serre-moi fort
Tu vois il me semble que ma vie s'endort
Dis-moi "je t'aime"

 私にさよならを言わないで
 私は目を閉じるわ
 私のそばに来て
 そして私をあなたの腕で抱いて
 いっしょにいて
 私を強く抱いて
 私のいのちは眠りにつくんだわ
 「愛してる」って言って

Une histoire d'amour
C'est la chanson de l'océan les nuits d'été
Un souvenir qui va durer l'éternité
Pour moi ce soir la vie s'en va mais notre amour
Ne finit pas

 ある愛の物語
 それは夏の夜の海の歌
 永遠に続く思い出
 私にとっては今夜、いのちは消えるけれど私たちの愛は
 終わらない

Une histoire damour3


Une histoire d'amour
Ça ne peut pas vraiment mourir en un seul jour
Ne reste pas le cœur en deuil à vivre seul
Il te faudra voir d'autres ciels, d'autres soleils
Ne pleure pas

 ある愛の物語
 それはたった一日でなくなってしまうものじゃない
 一人で生きていくのに悲しい心を引きずらないで
 あなたはあらたな空を、あらたな太陽を見なくてはならないわ
 泣かないで

続きを読む
Comment:0
2017
04.21

愛するだけでよかったらS'il suffisait d'aimer

Celine Dion Sil suffisait daimer


今回はセリーヌ・ディオンCeline Dionの「愛するだけでよかったらS'il suffisait d'aimer」です。作詞・作曲ジャン=ジャック・ゴールドマンJean-Jacques Goldman。1998年の同名のアルバムに収録されています。私としてはいまいち分かりにくい歌詞です。歌っていくうちに歌詞の意味が腑に落ちてくることって、私も何度かありましたが、この曲を歌っている方に感じられたことを伺ってみたいです。



S'il suffisait d'aimer 愛するだけでよかったら
Celine Dion      セリーヌ・ディオン


Je rêve son visage je décline son corps
Et puis je l'imagine habitant mon décor
J'aurais tant à lui dire si j'avais su parler
Comment lui faire lire au fond de mes pensées?

 私は彼の容貌を夢見、彼のからだは辞む
 そして彼が私のところに住んでいると想像する
 もしうまく言えるなら彼にとても言いたい
 どうすれば私の心の底を読み取ってもらえるのか?

Mais comment font ces autres à qui tout réussit? 注1
Qu'on me dise mes fautes mes chimères aussi
Moi j'offrirais mon âme, mon cœur et tout mon temps
Mais j'ai beau tout donner, tout n'est pas suffisant

 でも何をしてもうまく行くほかの人たちはどのようにしているのか?
 ひとは私の過ちや妄想を私に指摘するのよ
 私は自分の魂も、心もすべての時間もささげるわ
 でもすべてを差し出しても無駄、すべてでも充分じゃない

Sil suffisait daimer1


S'il suffisait qu'on s'aime, s'il suffisait d'aimer
Si l'on changeait les choses un peu, rien qu'en aimant donner
S'il suffisait qu'on s'aime, s'il suffisait d'aimer
Je ferais de ce monde un rêve, une éternité

 もし愛し合うだけでよかったら、もし愛するだけでよかったら
 もしものごとをちょっと変えたなら、ただ愛しながら与えるだけで
 もし愛し合うだけでよかったら、もし愛するだけでよかったら
 私はこの世界を夢に、永遠のものにするわ

J'ai du sang dans mes songes, un pétale séché
Quand des larmes me rongent que d'autres ont versées
La vie n'est pas étanche, mon île est sous le vent 注2
Les portes laissent entrer les cris même en fermant

 私の空想には血がかよい、1枚の乾いた花びらがある
 ほかの人たちが流した涙が私を苦しめるとき
 いのちは護りが甘くなり、私の島は風にさらされ
 扉は閉じていても叫び声に侵入される

Dans un jardin l'enfant, sur un balcon des fleurs
Ma vie paisible où j'entends battre tous les cœurs
Quand les nuages foncent, présages des malheurs
Quelles armes répondent aux pays de nos peurs? 注3

 子どもの遊び場のなかに、花の咲くバルコニーの上に
 私の平和な生活であらゆる心が争うのが聞こえる
 雲が黒く立ち込めるときは、不幸なことの前兆
 どんな武器が私たちの恐怖の国に見合うものなのか?

Sil suffisait daimer2


S'il suffisait qu'on s'aime, s'il suffisait d'aimer
Si l'on pouvait changer les choses et tout recommencer
S'il suffisait qu'on s'aime, s'il suffisait d'aimer
Nous ferions de ce rêve un monde
S'il suffisait d'aimer

 もし愛し合うだけでよかったら、もし愛するだけでよかったら
 もしものごとを変えすべてをやり直せたら
 もし愛し合うだけでよかったら、もし愛するだけでよかったら
 私たちはこの夢でひとつの世界を作るわ
 もし愛するだけでよかったら

[注]
1 réussir à qn.「…のためになる、…によい結果をもたらす」。ここではtout「すべて」がà ces autres(quiの先行詞)「これらのほかの人たち」にréussit「よい結果をもたらす」。
2 étanche「(液体・気体などが)漏れない、防水の、気密の」が原義で「守りの堅固な」の意味。
3 paysは想像上の領域を「国」とたとえている。




Comment:1
back-to-top