FC2ブログ
2018
11.25

家族のスキャンダルScandale dans la famille

Dalida Scandale dans la famille


ダリダDalidaが歌った「家族のスキャンダルScandale dans la famille」は、もともと、ジャック・ターナーJacques Tourneurがシャロット・ブロンテCharlotte Brontëの小説「ジェーン・エアJane Eyre」をもとに(内容は全く異なるが)制作したアメリカ映画「私はゾンビと歩いたI Walked with a Zombie」(1943年。フランス語のタイトル:Vaudou)のためにサー・ランスロットSir Lancelotが作詞・作曲し映画の中で歌ったShame and Scandal in the Familyというカリプソcalypsoスタイルの曲です。
その後、アレンジを加えられたり、翻案されたりして世界中で歌われヒットしました。
ダリダDalidaの歌ったフランス語版は1965年にモーリス・テゼMaurice Tézéが作詞。サッシャ・ディステルSacha Distelなども歌いました。ダリダはイタリア語でも歌っています。
11月10日の《大阪ヴォーカルコンクール》で大西千夏さんが「オーパパ」と題して日本語で歌い、歌唱賞を受賞しました。

カリプソは20世紀に生まれた音楽のスタイルのひとつで、アフリカ人奴隷たちがお互いに言葉が通じず音楽でコミュニケーションをしたのが始まりで、イギリス領、フランス領のカリブの島々、特にトリニダード・トバゴTrinidad and Tobago(フランス語ではTrinité-et-Tobago)のカーニバルで発達し、レゲエのルーツの一つとなりました。トリニダード・トバゴは23の島々からなり、その主島トリニダード島Trinidadの名前が歌詞に出てきます。ちなみに、日本でも有名になったハリー・ベラフォンテHarry Belafonteの「バナナ・ボートBanana Boat Song」はトリニダードの労働者がバナナを船に積み込むときに歌う労働歌を元に作られた曲で、ジャマイカ民謡のメントの曲ですが、当時のアメリカではメントの知名度が低く、より有名なジャンルであるカリプソとして売り出されたそうです。どんどんわき道に逸れていきそうなのでこれくらいに。

ダリダ




サッシャ・ディステル



Scandale dans la famille 家族のスキャンダル
Dalida            ダリダ


Waoh papa !
Quel malheur, quel grand malheur pour moi
Waoh papa !
Quel scandale si maman savait ça

 オーパパ!
 なんという不運、僕にとってなんという大きな不運
 オーパパ!
 なんというスキャンダル、もしママが知ったら

À Trinidad, tout là-bas aux Antilles 注1
À Trinidad vivait une famille

 アンティル諸島の、トリニダードに
 トリニダードに、ある家族が住んでいた

Scandale3.jpg


La mama et le papa et leur grand fils aîné
Qui à 40 ans n'était pas encore marié
Un jour il trouva la fille qu'il voulait
Il dit à son père : "Je voudrais l'épouser"
Hélas mon garçon, hélas tu n'peux pas
Car cette fille est ta sœur et ta mère ne le sait pas

 ママとパパとお兄ちゃん
 彼は40歳でまだ未婚
 ある日彼は好みの娘を見つけた
 彼は父親に言った「彼女と結婚したい」と
 アアお前、アアそれはできないよ
 だってこの娘はお前の妹だ ママは知らないが

Waoh papa !
Quel malheur, quel grand malheur pour moi
Waoh papa !
Quel scandale si maman savait ça

 オーパパ!
 なんという不運、僕にとってなんという大きな不運
 オーパパ!
 なんというスキャンダル、もしママが知ったら

Scandale1-2.jpg


À Trinidad, tout là-bas aux Antilles
À Trinidad, woh woh quelle famille

 アンティル諸島の、トリニダードに
 トリニダードに、ウォーウォーどんな家族が

Deux ans passèrent puis le garçon un soir
Vînt trouver son père et lui dit plein d'espoir
La maîtresse d'école veut bien m'épouser
Mais le pauvre père prit un air accablé
Mon fils tu n'peux pas, tu n'peux pas faire ça
Car cette fille est ta sœur et ta mère ne le sait pas 注2

 2年が経ち息子はある晩
 父親をつかまえて期待を込めて言った
 学校の先生が僕と結婚したいってさ
 でも哀れな父親は困った様子
 お前、ああそれはできないよ
 だってこの娘はお前の姉だ ママは知らないが

Waoh papa !
Quel malheur, quel grand malheur pour moi
Waoh papa !
Quel scandale si maman savait ça

 オーパパ!
 なんという不運、僕にとってなんという大きな不運
 オーパパ!
 なんというスキャンダル、もしママが知ったら

À bout de patience, il courut écœuré
Raconter à sa mère toute la vérité
La mère se mit à rire et lui dit : "Ne t'en fais pas !" 注3
Ton père n'est pas ton père et ton père ne le sait pas 注4

 たまらなくなり、彼はがっかりして
 母親に真実を全部告げに走った
 母親は笑って言った「心配しないで!」
 父さんはおまえのお父さんじゃなくて父さんはそれを知らないのよ

Scandale5.jpg


Waoh mama !
Quel bonheur, quel grand bonheur pour moi
Waoh mama ! quel scandale, si papa savait ça
Waoh mama ! quel scandale, si papa savait ça
Waoh mama ...

 オーママ!なんという幸運、僕にとってなんという大きな幸運
 オーママ!なんというスキャンダル、もしパパが知ったら
 オーママ!なんというスキャンダル、もしパパが知ったら
 オーママ…

[注] タイトルおよび歌詞中のscandaleはスキャンダルとカナで書くともっぱら「醜聞」の意味となるが、フランス語としては「ひんしゅく、物議、大問題」などの意味合いももつ言葉。ここでは「大問題」くらいがふさわしいのだが、「スキャンダル」のほうが言葉として面白いのであえて用いた。
1.Antilles「アンティル諸島」は中央アメリカに位置し、西インド諸島の主要部を構成する諸島。そのなかの小アンティル諸島のまたそのなかのウィンドワード諸島にトリニダード・トバゴTrinidad and Tobagoがあり、その主島Trinidad「トリニダード島」がある。
2 sœurは「姉」「妹」のいずれか特定できないが、先の娘を「妹」とし、la maîtresse d'école 「学校の女教師」であるこちらを「姉」としてみた。
3 s'en faire「心配する、気にする」
4 ton père はton père ではなくて、ton père はそれを知らない。1番目と3番目のton père は「あなたが父親だと思っている人」で、2番目のton père は「あなたの実の父親」。「父さん」と「お父さん」に訳し分けた。


Scandale6.jpg



Comment:0
2018
09.07

訳詩コンサート「世界の歌を美しい日本語で」

10月5日(金)に代々木上原の「けやきホール」でおこなわれる、訳詩コンサート「世界の歌を美しい日本語で」に、去年に引き続き出演いたします。何度も出演されているベテランの水織ゆみさん、そして大河原ひろ美さん、竹山京季さん、東田志保子さんに加え、諸コンクールで何度も入賞されている、伊藤佐知子さんと鈴木真巳子さんが出演されることになりました。素晴らしいコンサートになりそうです。ゲストはボニージャックス。懐かしい!とつい思ってしまいますが、1958年、私が11歳の頃から活動を続けているグループで、2003年に加入した吉田秀行さん以外は80代で、アズナヴール並みです。

私は、「ロンドンに雨が降るIl pleut sur London」「セニョールSeñor」「モンソー公園にてAu parc Monceau」の3曲を自作の日本語歌詞で歌います。実は、8月初めに、「セニョールSeñor」はまだ充分にできていないので、やっと満足のいく形になった「あたしスノッブJ'suis snob(version femme)」に変えたいと申し出たんですが、もう変更できないと言われ、また、「モンソー公演にてAu parc Monceau」はカザンとのデュオを希望していたのですが、それが条件に合わないということでソロで歌うことになりました。ともかく、こうなったらなんとかするしかなく、今、特訓中。フランス語とまた違った難しさがあるんですう…。

チケットは無料ですが、入場の際に必要ですので、観覧ご希望の方は、日本訳詩家協会(下記フライヤーに記載)までお申し込み下さい。

Yakushika2.jpg





Comment:0
2017
11.06

インタヴュー

月に1度は3泊4日ほど伊豆高原に行って、掃除婦兼土方みたいなことをやっている、と「あと90曲、あと100日ちょっと」と題した2月3日の記事に書きましたが、今年4月末から伊豆高原でヨガを教え始めることになり、月に2回行くことが多くなりました。
分倍河原から南武線に乗り、小田急線・JR・伊豆急と乗り継ぐという最も安い交通手段はその分、時間がかかります。その途中の真鶴にシャンソン仲間のHさんがお住まいで、最近、ご主人といっしょに「和紙」グッズを広める仕事を始められ、そのブログ「和紙はお好き?」で、「シャンソンを1000曲邦訳した」私を紹介したいというお話があり、途中下車してHさんのお宅でご主人にインタヴューを受けました。その記事は10月24日に掲載され、Hさんの口コミ(メルコミ?)でたくさんのシャンソン仲間の皆さんが読んでくださったようです。→こちら

そのインターヴューのページには、私以外は和紙や和文化に関連した方々が紹介されています。私が出るのは場違いじゃないかと心配しましたが、
「空海も最澄も、中国の仏典を翻訳して、その教義を日本人に紹介してきたのです。日本の文化の歴史は、天平の昔から、海外の物を取り入れて、それを発展させて、新しい”和”という文化を創造してきたのです。 今日のインタビューは、シャンソンというフランスの歌の持つ素晴らしさを、7年前からこつこつと翻訳を続けてこられた朝倉ノニーさんです。」
という見事な切り口で、私の心配を払拭させてくださいました。

ヨガを始めた頃、つまり今の半分の歳の私の写真も掲載していただき、それが皆さんにたいへん好評だったようです。興味がおありでしたらご覧になってみてください
思えば歳を取ったものです…。



Comment:0
2017
10.06

《世界の歌を美しい日本語で》

《第4回東京シャンソンコンクール》日本語部門のグランプリ、長堀昌恵さんが歌われた「私の街で」の歌詞は、長掘さんの依頼で、エディット・ピアフÉdith PiafやザーズZAZが歌っている原曲のDans ma rueを私が訳詞したものです。以前から、邦訳のかたわら、原曲の内容に忠実な日本語歌詞に密かに(?)取り組んできましたが、これを機に日本訳詩家協会に入会しました。

そして、10月6日(金)の日本訳詩家協会主催のコンサート《世界の歌を美しい日本語で》に出演することになり、自作の日本語歌詞で3曲歌います。「私の街で」は長堀さんに権利があるので彼女の許可を得て歌います。あとの2曲は初公開です。私としてはあらたな世界に飛び込む感があります。ゲストの井関真人さんはじめ共演される方々はどなたも面識がなく、YouTubeで皆さんの歌を初めて聴かせていただきましたが、素晴らしい歌い手ぞろいで、共演できることがとても楽しみです。

入場は無料ですが、チケットが必要です。来場いただける方は、日本訳詩家協会(FAX03-3385-0788)にお申し込みください。 私の手持ちのチケットはもう無くなりました。

yakusiconcert.jpg

Comment:0
2017
06.04

ありがとうございました!

《邦訳1000曲達成記念コンサート》が無事に終わりました。1週間のあいだ、ボーッとしていましたので、ご報告が遅くなりました…。

自分としてはいくつかのミスが気になりましたが、ま、ヴァラエティに富んだ内容ではあったかなと。あとで皆さんからいただいたもろもろのお言葉で、居心地のいいコンサートにすることができ、充分楽しんでいただけたことが分かり、ホッといたしました。

ブレーメン・ハウスはとてもすてきな会場でしたし、アニエス晶子さんのピアノ伴奏もいつもながら完璧で、私の四男が1曲、フルートで伴奏に加わってくれたのも好評でした。ゲスト出演してくださったLa féeとCom'Ci Com'Çaの2組のデュオの4人の方々、パリージョを演奏してくださった井上葉子さん、パートナーの宇藤カザンの面々は、歌も素晴らしかったですが、受付から裏方まですべて引き受けてくださって、スムーズに進めることができました。最後に、花束とハッピー・バースディの合唱というビックリのプレゼントが用意されていて、もう大感激でした。コンサートのテーマ・カラーを初夏のグリーンとしましたので、グリーン系のすてきな花束でした。

2017 5-27-2


2日後の29日から伊豆の《サロン・デ・フォンテーヌ》で草むしりをしていたら、コンサートを無事終えられたのは、応援してくださった皆さんのおかげなんだという感謝の気持ちが急にこみ上げてきて、涙ぐんでしまいました。

現94歳の母が88歳のとき、初めてパソコンでメールしてきて、その言葉が「生きててよかった!」でした。
同じ歳で言えるかどうか分かりませんので、今のうちに言うことにします。
「生きててよかった!皆さんありがとう!」

初めてのソロ・コンサートは、とても勉強になりました。歌の練習もさることながら、自分の歌をどうアレンジし、曲目をどう組み合わせ、MCを入れてプログラムをどのように進めていくかということを相当考えました。歌詞の邦訳をやってきた人間としては歌詞内容が大事なんですが、歌う前に原曲の内容を説明したり、資料を用意したりする代わりに、前奏や間奏のあいだに日本語の短い語りを入れるということを今回いろいろ試みました。今後、そのパターンをもっと発展させていきたいと思います。

7日に、《アミカル・ド・シャンソン5周年記念コンサート》があります。出演者はすごい面々で、ちょっとない素晴らしいコンサートになると思います。私も2曲歌いますが、27日に歌ったなかで皆さんに一番気に入っていただいた曲、「ロレットの店で Chez Laurette」と「雲 Nuages」に決めました。両曲ともオリジナルの語りを入れます。ぜひ聴きにいらしてください。



Comment:2
2017
05.27

もうすぐコンサートです!

ほんとに当たり前ですが、27日のコンサートまでの日にちが、毎日、1日ずつ減って行き…、ここ数日は通しの練習を続けています。

私は、ブログで邦訳しているだけではなく、フランス語で歌う会「アミカル・ド・シャンソン」、そして「東京シャンソンコンクール」等を主催する「日仏文化サロン」をお世話しておりますので、お客さんには、各種コンクールの入賞者や、毎年何回もソロライブを開いている方々などすごい歌い手たちがいっぱい。代わりに歌ってもらって、客席で聴きたい気分。
でも、そんなこと言ってはいられません。歌唱力で勝負できない分、ユニークさで行こうと居直ることにします。1000曲邦訳達成記念という名目ですから、ヴァラエティに富んだ選曲にし、MCや前奏・間奏時の語りなどを加えて曲の内容を自然に感じ取っていただけるようにしようと思っています。

去年の東京シャンソン・コンクールでフランス語部門グランプリのCom’Ci Com’Ça と今年プルミエプリのLa féeという2組のデュオ、ともに「アミカル・ド・シャンソン」「東京日仏文化サロン」を主宰している宇藤カザンがゲスト出演してくれますし、きっとおもしろいコンサートになるでしょう。

予定している曲を1曲だけ発表いたしましょう。
今年の東京シャンソン・コンクールで日本語部門グランプリの長掘昌恵さんが歌われた「私の街で」は、長掘さんの依頼で私が訳詞したものです。歌詞の権利はすでに長堀さんにあるのですが、私は作者ということで特別に許可を得て歌います。

スペースにかなり余裕のある会場なので、満席になる心配はまったくありません。当日になってお時間の都合がついて行ってみようかと思われたりしたら、予約なしでも大丈夫です。ブログを見てくださっている方々にお会いできるのを楽しみにしていますのでぜひいらしてください。

nonniebremen.jpg



Comment:0
2017
05.04

1000曲、達成しました!

今日、5月4日に、1000曲目の「金色の麦の穂の歌La chanson des blés d'or」をアップしました。2011年の1月から、Yahoo!ブログで邦訳を始めてから6年ちょっとのあいだ、さまざまなシャンソンと付き合ってきました。もう、訳したことも忘れてしまっている曲もあるし、とても気に入って、繰り返し聴いている曲も、そして自分で歌うようになった曲もあります。まだまだいい曲がたくさんあり、1000曲でおしまいではありません。1000曲の記事を見直しつつ、今後も、すこしずつ新しい曲に取り組んでいこうと思っています。

気が付けば、一昨日、2日に、70歳になっちゃっていました! 自分でも信じられないけれど、これだけも生きてきたわけです。このブログの一番最初の「ご挨拶」と題した記事に簡単な自己紹介を書きましたが、もう少し細かく書いてみたくなりました。

振り返れば、戦後のベビーブームの昭和22年に大阪で生まれ、受験戦争という波に押されて京都大学文学部に入学し、フランス語・フランス文学を専攻。そして大学紛争時に中退し上京し結婚。カメラマンの夫はいわゆる貧乏な芸術家で、私は男の子4人を育てながらさまざまな種類のアルバイトをしてきました。35歳くらいからヨーガを始め、それが本職に。50歳のときに、学業を中断したという昔のツケを返したい気持ちになり、放送大学に入学。ヨーガと関連ある勉強をということで心理学を専攻し卒業。再度、大学院に入学しヨーガ経典「ヨーガ・スートラ」を研究。その修士卒業の報告をした数日後に夫が亡くなりました。13年前のアテネ・オリンピックの年でした。放送大学はその後、身体生理学を学んで3度目の卒業をしました。最初の入学の際にフランス語の科目を選択したことからフランス語への興味が再燃し始め、アテネ・フランセの総合クラスで一から勉強し直しました。そしてシャンソン・クラスに入ったことで、歌詞の勉強と同時に歌うことへの関心が生まれました。ブログで自分の訳を出し始め、歌い始めた時点では、ただの個人的な活動に過ぎませんでしたが、宇藤カザンと知り合ったことで、フランス語のシャンソンを広げる活動をおこなうというステータスを得て、その取り組みがさまざまに発展して今に至っています。

でも、やはり私は個人的な人間です。つまり社会的な活動より、自分の内側の世界のほうが大事なのです。今までの人生の半分、ヨーガを実践してきました。宗教的なのめり込みはしていませんし、健康のための体操としてお教えしていますが、ヨーガによって培われた感覚なり人生観なりが、油絵でいうとキャンバスのようなものとなっています。そして歌うことは自分の内側と外側をつなぐためにとてもいい架け橋になってくれます。
つまり、こっちに話をもって行きたいのです。27日に予定しているソロ・コンサートに。
残り1ヶ月を切りました。まずは6日の「東京シャンソン・コンクール」の運営をこなしたあとは、集中して準備にかかります。いいコンサートにしたいと思います。がんばります!






Comment:5
2017
04.29

《伊豆高原シャンソンライブ》

2月3日の記事に、伊豆高原に行って、掃除婦兼土方みたいなことをやっているということを書きましたが、その改装中の宇藤カザンのアトリエのすぐ近くのライブハウスJiro's で、ゴールデン・ウィークの初日4月29日にシャンソン・ライブをやります。いっしょに出演する方々は実力派ぞろい。キーボードの関根忍さん、ドラムの野口迪生さんにベースの星野広志さんも加わり、ちょっとピクニック気分で、乗りに乗った演奏をご期待いただけそうです。

そして、その翌日30日には、同じくJiro's で、キーボードの上里知巳さん、ドラムの野口迪生さん、ベースの成重幸紀さん、そしてヴォーカルの井上葉子さんのジャズ・ライヴをおこなうことになりました。
両ライブとも当日券がありますが、予約されると500円安くなります。

そして、実は、その二つのライヴの前の27日には、私が本業のヨガの無料体験講座を伊豆高原駅近くの「八幡野コミュニティーセンター」で開きます。午後13時~14時半。その後、月に1、2回、シニアクラスを開きます。無料体験は初回のみで、次回以降は1000円です。すべて予約不要です。

伊豆がますますおもしろくなってきました!

jiroslive2017s.jpg



Comment:0
2017
03.03

《邦訳1000曲達成記念コンサート》

5月27日(土)のコンサートのフライヤーができあがりました。歌う曲もほぼ決まりました。フランス語の曲を中心に自分で作った日本語歌詞も加え、訳した曲の2%ほどを歌うことになりますが、1000曲訳すよりたいへんだとつい…でももう逃げられない!
頼りになるアニエスさんですし、強力デュオの2組とパートナーのカザンがゲスト出演してくれますし、楽しいコンサートにしたい、いえ、なると思いますので、このブログを見てくださっている皆様、お時間がありましたらぜひいらしてください。お会いできるとうれしいです。

ご予約は、chatenparadis*gmail.comの*を@に換えてメールで。当日受付にご用意いたします。満席の心配はたぶんありません(*^_^*)

この記事を書いている3月3日現在、1000曲まであと60曲ちょっと、あと2ヶ月あまり!

nonniebremen.jpg


Comment:2
2017
02.03

あと90曲、あと100日ちょっと

今日で910曲となりました。あと90曲、このまま1日1曲続けていけば、5月4日に1000曲に達します。

5月27日のコンサートの曲目がほぼ決まり、少しずつ練習にエンジンがかかり始めました。
今月中に、会場の「ブレーメンハウス」で写真をとって来るつもりです。そしてフライヤーができてしまえばもう逃げられない!
ずっと先のような気がしていましたが、あと100日ちょっとです。
ブログの曲数が1曲ずつ増えると同時に1日ずつ近づいてくるわけです。

去年の5月から月に1度は3泊4日ほど伊豆高原に行って、掃除婦兼土方みたいなことをやっています。宇藤カザンが今、古い家と庭を改造してギャラリーとロック・ガーデンを自作していて、その手伝いなんです。こちらのカザンのブログをご覧ください。→《サロン・デ・フォンテーヌ&ギャラリー・カザン》

ここは東京より寒い高原地で、屋根や壁は工事中で、ガスも引いていなくて、小さな石油ストーブが1つあるだけで、家の中はほとんど外と同じ。日が暮れると寝るしかなくて夜明け前に目が覚めてしまいます。でも、パソコンがないのでプログもできない(ま、ここにいる日の分は予約投稿しておくのですが)。家の中を片付けながら明るくなるのを待って仕事を始めます。もとの壁のベニヤ板やタイルを剥がしたり、シャベルで土を掘ったり、石や木材を運んだり、雑草を抜いたりなどなど。ヨガで鍛えてきたので背筋力や脚力は男並みと自慢していましたが、正直言って相当こたえます。東京に帰った翌日はもうボロボロ…。

下の写真は、庭に穴を掘っているところ。地面の下は火山岩だらけで、それでカザンがロック・ガーデンを作るのですが、この場所を掘っていると下から水蒸気が出てきたのです。ちょっと匂いがあって暖かくて、早朝にははっきりと湯気が見えます。温泉が出てきたら一攫千金。でもそれには1キロも掘らなきゃ無理らしいから、この湯気をなにかに利用できるだけで満足するしかないでしょう。

nonnie3.jpg


このように、シャンソンを歌うこととは程遠い生活をしていますが、それがかえって私のエネルギーになって、今の目標にとってプラスになっていると感じます。がんばります!



Comment:1
back-to-top