2018
01.01

扉のページ

Category: 扉のページ
porte.jpg


このブログは、シャンソンの歌詞のご紹介がメインですが、イヴェント等のお知らせや各種の情報の記事も別のカテゴリーとして書いています。この「扉のページ」は各カテゴリーの記事への入り口です。カテゴリー名あるいは記事のタイトルをクリックするとそれぞれの扉が開きます。 ※スマホの場合はPCモードにしてご覧ください。

シャンソン歌詞・邦訳:原曲の歌詞とその邦訳をメインに、歌手や曲についての解説を適宜加えつつ曲を紹介しています。以前Yahoo!ブログですでに取り上げた曲は、見直し・修正を加えて移しています。

 最新記事 Soniaソニア:Patrick Juvet

掲載曲リスト:掲載した曲を原題のアルファベット順にリストアップしています。タイトルをクリックしてその曲のページを開けます。

《アミカル・ド・シャンソン》:シャンソン(カンツォーネ・ラテン・ジャズ)を原語で歌う会《アミカル・ド・シャンソン》の活動内容のご紹介、日程、個々のイヴェントのご案内です。

 《アミカル・ド・シャンソン》へのお誘い
 《アミカル・ド・シャンソン》2017年度日程 
 スブリームのシャンソンセミナー《マスタークラス》6月11日受講枠満了。聴講受付中。

《東京日仏文化サロン》:《東京シャンソンコンクール》および《大阪ヴォーカルコンクール》に関する記事です。

 《第4回 東京シャンソンコンクール》 5月6日(土) 申込み期間:3月一杯

朝倉ノニーより:ブログ・オーナーとして皆さんにお伝えしたい情報、そしてまたちょっと個人的なことがらも…。
   
 《伊豆高原シャンソンライブ》4月29日(土)
 《邦訳1000曲達成記念コンサート》5月27日(土)





Comment:8
2017
06.11

スブリームのシャンソンセミナー《マスタークラス》

本年度は、スブリームのシャンソンセミナー《マスタークラス》を、3月12日、6月11日、10月1日におこないます。
第2回目の6月11日の受講枠はすべて満了いたしました。今後のお申込みはキャンセル待ちとなります。聴講は受付中です。10月1日分の受講予約も可能です。

2017master4s.jpg


Comment:0
2017
05.27

《邦訳1000曲達成記念コンサート》

5月27日(土)のコンサートのフライヤーができあがりました。歌う曲もほぼ決まりました。フランス語の曲を中心に自分で作った日本語歌詞も加え、訳した曲の2%ほどを歌うことになりますが、1000曲訳すよりたいへんだとつい…でももう逃げられない!
頼りになるアニエスさんですし、強力デュオの2組とパートナーのカザンがゲスト出演してくれますし、楽しいコンサートにしたい、いえ、なると思いますので、このブログを見てくださっている皆様、お時間がありましたらぜひいらしてください。お会いできるとうれしいです。

ご予約は、chatenparadis*gmail.comの*を@に換えてメールで。当日受付にご用意いたします。満席の心配はたぶんありません(*^_^*)

この記事を書いている3月3日現在、1000曲まであと60曲ちょっと、あと2ヶ月あまり!

nonniebremen.jpg


Comment:2
2017
05.06

第4回 東京シャンソンコンクール

5月6日に《第4回 東京シャンソンコンクール》をおこないます。申込み期間は3月一杯で3月31日消印有効です。
フライヤーの郵送を希望される場合はお送りいたしますので、メールまたはお電話でご連絡ください。
規定の申し込み用紙はありません。用紙・形式は自由ですから、下のフライヤーの画像の●申込書という欄の①から⑦までをご記入の上、顔写真・予備審査音源を添えて、郵送またはメールでお送りください。ご不明な点はメールまたはお電話でお問い合わせください。

電話&FAX:042-363-2213
メールアドレス:chansontokyo*gmail.comの*を@に変えて。


70506f2.jpg



Comment:4
2017
04.29

《伊豆高原シャンソンライブ》

2月3日の記事に、伊豆高原に行って、掃除婦兼土方みたいなことをやっているということを書きましたが、その改装中の宇藤カザンのアトリエのすぐ近くのライブハウスJiro's で、ゴールデン・ウィークの初日4月29日にライブをやります。いっしょに出演する方々は実力派ぞろい。キーボードの関根忍さん、ドラムの野口迪生さんともども、ちょっとピクニック気分で、乗りに乗った演奏をご期待いただけそうです。

70429jiros.jpg



Comment:0
2017
03.30

ソニアSonia

Patrick Juvet Sonia


スイスのシンガー・ソングライター、パトリック・ジュヴェPatrick Juvetの「ソニアSonia」(1973年)をご紹介しましょう。「いとしのソニア」という邦題でも呼ばれています。



Sonia       ソニア
Patrick Juvet  パトリック・ジュヴェ


Elle était venue comme une étoile
Pareille à celle des nuits de mai
Le vent froid de sa steppe natale
La suivait comme une mère
Une mère

 彼女は星のように降って来た
 5月の夜の星と同じように
 彼女の生地の草原の寒風が
 母親のように彼女について来た
 母親のように

Sonia1.jpg


{Refrain:}
C'était mon rêve, c'était Sonia
C'était l'amour qui venait du froid
Était-ce un songe toujours inventé
Pour un été ?
C'était mon rêve, c'était Sonia
C'était l'amour qui venait du froid
Son cœur de cendres a brûlé mes doigts
Encore j'en tremble

 それは僕の見た夢だった、それはソニアだった
 それは寒い国からやって来た恋だった
 それは夏のために
 いつも創り出される妄想だったのか?
 それは僕の見た夢だった、それはソニアだった
 それは寒い国からやって来た恋だった
 彼女の埋もれ火の心は僕の指を焼いた
 僕はまだそれゆえに震えている

Elle n'avait pu se faire à l'idée
Que mon pays fait parfois rêver
Au doux soleil des mille ciels bleus
Je devais lui allumer
Un grand feu

 彼女は思い描くことができなかった
 僕の国が時々夢見させてくれる
 数限りない青空の優しい太陽を
 僕は彼女に灯すべきだった
 大きな炎を

{Refrain}

C'était mon rêve, c'était Sonia
C'était l'amour qui venait du froid
Un jour peut-être elle me reviendra
Comme une fête
Un jour peut-être dans une gare
Et sur ma route, comme au hasard
Elle reviendra là-bas du froid
Elle reviendra !

 それは僕の見た夢だった、それはソニアだった
 それは寒い国からやってきた恋だった
 たぶんいつの日か彼女は僕のところに戻って来るだろう
 祝祭のように
 たぶんいつの日かある駅で
 そして僕の行く道で、偶然のように
 彼女は寒い国からそこに戻って来るだろう
 彼女は戻って来るだろう!

Sonia2.jpg




Comment:0
2017
03.29

美しい恋の物語La belle histoire d'amour

Edith Piaf La belle histoire damour


先日、エディット・ピアフÉdith Piafが嫌いだと、ミッシェル・ポルナレフMichel Polnareffの「すべての舟、すべての鳥(渚の想い出)Tous les bateaux, tous les oiseaux」のページに書きましたが、ピアフの曲がぜんぶ嫌いなわけじゃなくて好きな曲はいくつもあるのですが、シャルル・デュモンCharles Dumontの作曲したものが大体において苦手です。一番嫌いな曲を今回あえて取り上げます。「美しい恋の物語La belle histoire d'amour」(1960年。作詞:ピアフ自身、作曲:シャルル・デュモン)です。ただの個人的な好き嫌いなので、歌われる方ごめんなさい。



La belle histoire d'amour 美しい恋の物語
Édith Piaf          エディット・ピアフ


Quand un homme vient vers moi,
Je vais toujours vers lui.
Je vais vers je-ne-sais-quoi. 注1
Je marche dans la nuit.
Je cherche à t'oublier
Et c'est plus fort que moi : 注2
Je me fais déchirer.
Je n'appartiens qu'à toi...

 ある男が私のほうにやって来ると、
 私はいつもその男のほうに向かう。
 私は知らないものに向かって行く。
 私は夜なかに歩き回る。
 私はあなたを忘れようとする
 でもこの気持ちは私よりも強くて
 私はさいなまれる。
 私はあなただけのもの…

La belle histoire damour1


{Refrain:}
Je n'oublierai jamais
Nous deux, comme on s'aimait
Toutes les nuits, tous les jours,
...La belle histoire d'amour...
...La belle histoire d'amour...
Pourquoi m'as-tu laissée ?
Je suis seule à pleurer,
Toute seule à chercher...

 私はけっして忘れないだろう
 私たち二人、どれほど愛し合ったか
 毎夜、毎日、
 …美しい恋の物語…
 …美しい恋の物語…
 どうしてあなたは私をおいて行ったの?
 私は泣きたいくらいひとりぼっち、
 まったくひとりぼっちで求めているの…

Un jour où j'attendais,
J'ai longtemps attendu.
J'espérais... J'espérais...
Tu n'es pas revenu.
Je me suis révoltée.
Je me suis résignée.
J'ai crié, j'ai pleuré,
J'ai nié, j'ai prié...

 私が待ち続けていた
 私が長いあいだ待ったその日を。
 私は望んでいた…私は望んでいた…
 あなたは戻って来なかった。
 私は憤慨した。
 私はあきらめた。
 私は叫んだ、私は泣いた、
 私は否定した、私は祈った…

{Refrain}

Quand un homme me plaît,
J'fais des comparaisons.
Je n'arrive jamais
À lui donner raison. 注3
C'est ta voix que j'entends.
C'est tes yeux que je vois.
C'est ta main que j'attends.
Je n'appartiens qu'à toi...

 私がある男を気に入ったときには、
 私は比較する。
 私はけっして
 その男に軍配を上げない。
 私に聞こえるのはあなたの声。
 私に見えるのはあなたの目。
 私が待つのはあなたの手。
 私はあなただけのもの…

{Refrain}

La belle histoire damour2


J'espère toujours en toi. 注4
Je sais que tu viendras.
Tu me tendras les bras
Et tu m'emporteras...
Et tu m'emporteras...
Et tu m'emporteras...
Et tu m'emporteras...
Et tu m'emporteras...
Et tu m'emporteras...

 私はいつもあなたを信じている。
 私はあなたが来てくれると分かっている。
 あなたは私に手を差し伸べてくれると
 そしてあなたは私を連れ去ってくれると…
 そしてあなたは私を連れ去ってくれると…
 そしてあなたは私を連れ去ってくれると…
 そしてあなたは私を連れ去ってくれると…
 そしてあなたは私を連れ去ってくれると…
 そしてあなたは私を連れ去ってくれると…

[注]
1 je-ne-sais-quoi「何かよくわからないもの、名状しがたいもの」
2 c'estのceは表されていないが、「あなたへの気持ち、愛」であろう。
3 donner raison à qn.「…が正しいと認める」だが、ここでは「(比較して、)そちらのほうがいいと認める」という意味合い。
4 espérer en qc.(qn.)「…に期待をかける、…を信頼する」




Comment:0
2017
03.28

空っぽの家で(想い出のシンフォニー)Dans la maison vide

Michel Polnareff La michetonneuse


ミッシェル・ポルナレフMichel Polnareffの4曲目です。前回の「名前のない女La michetonneuse」のB面の曲「想い出のシンフォニーDans la maison vide」。作詞:ジャン=ルー・ダバディーJean-Loup Dabadie、作曲:ド・セヌヴィル・ポールDe Senneville Paul&オートゥヴ・ジルベールAuteve Gilbert。原題に即し「空っぽの家で」という邦題をつけ、「想い出のシンフォニー」という既存の邦題は歌詞内容に合っているので副題として用いることにします。とてもしんみりとした歌詞内容ですが、歌は結構にぎやか。



Dans la maison vide  空っぽの家で(想い出のシンフォニー)
Michel Polnareff    ミッシェル・ポルナレフ


Je me souviens, moi,
De ce musicien
C'était l'automne à
La maison
Je me souviens, moi,
De ce musicien
C'était l'automn' sur
Son violon
Le temps n'est plus 
Où passaient les violons
Quand tu étais dans la maison
Il a tant plu,
Depuis tant de saisons
Le temps n'est plus aux violons...

 思い出すよ、僕は、
 あのミュージシャンを
 家は
 秋だった
 思い出すよ、僕は、
 あのミュージシャンを
 彼のヴァイオリンの音色は
 秋だった
 ヴァイオリンが演奏されていた
 時代は
 君が家にいた時代は過ぎ去った
 いっぱい雨が降った、
 いくつもの季節ものあいだ
 ヴァイオリンの時代は過ぎ去った…

Dans la maison vide4


Moi... Dans la maison vide
Dans la chambre vide
Je passe l'été à écouter
Cette symphonie
Qui était si belle
Et qui me rappelle
Un amour fini

 僕は…空っぽの家で
 空っぽの部屋で
 夏を過ごす
 このシンフォニーを聞きながら
 それはとても美しい
 そして僕に思い出させる
 終わった愛を

Moi... Dans la maison vide
Dans la maison vide
Je passe ma vie à regarder
Les oiseaux qui passent
Comme des menaces
Et j'entends l'automne
Moi, je n'attends personne

 僕は…空っぽの家で
 空っぽの家で
 人生を過ごす
 不吉の前兆のように
 通り過ぎる鳥を眺めながら
 秋を聴いている
 僕は、誰も待っていない

Je me souviens, moi,
De ce musicien
Un soir d'adieu à la maison
Je me souviens, moi,
De ce musicien
Et de l'adieu de
Son violon
Et chaque année
Lorsque l'année finit
J'entends le violon de Septembre
Et le passé
Comme une symphonie
Fait son entrée dans cette chambre

 思い出すよ、僕は、
 あのミュージシャンを
 家での別れの夜
 思い出すよ、僕は、
 あのミュージシャンを
 そして彼のヴァイオリンが奏でた
 さようならを
 そして毎年
 年の終わりには
 9月のヴァイオリンの音色が
 そして昔日が
 まるでシンフォニーのように
 この部屋に入ってくるのが聴こえる

Dans la maison vide2


Moi... Dans la maison vide
Dans la chambre vide
Je passe la nuit à écouter
Cette symphonie
Aujourd'hui finie
Et qui me rappelle
Que tu étais belle

 僕は…空っぽの家で
 空っぽの部屋で
 聴きながら夜を過ごす
 今はもう終わってしまったシンフォニー
 君が美しかったことを
 僕に想い出させる
 このシンフォニーを

Moi... Dans la maison vide
Dans la maison vide
Je passe ma vie à regarder
Les oiseaux qui passent
Comme des menaces
Et j'entends l'automne
Je n'attends personne...

 僕は…空っぽの家で
 空っぽの家で
 人生を過ごす
 不吉の前兆のように
 通り過ぎる鳥を眺めながら
 秋を聴いている
 僕は、誰も待っていない…

Moi... Dans la maison vide
Dans la chambre vide
Je passe ma vie à écouter
Cette symphonie
Qui était si belle
Et qui me rappelle
Un amour fini...

 僕は…空っぽの家で
 空っぽの部屋で
 聴きながら人生を過ごす
 とても美しかったシンフォニー
 終わってしまった恋を
 僕に想い出させる
 このシンフォニーを

Dans la maison vide1


Moi... Dans la maison vide
Dans la chambre vide
Je passe ma vie à regarder
Les oiseaux qui passent
Comme des menaces
Et j'entends l'automne
Je n'attends personne...

 僕は…空っぽの家で
 空っぽの家で
 人生を過ごす
 不吉の前兆のように
 通り過ぎる鳥を眺めながら
 そして秋を聴いている
 僕は、誰も待っていない…

[注] Le temps n'est plusはCe bon vieux temps n'est plus.「あの古きよき時代はもはや過去のことだ」という例文と同様で、êtreは「(人や物が)存在する」の意味。続くOù passaient les violons(les violonsがpassaientの主語)とQuand tu étais dans la maisonがle tempsを修飾する。この節の最後のLe temps n'est plus aux violonsも同様で、aux violonsがle temps を修飾する。


Comment:0
2017
03.27

名前のない女La michetonneuse

Michel Polnareff La michetonneuse


ミッシェル・ポルナレフMichel Polnareffを続けます。前々回と前回に取り上げた2曲と同じく1969年にリリースされた、「名前のない女La michetonneuse」です。ポルナレフ自身が作詞・作曲。原題は「金に困って売春をする女」すなわち「素人売春婦」の意味。「ステキなランデブー」という既存の邦題はまったく無関係なので用いないことにし、中村淳彦をちょっと真似て「名前のない女」としました。タイトルに著作権はないそうだし単数形だし許されるかなと。



La michetonneuse  名前のない女
Michel Polnareff   ミッシェル・ポルナレフ


L'argent a tout, tout, tu-tué 注1
Même pour aimer, il faut payer

 金がすべてをすべてを黙らせ殺す
 愛するためにも、支払わなきゃならない

{Refrain :}
Pour un peu d'argent je me paye son corps 注2
Mais je pleure souvent car un autre a son cœur
Quand elle vient la la la la la la sur mon coeur
Je ne vois pas passer les heures
Je crois à mon bonheur

 わずかな金で僕は自分に彼女の体を奮発する
 だが僕は時々泣くんだ、だってほかの男が彼女の心をとらえるから
 彼女が僕の心の方にやって来たらラララララ
 時の経つのも忘れ
 自分のしあわせを信じる

La michetonneuse1


L'argent a tout, tout, tu-tué
L'amour, lui-même, est syndiqué

 金がすべてをすべてを黙らせ殺す
 愛自体が組織されたものだ

{Refrain}

L'argent a tout, tout, tu-tué
Même pour aimer, il faut payer

 金がすべてをすべてを黙らせ殺す
 愛するためにも、支払わなきゃならない

La michetonneuse2


{Refrain×3}

[注]
1 tu-tuéのtuéはtuer「殺す」の過去分詞。tuは「君」ではなくtaire「言わない」の過去分詞と判断し、faire taire「黙らせる」の意味合いで訳した。
2 se payer「自分に…を奮発する」




Comment:0
2017
03.26

すべての舟、すべての鳥(渚の想い出)Tous Les Bateaux, Tous Les Oiseaux

Michel Pornareff Tout tout pour ma chérie


ミッシェル・ポルナレフMichel Polnareffを続けます。「すべての舟、すべての鳥(渚の想い出)Tous les bateaux, tous les oiseaux」、前回の「シェリーに口づけTout tout pour ma chérie」のA面の曲です。「渚の想い出」という邦題で知られていますが、歌詞内容にまったく合っていません。この曲を聴いてあらためて自覚しました。私はポルナレフ好きピアフ嫌いと。



音質はこちらのほうがいいのですが…



Tous les bateaux, tous les oiseaux すべての舟、すべての鳥(渚の想い出)
Michel Polnareff      ミッシェル・ポルナレフ


Je te donnerai
Tous les bateaux,
Tous les oiseaux, tous les soleils
Toutes les roses,
Toutes les choses qui t'émerveillent
Petite fille de ma rue
Tu n'as jamais vu
Tous les bateaux
Tous les oiseaux, tous les soleils
L'île au trésor
Et les fruits d'or et les abeilles
Ne pleure pas petite fille
Moi je t'ai rêvée
Tu es venue
O mon enfant, mon inconnue
Je t'ai trouvée
Dans cette rue...

 君にあげよう
 すべての舟を
 すべての鳥を、すべての太陽を
 すべてのバラを
 君を驚嘆させるものをすべて
 僕の街の少女よ
 君は一度も見たことがない
 すべての舟を
 すべての鳥を、すべての太陽を
 宝島
 そしてこがね色の果物と蜜蜂を
 少女よ泣かないで
 僕はね、君を夢見たんだ
 君はやって来た
 おお僕の子ども、見知らぬひとよ
 僕は君を見つけた
 この街で…

Tous Les Bateaux, Tous Les Oiseaux1


Je te donnerai
Tous les bateaux,
Tous les oiseaux, tous les soleils
Je t'apprendrai le bruit des villes
Le nom des îles
Petite fille de ma rue...
Tu n'as jamais vu
Les goélands et les images de l'aurore
Quand l'océan
N'est pas encore un paysage
Ne pleure pas petite fille...
Viens...il y a des voiles
Sur les étoiles
O mon enfant mon inconnue
Il y a bal loin de ta rue

 君にあげよう
 すべての舟を
 すべての鳥を、すべての太陽を
 君に教えてあげる、都会のざわめきを
 島々の名前を
 僕の街の少女よ…
 君は一度も見たことがない
 カモメたちや
 大洋がまだ風景にならない時の
 夜明けの様相を
 少女よ泣かないで…
 おいで…帆船があるよ
 星々の上に
 おお僕の子ども、見知らぬひとよ
 君の街から遠いところに舞踏会があるよ

Tous Les Bateaux, Tous Les Oiseaux4


Je te donnerai
Tous les bateaux,
Tous les oiseaux, tous les soleils
Toutes les roses
Toutes les choses qui t'émerveillent
Petite fille de ma rue
Je te donnerai
Les océans, les goélands
Et les fruits d'or
L'île au trésor
Et les grands bals sur les étoiles
Ne pleure pas ô mon amour, la la la la la

 君にあげよう
 すべての舟を
 すべての鳥を、すべての太陽を
 すべてのバラを
 君を驚嘆させるものをすべて
 僕の街の少女よ
 君にあげよう
 大洋を、カモメたちを
 こがね色の果物を
 宝島を
 そして星々の上の大舞踏会を
 泣かないで、おお、愛しい人よ、ラララララ

Tous Les Bateaux, Tous Les Oiseaux5



Comment:2
back-to-top