FC2ブログ
2020
01.01

扉のページ

Category: 扉のページ
porte.jpg


このブログは、シャンソンの歌詞のご紹介がメインですが、イヴェント等のお知らせや各種の情報の記事も別のカテゴリーとして書いています。この「扉のページ」は各カテゴリーの記事への入り口です。カテゴリー名あるいは記事のタイトルをクリックするとそれぞれの扉が開きます。 ※スマホの場合はPCモードにしてご覧ください。

シャンソン歌詞・邦訳:原曲の歌詞とその邦訳をメインに、歌手や曲についての解説を適宜加えつつ曲を紹介しています。

最新記事 Madeleineマドレーヌ:Jacques Brel

掲載曲リスト:掲載した曲を原題のアルファベット順にリストアップしています。タイトルをクリックすればその曲のページが開けます。
リストを二つに分けました。
 掲載曲リストA~La
 掲載曲リストLe~Z

《アミカル・ド・シャンソン》:シャンソン(カンツォーネ・ラテン・ジャズ)を原語で歌う会《アミカル・ド・シャンソン》の活動内容のご紹介、日程、個々のイヴェントのご案内です。

 ドミニク・シャニョンの《シャンソンレッスン》 4月20日(土) 受講枠満了。聴講者募集中
Dominique20avril_4s.jpg

 《アミカル・ド・シャンソン》へのお誘い
 《アミカル・ド・シャンソン》日程 
 ピアニストのご紹介
 
《東京日仏文化サロン》:《東京シャンソンコンクール》《東京パリ祭》など、《東京日仏文化サロン》が主催するイヴェントに関する記事です。
 
 《第6回 東京シャンソンコンクール》 5月5日(日)「杉並公会堂」
 《第6回 東京シャンソン・コンクール》 本選出場者決定
 《東京パリ祭》7月12日(金)「ヤマハ銀座スタジオ」

朝倉ノニーより:ブログ・オーナーとして皆さんにお伝えしたい情報、そしてまたちょっと個人的なことがらも…。
 
 伊豆高原コンサート《カザンとシャンソン仲間たち》 私も出ます。
 インターヴュー

 コメントをいろいろいただきありがとうございます。お返事やお礼は申し上げておりませんが、かならず拝見しております。記事の間違いを指摘いただいた場合は確認し、可能な限りご意見を反映いたします。


 

Comment:8
2020
01.01

《アミカル・ド・シャンソン》日程

アミカル・ド・シャンソン》のイヴェント日程をお知らせいたします。変更になる場合があります。

《アミカル・サロン》フランス語ほか欧米原語歌唱の歌会 大久保「シャンソン未来」にて
 毎月第1土曜日13時半~17時:Pfアニエス晶子。2019年度5月・8月はありません。
 毎月第3日曜日13時~17時:Pf関根忍
坂下文野の《フミノ・サロン》欧米原語&日本語歌唱の歌会 市ヶ谷「えとわ~る」にて。 5月8日(水)・11月13日(水)13時~17時
《上里知巳の歌会》:大久保「シャンソン未来」 および伊豆高原「Butter Note」にて。ともに欧米原語&日本語歌唱で、不定期に開催します。大久保「シャンソン未来」での 1回目は3月9日です。

活動内容・例会の詳細に関しては→こちらをご覧ください。
各イヴェントのお問い合わせ・お申し込みは、chatenparadis*gmail.comの*を@に換えてメールで。

2019年度
★1月5日(土)12時《新年会》13時《アミカル・サロン》Pfアニエス晶子
★1月10日(木)15時《伊豆高原シャンソニエ》「Butter Note」Pf上里知巳
★1月20日(日)13時《アミカル・サロン》Pf関根忍
★1月27日(日)11時 ドミニク・シャニョンの《シャンソンレッスン》吉祥寺「サロンドシャンソンred」。
★2月2日(土)13時半《アミカル・サロン》Pfアニエス晶子
2月15日(金)14時半 スブリーム《ヴァレンタイン・コンサート》「アコスタディオ」スペッシャルゲスト:パトリック・ヌジェ Pf矢吹卓
★2月17日(日)13時《アミカル・サロン》Pf関根忍
★3月2日(土)13時半《アミカル・サロン》Pfアニエス晶子
★3月9日(土)13時《上里知巳の歌会》「シャンソン未来」
★3月11日(月)15時《伊豆高原シャンソニエ》「Butter Note」Pf上里知巳
★3月17(日)13時《アミカル・サロン》Pf関根忍
★3月24日(日)10時 スブリームのシャンソンセミナー《マスター・クラス》「シャンソン未来」
★4月6日(土)13時半《アミカル・サロン》Pfアニエス晶子

4月20日(土)10時半 ドミニク・シャニョンの《シャンソンレッスン》「シャンソン未来」
★4月21(日)13時《アミカル・サロン》Pf関根忍
5月5日(日) 《第6回東京シャンソンコンクール「杉並公会堂」
★5月8日(水)13時《フミノ・サロン》市ヶ谷「えとわ~る」Pf坂下文野
★5月13日(月)15時《伊豆高原シャンソニエ》「Butter Note」Pf上里知巳
★5月19(日)13時《アミカル・サロン》Pf関根忍
5月25(土)16時 伊豆高原コンサート《カザンとシャンソン仲間たち「Butter Note」
★6月1日(土)13時半《アミカル・サロン》Pfアニエス晶子
★6月8日(土)13時《上里知巳の歌会》「シャンソン未来」
★6月23日(日)13時《アミカル・サロン》Pf関根忍
6月30日(日)10時スブリームのシャンソンセミナー《マスター・クラス》「シャンソン未来」
★7月6日(土)13時半《アミカル・サロン》Pfアニエス晶子
7月12日(金)《東京パリ祭》「ヤマハ銀座スタジオ」
★7月21(日)13時《アミカル・サロン》Pf関根忍
★8月5日(月)13時《宇藤カザン アニヴェルセール歌会》Pf三好タケル
★8月18(日)13時《アミカル・サロン》Pf関根忍
★9月7日(土)13時半《アミカル・サロン》Pfアニエス晶子
★9月15(日)13時《アミカル・サロン》Pf関根忍
★10月5日(土)13時半《アミカル・サロン》Pfアニエス晶子
10月13日(日)10時スブリームのシャンソンセミナー《マスター・クラス》「シャンソン未来」
★10月20(日)13時《アミカル・サロン》Pf関根忍
★11月2日(土)13時半《アミカル・サロン》Pfアニエス晶子
★11月13日(水)13時《フミノ・サロン》市ヶ谷「えとわ~る」Pf坂下文野
★11月17(日)13時《アミカル・サロン》Pf関根忍
★12月7日(土)13時半《アミカル・サロン》Pfアニエス晶子
12月8日(日)10時スブリームのシャンソンセミナー《マスター・クラス》「シャンソン未来」
★12月15(日)13時《アミカル・サロン》Pf関根忍




Comment:0
2020
01.01

《アミカル・ド・シャンソン》へのお誘い

Nakameguro2014.jpg


シャンソンの邦訳のみならず、歌うことにも関心を持つ私は、パートナーの宇藤カザンとともにシャンソン(カンツォーネ・ラテン・ジャズ)を原語で歌う会《アミカル・ド・シャンソン》を運営しております。

この会で、2012年6月より、原語でピアノに合わせて歌う歌会《アミカル・サロン》を開いています。私も世話役を兼ねて毎回参加いたしますので、このブログをご覧になっている皆様、お時間がありましたらぜひ参加いただきたく思います。入会金等は不要です。
エントリーは予約制で、一定の歌唱レヴェル以上の方に限ります。フランス語をカタカナ読みされている方はご参加いただけません。独学の方は大歓迎ですし、先生に師事されている方もプロの方も、シャンソンを愛する個人として参加いただきたいと思います。お互いに歌を楽しみ磨き合っていきましょう。

なぜ、原語で歌うことにこだわるのか?
特にシャンソンは、フランス語特有の言葉の美しさ、特に韻の響きがいのちです。フランス語が分からない人には、歌詞内容が伝わらないと思われていますが、器楽での演奏と同様、充分以上に伝わります。
また、日本語の歌詞を作る場合には、言語構造の違いから少ない語数に置き換えざるを得ないので、内容が薄まったり変質したりしがちです。原曲の豊かな歌詞内容そのものを歌うことは歌い手自身にとっても価値があります。

《アミカル・サロン》=フランス語ほか欧米原語歌唱の歌会
日程: 原則第1土曜日(Pf アニエス晶子)13時半より、第3日曜日(Pf 関根忍)13時より。
参加費:1曲につき1000円当日払い。お菓子とコーヒー付き。
会場:大久保「シャンソン未来」。

未来地図


山の手線「新大久保」駅の改札口は一ヵ所で、大久保通りに出ます。すぐパチンコ屋の角を左に入り、線路と平行した韓国系商店街を新宿方向に歩き、突き当たりのT字路の右角のピアゴの入り口の正面の道をさらに進むと右手にあります。「大久保」駅では新宿寄りの南口を左に出て下さい。ガード下を抜けたら右折し、道沿いに左折し、ピアゴの店の正面の上海飯店の角を右に入ります。ピアゴの前から「シャンソン未来」のオレンジ色の看板が見えます。

2ヶ月前から予約受け付けを開始します。たとえば11月分は9月1日より。
chatenparadis*gmail.comの*を@に変えてメールでお申込みください。お電話・FAXでのお申し込みも受け付けます(042-363-2213)。プログラムを作りますので、エントリー希望の曲名を(原語歌唱の場合は原題で)お知らせください。新規の方は、ご住所・お電話番号もお知らせください。

お一人3曲までエントリーできます。キーの変換はお世話いたしますので事前にご相談ください。
ご参加時に、予約表に記入いただいても結構です。
こちらからのお返事にてエントリーが確定します。メール・FAXでのお申込みで返事のない場合は、届いていない場合が有りますので必ず再度ご連絡ください。1週間前あるいは曲数が40曲に達した時点で打ち切りますが、1ヶ月前に満了になることが多いので、早めにお申し込みください。
歌会の前に個人的なピアノ合わせもできます。10分間1500円当日払い。初めて歌う曲の場合など利用されるといいでしょう。ご希望の場合はご予約下さい。

曲目の変更およびキャンセルはなるべく1週間前までにお願いします。
前日にプログラムを作成しますので、曲目の変更の最終期限は前々日です。キャンセルは、1週間前(前の週の同じ曜日の0時)以降は曲数に関わらず1000円を、前日以降は全額を ご負担いただきますのでご承知おきください。お支払いはお振込みあるいは次回にお願いいたします。

当日は、譜面(ご自分のキーで、お名前・コード・テンポを明記したもの)をご用意ください。本番開始の15~10分前に来場し、参加費をお支払いください。
本番ではなるべく歌詞を見ないで歌うようお勧めしています。
3ステージ制で間に2回休憩をとります。大概16時半頃に終了です。

見学は予約不要です。お菓子とコーヒー付きで500円。まずは様子を見てから参加を考えたい方もぜひいらしてください。出演者同様、歌会開始の15~10分前にご来場ください。

また、欧米原語&日本語歌唱の歌会も不定期に開催しています。
坂下文野の《フミノ・サロン》(《ヴォーカル・サロン》という名称を改めました。)
2019年は5月8日(水)・11月13日(水)のみ。13時~17時。市ヶ谷「えとわ~る」。要予約(曲目は不要)。参加費:1曲につき1000円当日払い。ドリンク代500円が別途必要。見学は予約不要で、500円+ドリンク代500円。
《上里知巳の歌会》 大久保「シャンソン未来」にて13時~17時。要予約(曲目は不要)。1曲につき1000円当日払い。見学は予約不要で、お菓子とコーヒー付きで500円。
《伊豆高原シャンソニエ》「Butter Note」にて15時~18時。Pf上里知巳。予約不要。1曲につき1000円当日払い。参加費1000円(1ドリンク付き)が別途必要。見学は予約不要で、ドリンク代のみ。


supportbutternotemap.jpg


以上の、具体的な日程は→こちらを参照ください。
ご質問・ご予約は chatenparadis*gmail.comの*を@に変えてメールで。

毎年、秋~冬に、《アミカル・コンサート》を開くほか、諸々のコンサートを東京だけでなく日本各地で開催しております。
また、《東京日仏文化サロン》として、毎年5月頃に《東京シャンソン・コンクール》を、そして11月頃に《大阪ヴォーカル・コンクール》を開催し、7月には両コンクール受賞者をメインとした《東京パリ祭》を開催しております。
今年の日程は、「《アミカル・ド・シャンソン》日程」を開いてご覧ください。

そしてまた、フランス語の発音およびフランス語での歌唱を磨きたい方のために、二人のフランス人歌手を講師として公開個人レッスンを開いています。スブリームの《マスタークラス》ドミニク・シャニョンの《シャンソンレッスン》です。聴講もできますので、まずは二人の先生の指導をご覧になったうえで、ご希望の曲にて申し込まれるといいでしょう。

ご質問等がありましたら、chatenparadis*gmail.comの*を@に変えてメールでお気軽にどうぞ。



Comment:3
2019
07.07

スブリームのシャンソンセミナー《マスタークラス》

スブリームさんのシャンソン公開個人レッスン《マスタークラス》を2019年度も4回おこないます。3月24日・6月30日→7月7日・10月13日・12月8日です。ご希望の曲目で受講下さい。ご入金いただいた時点で予約が成立いたします。曲目が決まらない方、どのような指導なのか知りたい方はまず聴講されるといいでしょう。
東京シャンソンコンクールのフランス語部門入賞者の大半がスブリームさんの指導を受けた方々です。その指導内容の素晴らしさをぜひ体験下さい。
今年は3月24日が終了し、次回は6月30日の予定でしたが、翌週の7月7日に変更となりました。


Masterclass2019.jpg


Comment:2
2019
05.25

伊豆高原コンサート《カザンとシャンソン仲間たち》

4月26日~6月10日に伊豆高原にて、《アミカル・ド・シャンソン》と《東京日仏文化サロン》の共同主宰者である宇藤カザンが、第1回《伊豆アートパーク》を開催します。キャッチフレーズは「伊豆半島のアートネットワークを目指して、アートとの新しい出会いをプロデュース」。音楽・絵画・写真・彫刻・手芸などさまざまな芸術活動のネットワークを活性化する一大イヴェントです。お近くの方だけでなく遠くの方も、《伊豆アートパーク》を巡る観光旅行などいかがでしょうか?

HPをご覧ください。→ 《伊豆アートパーク》

その音楽のページに記載されていますが、音楽分野の催し物として、アミカルの仲間が出演するコンサートを5月に3回、伊豆高原の「Butter Note」で開催します。5月11日《井上葉子ヴォーカルライブ》、16日ピアノトリオ《プルミエ》、25日《カザンとシャンソン仲間たち》です。25日は、歌唱力抜群のアミカルの仲間たちといっしょに私も出演いたします。お近くの方も遠くの方も聴きにきていただけるとうれしいです。

2019lives.jpg




Comment:0
2019
05.05

《第6回 東京シャンソンコンクール》

《第6回 東京シャンソンコンクール》を5月5日(日)に杉並公会堂にて開催いたします。
応募期間は3月一杯です。下記フライヤーの要項をよくご理解の上、ご応募下さい。
規定の応募用紙はありませんので、必要事項をお手持ちの用紙に記入して提出ください。

6thtokyochancon2.jpg



Comment:0
2019
04.20

ドミニク・シャニョンの《シャンソンレッスン》

去年から始まったドミニク・シャニョンのセミナーを、2019年度は《シャンソンレッスン》と題しておこないます。ピアノ伴奏はドミニク自身。ほかでは学べない曲を選んでのグループレッスンもあります。第1回目は1月27日におこない、第2回目は4月20日(日)に決まりました。会場は《アミカル・サロン》と同様、大久保「シャンソン未来」です。受講枠は満了いたしました。聴講は前日まで申し込み可能です。特に発音に関する指導は、聴講のみでも非常に有益です。
以後も3ヶ月に1度開催の予定で、次回は7月か8月に夏期講習風におこなう予定です。日程が決まり次第お知らせいたしますので、受講ご希望の方は早めにお申し込みください。

Dominique20avril_4s.jpg




Comment:0
2019
04.15

マドレーヌMadeleine

Jacques Brel Madeleine


前回のジャック・ブレルJacques Brelの「マチルドMathilde」の記事に「ブレルが、Mの字で始まる名前の女性に対する愛を歌った歌はあと二つあります」と書きましたが、そのひとつ「マドレーヌMadeleine」を取り上げましょう。作詞:ブレル、作曲:ジェラール・ジュアネストGerard Jouannest、ジャン・コルティ Jean Corti。1961年にオランピアで創唱。翌62年にシングルリリースされ、アルバム:Les Bourgeoisに収録されました。
マドレーヌは、ブレルが顧客だったブリュッセルの花屋の店主、マリー・マドレーヌ・リゾンMarie-Madeleine Lisonだといわれています。彼女は若い頃に有名な写真家のモデルをしていて、リラの花に囲まれた彼女の当時の写真にブレルはインスピレーションを得てこの曲を作ったといわれます。また別説として、マドレーヌはジョルジュ・ブラッサンスGeorges Brassensに紹介された、マドレーヌ・ゼッファ・ビヴェールMadeleine Zeffa Biverだともいわれます。その父親はコミュニストで母親はユダヤ人で、ナチの迫害を逃れ、その後、夫の暴行を逃れて来て、二十歳の頃に美容室のモデルをしていて、サン=ジェルマン・デ・プレSaint Germain des Présの芸術家たちと出会ったと。でも、この曲の舞台はブリュッセルなので、先の説のほうが合っているように思います。

女性の名前を連発する速いテンポの曲としては、ミッシェル・ポルナレフMichel Polnareffの「いとしのヴェロニックChère Véronique」のほうが私個人としては好き。ですが、ブレルのこの曲は、音の響きが聴いていて気持ちがいいですね。繰り返されるj'attends Madeleineに加えてtram trente-trois、またmの音が多いことも効いているのかなと。

ブレルのパフォーマンスが楽しめる動画です。



Madeleine  マドレーヌ
Jacques Brel ジャック・ブレル


Ce soir j'attends Madeleine
J'ai apporté du lilas
J'en apporte toutes les semaines
Madeleine elle aime bien ça
Ce soir j'attends Madeleine
On prendra le tram trente-trois 注1
Pour manger des frites chez Eugène 注2
Madeleine elle aime tant ça
Madeleine c'est mon Noël
C'est mon Amérique à moi
Même qu'elle est trop bien pour moi
Comme dit son cousin Joël
Ce soir j'attends Madeleine
On ira au cinéma
Je lui dirai des "je t'aime"
Madeleine elle aime tant ça

 今夜、僕はマドレーヌを待つ
 僕はリラの花束を持って来た
 毎週持って来るんだ
 マドレーヌはね、とってもそれが好きなんだ
 今夜、僕はマドレーヌを待つ
 僕たちは33号の路面電車に乗る
 ウジェーヌの店でポテトフライを食べるために
 マドレーヌはそれがとっても好きなんだ
 マドレーヌは僕のクリスマスだ
 僕のアメリカだ
 いとこのジョエルが言うように
 彼女が僕にはもったいないとしてもね
 今夜、僕はマドレーヌを待つ
 僕たちは映画に行くんだ
 彼女に言うよ「愛してる」って
 マドレーヌはそれがとっても好きなんだ

Elle est tellement jolie
Elle est tellement tout ça
Elle est toute ma vie
Madeleine que j'attends là

 彼女はとってもきれいだ
 彼女はほんとにすべてなんだ
 彼女は僕のいのちのすべてなんだ
 僕がここで待っているマドレーヌは

Madeleine3.jpg


Ce soir j'attends Madeleine
Mais il pleut sur mes lilas
Il pleut comme toutes les semaines
Et Madeleine n'arrive pas
Ce soir j'attends Madeleine
C'est trop tard pour le tram trente-trois
Trop tard pour les frites d'Eugène
Et Madeleine n'arrive pas
Madeleine c'est mon horizon
C'est mon Amérique à moi
Même qu'elle est trop bien pour moi
Comme dit son cousin Gaston
Mais ce soir j'attends Madeleine
Il me reste le cinéma
Je lui dirai des "je t'aime"
Madeleine elle aime tant ça

 今夜、僕はマドレーヌを待つ
 だが僕のリラに雨が降ってくる
 毎週と同じに雨が降る
 そしてマドレーヌはやって来ない
 今夜、僕はマドレーヌを待つ
 33号の路面電車に乗るには遅すぎる
 ウジェーヌの店でポテトフライ食べるには遅すぎる
 そしてマドレーヌはやって来ない
 マドレーヌは彼方の地平線だ
 僕のアメリカだ
 いとこのジョエルが言うように
 彼女が僕にもったいないとしてもね
 でも今夜、僕はマドレーヌを待つ
 映画が残っている
 彼女に言うよ「愛してる」って
 マドレーヌはそれがとっても好きなんだ

Elle est tellement jolie
Elle est tellement tout ça
Elle est toute ma vie
Madeleine qui n'arrive pas

 彼女はとってもきれいだ
 彼女はほんとにすべてなんだ
 彼女は僕のいのちのすべてなんだ
 やって来ないマドレーヌは

le tram trente-trois2


Ce soir j'attendais Madeleine
Mais j'ai jeté mes lilas
Je les ai jetés comme toutes les semaines
Madeleine ne viendra pas
Ce soir j'attendais Madeleine
C'est fichu pour le cinéma
Je reste avec mes "je t'aime"
Madeleine ne viendra pas
Madeleine c'est mon espoir
C'est mon Amérique à moi
Sûr qu'elle est trop bien pour moi
Comme dit son cousin Gaspard
Ce soir j'attendais Madeleine
Tiens le dernier tram s'en va
On doit fermer chez Eugène
Madeleine ne viendra pas

 今夜、僕はマドレーヌを待つ
 だが僕はリラを投げ捨てた
 毎週と同じにリラを投げ捨てた
 マドレーヌは来ないだろう
 今夜、僕はマドレーヌを待つ
 映画はおしまいだ
 「愛してる」の言葉とともに僕は残る
 マドレーヌは来ないだろう
 マドレーヌは僕の希望だ
 僕のアメリカだ
 いとこのガスパールが言うように
 彼女が僕にはもったいないとしてもね
 今夜、僕はマドレーヌを待つ
 最終路面電車が行ってしまう
 ウジェーヌの店は閉まる
 マドレーヌは来ないんだよ

Elle est tellement jolie
Elle est tellement tout ça
Elle est toute ma vie
Madeleine qui ne viendra pas

 彼女はとってもきれいだ
 彼女はほんとにすべてなんだ
 彼女は僕のいのちのすべてなんだ
 やって来ないマドレーヌは

Madeleine2.jpg


Demain j'attendrai Madeleine
Je rapporterai du lilas
J'en rapporterai toute la semaine
Madeleine elle aimera ça
Demain j'attendrai Madeleine
On prendra le tram trente-trois
Pour manger des frites chez Eugène
Madeleine elle aimera ça
Madeleine c'est mon espoir
C'est mon Amérique à moi
Tant pis si elle est trop bien pour moi
Comme dit son cousin Gaspard
Demain j'attendrai Madeleine
On ira au cinéma
Je lui dirai des "je t'aime"
Madeleine elle aimera ça

 明日、僕はマドレーヌを待つだろう
 僕はリラの花束を持って来るだろう
 毎週持って来るだろう
 マドレーヌはね、とってもそれが気に入るだろう
 明日、僕はマドレーヌを待つだろう
 僕たちは33号の路面電車に乗るだろう
 ウジェーヌの店でポテトフライを食べるために
 マドレーヌはそれがとっても気に入るだろう
 マドレーヌは僕のクリスマスだ
 僕のアメリカだ
 いとこのガスパールが言うように
 彼女が僕にはもったいないとしてもね
 明日、僕はマドレーヌを待つだろう
 僕たちは映画に行くだろう
 彼女に言うだろう「愛してる」って
 マドレーヌはそれをとっても喜ぶだろうさ

[注]
1 le tram trente-trois「路面電車33号線」 その時代、ブリュッセルの南西の郊外、ジャック・ブレル駅のあるアンデルレヒトAnderlechtの中心部、ブレルが若い頃住んでいた家の近くのアンリ・レイ広場square Henri Rey と南の郊外ボワフォールBoitsfortをつないでいた路線。1960年からバス路線に換えられた。その後、この曲のおかげでか33号線は復活したが、かつてとは異なり、ブリュッセルを北東から南西へと斜めに縦断する。
2 chez Eugene「ウジェーヌの店」は、ブリュッセルの南の郊外ユックルUccleleに実在する。市の中心から遠くて行くのがたいへんだが、その店のfrites「ポテトフライ」はわざわざ行く価値があるほど美味しいという。



Comment:0
2019
04.08

マチルドMathilde

Jacques Brel Ces gens-là


今回はリクエストのあった曲、ジャック・ブレルJacques Brelの「マチルドMathilde」です。1963年のアルバム:Ces gens-làに収録されています。作詞はブレル自身。作曲は、当時のブレルのピアニストで、のちにジュリエット・グレコJuliette Grécoの夫となったジェラール・ジュアネストGérard Jouannest。出て行った妻(恋人)が戻って来た時の喜びをひねった形で表現しています。うまい語り口!私の甥が去年復縁したのですが、こんな気持ちだったのかな。
ブレルが、Mの字で始まる名前の女性に対する愛を歌った歌はあと二つあります。1961年のマリクMariekeとマドレーヌMadeleine。順次取り上げていきましょう。



1974年にクロード・ヌガロClaude Nougaroが歌詞のTon JacquesをTon Claudeに変えてカヴァーしています。



2006年にはジュリエット・グレコJuliette Grécoがカヴァー。



Mathilde    マチルド
Jacques Brel ジャック・ブレル


Ma mère voici le temps venu
D’aller prier pour mon salut 注1
Mathilde est revenue
Bougnat tu peux garder ton vin
Ce soir je boirai mon chagrin
Mathilde est revenue
Toi la servante toi la Maria
Vaudrait peut-être mieux changer nos draps
Mathilde est revenue
Mes amis ne me laissez pas
Ce soir je repars au combat
Maudite Mathilde puisque te v‘là

 母さん、僕の救済のために
 祈りに行く時が来たよ
 マチルドが戻って来たんだ
 ブーニャ、君のワインは残しておけるよ
 今夜、僕は自分の悲しみを飲むから
 マチルドが戻って来たんだ
 召使のマリア、君は
 僕たちのシーツを替えてくれたほうがいいかも
 マチルドが戻って来たんだ
 友たちよ、僕をほうっておくなよ
 今夜また僕は戦いに出るんだ
 いまいましいマチルド、君がいるから

Mon cœur mon cœur ne t’emballe pas 注2
Fais comme si tu ne savais pas
Que la Mathilde est revenue
Mon cœur arrête de répéter
Qu’elle est plus belle qu’avant l’été
La Mathilde qui est revenue
Mon cœur arrête de bringuebaler 注3
Souviens-toi qu’elle t’a déchiré
La Mathilde qui est revenue
Mes amis ne me laissez pas
Dites-moi dites-moi qu`il ne faut pas
Maudite Mathilde puisque te v’là

 僕の心よ僕の心よ夢中になるな
 マチルドが戻って来たなんて
 知らないように装え
 僕の心よ何度も言うな
 彼女が夏の前よりもっときれいだと
 戻って来たマチルドが
 僕の心よ揺れるのはやめろ
 思い出せ彼女がおまえを苦しめたことを
 戻って来たそのマチルドが
 友たちよ、僕をほうっておくなよ
 僕に言ってよ言ってよ、そんな必要はないと
 いまいましいマチルド、君がいるから

Jacques Brel3


Et vous mes mains restez tranquilles
C`est un chien qui nous revient de la ville 注4
Mathilde est revenue
Et vous mes mains ne frappez pas
Tout ça ne vous regarde pas 注5
Mathilde est revenue
Et vous mes mains ne tremblez plus
Souvenez-vous quand je vous pleurais dessus 注6
Mathilde est revenue
Vous mes mains ne vous ouvrez pas
Vous mes bras ne vous tendez pas
Sacrée Mathilde puisque te v’là 注7

 そして僕の両手よ、じっとしてろ
 町から戻ってきたのは犬っころなんだ
 マチルドが戻って来たんだ
 そして僕の両手よ、拍手するんじゃない
 こうしたことはすべておまえらには関係ないんだ
 マチルドが戻って来たんだ
 僕の両手よ、もう震えるな
 思い出せ、僕がおまえらの上に涙を流したときのことを
 マチルドが戻って来たんだ
 僕の両手よ、開くんじゃない
 僕の両腕よ、伸びるんじゃない
 こん畜生のマチルド、君がいるから

Ma mère arrête tes prières
Ton Jacques retourne en enfer
Mathilde m’est revenue
Bougnat apporte-nous du vin
Celui des noces et des festins
Mathilde m’est revenue
Toi la servante toi la Maria
Va tendre mon grand lit de draps
Mathilde m’est revenue
Amis ne comptez plus sur moi
Je crache au ciel encore une fois 注8
Ma belle Mathilde puisque te v’là te v’là

 母さん、祈りをやめろ
 あんたのジャックは地獄に舞い戻る
 マチルドが僕のところに戻って来たんだ
 ブーニャ、ワインを僕らに届けてくれ
 婚礼と祝宴のためのやつをな
 マチルドが僕のところに戻って来たんだ
 召使のマリア、君は
 僕の大きなベッドにシーツを掛けに行け
 マチルドが僕のところに戻って来たんだ
 友たちよもう僕を当てにするな
 僕はもう一度、天に唾する
 僕の美しいマチルド、君がいる、君がいるから

Jacques Brel4


[注]
1 salut本義は「挨拶」だが、ここでは「救い、救済」の意味。
2 emballerは「梱包する」だが、s’emballerは「熱狂する」。
3 bringuebaler=brinquebaler=brimbaler「続けざまに揺れる」
4 nous=moi+mes mains
5 Ça(Cela) ne vous regarde pas.「あなたがたには関係の無いことだ。」
6 je vous pleurais dessus=je pleurais sur vous(=mes mains)
7 sacré名詞の後で「聖なる」。名詞の前ではmauditと同様「嫌な、いまいましい」。
8=cracher contre le ciel「天に唾する、天を呪う」



Comment:0
2019
04.07

《第6回 東京シャンソン・コンクール》本選出場者決定

《第6回 東京シャンソン・コンクール》の予備審査が4月3日におこなわれ、フランス語部門18名、日本語部門28名、計46名の方々が5月5日の本選に進まれることになりました。

<フランス語部門18名>

あべ晴子 L'aigle noir
井上周行 Padam padam
上村良子 J'oublie
桜井理恵子 Hymne à l'amour
佐藤眞弓 Et maintenant
首藤マキ Milord
白川かおる Trois petites notes de musique
竹崎清彦 La chanson des vieux amants
田辺元子 Mon mec à moi
田辺優理子 Je vais t'aimer
玉井大司 Jardin d'hiver
継枝ゆみ子 Gare de Lyon
土屋悦子 L'aigle noir
富沢恵 Paris je t'aime d'amour
夏紀 Padam padam
日栄照美 La nuit
水澤三津男 Le revenant
ル・レーヴ Je te veux

<日本語部門28名>

青山凉子 帰り来ぬ青春
石川尚美 哀しみの終わりに
伊藤ひろ子 ジョジョ
今井ともみ それぞれのテーブル
川西玲子 ハンブルグにて
神戸愛 ダルマーニュ
具志堅ナヲ 夜の通行人に捧ぐ
keiko スカーフ
幸道輝子 愛の讃歌
澤口勢津子 夜のメロディー
白井聡 脱走兵
杉浦鈴子 一本指のシンフォニー
鈴木佳子 サンジャンの私の恋人
千輝世美 愛の追憶
龍田香住美 もうあなたに愛を語らない
津田潤子 夜のメロディー
トニー竹内 愛の生命
西塚祥子 それが貴方なら
藤田優子 かなしみのヴェニス
藤原八重子 兵士の別れ
堀江順子 秋のソナタ
ポール長岡 サバの女王
道子 ドミノ
南口順子 行かないで
三村陽子 世界の果てに
向井陽実 もしもあなたに逢えずにいたら
八木百合子 愛はあなたのよう
横井さゆり ピエロのリュリュ


Comment:0
back-to-top